エスニック見ーつけた! https://search-ethnic.com エスニックなものなら何でも紹介!お店、雑貨、音楽、映画、踊り、フェス、街歩き… Sun, 05 Jul 2020 13:19:17 +0000 ja hourly 1 https://search-ethnic.com/wp-content/uploads/2016/04/cropped-d3-3q_Sl-32x32.jpeg エスニック見ーつけた! https://search-ethnic.com 32 32 南インド料理店『bodhi sena(ボーディセナ)』【関内】★ミールスもお店の内装も好み! https://search-ethnic.com/bodhi-sena Sat, 04 Jul 2020 05:35:43 +0000 https://search-ethnic.com/?p=79487 JR関内駅北口から徒歩4分ほどのところにある、シンプルでシックな外観が目を惹く南インド料理店『bodhi sena(ボーディセナ)』。

インドの香り漂うような雰囲気の店内で、ミールスをいただきました。

インド人シェフのお店ですが、日本人好みのお味で食べやすく、とても美味しかったです!

 

オシャレな外観と内装

関内、ボーディセナ

関内駅から通りをまっすぐ歩いて、そろそろかなーというところに、ありました!

ひと際オシャレで目を惹きます。この外観を見ただけで、テンションが上がりますね。

関内、ボーディセナ

横断歩道を渡ると、看板が。

県をまたいでの移動が解除された後、久しぶりのインド料理の外食ということもあり、ワクワクしてきました!

関内、ボーディセナ

わー、この外観好きだなぁ。入口のドアの感じがインドっぽい!

「SOUTH INDIAN」の手書きの文字だけでもテンション上がります(笑)

関内、ボーディセナ

関内、ボーディセナ

関内、ボーディセナ

訪問したのは、土曜日の13時過ぎ頃。

店内は満席で、少し待ちました。

カウンター4席、4人掛けテーブル席が7卓?くらいに、壁際にもカウンター席があり、一人でもゆっくりできるような空間です。

しかも、4人掛けテーブルは大きくて、かなりゆったりしています。

多分コロナがなければ、2名×2組の相席もできるようになっている感じ。

関内、ボーディセナ

インテリアもおしゃれで、このライトも素敵です。

関内、ボーディセナ

厨房がインドっぽくて、またまたテンションアップ(笑)

関内、ボーディセナ

壁にかけられている額や布も、インドな雰囲気。

 

ホリデイランチ

関内、ボーディセナ

週末のホリデイランチは、A.ランチミールス、B.ドーサセット、C.ホリデイランチコース から。

ドーサセットも気になりましたが、ここはやっぱりミースルで!

セットのドリンクは、チャイかマドラスコーヒーを選べます。

関内、ボーディセナ

注文してから、それほど待つことなくミールスの登場です!

トレーにバナナリーフが敷かれているスタイル。

ライスの量が見た目ちょっと少ない感じがしましたが、サンバル・ラッサム・ライスはおかわりができます。

関内、ボーディセナ

サンバル、ラッサム、ポリヤル。

サンバルとラッサムは、ちょっと甘みがあるように感じました。

ポリヤルは、スパイスが効きすぎてなくてやさしいお味。

関内、ボーディセナ

エビのスパイス炒め?、チキンカレー、ブルーベリーチーズケーキ

エビのスパイス炒め(かな?)は、えびが4つほども入っていて、この小さいカトリでも食べ応えのある一品。

チキンカレーがかなりツボでした! 針ショウガも入っていて、結構ショウガを感じます。

また食べたいなぁ。

プチデザートのブルーベリーチーズケーキは、食後のマドラスコーヒーと一緒にいただきたいので、残しておきます。

関内、ボーディセナ

プーリーは、おうちで作ったような素朴なタイプ。

油でベトベトになるプーリーはちょっと苦手ですが、こういうタイプは好きです。カレーにとっても合います!

チャトニは、トマトチャトニかな? 少しでも、あるとアクセントになるし、混ぜたときにカレーがさらに美味しくなります。

関内、ボーディセナ

そして、混ぜ混ぜしていただきます! うーん、おいしい~♪

やさしいお味で食べやすく、とても美味しかったです。

少な目かなと思った量も、女性ならちょうどいい感じ。男性はおかわり必要ですかね。

 

デザートのカトリだけ取り出し、しばしコーヒーを待ちます。

・・・が、待ち切れず一口だけ先にいただいちゃいました。

関内、ボーディセナ

マドラスコーヒー登場!!

南インドのタミルに旅行に行ったときは、毎食後マドラスコーヒーを飲んでました。

現地のコーヒーは結構甘いのですが、カレーの後に飲むマドラスコーヒーはホントに美味しいのです。

スタッフのお姉さんが、現地のように、高いところから注ぐパフォーマンスをしてくれました。

ミルクとよく混ざり、空気を含んでフワっと柔らかい口当たりになります。

関内、ボーディセナ

ブルーベリーチーズケーキは、なめらか濃厚でコーヒーともよく合い、とっても美味しかったです!

関内、ボーディセナ

お手洗いも、インドを思い出すような内装で、渋くていい感じでした。

写真は、個室に飾ってあったもの。この渋さが良くて、思わずパチリ。

関内、ボーディセナ

奥の棚には、アンティークのものが飾られていて、いい雰囲気を醸し出してます。

ミールスもとても満足できましたが、お店の雰囲気も渋くて落ち着く感じで、とても気に入りました♪

横浜方面に行ったときには、また訪問したいお店です。

◉『bodhi sena(ボーディセナ)』の地図・アクセス

  • 住所:神奈川県横浜市中区住吉町3-28 新井ビル 1F
  • アクセス:JR根岸線「関内駅」北口より徒歩4分
  • 営業時間:[月~金]11:30~15:00 17:00~20:00 [土・祝]12:00~15:00 17:00~20:00
  • 定休日:日曜日

]]>
インドで買ったアーユルヴェーダ歯磨き粉 https://search-ethnic.com/ayurveda-toothpaste Sun, 14 Jun 2020 05:25:40 +0000 https://search-ethnic.com/?p=79109 インドに行ったら買いたいもののひとつに、アーユルヴェーダ製品があります。

化粧品を買ったりもするのですが、一度歯磨き粉を買ってみたら、その味?と使用感にハマってしまいました。

最初は、口に入れるものなのでインドのものは、、とちょっと躊躇していたのですが(笑)、今ではインドの歯磨き粉じゃないと!と思うくらいです。

今度インドに行ったら、歯磨き粉を大量買いしたいです!

今回は、使用した歯磨き粉3種類をご紹介します。

 

Himalaya

『Himalaya HERBALS(ヒマラヤ)』は、インドのアーユルヴェーダコスメブランドです。

アーユルヴェーダ原理に基づいたハーブを使った商品なのですが、とてもリーズナブルで製品も良いので、自分用はもちろん、お土産にも最適です!

インド国内のスーパーやドラッグストア系のお店で購入することができます。

お土産(オマーン&ドバイ&インド)【オマーン旅13】

Himalaya の歯磨き粉は何種類かあったのですが、この ”Complete Care” がトータルケアのようで良さそうだったのでチョイス。

中身の写真がないのですが、ペーストの色が粘土やセメントのような色なので、ちょっとビックリします。

泡立ちもよく、すっきりとした磨き心地。

よくあるミントのスースーした感じはないので、それを求めている人には物足りないかもしれませんが、このアーユルヴェーダ歯磨き粉を使ったら、ミントのスースーは必要なくなります!

 

Himalayaの歯磨き粉は、ここ↓で購入しました。

デリー(メインバザール)【オマーン旅⑩】

オマーンに行ったときに、帰りに1泊したデリーのメインバザールにあるドラッグストア「Hari Piorko International」です。

デリー(メインバザール)【オマーン旅⑩】

店内は、Himalaya や Biotique の商品がモリモリ!

この写真を見ただけでテンション上がりますねー♪

 

ayush

『ayush』は、元々はインドの会社でスリランカのユニリーバが販売を始めたのだとか。

カライクディのスーパーで購入しました。

パッケージがオシャレな感じで、何の成分が入っているかが写真ですぐに分かるのもポイント高かったです。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

上のピンクの方は、岩塩が入ったホワイトニング用です。

岩塩は、アーユルヴェーダの古典書では最も優れた塩であるとされているそうです。歯を強くし、虫歯を防ぐことが知られている40種類の天然ハーブを使用しています。

使用感は、日本の歯磨き粉よりもゆるいテクスチャーで磨きやすく、少量でもかなり泡立ちます。ペーストの色は、確か白だったと思います。

しょっぱいのかなと思ったのですが、ほとんど塩っぽい感じはなく、磨いた後はスースーする訳じゃないけど、さっぱり。

 

下の黄緑の方は、カルダモンが入った息爽やか口臭防止タイプ。

カルダモンの上品で爽やかな香りが、イヤな臭いを取り除き、爽やかな息を保ちます。カルダモンには、抗酸化作用もあるようです。

岩塩は、普通のペーストタイプでしたが、カルダモンは緑色のジェルタイプ。

こちらも少量でも泡立ちが良く、ミントのスースー感がありちょっと辛いです。磨きあがりはさっぱり。

今回ご紹介した3種類の中では、この「ayush」の2つが一番気に入ったかもです。

 

ayush の歯磨き粉は、ここ↓で購入しました。

カライクディ③(繁華街&ディナー) 【南インド(タミル)⑥】

カライクディの街中にあったスーパーマーケット。

カライクディ③(繁華街&ディナー) 【南インド(タミル)⑥】

店内はキレイだし、品揃えもなかなか良かったです。

ここでは、スパイスも購入しました。

 

BIOTIQUE

『BIOTIQUE』は、スイスのバイオテクノロジーとインドのアーユルヴェーダを融合した化粧品メーカーです。

「有害な化学物質を一切使用しない」、「天然成分以外の染料や防腐剤を使用しない」、「動物実験を行わない」、「すべての製品はエコ的に生産され、生物分解可能なものに限る」という理念で安心安全な製品を作っているとのこと。

帰国・お土産【南インド(タミル)⑭】

クローブ&トゥルシーのトータルケア歯磨き粉。

クローブには強い鎮痛効果と抗菌効果があり、歯痛や歯肉炎をしずめてくれます。歯が痛い時には、クローブを歯に詰めると良いとか。。

歯医者さんでも麻酔などにクローブが使用されているらしく、クローブの香りが歯医者さんの臭いに似ているのも納得です。

トゥルシー(ホーリーバジル)は、抗菌作用や免疫力を高めてくれる作用があり、インドで買ってきたトゥルシーティーをコロナ予防にもいいかと思い飲んでいましたが、なくなってしまったので、またどこかで調達しないと。

ちょっとクセの強そうな、クローブ&トゥルシーの歯磨き粉ですが、個人的にはクローブの香り(歯医者さんの臭いも)は好きな方ですし、カレーのスパイスとしてのクローブやトゥルシーティーも馴染みがあるので、この歯磨き粉は好きですね。

他の方のレビューなどを見ると、臭いが薬っぽいとか、苦手・・・等の声もあるようですが、スパイスに馴染みのある人なら、気に入ると思います。

ペーストの色は、少し茶色がかった白、とでも言うのでしょうか。

泡立ちや使用感、磨き上がりもスッキリして良いです。

 

BIOTIQUE の歯磨き粉は、デリー空港のドラッグストアで、残ったルピーで購入しました。

アーユルヴェーダ処方の歯磨き粉、かなりお気に入りになったので、今度インドに旅行に行ったら、大量に買ってきたいと目論んでいます。

・・・が、海外旅行にまた気軽に行けるようになる日は、いつになるのでしょう。。

ネットで買ってもいいのですが、現地価格を考えるとかなり高いですからね。でも、どうしても欲しくなったら、ネットで購入します。

 

 

]]>
世界各地で見た絶景《厳選》50箇所をご紹介します★ https://search-ethnic.com/stunning-views Sat, 13 Jun 2020 04:30:33 +0000 https://search-ethnic.com/?p=78177 世界各地で見た絶景の写真をご紹介します★

大自然が造り出した雄大な景観、歴史的な街並み、神秘的な古代遺跡、圧倒的な大都会のパノラマ。

アジア、ヨーロッパ、アフリカ、中南米各地のオススメの絶景スポットを50箇所、ピックアップしました♪

アルティン・アラシャン【キルギス】

トレッキング(カラコル〜アルティン・アラシャン〜カラコル)【キルギス旅⑤】

中央アジアの国「キルギス」の北東部、4,000m級の山々に囲まれた絶景の谷「アルティン・アラシャン(Altyn Arashan)」

5時間半掛けて美しい風景を眺めながらトレッキングし、標高2,600mのところにある「ユルタ」と呼ばれる伝統的なテントに宿泊するのが「アルティン・アラシャン」の楽しみ方。

雄大な景観と美しい自然が最高です★

「アルティン・アラシャン」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  0.0
癒され度   5.0

「アルティン・アラシャン」についての詳細はこちら↓

絶景の谷「アルティン・アラシャン」へのトレッキング(5時間半)【キルギス旅⑤】
前日、キルギスの首都ビシュケクから7時間かけて、イシク・クル湖東端の町、天山山脈へのトレッキングルートの拠点でもある「カラコル」の町に到着しました。カラコルで一泊し、翌朝、いよいよ海抜約3,000mの高地にある温泉地「アルティン・アラシャン(Altyn Arashan)」へのトレッキングへと出発です!

バガン遺跡【ミャンマー】 ◆世界遺産◆

雄大なバガン遺跡の夕景(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

「バガン遺跡(Bagan:ပုဂံ)」は、ミャンマー中部、エーヤワディー(イワラジ)川中流域の東岸の平野部一帯に広がる仏教遺跡群です。

40㎢のエリアにおよそ3000といわれる仏塔や寺院が点在しており、高台から眺めたそのパノラマは壮観のひと言★

夕陽に赤く染まる遺跡群は、得も言われぬ美しさです♪

「バガン遺跡」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   4.0

「バガン遺跡」についての詳細はこちら↓

地平線の果てまでパゴダが並ぶ!雄大なバガン遺跡の夕日【ミャンマー】
夕方、馬車でシュエサンドー・パヤーに向かい、夕陽が沈むのを見ました。夕方、ニャウンウーの町で馬車をチャーター(7000K:700円)。バガン遺跡の夕陽を見に、サンセット・ポイントである「シュエサンドー・パヤー」に向かいます。

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール【コロンビア】

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール【コロンビア⑨】

コロンビア第二の都市メデジンからバスで2時間ほどの所にある、巨大な一枚岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール(La piedra del peñol)」の上からは、水と緑に溢れた美しい景観を眺めることができます。

エメラルドグリーンの湖に、たくさんの緑豊かな島が点在するこの風景は、ダム湖の建設によって生まれたものであるとのこと。

知られざる絶景スポットです★

「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  1.0
癒され度   4.0

「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」についての詳細はこちら↓

悪魔のタワー「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」から絶景を堪能する★【コロンビア⑩】
南アメリカ大陸北西部に位置する国「コロンビア(Colombia)」。第二の都市「メデジン」に着いた翌日、メデジンからバスで2時間ほどの所にある、絶景が見えるという巨大岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール(La piedra del peñol)」を訪問しました。

パジェ【タンザニア・ザンジバル島】

パジェ②【ザンジバル④】

アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル(Zanzibar:زنجبار)」

その東海岸にある「パジェ(Paje)」は、ビーチが美しいことで知られています。

世界屈指との呼び声も高い美しい海を眺めながら、本を読んだり、浜辺を散歩したりして、のんびりと過ごす。

最高の贅沢です♪

「パジェ」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  0.0
癒され度   5.0

「パジェ」についての詳細はこちら↓

パジェでのんびり♪遠浅の白い砂浜と水色の海を堪能!【ザンジバル③】
アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル」への旅。ザンジバルの東海岸にある「パジェ(Paje)」に辿り着きました★。「パジェ」での滞在は3泊の予定。世界屈指との呼び声も高い美しい海を眺めながら、本を読んだり、浜辺を散歩したりして、のんびりと過ごします。

モスタル【ボスニア・ヘルツェゴビナ】 ◆世界遺産◆

モスタル②【バルカン⑨】

ボスニア・ヘルツェゴビナ南部にある町「モスタル(Mostar)」は、オスマントルコ時代の風情が色濃く残る小さな町。

イスラム教徒居住区とキリスト教徒居住区を分かつ、エメラルドグリーンのネレトヴァ川。そこに架けられたスターリ・モスト橋が織りなす景観は、絶景のひと言です★

「モスタル」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 2.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   3.0

「モスタル」についての詳細はこちら↓

ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産の町「モスタル」をとことん堪能★【バルカン⑨】
バルカン諸国(旧ユーゴスラビア)の旅。クロアチアのドゥブロヴニクからバスでボスニア・ヘルツェゴビナの町「モスタル(Mostar)」に到着。今回は、世界遺産にも登録されているモスタルの町と、その見どころをご紹介します。

アイト・ベン・ハッドゥ【モロッコ】 ◆世界遺産◆

アイト・ベン・ハッドゥ【モロッコの旅】

モロッコ南部にあるサハラ砂漠の入り口の町「ワルザザート」の西に、世界遺産にも登録された村「アイト・ベン・ハッドゥ(Ait Ben Haddou:آيت بن حدو‎)」はあります。

不毛の大地の中に日干しレンガ造りの城塞都市が忽然とそびえ立つその様は、雰囲気抜群!

