アンディ(An Di)【外苑前】★素敵な空間でいただく、目でも舌でも楽しめるモダンベトナム料理

外苑前、アンディ(An Di)ベトナム料理

モダンベトナミーズがいただけるレストラン『アンディ(An Di)』で、ディナーのコース料理をいただきました。

知っているベトナム料理とは違う、食材の使い方も斬新でオシャレなお料理の数々。

ひとつひとつ驚きながら、楽しく美味しくいただくことができました。

店内も素敵で、テンションが上がります♪

スポンサーリンク

おとなな雰囲気だけど、カジュアル感もある居心地の良い空間

外苑前、アンディ(An Di)

銀座線外苑前駅から徒歩4分ほどの裏道に、モダンベトナミーズレストラン『アンディ(An Di)』はあります。

(訪問したのは、1月)
入口が、階段を上った中2階のようなところにあるので、一瞬気が付かず、通り過ぎてしまいました。Google map からそれてしまったので、あれ?と思い戻ってみると、看板が明るく光っていました。

外苑前、アンディ(An Di)

たくさんの観葉植物と、籐の椅子が東南アジアの雰囲気を醸し出しています。

外苑前、アンディ(An Di)

入口を入った通路の壁は、ワインセラーになっていて、たくさんのワインが並べられていました。

そして店内は、シンプルでお洒落な空間。

落ち着いていて、好きな雰囲気です♪

外苑前、アンディ(An Di)

外苑前、アンディ(An Di)

壁には、何やら茶色い壺がたくさん。何が入っているのでしょう。気になります。。

何だか、韓国ドラマの時代劇に出てきそう。。!?

外苑前、アンディ(An Di)

厨房の前には、カウンター席もあり5人くらい座れます。

カウンターの上には、個性的な植物が。

 

今回は、事前にHPからコース料理の予約をして行きました(ディナーコースは8,800円)。

12月に行こうと思っていたのですが、その時は予約が取れなかったのでリベンジです!

スポンサーリンク

モダンベトナミーズのディナーコース

外苑前、アンディ(An Di)

コースにはドリンクは含まれていないので、別で注文します。

ワインを飲みたかったけど、自家製ドリンクが美味しそうだったので、1杯目はレモンスカッシュだったか、レモンジンジャーだったか、、、に。

飲みやすくて、なんだかクセになるような美味しさでした!

外苑前、アンディ(An Di)

外苑前、アンディ(An Di)t

ドリンクをいただいていると、1品目の登場です!

か、かわいい♪ ミニサイズのバインミーです。(バッチャン焼きのお皿もかわいい!)

具材は、鯖・ごぼうなどで、クミンや大葉、ミントが使われています。

和の食材に、スパイスやハーブを合わせるのも爽やかで良いですね!

スタッフの方が、一品ごとにお料理の説明をしてくださるので、食材の味を感じながらいただくことができます。

外苑前、アンディ(An Di)

お店の看板メニュー的な「ティーリーフサラダ」。

ミャンマーの、発酵した茶葉を野菜で和えた「ラペットゥ」をアレンジしたメニューです。

ラペットゥがお洒落になっています!

外苑前、アンディ(An Di)

茶葉は、福岡の発酵した八女茶。

添えられていたみかんのドレッシングをかけて、混ぜ合わせてからいただきます。

うーん、とても身体に良さそう♪

外苑前、アンディ(An Di)

お次は、ビーツのスープ。

ビーツのスープは色が華やかだし、栄養もあって身体に良くて美味しいので好きです。

なんとズワイガニが入っています。洋梨と薔薇の花びらも入ったゴージャスなスープ♪

味わっていただきました!

外苑前、アンディ(An Di)

見た目が斬新な生春巻き。

レンコンの断面がきれい!生春巻き、きれいに巻けないので尊敬~

小皿に添えられているのは、焦がしバターと黒大根のソースです。

外苑前、アンディ(An Di)

具材は、しらすと青のり、後は何だったかな。。

生春巻きって、野菜だしライスペーパーは米粉だし、ヘルシーですよね。

食べ過ぎはいけないけど、罪悪感のない食べ物。

外苑前、アンディ(An Di)

2杯目は白ワインに。おすすめをお聞きしたら、3種類持ってきてくれて、一番飲みやすそうな南アフリカの「Rall」というワインにしました。

ワインは好きだけど、全然詳しくないので、色々知りたいけど奥が深くて難しそう。

単純に美味しくて飲みやすいワインが好みです。

外苑前、アンディ(An Di)

そしてそして、お次はタラの白子。白ワインに合います!

根セロリのソースに、白子の上に乗っているのは、ブッシュ柑という柑橘。

全てのお料理の食材の組み合わせがとても面白いです。

なんでこれとこれを組み合わせたのか、、など、その発想がスゴい!

外苑前、アンディ(An Di)

ブッシュ柑に反応していると、お店のスタッフの方がブッシュ柑を持ってきてくれました。

うわっ、初めて見た!なかなかのビジュアルですね。。

ブッシュ柑は、インド東北部原産の柑橘類の一種。

その形が、合掌する両手のように見えるので、「仏の手(ブッシュ)」と美称したものだそうです。

外苑前、アンディ(An Di)

メインは、蝦夷鹿のローストです。

赤身がピンク色でキレイ!

美味しそう~♪

外苑前、アンディ(An Di)

カラフルな野菜が添えられていて、周りに散らされている茶色い粉は何だと思います?

なんと、ベトナムコーヒーの粉なんです!

チョコレートかなと思いきや、コーヒーの粉。この発想にも驚きでした!

この写真では分かりませんが、ひとつ前の写真に写っているお皿の上の胡椒のような粒は、馬告(マーガオ)です。

ちょっと前に話題になっていたマーガオは、山椒のようなレモングラスのような、爽やかな香りの台湾のスパイスです。

お肉と一緒に食べると、アクセントになって美味しい♪

外苑前、アンディ(An Di)

締めに、フォーの登場です!

牡蠣としめじのあんかけソースに抹茶塩が添えられていて、フォーというよりは、あんかけうどんと言う感じ。

外苑前、アンディ(An Di)

パクチーをワサっと盛っていただきます。

牡蠣やキノコのダシも効いていて、身体が温まるほっとする一品で美味しかった~

外苑前、アンディ(An Di)

最後にデザートもあります。

ココナッツプリンの上に、キウイと青紫蘇のシャーベットが乗っています。

キウイと青紫蘇の組み合わせ、さっぱりとしていて美味しいです。気に入りました!

外苑前、アンディ(An Di)

コーヒーは、代々木公園の近くにあるカフェ「フグレントウキョウ」のコーヒー豆を扱っているとのこと。

「フグレントウキョウ」は、ノルウェーのカフェ「Fuglen(フグレン)」の海外一号店です。

浅煎りの焙煎で、豆本来の風味を生かしたコーヒーなので、すっきりクリアな飲み心地。

最近は、こういった浅煎りのコーヒーが多いのですね。

 

ベトナム料理の枠にとらわれない創作料理の数々で、食材の使い方や組み合わせがとても面白く勉強にもなり、そして美味しかったです!

お店の雰囲気も落ち着いていて、ゆっくりと食事を楽しめる空間でした。

特別な日にコース料理でいただくのがオススメです♪

スポンサーリンク

◉『アンディ(An Di)』の地図・アクセス

  • 住所:東京都渋谷区神宮前3-42-12 1F
  • アクセス:東京メトロ 銀座線 外苑前駅3番出口より徒歩約4分
  • 営業時間:(火~金)18:00~21:00 (土・日)12:00~13:30 18:00~21:00
  • 定休日:月曜日