アフリカ

映画・音楽・舞踊

♪トーマス・マプフーモ/ザ・シングル・コレクション(Thomas Mapfumo)

ジンバブエを代表するミュージシャン、トーマス・マプフーモのベスト盤「ザ・シングル・コレクション」。トーマス・マプフーモの音楽は「チムレンガ・ミュージック」といわれます。「チムレンガ」とはショナ語で「闘争」という意味です。
映画・音楽・舞踊

♪ランゴ/ザールの花嫁(rango/Bride of the Zar)

スーダン・コミュニティーの伝統楽器「ランゴ」が現代に復活!「ランゴ」は、エジプトの首都カイロで活動するスーダン伝統音楽のグループ。グループ名の「ランゴ」とは、スーダンの伝統鍵盤打楽器「ランゴ」からとられています。
映画・音楽・舞踊

♪コノノNo.1/墜落時体勢を取れ!!(Konono No.1)

キンシャサのストリート発!電気親指ピアノによる人力テクノ。コノノNo.1のアルバム「墜落時体勢を取れ!!」です。コノノNo.1は、アフリカ中央部の国、コンゴの首都キンシャサのストリートで生まれた、電気リケンベ(親指ピアノ)をメインとしたグループです。
映画・音楽・舞踊

♪オーケストラ・バオバブ/スペシャリスト・イン・オール・スタイルズ(Orchestra Baobab)

70年代のセネガルをリードしたアフロ・キューバンバンドが2001年に復活。オーケストラ・バオバブ/スペシャリスト・イン・オール・スタイルズ。オーケストラ・バオバブは、70年代から80年代にかけて西アフリカのセネガルで活躍したアフロ・キューバン・サウンドのバンドです。
映画・音楽・舞踊

「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」ロストボーイズたちの感動の実話【映画】

アメリカへと向かう飛行機に乗り込む、マメールとジェレマイア、ポールの3人のロストボーイズたち。難民キャンプの仲間たちが彼らを見送っています。そんな冒頭のシーンから始まる映画「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」。この映画は、南スーダン難民の3人の兄弟が、移民先であるアメリカで生きて行く様を描いた作品です。
映画・音楽・舞踊

♪フェラ・クティ/ベスト・オブ・フェラ・クティ(Fela Anikulapo Kuti)

ナイジェリアのブラック・プレジデント、闘うアフロビート、「フェラ・アニクラポ・クティ」! 彼は音楽によって黒人の解放、アフリカの統一を訴え、腐敗したナイジェリア政府と戦い続けた闘士です。
エスニック・フェス

アフリカの雑貨と音楽に触れる「アフリカンフェスティバルよこはま2015」

4月3日(金)~5日(日)、横浜赤レンガ倉庫で「アフリカンフェスティバルよこはま2015」が開催されました。アフリカは、私にとって未知の場所なので、楽しめるか若干の不安があったのですが、カラフルで可愛い雑貨や陽気な音楽に楽器など、魅力的なものばかりでした!!
フード

美味しくて飲みやすい!100%オーガニック ルイボスティー『H&F BELX』

ルイボスティーとは、南アフリカ・ケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にのみ自生する針葉樹の葉から作られたお茶のことです。ルイボスティーには、人間の体内の老化の原因とされている、余分な活性酸素を除去できる「酵素」がたっぷりと含まれているそうです。
セネガル・マリの旅

セネガルの首都「ダカール」の黄色の海岸で、大西洋に沈む夕陽を眺める【セネガル】

セネガル、ダカールの浜辺では、大勢の若者たちがランニングをしたり、腕立てやスクワットをしたり、サッカーを楽しんでいました。夕暮れ時、大西洋の海にアフリカの夕陽が沈んでいきました。
セネガル・マリの旅