まるで異世界を訪れたような雰囲気に浸れます★

「アイト・ベン・ハッドゥ」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    3.0
歴史ロマン  4.0
癒され度   0.0

「アイト・ベン・ハッドゥ」についての詳細はこちら↓

日干しレンガの城塞都市「アイト・ベン・ハッドゥ」(世界遺産)【モロッコ】
ワルザザートから西へ約33km。不毛の大地の中に日干しレンガ造りの城塞都市が忽然とそびえ立っています。世界遺産にも登録された村「アイト・ベン・ハッドゥ」(Ait Ben Haddou)です。村の建物の保存状態はとてもよく、そのため、映画のロケ地としてもよく使われているそうです。

ウユニ塩湖【ボリビア】

ボリビア ウユニ

ボリビア南部にある世界最大の塩の湖「ウユニ塩湖(Uyuni)」

乾季の塩湖は地平線の果てまで見渡す限り真っ白の世界でした。

写真は湖の中心にある島「イスラ・デ・ペスカ」からの眺め。

標高3,700mの真っ青な空と純白の塩湖。その真ん中にあるサボテンの林立する孤島。

世界でもここでしか見られない、雄大で美しい、そして、シュールな風景です★

「ウユニ塩湖」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  1.0
癒され度   1.0

「ウユニ塩湖」についての詳細はこちら↓

「ウユニ塩湖」見渡す限りの白世界!ジープで行く乾季のウユニツアー【ボリビア】
地平線の果てまで広がる真っ白な塩の大地がすごい!見渡す限りの白世界!世界最大の塩の湖「ウユニ塩湖」を訪問しました。

ブレッド湖【スロベニア】

ブレッド湖【バルカン③】

首都リュブリャナからバスで1時間半ほどの場所に、スロベニアきっての景勝地「ブレッド湖(Blejsko jezero)」があります。

穏やかなエメラルドグリーン色の湖水と起伏に富んだ周囲の山々。

湖面には小さなブレッド湖がポツンと浮かび、中世の教会が建っているのが見えます。

まさに絶景です♪

「ブレッド湖」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  3.0
癒され度   4.0

「ブレッド湖」についての詳細はこちら↓

スロベニアきっての景勝地「ブレッド湖」★見所と行き方&ブレッドケーキ【バルカン③】
スロベニアの首都リュブリャナからバスで1時間20分ほどの場所にある、スロベニアきっての景勝地「ブレッド湖」を訪れました★エメラルドグリーンの湖と、そこに佇む修道院や古城が織りなす景観は、”絶景”のひと言♪ 今回は、ブレッド湖の見所と行き方、名物のブレッドケーキをご紹介します。

ワディ・バニ・ハリッド【オマーン】

ワヒバ砂漠ツアー(ワディ・バニ・ハリド)【オマーン旅⑨】

「ワディ・バニ・ハリッド(Wadi Bani Khalid:وِلَايَة وَادِي بَنِي خَالِ)」は、オマーン東部、ハジャル山地の南西麓に位置する峡谷。一年を通じて水が涸れない緑豊かなオアシスがあり、オマーン有数の景勝地として知られている場所です。

圧倒的なスケール感の岩の大峡谷の狭間に、突如として現れるエメラルドグリーンの水を湛えたオアシス。

カラカラに乾燥した風景ばかり見続けてきた目にとって、これは癒されます★

「ワディ・バニ・ハリッド」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  2.0
癒され度   4.0

「ワディ・バニ・ハリッド」についての詳細はこちら↓

広大な砂丘の広がる「ワヒバ砂漠」とエメラルド色のオアシス「ワディ・バニ・ハリッド」【オマーン旅⑩】
アラビア半島の南東、ペルシャ湾岸にある国「オマーン」への旅。オマーン滞在5日目。この日は、首都マスカットからオマーン東部にある砂漠「ワヒバ砂漠」と、オマーン東部、ハジャル山地の南西麓に位置するオアシス「ワディ・バニ・ハリッド」を巡るプライベート一日ツアーに出掛けます。

バックウォーター【インド・ケララ州】

ハウスボート1(南インド・ケララ州)

南インド・ケララ州(Kerala)、コーチンの南側の海岸沿いは、無数の川や湖、入江などが網の目のように連なり、広大なデルタ地帯を形成しています。

ここが、「バックウォーター(Backwater)」と呼ばれる地域です。

このバックウォーターを「ハウスボート」(ケララの伝統的な木造船を利用したクルー付きの貸切ボート)でゆったりとクルーズするのが、バックウォーター観光の最高の楽しみ方♪

椰子の木やバナナの木の緑、豊かな水路に行き交う無数の小舟。

そんな、楽園的な風景をただただ眺め続けるという時間。

この上なく贅沢なひと時です★

「バックウォーター」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  3.0
癒され度   5.0

「バックウォーター」についての詳細はこちら↓

まさに楽園そのもの!ハウスボートでバックウォーターをクルーズ★【南インド・ケララ州】
「ハウスボート」とは、かつて米やスパイスの運搬に使われていたケララの伝統的な木造船「ケットゥーヴァラム(Kettuvalam)」を利用したクルー付きの貸切ボートのこと。「ハウスボート」は、ケララ州を案内するパンフレットやVTRには必ずと言っていいほど紹介されているケララ観光の目玉のひとつなのです!

アラン諸島【アイルランド】

さいはての島へゆく(アラン諸島 イニシュモア島)【アイルランド】

アイルランド本島の西に浮かぶ3つの小島、「アラン諸島(Aran Islands:oileáin Árann)」最大の島が「イニシュモア島(Inis Mór)」

この島は、島全体が石灰岩の岩盤だけでできており、その荒凉たる景観は、まさに”最果て”のイメージにぴったり。

島の南西の「ドン・エンガスの断崖」には、強風が吹き荒び、大西洋の荒々しい波が打ち寄せています。

厳しくも美しい、そんな風景です。

「アラン諸島」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  4.0
癒され度   3.0

「アラン諸島」についての詳細はこちら↓

最果ての島、アラン諸島イニシュモア島【アイルランド】
あいにくの雨です。9時30分、フェリーは、ゴールウェイの近郊、ロッサビルの港からアラン諸島最大の島である、「イニシュモア島」へと出航しました。「イニシュモア島」は周囲約40キロ、人口は800人ほど。ジャガイモなどの農業と漁業、そして、観光業が主産業となっています。

プリトヴィツェ【クロアチア】 ◆世界遺産◆

プリトヴィツェ【バルカン⑤】

クロアチア中部、ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境沿いにある「プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park:Plitvička jezera)」は、大小16のエメラルドグリーンの湖と、変化に富んだ92の滝が幻想的な景観を作り出している自然遺産です。

カルストで濾過された澄み切った湖水、轟音を轟かせる迫力のある滝、大自然の美しさを満喫できる国立公園です★

「プリトヴィツェ」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  0.0
癒され度   5.0

「プリトヴィツェ」についての詳細はこちら↓

プリトヴィツェ湖群国立公園★湖と滝が織りなす世界遺産の絶景【バルカン⑤】
「プリトヴィツェ湖群国立公園」は、大小16のエメラルドグリーンの湖と、変化に富んだ92の滝が幻想的な景観を作り出している自然遺産です。場所はクロアチアの首都ザグレブからはバスで2時間半ほどの所にあります。 プリトヴィツェ湖群国立公園のチケット予約、行き方、現地の美しい風景をご紹介します。

メルズーガ砂漠【モロッコ】

メルズーガ砂漠【モロッコの旅】

世界最大の砂漠「サハラ砂漠」の西の端、「メルズーガ(Merzouga)」にある大砂丘「レルグ・シェビ(L’erg Chebbi)」

ベルベル人のラクダに乗って砂漠の中のテントを訪れ、一夜を明かしました。

地平線まで一面に広がる砂の海。日の傾きと共に刻々と色を変える砂の色。

とっても幻想的です★

「メルズーガ砂漠」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  3.0
癒され度   2.0

「メルズーガ砂漠」についての詳細はこちら↓

サハラ砂漠での一夜 in メルズーガ【モロッコ】
「メルズーガ」に到着したのは、夕方の17時頃。辺りはすでに夕暮れの雰囲気で、向こうに見えるサハラの砂丘も夕陽を浴びてオレンジ色に染まってきていました。そんな風景の中をラクダに乗って、一路サハラ砂漠の中へと進んでいきます。

ラダック【インド・ジャンムーカシミール州】

ラダック リキールゴンパ

「ラダック(Ladakh:ལ་དྭགས་)」は、インド北西部、ジャンムー・カシミール州のヒマラヤ山脈に囲まれた高地にあります。

ここはチベット文化の西の端。インド領であるラダックは、中国のチベット本土よりも、その伝統文化が色濃く保持されているといわれている場所です。

標高3,000mを超える不毛の高地に、無数の「ゴンパ(僧院)」があります。

高地の紺碧の空と雄大な山岳風景。そこに佇む白亜のゴンパ。

圧倒的な景観です★

「ラダック」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  3.0
癒され度   2.0

「ラダック」についての詳細はこちら↓

城砦のような勇壮なゴンパ「ティクセ・ゴンパ」と見目麗しき「チャンパ(弥勒)大仏像」【インド・ラダック地方】
チベット仏教最大の宗派「ゲルク派」の最も重要なゴンパのひとつ「ティクセ・ゴンパ」を訪れました。城砦のような勇壮な姿をしたゴンパの中には、見目麗しき「チャンパ(弥勒)大仏像」が鎮座していました。
岩山全体がゴンパ!「チェムレ・ゴンパ」から響き渡るラッパの音♪【インド・ラダック地方】
岩山全体が僧坊と化した「チェムレ・ゴンパ」は、とってもフォトジェニック!老僧が古色蒼然たる堂内でおもむろに読経を始めたり、一面に広がる荒野を見渡す屋上で老僧と小坊主がラッパを吹いたり♪

麗江古城【中国・雲南省】 ◆世界遺産◆

麗江の街並み

中国雲南省北西部にある「麗江(丽江:Lijiang)」は、少数民族である納西族が暮らす町。

「麗江古城」と呼ばれる旧市街は、グレーの瓦屋根で統一された木造家屋が一面に連なり、素朴で美しい景観を形作っています。

同じ東アジア文化圏の日本人から見ると、何ともノスタルジックな風景です★

「麗江古城」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 2.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   4.0

「麗江古城」についての詳細はこちら↓

瓦屋根の木造の家並みと石畳の路地が雰囲気満点!納西族の里「麗江」【中国雲南省】
雲南省の麗江の町。万年雪を被った玉流雪山の麓にある町です。 ここは納西族のふるさと。瓦屋根の木造の家並みと石畳の路地が雰囲気満点です! この町は中国で初めて世界遺産に登録された場所です。

イスタンブール【トルコ】 ◆世界遺産◆

トルコ イスタンブール

ヨーロッパとアジアの接点、ギリシャ・ローマ時代から続く文明の十字路。トルコの「イスタンブール(İstanbul)」

夕暮れ時、西の空に沈む夕陽がボスポラス海峡の水面を茜色に染める頃、シルエットとなった無数のジャーミィの尖塔から、礼拝の呼び掛け「アザーン」の声が発せられます。

旧市街のシルエットを背景に、数千ものアザーンの声が海峡中に響き渡るその光景。

この町でしか味わえない”絶景”です★

「イスタンブール」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   3.0

「イスタンブール」についての詳細はこちら↓

アジアとヨーロッパを繋ぐ文明交差点「イスタンブール」【トルコ】
イスタンブールは、ヨーロッパとアジアの接点にある、この世に2つとない街です。ヨーロッパサイドである旧市街と金閣湾の向こうに見える新市街、ボスポラス海峡を挟んだ向こう側のアジアサイド。夕暮れの海峡を眺め、チャイの甘さを味わいながら、私は、「イスタンブールに来たんだ!」という思いを噛み締めていました。

ウシュグリ村【ジョージア】 ◆世界遺産◆

ウシュグリ村の風景(メスティアから車でウシュグリ村へ)【ジョージア(グルジア)Georgia:საქართველო】

ジョージア北西部上スヴァネティ地方にある「ウシュグリ村(Ushguli:უშგული)」は、石造りの塔状の建物が林立する独特な風景で知られています。

5,000m級の白い峰々を背景に、無数の素朴な塔が立つ光景は、ここでしか見られない何とも不思議な景観。

まさに、絶景です♪

「ウシュグリ村」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   4.0

「ウシュグリ村」についての詳細はこちら↓

「復讐の塔」がたくさん立つ町「ウシュグリ村」(世界遺産)【ジョージア(グルジア)】
「ウシュグリ村」(Ushguli:უშგული)は、メスティアから約45kmほど南東に進んだところにある村。ここは、ヨーロッパ最高所にある村として知られています。標高は2,410m。村には「スヴァネティ地方」独特の塔状の建物がたくさん立っていて、村全体がユネスコの世界遺産に登録されています。

マチュピチュ【ペルー】 ◆世界遺産◆

ペルー マチュピチュ

南米ペルー、アンデス山麓に位置するウルバンバ谷の尾根にある、インカ帝国時代の遺跡「マチュピチュ(Machu Pikchu)」

遺跡は断崖絶壁に囲まれており、前方に聳えるワイナピチュ山を背景としたその景観は、まさに”天空の遺跡”

失われた「インカ文明」の神秘性、一面に広がる段々畑の緑と石造りの建造物との鮮やかなコントラスト。

一生に一度は見たい”絶景”です★

「マチュピチュ」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   4.0

「マチュピチュ」についての詳細はこちら↓

ハイラム・ビンガムが見つけたインカの隠れ里「マチュピチュ」との感動の対面!【ペルー】
つづら折の山道「ハイラム・ビンガム・ロード」をぐねぐねと400メートルも登っていき、しばらくすると標高2,280メートルの山の頂上にそれは見えてきます。「マチュピチュ」!「失われた都市」と呼ばれる古代インカの都市遺跡です!

シバーム【イエメン】 ◆世界遺産◆

イエメン シバーム

アラビア半島南端にある国イエメン。その東部に広がる涸れ谷「ワディ・ハドラマウト」の中に、「シバーム(Shibam:شبام)」の町はあります。

砂漠の中に忽然と現れる高層建築群の姿は、インパクト抜群!

まるで蜃気楼のように佇む”砂漠の摩天楼都市”の姿、一見の価値はあります★

「シバーム」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   2.0

「シバーム」についての詳細はこちら↓

砂漠の摩天楼都市「シバーム」の外観と街の様子【イエメン】
ワディ・ハドラマウトの中心都市「サユーン」からタクシーで西へ進むと、砂漠の中に忽然と巨大なビルのかたまりが姿を現します。まるで蜃気楼のように、忽然と砂漠の中に姿を現すのです。世界遺産に指定された砂漠の摩天楼都市「シバーム」(Shibam:شبام)の町です。

サナア旧市街【イエメン】 ◆世界遺産◆

イエメン サナア

イエメンの首都「サナア(Sana’a:صنعاء)」

この町は、5000年の歴史を持つといわれる世界最古の町のひとつです。

旧市街の一角にある「オールドサナアパレスホテル」の屋上からは、白い漆喰でデコレーションされた伝統的なイエメン建築が林立する風景を眺め見ることができます。

中世のアラブに迷い込んだようなその景観。数百のミナレットからアザーンが響き渡る夕暮れ時の光景は特に格別です★

「サナア旧市街」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   2.0

「サナア旧市街」についての詳細はこちら↓

オールドサナアパレスホテルの屋上から眺めるサナアの街【イエメン】
イエメンの首都サナア。この町は、5000年の歴史を持つといわれる世界最古の町のひとつです。旧市街の一角にある「オールドサナアパレスホテル」の屋上からは町の眺めが堪能できました。茶色の壁に白い漆喰で飾られた窓を持ったデコレーションケーキのような建物、それが街いっぱいに広がっています。

タージ・マハル【インド・ウッタルプラデシュ州】 ◆世界遺産◆

タージマハル アグラ インド

インド北部、アグラにある「タージマハル(Taj Mahal:ताज महल)」は、ひとりの妃のためだけに造られたという世界で最も美しい墓廟です。

夕暮れ時、レンタサイクルでヤムナー川の畔へと行きました。

そこで見た光景・・・。

私たちは言葉を失いました。

一生忘れることのできない、「タージマハル」のシルエットです。

「タージ・マハル」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   2.0

「タージ・マハル」についての詳細はこちら↓

白亜の殿堂「タージマハル」!シャージャハーンが建てた愛の証【インド・アグラ】
世界で一番美しい建物「タージ・マハル」。間近で見るタージは想像以上に巨大でした。タージ・マハルは、ムガル皇帝の妃の墓。たったひとりの妃のためだけに建てられた建物なのです。 日中の白亜に輝く姿も、夕焼け空に浮かび上がる神秘的なシルエットも魅力的!