朝から42℃!すごく暑い(熱い?)マリの首都バマコの町を歩く【マリ】

セネガルのダカールからマリのバマコへ。着陸態勢に入った飛行機の窓から赤茶けた色の大地が見えてきました。まばらに生えた潅木、大地と同じ赤茶色をした泥造りの家々。風景が熱気のため揺らいでいます。その中を泥色の大河ニジェールが大きく蛇行して流れています。私はマリの首都、バマコに到着しました。
セネガル・マリの旅

黒人奴隷の積み出し港だった島「ゴレ島」(アフリカ黒人の悲劇の歴史)【セネガル】

ダカールの沖合いに浮かぶ島「ゴレ島」。この島には悲しい歴史があります。この島は、16世紀から19世紀にかけて、黒人奴隷の積み出し港でした。島には当時の植民地政府の要塞や、黒人が積み出された港「帰らずの扉」が残されています。
セネガル・マリの旅

ダカールからフェリーで20分。沖合いに浮かぶ世界遺産の島「ゴレ島」【セネガル】

ダカールの港から船で20分、大西洋の沖合いに「ゴレ島」はあります。「ゴレ島」は、東西300m、南北900mの大きさしかない小さな島。この島は、かつて奴隷貿易の拠点だったという歴史があり、その理由から世界遺産にも登録されています。紺碧の大西洋をしばらく進むと、見えてくる小ぢんまりとした島影。「ゴレ島」です。
セネガル・マリの旅

ユッスー・ンドゥール!ダカールのクラブ・チョサンで観た白熱のライブ♪【セネガル】

ダカールでユッスー・ンドゥール(Youssou N'Dour)のライブを観ました!セネガルが生んだ世界的なミュージシャン「ユッスー・ンドゥール」。ユッスーは、世界で最も知られたアフリカのミュージシャンのひとりです。
セネガル・マリの旅

セネガルの首都、ダカールの街さんぽ②(道端の金曜礼拝、イファン・ミュゼ、蚊帳購入etc.)【セネガル】

「アフリカ」。日本とは一番関わりの薄い地域、未知の土地です。そんなアフリカ(ブラックアフリカ)への初めての訪問。2003年に訪れたセネガルとマリをご紹介します。今回は「ダカールの道端での金曜礼拝」!
セネガル・マリの旅

セネガルの首都、ダカールの街さんぽ①(マルシェ、日本大使館、マリビザ取得etc.)【セネガル】

「アフリカ」。日本とは一番関わりの薄い地域、未知の土地です。そんなアフリカ(ブラックアフリカ)への初めての訪問。2003年に訪れたセネガルとマリをご紹介します。今回は「ダカールの街さんぽ」!
セネガル・マリの旅

ダカール到着〜!サハラを越えブラックアフリカへ(空港から市内へ)【セネガル】

「アフリカ」。日本とは一番関わりの薄い地域、未知の土地です。そんなアフリカ(ブラックアフリカ)への初めての訪問。2003年に訪れたセネガルとマリをご紹介します。今回は「ダカール到着」!
中近東・アフリカ料理

身体にやさしい自然食、本場のアフリカ料理のお店『カラバッシュ』@浜松町

現地から直輸入の食材で、アフリカ人コックが作る本格アフリカ料理。アフリカ料理と聞いて思い浮かぶのは、モロッコのクスクスくらいでしょうか。そんな未知の料理、アフリカ料理のお店が浜松町にあると聞き伺ってみました。
映画・音楽・舞踊

世界の民族楽器あれこれ(中東・アフリカ・南米の弦楽器)

中東・アフリカ・南米の弦楽器。世界には様々な民族楽器があります。その音色はそれぞれの民族性を表しているかのよう。世界の民族楽器の演奏を動画でご紹介です!
布と雑貨

マリのボゴランフィニ(泥染)とブルキナファソの藍の絞り染

マリのボゴランフィニ(泥染)とブルキナファソの藍の絞り染です。温かみを感じさせる幾何学文様と布の風合いがナイス!プリミティブな素材と柄なのに何だか洗練された印象を受けるアフリカのデザイン。とっても魅力を感じます。
スポンサーリンク