アンティグア【グアテマラ】 ◆世界遺産◆

【グアテマラ⑦:アンティグア1】

中米の国「グアテマラ」中部にある古都「アンティグア(Antigua Guatemala)」

標高1,520mの高原都市で、スペイン時代のコロニアルな街並みと火山を望む美しい風景が見どころです。

町を見下ろす高台「十字架の丘」からは、美しい稜線を描くアグア山と、それを背景に広がる、碁盤目状に区画された街並みが見渡せます。

完璧な構図で描かれた一枚の絵のような光景です♪

「アンティグア」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   4.0

「アンティグア」についての詳細はこちら↓

世界遺産の古都「アンティグア」★十字架の丘・市場・コロニアルな史跡を巡る【グアテマラ⑥】
メキシコの南、中米にある国「グアテマラ」。世界遺産の古都「アンティグア」を見て回ります。植民地時代のコロニアルな街並みと3つの火山を望む美しい風景が「アンティグア」の見どころ★ 「十字架の丘」から街並みのパノラマを俯瞰したあと、市場やチキンバスターミナル、古都の史跡をのんびりと巡りました。

プラハ歴史地区【チェコ】 ◆世界遺産◆

チェコ、プラハ

”世界で最も美しい街”とも称される、チェコ共和国の首都「プラハ(Praha)」

大戦中の戦火を免れたこの町には、ロマネスクからゴシック、ルネサンス、バロック、アールヌーヴォー、キュビズムなどあらゆる時代の建築様式が並び、まるで、町全体が博物館のよう。

町の西の高台にあるプラハ城からは、ヴルタヴァ川(ドイツ語名モルダウ)を中心に広がる、プラハの街並みを一望することができます。

オレンジ色の屋根で統一された町の景観は、”世界で最も美しい街”という形容も納得の美しさです★

「プラハ歴史地区」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   2.0

「プラハ歴史地区」についての詳細はこちら↓

プラハの春。歌に刻まれた歴史(マルタ・クビショヴァーの歌)【チェコ】
ヴルタヴァ川(ドイツ語名モルダウ)を中心に広がる東欧有数の都会「プラハ」。120万の人口を誇るチェコの首都です。世界中から多くの観光客が訪れ、街は世界遺産にも登録されています。その「プラハ」には、今でも人々の心の中に生き続ける「歌」があります。

パルミラ遺跡【シリア】 ◆世界遺産◆

シリア パルミラ

「パルミラ遺跡(Palmyra:تدمر)」は、シリアの首都ダマスカスの北東部、シリア砂漠の中にある隊商都市の遺跡です。

1.2kmも続く壮大な列柱道路、ローマ風の劇場や浴場跡、壮麗な神殿や美しい門。ローマ軍に徹底的に破壊されたという悲劇の歴史。

中東屈指の見応えのある遺跡です★

2015年、ISの侵攻によってパルミラは制圧され、遺跡の重要な遺構の多くが破壊されてしまいました。

現在では決して見ることができない”失われた絶景”でもあります。

「パルミラ遺跡」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   0.0

「パルミラ遺跡」についての詳細はこちら↓

朝、パルミラの遺跡には誰もいませんでした。世界遺産パルミラ遺跡をひとり占め!【シリア】
朝、パルミラ遺跡に向かうと、遺跡には人の姿がまったくありませんでした。パルミラ遺跡をひとり占めです! 夕方、パルミラ遺跡を見下ろす丘の上にあるアラブ城に登りました。眼下に広がる遺跡と広大な砂漠、その向こうに太陽が沈んでいきました。

ポカラ【ネパール】

ネパール ポカラ

ネパールの首都カトマンズから西に約200km、標高800mの場所に「ポカラ(Pokhara:पोखरा)」はあります。

町はペワ湖の畔に広がっており、町からは7,000m級のヒマラヤの白い峰々が見えます。

町との標高差は6,000m以上!

温暖な湖畔から世界最高峰の山々をのんびりと眺め見ることができる、世界でも珍しい場所です。

真っ白なヒマラヤの峰々がペワ湖の湖面に映ったその光景は、絶景そのものです★

「ポカラ」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  0.0
癒され度   5.0

「ポカラ」についての詳細はこちら↓

湖に映った7000m級のヒマラヤの姿、ポカラの町【ネパール】
首都カトマンズから西へ約200キロメートル。ポカラの町はあります。ポカラの標高は約800メートル。町はぺワ湖という湖を中心に広がっており、ツーリストやトレッカー、山男が世界中から集まってくる観光地として知られています。

ハロン湾【ベトナム】 ◆世界遺産◆

ベトナム ハロン湾

「ハロン湾(Vịnh Hạ Long)」は、ベトナム北部、ハノイからバスで4時間ほどのトンキン湾北西部にある湾。

“世界で最も美しい湾”とも言われる、ベトナム屈指の景勝地です。

翡翠色の海に大小2000もの奇岩が立つ様はとても幻想的。

「海の桂林」とも呼ばれる水墨画のような風景は、美しいのひと言です★

「ハロン湾」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  0.0
癒され度   4.0

「ハロン湾」についての詳細はこちら↓

エメラルドグリーンの海に突き出た2000の奇岩、ハロン湾【ベトナム】
「ハロン湾」は、トンキン湾北西部にある湾。ハノイからバスで4時間ほどの場所にあります。エメラルドグリーン色の海に大小2000もの奇岩がニョキニョキと立つ様はとても幻想的。ハロン湾は「海の桂林」とも呼ばれています。

ヒヴァ【ウズベキスタン】 ◆世界遺産◆

アクシェイフ・ババの見張り台から眺めるイチャン・カラの夕景【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

中央アジアの国、ウズベキスタン。その北西部のホラズム州に「ヒヴァ(Xiva)」の町はあります。

「イチャン・カラ」と呼ばれる旧市街には、数多くの歴史的建造物が残されていて、博物館都市として街全体が保存されています。

砂色で統一された街並みと城壁。ターコイズブルーのタイルで彩られたモスクのドームやミナレット。

まるで、中世にタイムスリップしたかのような町の風情です★

「ヒヴァ」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   4.0

「ヒヴァ」についての詳細はこちら↓

砂色の城壁と青のタイルの町、ヒヴァ、イチャン・カラ【ウズベキスタン】
朝起きたら、そこはヒヴァ!中世の面影を残す砂色の界隈をぶらりと歩きました。中央アジアの国、ウズベキスタン。その首都であるタシケントから西に約750Kmのところにヒヴァの町はあります。

サマルカンド【ウズベキスタン】 ◆世界遺産◆

レギスタン広場 【世界遺産】【ウズベキスタン(サマルカンド)】

シルクロード。

かつてまだ世界が広かった頃、東方の唐やインドと西方のペルシャやローマ帝国は、このシルクロードの交易を通じて繋がっていました。

そのシルクロードの中心に位置していたのが、中央アジア、ウズベキスタンの古都「サマルカンド(Samarkand:Самарқанд)」です。

サマルカンドの象徴でもある「レギスタン広場」を訪れると、その壮大な空間に圧倒されます。

3つのメドレセ(神学校)が形作る巨大なイーワーンとミナレットの造形。緻密に描かれた幾何学模様のモザイクタイル。“サマルカンドブルー”と呼ばれるドームの美しい青。

文句なしの“絶景”です★

「サマルカンド」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   2.0

「サマルカンド」についての詳細はこちら↓

シルクロードに輝く壮大な青の都、サマルカンド【ウズベキスタン】
ティムールの作ったサマルカンドの建物はとにかく巨大です。かつてまだ世界が広かった頃、東方の唐やインドと西方のペルシャやローマ帝国は、シルクロードの交易を通じて繋がっていました。そんな東西の交易路の中心に位置していたのが、この「サマルカンド」という町なのです!

テオティワカン【メキシコ】 ◆世界遺産◆

テオティワカン遺跡【メキシコ】

メキシコシティから北東約50kmの所に、壮大な都市遺跡が遺されています。

紀元前2世紀から6世紀にかけて繁栄したテオティワカン文明の中心、「古代都市テオティワカン(Teotihuacan:Teōtīhuacān)」です。

遺跡最大の建造物「太陽のピラミッド」の頂上からはの眺めは、まさに絶景!

遺跡の壮大な景観と、失われた文明の歴史ロマンを満喫することができます★

「テオティワカン」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   2.0

「テオティワカン」についての詳細はこちら↓

「テオティワカン遺跡」で歴史ロマンを満喫!現地発半日ツアー(ガイド付き)【メキシコ】
「テオティワカン遺跡」へは、公共のバスを使って行くこともできますが、今回は現地旅行会社のツアーを利用。旅行会社は、日本人の方が経営している旅行会社で、ネットで予約をしました。ツアー内容は、グアダルーペ寺院とテオティワカン遺跡を訪れる半日ツアーで、ドライバーと日本人ガイド付き。

元陽の棚田【中国・雲南省】 ◆世界遺産◆

雲南省 元陽

中国雲南省南部にある元陽

海抜1400m〜2000mのこの地域では、1200年前の唐の時代から、哈尼(ハニ)族によって棚田が作られてきました。

元陽県には約12万haの棚田があり、多いところでは5000段を越える棚田もあります。

棚田は12~75度の険しい斜面に築かれており、山の麓から頂上まで斜面一面に連なる棚田を眺めることができます。

その光景は、本当に圧巻のひとことです!

「元陽の棚田」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  3.0
癒され度   4.0

「元陽の棚田」についての詳細はこちら↓

見渡す限り一面に棚田が広がる!「元陽の棚田」【中国雲南省】
中国雲南省南部にある元陽。険しい斜面に築かれた棚田が有名です。付近の村からは山の麓から頂上まで斜面一面に連なる棚田を眺めることができます。その光景は、本当に圧巻のひとことです!

ロック・オブ・キャシェル【アイルランド】

ロック・オブ・キャシェル【アイルランド】

ダブリンからバスで約3時間。アイルランド南東部、ティぺラリー州の緑の平原地帯のただなかに灰色の城塞が聳え立っています。

「ロック・オブ・キャシェル(Rock of Cashel)」です。

標高約67メートルの岩山の上には、大聖堂や礼拝堂、円塔やハイクロスの並ぶ墓地などが密集して建っています。

麓の街から眺め見るその姿は、まさに「威容」という表現がぴったり!

幻想的な風景を堪能することができます★

「ロック・オブ・キャシェル」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  4.0
癒され度   3.0

「ロック・オブ・キャシェル」についての詳細はこちら↓

魔王の落とした岩の城「ロック・オブ・キャシェル」【アイルランド】
ダブリンからバスで約3時間。アイルランド南東部、ティぺラリー州の緑の平原地帯のただなかに灰色の城塞が聳え立っています。「ロック・オブ・キャシェル」(Rock of Cashel)です。当日は小雨がぱらつく肌寒い日和でした。

ギザのピラミッド【エジプト】 ◆世界遺産◆

エジプト ギザ ピラミッド

「ギザの三大ピラミッド(Giza:الجيزة Pyramids:أهرامات الجيزة)」

今から4500年前、紀元前2500年頃に造られたギザの三大ピラミッドは、世界で最も有名な建造物と言っても過言ではありません。

砂漠の中に聳え立つクフ王、カフラー王、メンカウラー王の3つのピラミッドは、圧倒的な存在感!

未だその多くが謎に包まれているという神秘性、古代ギリシャの時代には既に“七不思議”であったという歴史。その全てが唯一無二の存在です★

「ギザのピラミッド」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   0.0

「ギザのピラミッド」についての詳細はこちら↓

クフ王、カフラー王、メンカウラー王、ギザの三大ピラミッド【エジプト】
ギザの三大ピラミッド(Giza:الجيزة Pyramids:أهرامات الجيزة)。世の中にこれほど見事なランドマークがほかにあるでしょうか。砂漠の中に立つ3基のピラミッドは圧倒的な存在感!人類史上最も有名な建造物といっていいかもしれません。

パムッカレ【トルコ】 ◆世界遺産◆

トルコ パムッカレ

トルコ南西部にある「パムッカレ(Pamukkale)」は、全長4km、高さ約200mにも及ぶ真っ白な石灰棚が有名です。

丘の上から湧き出る温泉が大地を流れ落ちる際に石灰分を沈殿させ、棚田のような景観を形作っているのです。

白い石灰棚と温水の水色のコントラストが綺麗な日中のパムッカレも美しいですが、夕暮れ時の薄紫色に染まった石灰棚の光景は、息を呑むほど素晴らしいものでした★

「パムッカレ」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  3.0
癒され度   4.0

「パムッカレ」についての詳細はこちら↓

真っ白な石灰棚の丘「パムッカレ」は夕暮れ時も綺麗【トルコ】
真っ白な石灰棚の丘「パムッカレ」。夕方、パムッカレの石灰棚で夕陽を見ました。昼間のうちから「ここは夕暮れ時は絶対に美しいに違いない」と思い、楽しみにしていたのです。案の定、その景観は息を呑むほど素晴らしいものでした。

ティカル遺跡【グアテマラ】 ◆世界遺産◆

【グアテマラ⑨:ティカル】

グアテマラ北部、ペテン低地のジャングル地帯の中に、マヤ文明の都市遺跡として最大規模の遺跡「ティカル(Tikal)」はあります。

ティカルは、紀元4世紀から9世紀頃にかけて繁栄を極め、最盛期である8世紀頃にはその人口は6万人にも及んだと言われています。

ティカル遺跡を象徴する壮大な空間「グラン・プラサ」は、ティカル遺跡を象徴する壮大な空間。

いにしえのマヤの王が、群衆に向かってここで演説したと想像すると、胸が熱くなります!

「ティカル遺跡」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   4.0

「ティカル遺跡」についての詳細はこちら↓

密林の中に佇むマヤ文明最大の都市「ティカル遺跡」を訪れる【グアテマラ⑧】
グアテマラ北部、ペテン低地のジャングル地帯の中に、マヤ文明の都市遺跡として最大規模の遺跡「ティカル(Tikal)」はあります。ユネスコの世界遺産のひとつであり、グアテマラ最大の見どころである「ティカル遺跡」。密林の中に佇む巨大な石造ピラミッドは見応えがありました★

グアナファト歴史地区【メキシコ】 ◆世界遺産◆

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

メキシコ中央高原にある古都「グアナファト(Guanajato)」

スペイン植民地時代、この町は銀や錫の採掘により繁栄を極めました。

町の歴史地区を見下ろす「ピピラの丘」からは、カラフルな建物が並ぶ街のパノラマを見渡すことができます。

ピピラの丘から眺める、光り輝くようなグアナファトの光景。

これ以上ない美しさです♪

「グアナファト歴史地区」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   4.0

「グアナファト歴史地区」についての詳細はこちら↓

ピピラの丘から見た昼間のグアナファトの街は白く輝いていました☆【メキシコ】
メキシコ中央高原にあるコロニアル都市「グアナファト」。ピピラの丘から見えるカラフルなグアナファトの街並みは、まさに絶景です!早朝に続き、お昼にもピピラの丘に登り、朝とは違った景色を堪能しました♪

ドゥブロヴニク旧市街【クロアチア】 ◆世界遺産◆

ドゥブロヴニク②(午後)【バルカン⑦】

“アドリア海の真珠”とも謳われる南クロアチアの都市、「ドゥブロヴニク(Dubrovnik)」

街を取り囲む城壁の上からは、12世紀から17世紀にかけて造られたという旧市街の街並みを一望することができます。

屋根のオレンジ色とアドリア海のコバルトブルーの鮮やかな対比。夕暮れ時はそのコントラストがさらに際立ちます。

紛うことなき”絶景”です♪

「ドゥブロヴニク旧市街」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   3.0

「ドゥブロヴニク旧市街」についての詳細はこちら↓

世界遺産「ドゥブロヴニク旧市街」の路地歩きと城壁からの絶景★【バルカン⑦】
バルカン諸国(旧ユーゴスラビア)の旅。“アドリア海の真珠”とも謳われる南クロアチアの都市、世界遺産「ドゥブロヴニク(Dubrovnik)」の旧市街街巡り。雰囲気抜群の路地裏を歩き、ドゥブロヴニクの象徴でもある城壁を1周。オレンジ色の屋根が並ぶ絶景を堪能します。ディナーは新鮮なシーフードを賞味★

アンコール・ワット【カンボジア】 ◆世界遺産◆

アンコール・ワット

カンボジア北西部、シェムリアップ近郊にあるクメール王朝時代の寺院遺跡「アンコール・ワット(Angkor Wat:អង្គរវត្ត)」

壮大な都城やたくさんの寺院から成る「アンコール遺跡群」の中核を成す寺院で、ジャングルの中に壮大な伽藍が佇む様は、素晴らしいのひと言。

アンコール・ワットが最も美しい姿を見せるのが、早朝の日の出の時刻です。

刻々と移り変わる明けの空の中、徐々に巨大な伽藍がその輪郭を現していく様は、思わず声を失うほどドラマチックです♪

「アンコール・ワット」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   4.0

「アンコール・ワット」についての詳細はこちら↓

池に映ったシルエットが綺麗!アンコール・ワットの日の出【カンボジア】
アンコールの観光はまず日の出を見ることから始まります。アンコール遺跡群には、様々な遺跡があって日の出を見るポイントも多いのですが、やっぱり一番綺麗に日の出が見えるのは「アンコール・ワット」! 早起きは大変ですが、本当に綺麗なので毎日見に行ってしまいました。

ジャイサルメール【インド・ラジャスタン州】 ◆世界遺産◆

ジャイサルメール・フォート

「ジャイサルメール(Jaisalmer:जैसलमेर)」は、インド北西部ラジャスタン州。タール砂漠のほぼ中央にあるオアシス都市。町のすべての建物が地面と同じ黄砂岩で造られているため、”ゴールデンシティー”の呼称でも知られています。

ジャイサルメールは、12世紀の頃から数百年に渡り、インドと中央アジアを結ぶラクダ隊商の中継地として発展しました。

そんな、かつての栄華に思いを馳せ、豪奢な邸宅跡や勇壮な城塞の姿を見るのがジャイサルメールの楽しみ方。

中世インドのそのままの風景がここにはあります★

「ジャイサルメール」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   1.0

「ジャイサルメール」についての詳細はこちら↓

砂漠の中の黄金色の町、ジャイサルメール(ゴールデンシティー)【インド・ラジャスタン】
「ジャイサルメール」は、タール砂漠のほぼ中央にあるラジャスタン州の町。町のすべての建物は、地面と同じ黄砂岩で造られています。町全体が黄色をしていることから、”ゴールデンシティー”とも呼ばれているそうです。

コ・タオ【タイ】

コタオ

「コ・タオ(Koh Tao:เกาะเต่า)」(タオ島)は、バンコクから南へ約500km。マレー半島の東側のタイランド湾に浮かぶ、周囲21kmほどの小さな島です。

「コ・タオ」の夕暮れ。

水平線の向こうに眩しい夕陽が沈んでいきます。思わず目を細めてしまう瞬間。

キリリと冷えたシンハービールをグビリと飲みながら、波の音がさざめく夕暮れの海を眺めます。そして、新鮮な海の幸をたっぷり使ったタイ料理に舌鼓・・・。

至福の瞬間です!

「コ・タオ」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 2.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  0.0
癒され度   5.0

「コ・タオ」についての詳細はこちら↓

タイ南部の島、「コ・タオ」(タオ島)の透き通るような海【タイ】
透き通るような「コ・タオ」の海。一面に広る真っ青な海が見えるタオ島の風景。日差しが焼けるように熱いのになぜかとても涼しげです。

チチカカ湖【ペルー】

ペルー ウロス島

南米ペルーの南部とボリビア西部にまたがる淡水湖「チチカカ湖(Lago Titicaca)」

水面の標高は3,812m。古くからアンデスに住む人々に神聖な湖として崇められてきました。

湖の中には「トトラ」と呼ばれる葦を積み重ねて出来た浮島が大小40ほども浮かんでおり、独特な景観を形作っています。

高地の空を映した紺碧の湖水の中に浮かぶ浮島の群れ。

素朴で美しい、魅力的な光景です。

「チチカカ湖」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   4.0

「チチカカ湖」についての詳細はこちら↓

「ウロス島」チチカカ湖に浮かぶ葦でできた島と「バルサ」葦の船(チチカカ湖の島めぐり1)【ペルー】
神秘の湖チチカカ湖。湖畔の町「プーノ」から船で島めぐりをしました。最初に訪れたのは、葦でできた島「ウロス島」。「トトラ」と呼ばれる葦を積み重ねて作られた島で結構頑丈です。島にはトトラ製の舟「バルサ」も横付けされていました。

サントリーニ島【ギリシャ】

サントリーニ島【ギリシャ】

「サントリーニ島(Santorini:Σαντορίνη)」は、エーゲ海の南、キクラデス諸島の一番南端にある島です。

白壁に青い扉や窓のあるギリシャらしい建物。それらが岸壁の上に一面に広がる美しい景観が魅力的です。

夕暮れ時、島の北の「イア(Oia:Οία)」の町にある「サンセット・ポイント」からは、エーゲ海に沈む美しい夕陽を眺めることができます。

夕陽の傾きによって刻々と色を変える白い家並みとエーゲ海の海。

芸術的な美しさです★

「サントリーニ島」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  3.0
癒され度   4.0

「サントリーニ島」についての詳細はこちら↓

岸壁の上に白い街並みが並ぶエーゲ海の島「サントリーニ島」【ギリシャ】
「サントリーニ島」は火山の噴火によって出来た島で、島は三日月形をしています。三日月の輪の海の中に火山がぽっかりとあります。建物は岸壁の上に建てられています。白壁で、屋根や扉が青い色で塗られている統一感のある景観が形作られています。遠くから見ると岩山に雪が積もっているような、そんな風景です。

シーギリヤ遺跡【スリランカ】 ◆世界遺産◆

世界遺産、シーギリヤ・ロック【スリランカ】

スリランカ中部、マータレーにある古都「シーギリヤ(Sigiriya:සීගිරිය:சிகிரியா)」

ジャングルの中にそびえ立つ高さ195mの巨大な岩「シーギリヤ・ロック」は、スリランカを代表する絶景スポットです。

麓から仰ぎ見るインパクト抜群の岩の景観も見応えありますが、195mの岩の頂上からの眺めも、また格別!

地平線の向こうまで広がるジャングル、頂上に遺された朽ち果てた王宮跡。

必見の見どころです★

「シーギリヤ遺跡」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    3.0
歴史ロマン  4.0
癒され度   2.0

「シーギリヤ遺跡」についての詳細はこちら↓

ジャングルにある巨大岩「シーギリヤ・ロック」に登る(世界遺産)【スリランカ】
スリランカ中部、マータレーにある古都「シーギリヤ」。ジャングルの中にそびえ立つ高さ195mの巨大な岩「シーギリヤ・ロック」は、スリランカを代表する観光スポット。岩の頂上には、1500年も前に造られた「空中宮殿」の跡があり、付近一帯は「世界遺産」に登録されています。

バナウェの棚田【フィリピン】 ◆世界遺産◆

フィリピン、バナウェ。バナウェビューポイント 【世界遺産】

フィリピンのルソン島北部、イフガオ州の「バナウェ(Banaue)」

近郊にあるライステラスは、「コルディレラの棚田群」として世界遺産にも登録されています。

バナウェの棚田は、イフガオ族によって約2000年前から造られてきたものだそうで、棚田の規模としては世界最大。麓から頂上までの高低差は最大1500m、総面積は250㎢にもおよぶそうです。

山の頂上から麓まで延々と棚田が広がる様は圧巻!

人間の手仕事の凄さを実感する”絶景”です。

「バナウェの棚田」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  2.0
癒され度   4.0

「バナウェの棚田」についての詳細はこちら↓

バナウェ(Banaue)の棚田、ライステラス・ビューポイント【フィリピン】
フィリピンのルソン島北部、イフガオ州の「バナウェ」。近郊にあるライステラスは、「コルディレラの棚田群」として世界遺産にも登録されています。この日は、トライシクルのドライバー兼ガイド、ケリー君と一緒にバナウェの「ライステラス・ビューポイント」を巡ることにしました。

ワット・プー遺跡【ラオス】

ワット・プー 【タイ・ラオス③】

ラオス南部の町パクセーの南50㎞の場所に、「ワット・プー(Wat Phou:ວັດພູ)」遺跡はあります。

「ワット・プー遺跡」は、アンコール・ワットで知られるクメール王朝のヒンドゥー寺院遺跡のひとつで、当初は宮殿もしくは城として造られたものであるそう。

アンコール・ワットとは違って観光客の数が少ないので、ゆったり見ることができるのが魅力。

本殿のある最上部の丘の上からの風景は“絶景”です★

「ワット・プー遺跡」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 3.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  5.0
癒され度   4.0

「ワット・プー遺跡」についての詳細はこちら↓

のんびりとした風情と雄大な眺望が魅力★ラオスの世界遺産「ワット・プー遺跡」 【タイ・ラオス③】
ラオス旅2日目。パクセーの南50㎞の場所にある世界遺産の遺跡「ワット・プー」を訪れました。ワット・プー遺跡はチャンパサック県のプー・カオ山の麓にある寺院遺跡群。クメール様式の寺院と丘の上からの美しい眺望が魅力的な遺跡です。

フンザ【パキスタン】

パキスタン フンザ カリマバード

パキスタン北西部、中国へと続くカラコルム・ハイウェイの途中にある「フンザ (Hunza:ہنزہ)」。そのフンザにある村のひとつ「カリマバード(Karimabad:كريم آباد)」からは、7,000m級のパミール高原の山々に抱かれた美しい谷の風景を眺め見ることができます。

向こうに見えるのが7,788mのラカポシ山。真ん中を流れているのはインダス川。この辺りの標高は約2,500mほど。

川沿いには緑鮮やかな段々畑が一面に広がっており、針のように尖ったポプラの木々が林立しているのが見えます。

この景観を見るためだけに訪れる旅人も多い、絶景中の絶景です★

「フンザ」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  2.0
癒され度   5.0

「フンザ」についての詳細はこちら↓

カラコルムハイウェイ沿いの桃源郷、フンザの「カリマバード」と「アルチット」【パキスタン】
川沿いには緑鮮やかな段々畑が一面に広がっているのが見え、針のように尖ったポプラの木々もそこら中に林立しています。円い帽子を被った人々が歩き、牛も畑をうろついています。7,000m級のパミール高原の山々を望む谷。フンザ、カリマバードの村です。

ロケットスティーマー【バングラデシュ】

ロケットスティーマー バングラデシュ

ガンジスの河口に広がるデルタの国「バングラデシュ」。この国の魅力を満喫するには、網の目のように広がるデルタを航行する船に乗ることが一番。

首都ダッカと西部の町クルナを結ぶ定期外輪船「ロケット・スチーマー(Rocket Steamer)」の船上から眺めた、川の国「バングラデシュ」の風景は、素晴らしいのひと言でした。

緑溢れるベンガルの豊かな風景。エメラルドグリーンに輝く常緑樹が河岸に生い茂り、黄緑色の水田がどこまでも広がっています。

船上からのんびりと眺める”黄金のベンガル”の風景、極上です★

「ロケットスティーマー」のオススメ度

総合満足度  5.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    5.0
歴史ロマン  2.0
癒され度   5.0

「ロケットスティーマー」についての詳細はこちら↓

「ロケット・スチーマー」から眺めるベンガルの川の風景【バングラデシュ】
「ロケット・スティーマー」から眺めたベンガルの風景です。緑溢れるベンガルの豊かな風景。エメラルドグリーンに輝く常緑樹が河岸に生い茂り、黄緑色の水田がどこまでも広がっています。

ボゴタ【コロンビア】

ボゴタ②(トーレ・コルパトリア)【コロンビア③】

コロンビアのの首都「ボゴタ(Bogota)」

南米第3位の人口770万人を擁する大都会です。

旧市街の北、サンタフェ区のダウンタウンにある高層ビル「トーレ・コルパトリア」からは、地平線の彼方まで延々と広がる、メガロポリス「ボゴタ」の夜景を堪能することができます。

ネオンで光り輝く街並みが360度のパノラマで広がっているその光景。

圧倒されます!

「ボゴタ」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  0.0
癒され度   0.0

「ボゴタ」についての詳細はこちら↓

トーレ・コルパトリアビルで夜景を堪能★ガイラ・カフェでライブ鑑賞♪【コロンビア旅行⑤】
南アメリカ大陸北西部に位置する国「コロンビア」。夜は、ボゴタの街のパノラマを屋上から360度一望できるという「トーレ・コルパトリアビル」で夜景を眺め、コロンビアを代表するミュージシャン「カルロス・ビベス」の弟がオーナーのライブ・レストラン「ガイラ・カフェ」でライブを鑑賞します。

ドバイ【アラブ首長国連邦】

ドバイ②(ブルジュハリファ)【オマーン旅⑥】

アラブ首長国連邦の「ドバイ(Dubai:دبي‎)」にある世界一の高さを誇る建造物「ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa:برج خليفة‎)」

125階、地上452mから眺めるドバイのパノラマは圧巻のひと言!

砂漠の中に高層ビルが建ち並ぶ近未来的な風景、そのパノラマが夕陽に赤く染まっていく様子。

見応えがありました♪

「ドバイ」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  0.0
癒され度   0.0

「ドバイ」についての詳細はこちら↓

ドバイ日帰り旅行②(ブルジュ・ハリファとドバイ・モール★)【オマーン旅⑦】
アラビア半島の南東にある国「オマーン」への旅。この日は隣国の「アラブ首長国連邦」にある「ドバイ」にワンデイトリップ!午後は、ダウンタウン・ドバイ地区を観光。世界最大のショッピングモール「ドバイ・モール」、世界一の高さのビル「ブルジュ・ハリファ」、世界最大の噴水「ドバイ・ファウンテン」を鑑賞します★

ニューヨーク【アメリカ】

アメリカ、ニューヨーク

アメリカ最大の都市「ニューヨーク(New York)」

商業、金融、芸術、ファッション、音楽、娯楽、スポーツ、あらゆるもののメインストリームがこの町から発信されています。

ニューヨークの象徴でもある「エンパイア・ステート・ビル」の屋上(86階:320m)からの眺めは、アメリカという国を代表する景観のひとつ。

碁盤目状の街並みに高層ビルが隙間なく建ち並ぶその様子は、まさに世界一の町の風景です★

「ニューヨーク」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 5.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  0.0
癒され度   0.0

「ニューヨーク」についての詳細はこちら↓

世界一の“都会”ニューヨーク・マンハッタンの街散歩★(メジャーリーグ観戦も♪)【アメリカ】
アメリカ最大の都市であり、全世界で最も影響力がある都市と言っても過言ではない町「ニューヨーク(New York)」。ブロードウェイを歩き、ハーレムを散策。ヤンキースタジアムでメジャーリーグを観戦し、ブロードウェイミュージカルを観賞。マンハッタンの夜景を眺め、グリニッジビレッジでジャズを堪能しました♪

香港【中国】

100万ドルの香港の夜景 【香港】

「香港(HongKong)」で一番夜景が素晴らしいと言われるのが「ビクトリアピーク」からの夜景。

「100万ドルの夜景」「世界三大夜景のひとつ」などと称される、香港で最も有名な観光スポットです。

「ビクトリアピーク」からは、手前の「香港島」の高層ビル群、ヴィクトリア湾の海、向こうの九龍半島の街の灯りが一面のパノラマで見渡せます。

その煌びやかな様は、まさに圧巻のひとこと★

「香港」のオススメ度

総合満足度  4.0
雄大さ・迫力 4.0
美しさ    4.0
歴史ロマン  0.0
癒され度   0.0

「香港」についての詳細はこちら↓

高層ビルぎっしりの香港の風景と100万ドルの夜景【香港・マカオ】
香港は香港島と九龍半島、広東省に繋がる新界、ランタオ島や南シナ海に浮かぶ200あまりの島から成っています。香港の中心は香港島と九龍半島。高層ビルが建ち並び、世界中の企業が進出する大都会です。一番の見どころは、「ビクトリアピーク」からの夜景。さすが、「100万ドルの夜景」と思わせる必見のスポットです。
]]>
タイ料理の定番スープ「トムヤムクン」東京&バンコクの《絶品》17杯ご紹介! https://search-ethnic.com/tom-yum-goong Sun, 07 Jun 2020 09:26:32 +0000 https://search-ethnic.com/?p=78128 タイ料理と言えば、「トムヤムクン(Tom yum goong:ต้มยำกุ้ง)」(エビ入りトムヤムスープ)♪

“トム”は煮る、“ヤム”は混ぜる、“クン”はエビのことを言い、「トムヤムクン」とはエビ入りトムヤムスープを意味します。

ちなみに、鶏肉入りのトムヤムは「トムヤムガイ」、魚入りのトムヤムは「トムヤムプラー」、イカ入りのトムヤムは「トムヤムプラームック」です。

トムヤムクンは、エビの殻、バイマックルー(コブミカンの葉)、プリッキーヌ、カー(タイの生姜)などを入れて煮たスープに、エビの身やフクロ茸を入れ、ナンプラーやナムプリックパオ、ライムなどで味を整え、パクチーの葉を加えて作ります。

酸味と辛味、複雑な香りがたまらない、タイ料理を食べるなら必ず頼みたいスープです★

ちなみに、「トムヤム」には、澄んだクリアタイプの「ナムサイ(น้ําใส)」と、濃厚でまろやかな「ナムコン(น้ำข้น)」の2種類のスープが存在しています。

酸味と辛味がスッキリとストレートに感じられる「ナムサイ」は、トムヤムプラー(魚)やトムヤムタレー(海鮮)などに合い、ココナッツミルクのまろやかさとコクが味わい深い「ナムコン」は、トムヤムクン(エビ)が合うのだとか。

 

そんな、タイ料理を代表するスープ「トムヤムクン」

東京&バンコクでいただいた美味しい「トムヤムクン」を17杯、ご紹介します★

『サイフォン』@小岩

サイフォン、小岩

タイ人が多く住んでいることで知られる東京都江戸川区小岩。

日本人向けに食べやすくしたタイ料理ではなく、本場タイそのままのお料理を提供するお店が多く、小岩のタイ料理のレベルは高いです。

そんな中でも群を抜いて高い評価を受けているのが『サイフォン』

『サイフォン』の「トム・ヤム・クン」(エビのハーブスープ)は、エビのだしの効いたスープは濃厚な旨味があって、そこんじゃそこらのタイ料理屋のトムヤムとは全く違うお味。

そして、パクチーにレモングラス、タイ生姜のカーなどのハーブがかなりインパクトあって、唐辛子の辛味も良い刺激感★エビもぷりっぷりです!

この「トム・ヤム・クン」、おいしい〜♪

 

お店の詳細はこちら↓

一流のタイ人シェフによる「本物」のタイ料理を味わえる『サイフォン』@小岩
タイ人が多く住んでいることで知られる東京都江戸川区小岩。そんな中でも群を抜いて高い評価を受けているのが『サイフォン』。お店の外観と内装はパブやスナックみたいな怪しい雰囲気ですが、有名タイ人シェフが作るお料理はどれも絶品です。日本人向けのアレンジのない「本物」のタイ料理を味わうことができます。

『インター』@小岩

小岩、インター

小岩駅北口から徒歩5分ほど。

スナックやラブホテルが並ぶ、ちょっと昭和の場末風の界隈に、タイ料理店『インター』があります。

『サイフォン』と並んで評価の高いこのお店、『インター』の「トムヤムグンスープ」(トムヤムクン)は、プリッキーヌの辛さとレモングラスの酸味、ココナッツミルクのまろやかさとのバランスが絶妙!

辛すぎもせず、まろやか過ぎもせず、バイマックルーやカーなどのハーブもしっかり感じられて、エビもぷりっぷり♪

個人的にかなり気に入ったトムヤムクンでした★

 

お店の詳細はこちら↓

場末感漂うビルの中にある、本物のタイ料理が味わえるお店『インター』@小岩
東京のリトル・バンコクとも言われる小岩。数あるタイ料理店の中でも評判の良いお店のひとつがここ『インター』です。ちょっと怪しげな場所にあって入りづらいところはありますが、お料理のレベルも高く、お店のおばちゃんもとても親切で気が効く方で、大満足のディナータイムを楽しむことができました!

『ゲウチャイ 江東橋店』@錦糸町

錦糸町、ゲウチャイ

東京の東部の玄関口、総武線沿線最大の繁華街と言われる「錦糸町」

錦糸町は、日本で一番タイ人が多く住む街。タイ料理屋さんも数多くあるのですが、その中でも草分け的な存在のお店が、『ゲウチャイ 江東橋店』です。

『ゲウチャイ 江東橋店』の「トムヤムクン」は、濃厚でまろやかな「ナムコン」タイプのトムヤムクン。

まろやかなココナッツミルクとレモングラスの酸味、プリッキーヌの辛さのバランスが最高♪

さすが、”リトル・タイランド”錦糸町で15年以上も愛され続けているお店のトムヤムクンです!

 

お店の詳細はこちら↓

本場並の辛〜い”ネームクルック”に大満足!タイ料理店『ゲウチャイ 江東橋店』@錦糸町
東京の”リトル・タイランド”錦糸町にあるタイ料理屋さんの中でも草分け的な存在のお店が『ゲウチャイ 江東橋店』。お店のおすすめ料理は「ネームクルック」。タイ東北部の発酵豚肉ソーセージに、揚げたお米や豚皮、ニンニクや各種ハーブ、お野菜、唐辛子を混ぜたお料理です。とっても辛いけどたまらない美味しさです。

『バーン・タム』@新大久保

新大久保、バーンタム

JR新大久保駅から徒歩6分の所にあるタイ料理店『バーン・タム』は、知る人ぞ知る天才タイ料理シェフ「タムさん」が腕を奮う人気タイ料理店。

タイスキ風の鍋で出てきた「トムヤムクン」。もちろん、鍋の下には火が点いていて、真っ赤なトムヤムスープがぐつぐつとしています。

この「トムヤムクン」、絶品の部類でした★

見た目は、他のタイ料理屋さんの「トムヤムクン」と変わらないのですが、ひと口スープをすすってみると、その深い味わいにびっくり!

カーやレモングラス、バイマックルー、パクチー、プリッキーヌを始めとした様々なハーブ&スパイスが酸味と辛味を出しているのはもちろんなのですが、エビなどのダシがとっても濃厚!

ココナッツミルクのまろやかさとも絡んで複雑かつ、キレと深みのあるスープに仕上がっていました♪

 

お店の詳細はこちら↓

『バーン・タム』知る人ぞ知る天才タイ料理シェフ、タムさんのお店がオープン!@新大久保
JR新大久保駅から徒歩6分のところにあるタイ料理店『バーン・タム』。2016年8月1日にオープンしたばかりのこのお店、すでに食べログのTOP1000にランクインするほどの高評価&人気店となっています。それもそのはず、この『バーン・タム』は、知る人ぞ知る天才タイ料理シェフ「タムさん」が腕を奮うお店なのです。

『タイ料理 パヤオ』@浅草橋

浅草橋、パヤオ

JR総武線・浅草橋駅から徒歩2分ほどの線路沿いにあるお店『タイ料理 パヤオ』。

タイ人シェフが腕を振るう、本格的な美味しいタイ料理がいただける人気店です。

『タイ料理 パヤオ』のトムヤムクンは、素焼きの器で登場!

「ナムコン」タイプのトムヤムクンで、酸味と辛味と甘味のバランスが最高★

食べやすくて美味しい!!

具材もたくさん入っていて、食べ応えもあります♪

 

お店の詳細はこちら↓

どのお料理も食べやすいながら本格的!『タイ料理 パヤオ』@浅草橋
JR総武線・浅草橋駅から徒歩2分ほどの線路沿いにあるお店『タイ料理 パヤオ』。タイ人シェフが腕を振るうお店で、本格的な美味しいタイ料理がいただけます。どのお料理も美味しく、満足のディナーとなりました!

『はすの里』@新御徒町

仲御徒町、はすの里

新御徒町から徒歩4分ほどの住宅街の中にあるタイ料理屋さん『はすの里』。

どのお料理もとても美味しくて、日本人のお口に合った食べやすいお味。

タイ料理初心者でも満足できるお店です!

素焼きの器で提供されたトムヤムクン(海老のトムヤムスープ)は、ナムコンタイプ。

辛味と酸味は若干控えめで、万人が食べやすく美味しいお味★

カオニャオ(もち米)を付けていただくと、かなりイケます♪

 

お店の詳細はこちら↓

満足度の高い、うまうまタイ料理!『はすの里』@新御徒町
新御徒町から徒歩4分ほどの住宅街の中にあるタイ料理屋さん『はすの里』。以前この場所は、小岩の人気店「いなかむら」の2号店があったところです。どのお料理もとても美味しくて、日本人のお口に合った食べやすいお味。タイ料理初心者でも満足できるお店です!

『スクンビット ソイ 55』@西新宿

新宿、スクンビットソイ55

新宿三井ビル内にあるタイ料理のお店『スクンビット ソイ 55(Sukhumvit Soi 55)』は、落ち着いた高級感のある雰囲気の中で本格タイ料理をいただけるお店。

ナムコンタイプのトムヤムクンは、ココナッツミルクのまろやかさが濃厚!

辛味と酸味は控え目ですが、上品で洗練されたお味★

タイ商務省からお墨付きを受けた「タイセレクト認定店舗」ということで、美味しさは折り紙付きです♪

 

お店の詳細はこちら↓

落ち着いて本格タイ料理が食べられるお店『スクンビット ソイ 55』@西新宿
新宿三井ビルに「ケチャまつり」を観に行った際、近くで夕食のお店を探していた時に見つけたお店。同じ三井ビル内にあるタイ料理のお店『スクンビット ソイ 55(Sukhumvit Soi 55)』です。最近、TBS「新チュウボウですよ!」で紹介されたそうです。

『バーンキラオ 下北沢店』@下北沢

下北沢、バーンキラオ

下北沢駅北口から徒歩1分の賑やかな通りの2階にある『バーン・キラオ 下北沢店』

まさにタイの屋台感満載の店内で、まるで現地に来たかのような雰囲気。メニューが豊富で、気軽に立ち寄れるお店です。

写真は、「ゴイティオトムヤムクン(トムヤムクンラーメン)」。中華のどんぶりで登場しました(笑)

「ゴイティオ」とは細身の米麺(センレック)のこと。酸っぱ辛いトムヤムスープと淡白なゴイティオが合います★

 

お店の詳細はこちら↓

現地の雰囲気満載のタイ国屋台!『バーンキラオ 下北沢店』@下北沢
下北沢駅北口から徒歩1分の賑やかな通りの2階に、『バーン・キラオ 下北沢店』はあります。まさにタイの屋台感満載の店内で、まるで現地に来たかのような雰囲気。メニューが豊富で、気軽に立ち寄れるお店です。

『サイアムセラドン』@銀座

銀座、サイアムセラドン

『サイアムセラドン銀座店』は、銀座並木通りに面した「銀座ベルビア館」の7階にあるタイ料理店。レベルの高いお料理をお洒落な雰囲気の中で味わえる、銀座でも人気のタイ料理店のひとつです。

写真は、「トムヤムシーフードヌードル(クィッティアオ・トムヤム・タレー)」

定番のトムヤムにヌードルとでっかいカニがごっそり入っているリッチな一品です。

カニだけでなく、イカや貝などもたくさんで、なかなかの豪華さ♪

トムヤムの辛味、シーフードの旨味、パクチーの香り、間違いのない美味しさです★

 

お店の詳細はこちら↓

お洒落な店内で上質なタイ・チェンマイ料理を『サイアムセラドン』@銀座
東京メトロ銀座駅から徒歩3分、銀座並木通りに面した「銀座ベルビア館」の7階にあるタイ・チェンマイ料理店『サイアムセラドン銀座店』。レベルの高いお料理をお洒落な雰囲気の中で味わえる、銀座でも人気のタイ料理店のひとつです。お料理は素敵な緑色の陶磁器「セラドン焼き」に盛り付けられて出てきます。

『バンタイ』@新宿

新宿、バンタイ

新宿歌舞伎町一番街の雑居ビルの3階にある、1985年創業の老舗のタイ料理店が『バンタイ』です。

写真は、「センミートムヤムクン」(辛酸っぱいスープ入り細ビーフン)。細ビーフンの「センミー」の入ったトムヤムクンです。

この、辛酸っぱさ、タイ料理を食べているんだという実感が湧きます♪

ぷりぷりの海老も、センミー(細ビーフン)の食感もトムヤムスープと相性抜群!

歌舞伎町で35年以上も続いている老舗のお味、さすがです★

 

お店の詳細はこちら↓

歌舞伎町で30年以上も愛され続けてきた老舗のタイ料理屋さん『バンタイ』@新宿
日本最大の歓楽街と言われる新宿歌舞伎町。その入り口のところ、靖国通りから入ってすぐの歌舞伎町一番街に、タイ料理店『バンタイ』はあります。この『バンタイ』、1985年創業の老舗も老舗のタイ料理店です。今日も110席の座席が満員御礼!歌舞伎町でタイ料理を食べるなら、『バンタイ』一択です!

『バンコク屋台カオサン』@新宿

バンコク屋台カオサン、新宿【タイ料理】

新宿駅南口に隣接する駅デパート「ルミネ1」、その地下2階のレストラン街の一角にタイ料理店『バンコク屋台カオサン ルミネ新宿店』があります。

しっかりとしたタイ料理をタイの屋台感覚で気軽に楽しめるのが人気のヒミツ★

『バンコク屋台カオサン』のトムヤムヌードルは、クリアタイプの「クエッティオ・トムヤムタイ」と濃厚タイプの「トムヤムカオサンヌードル(クェッティアオ・トムヤム・カオサン)」があります。

写真は、「トムヤムカオサンヌードル」

麺はセンミー(極細ビーフン)、センレック(中細ビーフン)、センヤイ(極太ビーフン)、バミー(中華麺)から選ぶことができますが、バミーをチョイス!

濃厚で辛酸っぱいスープに、どっちゃりと入ったたくさんの具材。中華麺のバミーとも良く合います★

安定のお味。満足できるトムヤムヌードルです。

 

お店の詳細はこちら↓

本格的なタイ料理を屋台感覚で気軽に楽しめる『バンコク屋台カオサン』@新宿
新宿駅南口に隣接する駅デパート「ルミネ1」、その地下2階のレストラン街の一角にタイ料理店『バンコク屋台カオサン ルミネ新宿店』があります。オープンな感じの外観は、ひとりでも気軽に入りやすい雰囲気です。しっかりとしたタイ料理をタイの屋台感覚で気軽に楽しめるのが人気のヒミツ。大人気なのも頷けます。

『ピーオー(P’Aor)』@バンコク:ラチャテウイ

成田~バンコク~【ザンジバル①】

タイの首都バンコクに「トムヤムラーメン」の美味しいお店、それも行列のできる超人気店があります。タイ本国を始め、香港や中国、日本など各国のメディアでも“バンコク一番のトムヤムラーメン”として紹介されているお店です。

お店の名前は『ピーオー(P’Aor)』(ラーンピーオー(Larn Pii Ao:พี่อ้อ ก๋วยเตี๋ยวต้มย))。場所はBTSのラチャテウイ駅、またはパヤタイ駅から徒歩8分ほど。庶民的な飲食店が建ち並ぶペッブリー通りソイ5にあります。

 

写真は、注文した「トムヤムクンヌードル(prawn,marinate pork,boiled egg)」(80バーツ:270円)

濃厚なスープには、ココナッツミルクたっぷり。そして、細かなエビのかけらがザクザク入っていて、ハーブ類の風味もしっかり効いています。

辛さはそれほどないですが、酸味と辛味、甘み、エビの出汁の旨味のマッチングが最高!米の細麺(センレック)とトムヤムスープの相性はもちろん抜群で、具材であるプリプリのエビとゆで卵、そして、スパイスの効いたポークマリネもGoodでした★

さすが、“バンコク一番と言われる『ピーオー(P’Aor)』のトムヤムラーメン”!めちゃくちゃ美味しかったです!!

 

お店の詳細はこちら↓

『ピーオー(P’Aor)』★美味すぎ!バンコクで一番のトムヤムクンヌードル@バンコク
「トムヤムラーメン」の美味しいお店、それも行列のできる超人気店がバンコクにあると言うので、行ってみることにしました★。お店の名前は『ピーオー(P’Aor)』。タイ本国を始め、香港や中国、日本など各国のメディアでも“バンコク一番のトムヤムラーメン”として紹介されているお店です。

『バーンメーユイ(Baan mae yui)』@バンコク:アーリー

アジスアベバ~バンコク【ザンジバル⑧】

本場バンコクには、数多くのトムヤムクンの名店がありますが、ここ最近、「トムヤムクン」が絶品と評判を集めているお店があるというので行ってみることにしました。

お店の名前は、『バーンメーユイ(Baan mae yui)』。お店の場所は、BTSのアーリー駅から徒歩5分ほど。アーリー通りソイ1にあります。

写真は、注文した「トムヤムクンナムコン」(180バーツ)。手長エビがどーんと入ったインパクトのあるビジュアルです♪

ココナッツミルクがたっぷり入った濃厚スープに、レモングラスやコブミカンの葉、カー(しょうが)、プリッキーヌー、パクチーなどが入っていて、手長エビの旨味もスープの中にしっかり沁み込んでいます。

ひと口啜って、「こりゃ美味い!」と思わず声が出てしまったほど!

ほんと、酸味と辛味とまろやかさのバランスがピカイチ!かなり洗練されたお味です♪

手長エビの身もぷりぷりの肉厚でボリュームたっぷりで、かなり満足のいく食べ応え★

 

お店の詳細はこちら↓

『バーンメーユイ(Baan mae yui)』★お洒落な店内でいただく、極上のトムヤムクンナムコン@バンコク
本場バンコクには、数多くのトムヤムクンの名店がありますが、ここ最近、「トムヤムクン」が絶品と評判を集めているお店があるというので行ってみることにしました。お店の名前は、『バーンメーユイ(Baan mae yui)』。地元バンコクっ子の舌をも唸らせる、レベルの高いタイ料理をいただけるお店です。

『トムヤムクン・バンランプー』@バンコク:バンランプー

成田〜バンコク【タイ・ラオス①】

タイの首都バンコク。旅行者の集まるカオサン通りの3本北の通り沿いに、地元の人々に愛され、多くの日本人旅行者の舌を唸らせたという濃厚海老味噌入りトムヤムクンを提供する屋台風のお店『トムヤムクン・バンランプー』があります。

写真が、評判の、『トムヤムクン・バンランプー』のトムヤムクン★

プラスチック製の器が安っぽいですが、中に入ったスープは、見た目からして只者じゃなさを醸し出しています。

スープをひと口啜ると、海老味噌の旨味がお口いっぱいに広がり、こぶみかんの酸味やジンジャーの爽やかさ、チリの辛味と相まって、たまらない美味しさ♪

辛さは控えめという話でしたが、そこそこ辛さもあり、ライスとビールが進みます!

 

お店の詳細はこちら↓

『トムヤムクン・バンランプー』★屋台風のお店で頂く海老味噌たっぷりの濃厚トムヤムクン@バンコク
タイの首都バンコクで食べた美味しいトムヤムクンをご紹介。お店の名前は『トムヤムクン・バンランプー』。旅行者の集まるカオサン通り近くにある屋台風のお店。カオサンに宿を取る日本人旅行者に大人気のお店です。

『Forget Me Not』@バンコク:サムヤーン

バンコク(ワット・パクナム)【タイ・ラオス⑦】

バンコクには美味しいトムヤムクンを食べられるお店が無数にありますが、ママー麺(タイのインスタントラーメン)入りの絶品トムヤム鍋をいただけるお店があるというので、行ってみることにしました★

お店の名前は『Forget Me Not』。バンコクのMRTブルーラインの「サムヤーン(Sam Yan)」駅から徒歩5分ほどの場所にあるお洒落海鮮料理店です。

 

写真が、噂の「トムヤム海鮮鍋」。オレンジ色の辛そうなトムヤムスープに、シャコ、カニ、エビ、イカ、生タマゴ、野菜類がどっちゃりと入っています。

バンコク(ワット・パクナム)【タイ・ラオス⑦】

煮立ったトムヤム鍋の中をかき混ぜてみると、鍋の中からタイのインスタントラーメン「ママー麺」がどっさりと出てきました!

さて、お鍋から器に取り分けて、さっそく「トムヤム海鮮鍋」いただきます♪

スープは、バラエティに富んだ海鮮の旨味が沁み込んでいて濃厚かつ、スキッとした酸味とパンチのある辛味が効いていてかなりのインパクト!

しっかりと煮込まれたシャコやエビ、カニ、イカ、白身魚などの具材は、出汁の旨味と、スープの酸味と辛味が沁み込んでおり、たまらない美味しさ♪

さらに、縮れママー麺に濃厚なトムヤムスープの味がよく絡んでいて、とっても美味しい★

辛味、酸味、ほのかな甘み、そして、海鮮の旨味のバランスの取れたトムヤムスープとプリプリで身の締まった海鮮、ちょっとジャンクな感じのママー麺のマッチング、最高の最高です★

ただし、むちゃくちゃ辛い(滝汗)

 

お店の詳細はこちら↓

『Forget Me Not』★海鮮たっぷりのどんぶりと、ママー麺が入ったトムヤム鍋が絶品!@バンコク
MRTサムヤーン駅から徒歩5分ほどの場所にある海鮮タイ料理店『Forget Me Not』。新鮮な海鮮をたっぷり使ったどんぶりやママー麺入りのトムヤム鍋は絶品中の絶品です★ バンコクに行ったら、ぜひ、訪問してみることをオススメします。

『S&P THAI RESTAURANT』@バンコク:ドンムアン空港

成田〜チェンナイ【南インド(タミル)①】

こちらは、バンコクのドンムアン空港内にあるレストラン『S&P THAI RESTAURANT』

ここでいただいた『ソーメントムヤムクン』が結構美味しかったのでご紹介。

濃厚な「ナムコン」タイプのスープは、海老の出汁やハーブがしっかり効いていて美味★

殻付きの大きなエビも食べ応えあり、スルスルといただけるさっぱりとしたソーメンと濃厚なスープが素晴らしいマッチングを見せていました♪

ただし、お値段(295バーツ)はちょっと高過ぎ。

 

お店の詳細はこちら↓

スクート航空でバンコクとシンガポールを経由してインド・チェンナイへ【南インド(タミル)①】
2019年〜2020年の年末年始に、南インドのタミル・ナードゥ州を旅してきました★成田からチェンナイまでの往路はLCCのスクート航空を利用。バンコクとシンガポールを経由して行きます。乗り継ぎ時間合わせて17時間45分の行程でした。

トムヤムクンヌードル(日清食品)

トムヤムクンヌードル

トムヤムクンヌードル

最後に、日清食品の「トムヤムクンヌードル」をご紹介します。

2014年4月に発売されるや否や、瞬く間に評判となり、生産が追いつかなくなって一時販売休止となったことは、有名な話。

日清食品が数多く送り出してきたエスニック風カップヌードルの中で、唯一レギュラー商品化したヌードルでもあります。

この「トムヤムクンヌードル」が、カップヌードルながら、なかなかのお味。

すっきりと清涼感のある酸味、クリーミーでコクのある甘み、じんわりと効いてくるピリリとした辛み。それらの絶妙なハーモニー♪

カップヌードルの縮れた麺が、トムヤムスープに合います★

 

詳細はこちら↓

うまいと評判のトムヤムクンヌードル食べてみた!
トムヤムクンヌードル レモングラスの爽やかな香り、スープを飲めばもうタイ気分! 前から気になっていた、日清の「トムヤムクンヌードル」 コンビニにたくさん並んでいたのを発見し、思わず購入。食べてみましたー♪

タイ料理についてはこちら↓

タイ料理のおすすめメニューご紹介★辛味・甘味・酸味のハーモニー♪
肉や魚介、バラエティに富んだ野菜を素材とし、パクチーやレモングラス、バイマックルーやカーなど様々なハーブとナンプラーで味付けされたタイ料理。定番のトムヤムやガパオから、ちょっとマイナーなお料理まで、おすすめのタイ料理をご紹介します★
]]>
アジアのすごい人形劇を3つご紹介★【ベトナム・ミャンマー ・インドネシア】 https://search-ethnic.com/asian-puppet-show Sat, 06 Jun 2020 23:05:39 +0000 https://search-ethnic.com/?p=79226 人形劇の歴史は古く、約4000年前の古代エジプト文明にも人形を使ったパフォーマンスが行われた痕跡が遺されているそうです。

人形劇は、世界各地でそれぞれの独自の精神文化や地域の風習などをベースに生まれ、受け継がれ、発展してきました。

特にアジアは人形劇の宝庫と言われ、数百〜数千年の歴史を持った人形劇が現在でも各地で上演されています。

今回は、そんなアジアの魅力的な人形劇を3つご紹介します★

ベトナムの水上人形劇(ムアゾイヌオック:Múa rối nước)

ベトナム5 ハノイ タンロン水上人形劇

ベトナム語で「ムアゾイヌオック(Múa rối nước)」と呼ばれる水上人形劇。

ベトナム北部にある首都ハノイ、ホアンキエム湖畔にある「タンロン水上人形劇場」で鑑賞しました♪

舞台は3~5分の短編が10話以上あって、それぞれのテーマに沿って、民話・習慣・伝説・民族的な話が、ベトナム伝統楽器の軽やかな音色とともに繰り広げられます。

まずは、楽器の演奏と歌です。

人形たちの登場です!

軽快でコミカルな動きは、微笑ましい感じで、楽しい気分になります。

この人形劇は、11世紀頃からベトナム北部の紅河デルタ地帯の村々で行われてきたといわれています。こうやって観光客に演じられるようになったのは、1990年代以降であるとのこと。

人形劇は濁った泥水の水面で行われます。水面が地上に見立てられ、人形たちは様々な物語や説話を演じるのです。

人形を操る操者は、簾の裏に隠れています。人形は長い竿の先に取り付けられていて、操者は竿を持ちつつ、糸を使って首や腕などを動かしていきます。

この人形を操る技術の習得には、簡単なもので1年、複雑なものになると5年もの練習が必要とされるそうです。

上演される演目は、ベトナムの民話・伝説・神話、または、農村の生活の様子などがモチーフ。

ベトナム5 ハノイ タンロン水上人形劇

ベトナム5 ハノイ タンロン水上人形劇

演目が終わると、最後に人形を操っていた方たちが出てきました。

こんな足の付け根くらいまで水に浸ってるんですね。。

ベトナム5 ハノイ タンロン水上人形劇

この緑の建物が、「タンロン水上人形劇場」です。ホアンキエム湖の北、ホーグオムプラザの近くにあります。

チケット代は、1等席が100,000ドン、2等席が60,000ドンです。公演は1日に6回あり、比較的当日でも買えそうな感じです。

ベトナム水上人形劇

写真はハノイ市内の土産物屋さん。水上人形劇の人形が売られています。

この人形、素材はいちじくの木の幹で作られているそうです。また、人形の形や衣装はそれぞれの水上人形劇の劇団によって異なっているのだとのこと。

 

水上人形劇は、このハノイの「タンロン水上人形劇場」だけでなく、ホーチミンにも劇場があって見ることができます(ホーチミンにあるのは、ロンヴァン水上人形劇場)。

 

詳細はこちら↓

ベトナムの伝統楽器の音色と共に、水上人形劇を楽しむ【ベトナム】
ハノイを代表するエンターテインメント「水上人形劇」を観に行きました。ベトナム伝統楽器の生演奏を聴きながら、水上でコミカルで繊細な動きをする人形劇は、なんともかわいらしく楽しめました。お値段もお手頃なので、観て損はないと思います!
ベトナムに来たら必見!水上人形劇
ベトナムの水上人形劇はコミカルだけど本格的!世界に人形劇は数あれど、水上人形劇というのは珍しい。伝統的な音楽の調べに合わせ、水上を動き回る人形。その動きはコミカルでありながらも芸が細かく、見ていて飽きません。ベトナムの水上人形劇、ベトナムに来たら必見です!

ミャンマーの伝統糸操り人形劇「ヨウッテー・ポエー」(Yoke thé:ရုပ်သေ)

ナンダ・レストランで伝統人形劇を観賞【ミャンマー(ニャウンウー)】

ミャンマーの伝統糸操り人形劇「ヨウッテー・ポエー(Yoke thé:ရုပ်သေ)」を見ました!

15世紀にその原型が生まれたとされる「ヨウッテー・ポエー」は、18世紀のコンパウン王朝の時代、芸能を奨励する王の下で発展し、王侯貴族から庶民にいたるまで人気を博した伝統芸能。

「ヨウッテー」は”糸操り”、「ポエー」は”祭り”を意味します。

「ヨウッテー・ポエー」は、伝統音楽の演奏と歌に合わせて演じられます。

コミカルに踊る馬と人の人形。

動きが驚くほど表現豊かですね!

人形は13本の糸を操ることによって動かされ、その動きは100以上にも及ぶといいます。

人形は彫り師によって作られるそうです。衣装もなかなかに豪華!

動画のように、劇の途中でたまに上の幕が上がって、人形操り師の姿を観客に見せてくれます。

人形を操るのはかなりの技術、相当な練習が必要と思われます。

舞台の袖では、楽団が生演奏をしています。

「パタラ」という竹や鉄でできた打琴楽器、「ドーバッ」や「ビョウ」といった太鼓、「リンクイン」というシンバルや「チェイナウン」というゴングなどを使って素朴な音楽が演奏されます。

楽器の種類や音楽の雰囲気は、インドよりはインドネシアなどに近い感じ。

ナンダ・レストランで伝統人形劇を観賞【ミャンマー(ニャウンウー)】

ナンダ・レストランで伝統人形劇を観賞【ミャンマー(ニャウンウー)】

劇の内容はビルマ語で演じられているのでよくわからないのですが、コミカルで表情豊かな人形の動きは見ていて楽しく、生演奏の音楽の響きもとても心地よかったです。

世界に人形劇は数あれど、ここまで繊細で豊かな動きをする人形劇はなかなかありません。

「ヨウッテー・ポエー」、ミャンマーに来たら必見です!

劇を鑑賞したのは、ニャウンウーの町の西外れにある「ナンダ・レストラン」

旅行者向けのレストランで、美味しいミャンマー料理を食べながら人形劇を楽しむことができます。

 

詳細はこちら↓

ミャンマーの糸操り人形劇「ヨウッテー・ポエー」
ミャンマーの伝統糸操り人形劇「ヨウッテー・ポエー」を見ました!15世紀にその原型が生まれたとされる「ヨウッテー・ポエー」は、18世紀のコンパウン王朝の時代、芸能を奨励する王の下で発展し、王侯貴族から庶民にいたるまで人気を博した伝統芸能です。

インドネシアの影絵人形芝居「ワヤン・クリッ」(Wayang Kulit)

インドネシア ワヤンクリッ

ジャワ島やバリ島で行われる伝統的な影絵人形芝居「ワヤン・クリッ(Wayang Kulit)」を見ました!

インドの古代叙事詩「ラーマーヤナ」「マハーバーラタ」を主な演目とした人形劇で、その起源は10世紀にまで遡るそうです。

「ワヤン」は影を、「クリッ」は皮を意味しています。

影絵人形は牛の皮で作られているのでこう呼ばれるのです。

今回観たのは、ジョグジャカルタの王宮北広場の北西にある「ソノブドヨ博物館」の「ワヤン・クリッ」です。

「ワヤン・クリッ」は、本来はヒンドゥー教のお祭りの時に行われるものです。

ここ「ソノブドヨ博物館」で行われる「ワヤン・クリッ」は、もちろん観光客向けですが、内容は本格的なものでした。

インドネシア ワヤンクリッ

会場の入り口では、職人が「ワヤン・クリッ」で使われる人形を作っていました。

20時の開演まで時間があったので、しばらくその様子を眺めました。

人形は牛の皮で作られています。

無数の孔が穿たれ、とても繊細な造形です。完成品には、色とりどりの彩色が施されます。

「ワヤン・クリッ」の人形遣いは「ダラン」と呼ばれます。

ダランは、スクリーンの裏からランプを当て、たくさんの人形を操りながら物語を語っていきます。

インドネシア ワヤンクリッ

「ダラン」の背後では、ガムランの演奏が行われます。

会場の規模によって奏者の数は様々だそうですが、ここ「ソノブドヨ博物館」のガムランは、たくさんの奏者が演奏する豪華なものでした。

スクリーンの裏から見た「ダラン」の動きです。

たくさんの人形を取っ替え引っ換え、回転させたり、ひらひらと揺らしたり、全てひとりで行います。

会場の「ソノブドヨ博物館」は、中心に舞台があり、周り360度を客席が取り囲むという構造になっています。観客は、影絵の観られるスクリーンの表側も、「ダラン」が手を動かしガムラン奏者が演奏するスクリーンの裏側も観ることができるのです。

インドネシア ワヤンクリッ

「ワヤン・クリッ」は、2009年にはユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

ジャワ人の心の芸能である「ワヤン・クリッ」

ジョグジャカルタに行ったら、一度は観てみることをおすすめします!

 

詳細はこちら↓

ジョグジャカルタで影絵芝居「ワヤン・クリッ」(Wayang Kulit)を観ました!
ジャワ島やバリ島で行われる伝統的な影絵人形芝居「ワヤン・クリッ」(Wayang Kulit)を見ました!インドの古代叙事詩「ラーマーヤナ」「マハーバーラタ」を主な演目とした人形劇で、その起源は10世紀にまで遡るそうです。

 

]]>
アジアの仏教遺跡《7箇所》ご紹介★(東南アジア・インド・スリランカ) https://search-ethnic.com/buddhist-ruins-in-asia Sat, 06 Jun 2020 01:01:54 +0000 https://search-ethnic.com/?p=78134 アジアの世界宗教である「仏教」

2500年の歴史の中、その教えは発祥したインドから、スリランカ、タイなどの東南アジア諸国、中央アジア、中国、チベット、モンゴル、韓国、日本へと伝わり、その教義や信仰形態は様々に発展・変化しました。

アジア各地には、そんな仏教の信仰の歴史を物語る仏教遺跡がいくつも遺されています。

今回は、東南アジア、インド、スリランカに遺る仏教遺跡について、ご紹介します★

仏教の歴史

約2500年前(紀元前5世紀)に、インドのガンジス川中流域で、「釈迦」(ゴータマ・シッダールタ)によって生まれた「仏教」

「仏教」は、物事の成立には原因と結果があるという「因果論」を基本的考え方に据え、生きることは「苦」であり、人は永遠に続く「輪廻」によって苦しみ続けるため、その輪廻から「解脱」することを目的として修行や善行を行う。という考え方を持った宗教です。

釈迦が説いた仏教の教えは、釈迦が入滅した後、弟子たちによって集められ、仏教聖典として編纂されました。

そして、その100年後、教えの解釈の違いによって、仏教はいくつかの部派に別れ、その一部がスリランカに伝わり、そこからタイなど東南アジアに伝わっていきました。

これを「上座部仏教」(南伝仏教)といいます。

紀元前3世紀頃、インドを初めて統一したマウリヤ朝のアショーカ王は、仏教の法に基づいて国を統治し、その保護の下で仏教はインド全域に広がり、西北インドから中央アジア、中国にまで伝播していきました。

その伝播の過程で、自らの解脱を希求する「上座部仏教」とは異なる、積極的に人々を救う「大乗仏教」という教えが起こり、中国から朝鮮、日本、ベトナムへと伝えられたのです。

ブッダガヤの大菩提寺(インド)【世界遺産】

インド ブッダガヤ

ビハール州南部、「ブッダガヤ(Bodh Gaya:बोधगया)」

文字通りここは彼が、仏陀(悟った人)となった場所です。

この地で彼は、世の中の真理としての四法印(諸行無常、一切皆苦、諸法無我、涅槃寂静)を悟ったのだと言われています。

インド ブッダガヤ

「ブッダガヤ」の中心は「マハーボーディ寺院」(大菩提寺)。

釈迦の悟った場所に、高さ53メートルのレンガ造りの仏塔が聳え立っています。

アショーカ王が紀元前3世紀に建てたのが起源といわれているその仏塔は、7世紀頃には既に現在の形になったと考えられています。

インド ブッダガヤ

インド ブッダガヤ

大塔の後ろには大きな菩提樹があります。

そして、その下には仏陀が座していたといわれる金剛座が置かれていました。

ここが仏陀の悟りを開いたところ、仏教発祥の場です!

インド ブッダガヤ

ブッダガヤには、世界各国の仏教寺院や宿坊が並び、世界中から多くの巡礼者や観光客が訪れます。

けれども、村自体はのんびりとした小さな村。

周囲には、釈迦が断食修行をした前世覚山や、断食修行の無意味さを知ったというスジャータから粥を飲んだセーナー村など、仏教にまつわる史跡が点在しています。

 

ブッダガヤについての詳細はこちら↓

2500年前、この地で仏教が生まれた!ブッダが悟りを得た地「ブッダガヤ」【インド】
ネーランジャラー川のほとりにある仏教発祥の地「ブッダガヤ」。のんびりとしたこの土地で、釈迦は悟りを開きました!各国の仏教寺院や川向こうのセーナー村を訪れます。

サールナートのダメーク・ストゥーパ(インド)【世界遺産】

インド サールナート

インドのガンジス川中流域、バラナシ近郊にある「サールナート(Sarnath:सारनाथ)」の遺跡です。

「サールナート」は仏典では鹿野苑と呼ばれる場所。

ここは「ブッダガヤ」で悟りを得たブッダが初めてそれを人々に話して聞かせた場所です。

インド サールナート

「サールナート」は、バラナシから北へ10キロほど。30分くらいで着きます。

「ブッダガヤ」からは200キロほどの距離。釈迦は200キロの道のりを歩いてここまでやってきたのです。

 

木々に包まれ緑の芝生が植えられた広々とした敷地。

そこにかつての僧院や寺院の跡が基部だけを残して点在しています。

インド サールナート

剥ぎ取られたようなレンガの土台が並ぶ中、ひとつだけ建物としての輪郭を残しているのが巨大な仏塔「ダメーク・ストゥーパ」です。

直径28メートル、高さ34メートルを誇る円筒形の塔。

ブッダはここで仏教の根本教説である「四諦八正道」を唱えたのです。

インド サールナート

サールナートは、ヒンドゥー教最大の聖地であるバラナシからバスやリキシャに乗って日帰りで訪れることができます。

喧騒に包まれたバラナシとは打って変わった遺跡周辺ののんびりとした風情も魅力です。

 

サールナートについての詳細はこちら↓

釈迦がはじめて説法をした場所「サールナート」【インド】
釈迦は、この「サールナート」で仏教の根本教説である「四諦八正道」を唱えました。 剥ぎ取られたようなレンガの土台が並ぶ中、ひとつだけ建物としての輪郭を残しているのが巨大な仏塔「ダメーク・ストゥーパ」です。

ダンブッラの黄金寺院(スリランカ)【世界遺産】

世界遺産、ダンブッラ石窟寺院【スリランカ】

キャンディの北72km、バスで2時間ほどの場所にある町「ダンブッラ(Dambulla:දඹුල්ල)」には、石窟寺院としてはスリランカ最大とされる「ダンブッラの黄金寺院(Golden Temple of Dambulla)」があります。

中心となる5つの石窟寺院には、153体の釈迦像と3体のスリランカ王像、4体のヒンドゥー神像が祀られています。

寺院は紀元前3世紀に僧院として誕生し、後に寺院に転換され、12世紀のポロンナルワ時代に現在残る石窟の多くが建設されたのだそう。

世界遺産、ダンブッラ石窟寺院【スリランカ】

世界遺産、ダンブッラ石窟寺院【スリランカ】

スリランカに仏教が伝来したのは、紀元前3世紀頃だと言われています。

伝説によると、インドのマウリヤ朝のアショーカ王の息子であり、僧でもあったマヒンダがスリランカに赴き、スリランカのアヌラーダプラ王国のデヴァーナンピヤティッサ王と出会い、仏教の教えを伝えたのだとされています。

スリランカの仏教は、パーリ語経典を奉じる「上座部仏教」であり、ミャンマーやタイなど東南アジアに広まった「上座部仏教」は、このスリランカの仏教が起源です。

現在のスリランカでは、主にシンハラ人を中心に人口の約70%が仏教を信仰しています。

世界遺産、ダンブッラ石窟寺院【スリランカ】

世界遺産、ダンブッラ石窟寺院【スリランカ】

「ダンブッラ石窟寺院」いちばんの見どころは、天井や壁に描かれた壁画。

石窟の天井や壁は、壁画で埋め尽くされていて、その総面積は2,100平方メートルにもおよぶそうです。

壁画の内容は、仏陀の生涯や、スリランカの歴史が中心。

紀元前から徐々に壁画は増えていき、各時代の王によって壁画は何度も修復されたそうです。

世界遺産、ダンブッラ石窟寺院【スリランカ】

ダンブッラの近くには、スリランカ最大の観光名所のひとつ、ジャングルの中にそびえ立つ高さ195mの巨大な岩「シーギリヤ・ロック」もあり、ダンブッラからもその姿を仰ぎ見ることができます。

いずれも、キャンディから日帰り圏内です。

 

ダンブッラについての詳細はこちら↓

ダンブッラの石窟寺院で黄金仏像と鮮やかな壁画を見る【スリランカ】
「ダンブッラの黄金寺院」は、石窟寺院としてはスリランカ最大。中心となる5つの石窟寺院には、153体の釈迦像と3体のスリランカ王像、4体のヒンドゥー神像が祀られていいます。また、石窟の天井や壁は、壁画で埋め尽くされていて、その総面積は2,100平方メートルにもおよぶそうです。

古都アユタヤ(タイ)【世界遺産】

アユタヤ

バンコクから北へ約76キロ。鉄道で1時間半ほどの場所に「アユタヤ(Ayutthaya:อยุธยา)」はあります。

ここは、1351年から1767年まで約400年もの間、タイ中部を中心にラオス、カンボジア、ミャンマーの一部まで統治した「アユタヤ王朝」の王都であったところです。

アユタヤ

「アユタヤ王朝」は、国の宗教として上座部仏教を信奉していました。

王は仏教の保護者として、仏教的に国を治めることが求められました。

そのため、遺跡には仏像や仏塔などが多数遺されています。

アユタヤ

チャオプラヤー川とその支流に囲まれた「アユタヤ」は、水運に恵まれ、ヨーロッパからアラビア、そして、東アジアを結ぶ国際貿易都市として繁栄しました。

けれども、1767年、ビルマのコンバウン王朝による攻撃を受けて、アユタヤは徹底的に破壊されてしまいました。

レンガの瓦礫のみが残るかつての王都の様子は、その破壊の凄まじさを物語っています。

徹底的に破壊されたアユタヤですが、仏教を基盤とした国家のあり方は、後のバンコク王朝に受け継がれていくことになります。

アユタヤ

ちなみに、仏教は2000年前からタイに伝わっていたそうですが、現在のタイ仏教は13世紀にスリランカから伝えられたもの。

時の王朝であるスコータイ王朝は、仏教の思想によって国を立て直すことを図り、上座部仏教はタイに広く浸透していきました。

現在では、タイの国民の約95%が上座部仏教を信仰しているのだとのこと。

アユタヤ

なお、この「アユタヤ」には、かつて「日本人町」がありました。アユタヤは、14世紀中頃から18世紀頃まで数多くの日本人が暮らしていた都市として、日本の歴史に記憶されている町なのです。

その日本人町の居住者の中で最もよく知られた存在は、「山田長政」でしょう。彼は、17世紀初頭にシャム(当時のタイ)に渡り、アユタヤ王朝の権力の中枢にまで登りつめた人物として知られています。

アユタヤ

アユタヤは、バンコクから気軽に日帰りで訪れることができる史跡です。

騒々しいバンコクとはまた違った、穏やかなタイの風景を感じることができます。

 

アユタヤについての詳細はこちら↓

かつて日本人が活躍した、赤レンガ色の遺跡「アユタヤ」【タイ】
バンコクの北にある「アユタヤ遺跡」。アユタヤには、かつて「日本人町」がありました。アユタヤは、14世紀中頃から18世紀頃まで数多くの日本人が暮らしていた都市として、日本の歴史に記憶されている町なのです。

バガン遺跡(ミャンマー)【世界遺産】

雄大なバガン遺跡の夕景(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

「バガン遺跡(Bagan:ပုဂံ)」は、ミャンマー中部、エーヤワディー(イワラジ)川中流域の東岸の平野部一帯に広がる仏教遺跡群です。

40㎢のエリアにはおよそ3000といわれる仏塔や寺院が点在しており、カンボジアのアンコールワットやインドネシアのボロブドゥール遺跡とともに、世界三大仏教遺跡と称されています。

名前のわからないパヤー 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

バガンに点在する仏塔や寺院は、そのほとんどが11世紀から13世紀にかけて建てられたもの。

当時、バガンはビルマ初の統一王朝である「パガン朝」の都として栄えていました。

ティーローミィンロー寺院 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

パガン朝の創始者であるアノーヤター王は、ミャンマー南部モン族のタトン王国を征服し、同王国から上座仏教を受容しました。

そして、アノーヤター王は上座部仏教の国教化を進め、バガンは仏教研究の国際的な中心地となり、カンボジアやタイ、スリランカなど諸外国の多くの仏僧や学生が訪れたのだそうです。

スラマニ寺院の仏像 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

スラマニ寺院の仏像 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

ミャンマーは、人口の9割が上座部仏教を信仰していると言われます。

人口の約13%を僧侶が占めているとも言われており、ミャンマーには約800万人もの僧侶がいるのだとのこと。

上座部仏教では、功徳や喜捨によって、現生でどれだけ徳を積めるかが重要だとされています。そのため、ミャンマーでは金持ちも貧しい人も、それぞれの懐に合わせて積極的に寄付をするのだそうです。

スラマニ寺院 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

川べりにあるブーパヤー・パヤー 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

バガンの観光の拠点はニャウンウーという町。

ニャウンウーの町で馬車をチャーターし、遺跡群をのんびりと見て回るのがバガン観光の王道の楽しみ方です。

 

詳細はこちら↓

地平線の果てまでパゴダが並ぶ!雄大なバガン遺跡の夕日【ミャンマー】
夕方、馬車でシュエサンドー・パヤーに向かい、夕陽が沈むのを見ました。夕方、ニャウンウーの町で馬車をチャーター(7000K:700円)。バガン遺跡の夕陽を見に、サンセット・ポイントである「シュエサンドー・パヤー」に向かいます。
馬車で巡るバガン遺跡(日の出〜午前中)【ミャンマー】
馬車をチャーターし、バガンの寺院群を巡ります。バガン遺跡は、エーヤワディー(イワラジ)川中流域、その東岸の平野部一帯に広がる仏教遺跡群です。カンボジアのアンコールワットやインドネシアのボロブドゥール遺跡とともに、世界三大仏教遺跡と称されています。
馬車で巡るバガン遺跡(午後〜日没)【ミャンマー】
馬車をチャーターし、バガンの寺院群を巡ります。アーナンダ寺院からタビィニュ寺院、ゴドーパリィン寺院、ブーパヤー・パヤー、マハーボディー・パヤーを巡ります。

アンコール遺跡(カンボジア)【世界遺産】

アンコール・ワット

「アンコール遺跡(Angkor:អង្គរ)」は、カンボジア北西部、シェムリアップ近郊にあるクメール王朝時代の首都の跡です。

この地に王都が建設され始めたのは9世紀頃のこと。王都が大きく発展したのは12世紀頃だと考えられています。

アンコール遺跡には、ヒンドゥー教の施設と仏教の施設の両方が遺されています。

支配する王の信仰の違いにより、ヒンドゥー教、仏教それぞれの建造物が造られていきました。

アンコール・ワット

アンコール・ワット

アンコール遺跡群で最も有名な施設である「アンコール・ワット」は、建造当初、ヒンドゥー教の寺院として造られました。

建造したのは、12世紀前半に即位したスーリヤヴァルマン2世です。

その後、16世紀になって、ソター王の治世に上座部仏教寺院に改修され、現在に至っています。

アンコール・トム

アンコール・ワットの北に位置する城塞都市遺跡「アンコール・トム」。

アンコール・ワットと並ぶ、アンコール遺跡群のハイライトのひとつです。

写真は、その入口にある「南大門」。

アンコール・トム

「ジャヤーヴァルマン7世」は12世紀、ベトナムのチャンパ王国によって奪われた王都を奪還すると、壮大な都城「アンコール・トム」を建設しました。

そして、国内の道路網を整備し、102ヶ所に及ぶ施療院、121ヶ所の宿駅を設置しました。

また、彼は熱心な仏教徒でもあったため、国中に無数の寺院を建てたのだそうです。

けれども、この大規模な建築事業は国民に多くの負担を強いることとなり、後の王朝の衰亡の契機ともなったともいわれています。

 

アンコール・トムの中心に位置する寺院が「バイヨン(バヨン)寺院」です。

「バイヨンの微笑」と呼ばれる観世音菩薩の四面塔は全部で49あります。

中央祠堂には50を超える仏面があり、訪れる者は無数の微笑に囲まれます。カンボジアの人々のような優しい微笑です。

バイヨンは仏教の須弥山が象徴化された寺院であるといわれています。

仏教とヒンドゥー教の違いなのでしょうか。バイヨンはアンコール・ワットに比べて、いくらかソフトで温かい印象が感じられました。

タ・プローム巨大な榕樹に絡みつかれて押しつぶされそうな遺跡「タ・プローム」

プリア・カン大勢の人が仏教の教義を学ぶ僧院であった「プリア・カン」遺跡

バコン【ロリュオス遺跡群】ロリュオス遺跡群にある「バコン」

 

アンコール遺跡群は、広大なエリアに無数の寺院遺跡が点在しています。

拠点となるシェムリアップの町でバイクタクシーをチャーターし、数日掛けて巡り廻るのがアンコール遺跡のスタンダードな楽しみ方。

それぞれの遺跡には特徴があって、見応えがあります。

アンコール・ワットの人々遺跡の参道を歩くオレンジの僧たち

アンコール・ワットアンコール・ワットの参道にいた女の子

アンコール・ワットの人々

遺跡を見るのもよいですが、人々との出会いもアンコール遺跡巡りの楽しみのひとつ。

かわいい子供たちや、にこにこした人々が旅行者の相手をしてくれます!

アンコール遺跡では、オレンジの袈裟を着た僧侶や、白い袈裟を着た尼僧の姿をよく見かけます。

仏教国であるカンボジアでは、僧侶はとても尊敬されているのです。

ちなみに、カンボジアでは国民の9割以上が上座部仏教を信仰しています。

 

詳細はこちら↓

池に映ったシルエットが綺麗!アンコール・ワットの日の出【カンボジア】
アンコールの観光はまず日の出を見ることから始まります。アンコール遺跡群には、様々な遺跡があって日の出を見るポイントも多いのですが、やっぱり一番綺麗に日の出が見えるのは「アンコール・ワット」! 早起きは大変ですが、本当に綺麗なので毎日見に行ってしまいました。
アンコール・ワットに描かれたレリーフとデバター像【カンボジア】
アンコール・ワットの内部を見て回ります。内部にはレリーフがたくさん!アンコール・ワットはヒンドゥー教の神、ヴィシュヌを祀った寺院。レリーフも「ラーマーヤナ」や「マハーバーラタ」といったヒンドゥー教の叙事詩を題材としたものが多く見られます。ひと通り見た後は、塔の上の祠堂に登ってひんやり!
宇宙の中心「バイヨン寺院」にある、微笑みの四面仏【カンボジア】
ジャヤヴァルマン7世が都城として築いたのが「アンコール・トム」で、その中心に位置する寺院が「バイヨン(バヨン)」です。中央祠堂には「バイヨンの微笑」と呼ばれる観世音菩薩の仏面が50もあって、訪れる者は無数の微笑に囲まれます。
バイクタクシーで巡るアンコール遺跡群《14寺院訪問!》【カンボジア】
バイタクに乗ってアンコール遺跡めぐりをしました。バイタクの背に座り深緑の樹海を風を切って走ります。真っ青な空にはもくもくとした雲が浮かび、強烈な日の光がじりじりと私たちの肌を焦がしていきます。石造りの遺跡の影は格好の涼みどころ。私たちは遺跡の階段を登り、子供らの相手をしながら無数の寺院を周りました。

ボロブドゥール遺跡(インドネシア)【世界遺産】

インドネシア ボロブドゥール

「ボロブドゥール遺跡(Borobudur:ꦧꦫꦧꦸꦝꦸꦂ)」は、インドネシアのジャワ島中部、ジョグジャカルタからバスで1時間半のところにある仏教遺跡です。

インドネシア観光の目玉のひとつで、世界遺産にも登録されている必見の遺跡。

かなり見応えがあるすごい遺跡です!

 

「ボロブドゥール」の建立は8世紀末。ジャワ中部を支配していたシャイレーンドラ王朝の王、ダルマトゥンガの治世に建造されたそうです。

東南アジアに伝わった仏教は、上座部仏教が中心ですが、シャイレーンドラ王朝は大乗仏教を奉じていたため、この「ボロブドゥール」も大乗仏教の遺跡となっています。

インドネシア ボロブドゥール

「ボロブドゥール」は、自然の丘に盛り土をし、その上に高さ23㎝の安山岩のブロックを200万個積み重ねてつくられています。

最下部に方形の基壇が1層、その上に方形壇が5層、上部に円形壇が3層の9層の構造になっていて、これは仏教における「三界」を表わしていると考えられています。

最下部の基壇の一辺は123m、最上部までの高さは34.5mにも及ぶそうです。

インドネシア ボロブドゥール

「ボロブドゥール」は、その建築物全体が、仏教における「三界」を表わしていると考えられています。

最下部の基壇は「欲界」、その上の5層の方形壇は「色界」、最上部の3層の円形壇は「無色界」です。

「欲界」と「色界」には、無数のレリーフが刻まれており、特に5層4回廊からなる「色界」部分には、釈迦や仏教の物語が1460面に及ぶ浮き彫りレリーフとなって描かれていて、かなり見応えがあります。

インドネシア ボロブドゥール

最上層の「無色界」、ここにはレリーフはありません。

ストゥーパが規則的に並ぶ幾何学的な空間となっています。

ここは、悟りの末に到達した「無」の世界を表しています。

 

円壇部は3層になっていて、釣鐘型のストゥーパが72基規則的に並んでいます。

それぞれのストゥーパの内部には等身大の仏像が安置されています。

内部1層のさらに中心には、大ストゥーパがあります。大ストゥーパには窓がなく、これは無の世界、大乗仏教の真髄である「空」の思想を表わしていると考えられています。

インドネシア ボロブドゥール

インドネシア ボロブドゥール

須弥山を模しているともされている「ボロブドゥール」

そのインパクトのあるフォルムも、無数に刻まれたレリーフも、見るだけで十分にその魅力を味わうことができますが、ガイドを頼んで詳しい解説を聴きながら見物することがオススメ。

より「ボロブドゥール」の魅力と凄さを理解することができます。

 

かつては、ヒンドゥー教が多数派だったインドネシアですが、12世紀にイスラム教が伝わり、人々のイスラム化が進みました。

現在のインドネシアではイスラム教徒が87%を占めていて、仏教徒は0.72%しかいません。現在のインドネシアの仏教徒は、中華系の人が多いとのこと。

 

詳細はこちら↓

密林に聳え立つ巨大曼荼羅、ボロブドゥール(Borobudur)【インドネシア】
「ボロブドゥール」は、インドネシア観光の目玉のひとつで、世界遺産にも登録されている必見の遺跡。 かなり見応えがあるすごい遺跡です!
]]>
スリランカカレー定食「スリランカプレート」《おすすめ》10皿ご紹介! https://search-ethnic.com/srilanka-plate Sat, 30 May 2020 04:57:37 +0000 https://search-ethnic.com/?p=78100 「スリランカ料理」は、ココナッツミルクを多用し、豊富なスパイスやハーブを効かせたスパイシーなお料理。

ギー(バター)やミルクを多用する北インド料理とは異なり、ココナッツミルクが使われるため、油分が少なくヘルシーなのが特徴です。

カレーは南インド料理と同じように、ライスに合うようにサラサラとしていて辛いものが多いですが、南インド料理との一番の違いは、鰹節に似た乾物「モルディブ・フィッシュ」の出汁が効いているということ。

お魚の出汁を使うということで、日本人のお口にも合うお料理です。

スリランカでは、お食事の際、食卓にたくさんのお料理が並べられ、それぞれが自分のプレートにライスとたくさんのおかずやカレーを盛り付け、混ぜ混ぜして食べることが一般的であるのだとのこと。

そんな、スリランカのたくさんのおかずやカレーが盛り付けられた「スリランカプレート」、各地(東京・埼玉・大阪)のスリランカ料理店でいただいた10皿+αをご紹介します★

『タンブリン カレー&バー』@北千住

北千住、タンブリンカレー&バー

北千住駅西口から徒歩4分の場所に、スリランカ料理店『タンブリン カレー&バー』があります。

お料理のメインは、スリランカプレートの「タンブリンカレー」

ワンプレートの上に彩り鮮やかなたくさんのおかずが載っていました♪

ココナッツミルクのマイルド感、ポルサンボルの魚の旨み、パリップのお豆感、ピクルスやルヌミリスの酸味。それらのバランスが最高です★

そして、サラサラカレーの「ホッダ」

上野の『デリー』のカレーを思わせるサラサラホット&スパイシーなカレーで、これ、絶品でした〜♪

 

お店の詳細はこちら↓

居心地の良いバー空間で味わう本格スリランカカレープレート『タンブリン カレー&バー』@北千住
北千住のスリランカカレー&バー『タンブリン カレー&バー』。丁寧に作られた本格的なスリランカカレープレートが味わえ、ディナータイムにはスパイシーなお料理を肴にお酒を楽しめるお店。お値段もリーズナブルだしオススメしたいお店のひとつです★

『シナモンガーデン』@南林間

南林間、シナモンガーデン

小田急江ノ島線南林間駅東口から徒歩7分。スリランカ料理店『シナモンガーデン』はあります。

メインメニューの「おもてなしプレート」は、バナナの葉っぱの上に載せられたフォトジェニックなビジュアル♪

シナモンがしっかり効いたチキンカレー、優しいお味の豆カレー、そして、ビーフジャーキーのようなビーフの味わいがインパクトあるビーフカレー。

いずれも鮮やかなスパイス感がたまりません!

3種のカレーとカトゥレット、野菜系のおかず3種、ポルサンボル、シー二サンボル、サラダ、パパダンをバスマティライスに全部載せて、まぜまぜしてパクリ!

う〜ん、美味い!大満足、お腹いっぱいです★

 

お店の詳細はこちら↓

『シナモンガーデン』★バナナの葉に載った12品目スリランカプレートが絶品!@南林間
小田急江ノ島線南林間駅東口から徒歩7分。住宅街のただ中に、スリランカ料理店『シナモンガーデン』はあります。スリランカ人のオーナーシェフが提供する本格的なスリランカプレートを比較的リーズナブルなお値段でいただけるのが嬉しい!おすすめはお料理12品目の「おもてなしプレート」。絶品です★

『セイロンカリー』@長堀橋

長堀橋、セイロンカリー

大阪メトロ、堺筋線、長堀鶴見緑地線の長堀橋駅から徒歩5分。オフィス街のただ中に、スリランカ料理専門店『セイロンカリー』はあります。

スリランカ料理ブームに沸いているという大阪でも一二を争うという名店です。

写真は、メインメニューの「アンブラ」。スリランカプレートらしい、カラフルでフォトジェニックな見栄え★

ちょっと酸味の効いた肉厚のマグロのカリーも、優しいお味の豆カリー「パリップ」も、マッルンやモージュなどの各種おかずも、ココナッツふりかけのサンボルも、さすがの美味しさ!

辛さはかなり辛めですが、スパイスのしっかりと効いた刺激的な辛さが病みつきになります♪

最後は、カリーやおかず全部をバスマティライスと混ぜて、パパダムも砕いて振り掛けて、全部混ぜでいただきました!

 

お店の詳細はこちら↓

『セイロンカリー』★ホット&スパイシーなスリランカワンプレート「アンブラ」に舌鼓@長堀橋
大阪、長堀橋にあるスリランカ料理専門店『セイロンカリー』はあります。このお店、「究極のカレー」2017年度大阪版アジアン部門でグランプリを獲得したお店。また、お店のシェフは母国スリランカで賞を獲ったこともあるというお方なのだそう。スリランカ料理ブームに沸く大阪でも一二を争うという名店です。

『キャンディ』@日本橋

日本橋、キャンディ

東京日本橋タワーの地下1階にあるスリランカ料理店『キャンディ』は、本場キャンディの味を継承する、五つ星レストラン出身のシェフが腕をふるうお店として、都内のスリランカ料理店の中でも評価の高いレストランのひとつです。

写真は「ロイヤル・オールスターズカレー」

魚、チキン、野菜の3種のカレーに、野菜サラダ、ライス、ヌードル(ストリング・ホッパー)、コットゥ・ロティ、ココナッツサンボール(ポルサンボール)、パパダン、野菜テルアーダ、チャツネが付いています。

カレー3種は、いずれもマイルドなココナッツ風味で、モルディブ・フィッシュの出汁の風味が感じられます。

ライスとヌードル(ストリング・ホッパー)、コットゥ・ロティの3種の主食の食感のバリエーションも楽しいです★

さすが、スリランカ大臣にも認められたと言われるお店。間違いのない美味しさです♪

 

お店の詳細はこちら↓

五つ星シェフによる本格スリランカ料理と最高級のセイロンティー『キャンディ』@日本橋
日本橋駅から徒歩1分。東京日本橋タワーの地下1階にある駅直結の便利な立地に、スリランカ料理店『キャンディ』はあります。2015年6月にオープンしたこのお店、本場キャンディの味を継承する、五つ星レストラン出身のシェフが腕をふるうお店として、都内のスリランカ料理店の中でも評価の高いレストランのひとつです。

『バンダラ ランカ』@四谷三丁目

信濃町、バンダラランカ

2018年10月にオープンして、あっという間に人気店になった、四谷三丁目のスリランカ料理店『バンダラ ランカ(BANDARA LANKA)』。

素敵な空間で、ビュッフェスタイルで絶品スリランカ料理がいただけます。

写真は、ビュッフェのお料理をプレートに盛ったマイ・スリランカプレート★

メインのカレーは、チキンカレーと豆カレー。おかずは、じゃがいもの炒め物、大根の炒め物。スリランカご飯に欠かせない、ポルサンボルと青菜のサンボル(ふりかけのようなもの)。ビーツ、キャベツの炒め物など。

それと、パリパリ食感がたまらないパパダム。

お味は、どれもとっても美味しくて、スプーンがどんどん進みます。

お野菜たくさんで、バランスも良く、身体も喜ぶご飯♪

お店の雰囲気も抜群だし、人気のヒミツがわかりました★

 

お店の詳細はこちら↓

アートな空間でスリランカカレービュッフェに大満足☆『バンダラ ランカ』@四谷三丁目
10月にオープンして、あっという間に人気店になったスリランカ料理店『バンダラ ランカ(BANDARA LANKA)』。お店は、信濃町と四谷三丁目の間の住宅街の中に、突如として現れるレンガ造りの建物(アートコンプレックスセンター)の1階にあります。素敵な空間で、ビュッフェスタイルで絶品スリランカ料理がいただけます。

『アプサラ レストラン&バー』@高田馬場

高田馬場、アプサラ

高田馬場にある、本場さながらのスリランカ料理をいただけるお店が『アプサラ レストラン&バー』です。

スタンダードなスリランカプレートもありますが、バナナの葉っぱで包まれた「スリランカカレーのバナナリーフ包み」に惹かれ、注文しました★

意外なほど大きなバナナリーフの包みを広げると、爽やかかつパンチの効いたスパイスの香りが辺りにふわっと漂います。

中身のカレーは、カットされたゆで卵を中心に、各種カレーや魚のカツレツ、ココナッツふりかけポルサンボル、モルディブフィッシュを使ったサンボル、大きめのチキンとバスマティライスなど、スリランカの美味しい味がぎっしりと詰まっていて、ほんと美味♪

大満足!噂通り美味しかったです『アプサラ レストラン&バー』の「スリランカカレーのバナナリーフ包み」

 

お店の詳細はこちら↓

スリランカカレーのバナナリーフ包みが絶品!『アプサラ レストラン&バー』@高田馬場
高田馬場駅早稲田口から早稲田通りを東に徒歩10分、都電荒川線面影橋駅から徒歩5分の場所に、スリランカ料理店『アプサラ レストラン&バー』はあります。本場さながらのスリランカ料理、バナナの葉っぱで包まれたカレーお弁当「スリランカカレーのバナナリーフ包み」をいただけるということなので行ってみました★

『青い鳥』@幡ヶ谷

幡ヶ谷、青い鳥

幡ヶ谷にあるスリランカ&南インド料理をベースにした美味しいカレーをいただけるお店『CURRY&SPICE 青い鳥』

写真は「日替わりカレープレート(重ね煮カレー)」。スリランカカレーです。

ちなみに、”重ね煮”とは、鍋に野菜を層にして重ね、水を一滴も加えないで蒸し煮にする調理法であるのだとのこと。

程よい酸味と、香辛料のスパイシーな芳香が爽やかな「チキンカレー」、お豆とかぼちゃ、ココナッツの組み合わせが優しくてほっこりする「豆とバターナッツかぼちゃのココナッツカレー」

副菜3種もそれぞれキャラが立っていて、プレート全体のお味&食感がバラエティーに富んでいて飽きません★

 

お店の詳細はこちら↓

カラフルなビジュアルの”重ね煮”カレーのプレートが絶品!『青い鳥』@幡ヶ谷
幡ヶ谷にあるスリランカ&南インド料理をベースにした美味しいカレーをいただけるお店『CURRY&SPICE 青い鳥』。このお店のカレーは、鍋に野菜を層にして蒸し煮にする調理法”重ね煮”で作られているそうです。陰陽バランスを整えるという、この重ね煮のカレーが絶品!お料理のビジュアルもフォトジェニックです★

『ポンガラカレー 赤坂アークヒルズ店』@六本木一丁目

六本木一丁目、ポンガラカレー

大阪・梅田に本店のある『ポンガラカレー』は、スリランカカレーをベースに日本人の口に合うようにアレンジされたスパイスカレーの人気店です。

その「赤坂アークヒルズ店」を訪問しました。

メインの「スリランカプレート」は、真っ白なバスマティライスを中心にカラフルなカレーや副菜が取り囲むフォトジェニックなビジュアル。

スリランカチキン、レンズ豆カレーに、副菜としてビーツのカレー、ひよこ豆のテンペラード、ポルサンボル、パパダム、枝豆のマッルン、しめじのモジュといったカレーやおかずを混ぜていただくと、それぞれの素材やスパイスが渾然一体となり、パラパラなバスマティライスと見事なハーモニーを作り出しました♪

さすが、大阪で行列ができるという人気店です★

 

お店の詳細はこちら↓

『ポンガラカレー 赤坂アークヒルズ店』★大阪で大人気のスリランカプレートが絶品!@六本木一丁目
大阪・梅田にあるスパイスカレーのお店『ポンガラカレー』。スリランカカレーをベースに日本人の口に合うようにアレンジされたカレーは大人気。そんな『ポンガラカレー』が東京に初進出しました!

『紅茶屋さん』@大宮

大宮、紅茶屋さん

JR大宮駅よりバスで10分、バス停から徒歩7分ほどの住宅街に、紅茶とスリランカ料理のお店『紅茶屋さん』はあります。

お店と言うよりも、おうちに招かれたような雰囲気で、テーブルには数々のスリランカのカレーやおかずなどが並べられます。

お母さんのような店主さんが作る、スリランカ愛に溢れた手料理の数々です★

大宮、紅茶屋さん

”ワラン”というスリランカの土鍋に入ったチキンカレー、パリップ(豆カレー)、大根のカレー、いんげんのココナッツ炒め、なすやネギのテルダーラ(炒め煮)、サツマイモの副菜、ターメリックライス、ポルサンボル、コラサンボルなどをプレートに載せ、マイ・スリランカプレートの完成♪

チキンカレーは、結構辛いけど、スパイスが効いていて美味!

野菜のカレーや炒め物は、優しいお味で、身体にスーッと入ってくる感じ。

辛めのチキンカレーと混ぜ合わせると、またいいです。

混ぜ混ぜすると、何種類もの野菜が混ぜ合わさり、さらに絶妙なお味!

大満足です★

 

お店の詳細はこちら↓

『紅茶屋さん』という名の紅茶とスリランカ料理のお店。やさしい美味しさとボリュームにビックリ!@大宮
JR大宮駅よりバスで10分、バス停から徒歩7分ほどの住宅街に、紅茶とスリランカ料理のお店『紅茶屋さん』はあります。1軒屋のご自宅の1階を使用していて、お店というよりはおウチのリビングといった雰囲気の中、優しくて、とても美味しいスリランカ料理をいただきました。そのボリュームとお値段に驚きです!

『KING LION スリランカレストラン&バー』@溝の口

溝の口、キングライオン

溝の口にある、スリランカ料理のレストラン&バー『KING LION(キング・ライオン) スリランカレストラン&バー』

スリランカ出身の店主さんが、地元スリランカから取り寄せた約40種類のスパイスを使って作るお料理は、本場そのもののお味★

メインの「スリランカカレープレート」は、ライスの上に、白身のお魚、ぶつ切りポーク(チキン)、レンコンやキャベツ、ビーツなどのお野菜、ココナッツの振りかけ「サンボール」、豆せんべい「パパダム」などがどっちゃりと載っていて、かなりボリューミー!

お味はと言うと、もちろん抜群に美味しい!

白身の締まったお魚も、食べ応えのあるぶつ切りポークも、各種お野菜も、それぞれスパイスがガッツリ効いていて、インパクトあります!

様々な食材の素材の味と食感、各種スパイスの香りと旨味。バラエティーに富んだ、これぞ、スリランカ・プレートって感じの『KING LION(キング・ライオン) スリランカレストラン&バー』の「スリランカカレープレート」でした★

 

お店の詳細はこちら↓

KING LION スリランカレストラン&バー【溝の口】★ガッツリスパイスの効いた、本場さながらのカレープレート!
溝の口にある、スリランカ料理のレストラン&バー『KING LION(キング・ライオン) スリランカレストラン&バー』。店主はスリランカ出身のお方。地元スリランカから取り寄せた約40種類のスパイスを使った本場さながらの「スリランカカレープレート」は、間違いなく絶品!本物のスリランカ料理がここにはあります★

その他のスリランカ料理店

スリランカプレート以外をいただきました♪

創業25年の老舗『セイロン・イン』で、本格スリランカ料理を味わう!@中目黒
東急東横線中目黒駅から徒歩5分ほどの場所にあるスリランカ料理店『セイロン・イン』。このお店、都内のスリランカ料理屋さんの中でも25年もの歴史を持つ老舗中の老舗。スリランカ料理がまだあまり知られていない中、25年間も頑張ってきたお店です。本格的なスリランカの味を楽しむことができます。
スリランカ料理『タップロボーン』本場のシェフが実家の母の味を再現!@青山一丁目
大人な雰囲気のあるおしゃれな街、青山一丁目。『スパイシービストロ タップロボーン』は、駅から徒歩2分、ウィン青山の1階の飲食店街の中にありるスリランカ料理店です。このお店、スリランカ人シェフによる本場のスリランカ料理を楽しめるお店として、都内のスリランカ料理店の中でも人気のあるお店のひとつです。
『アチャラナータ』★本場の味を彷彿とさせる日本人シェフの作るスリランカカレー@中野
JR中央線中野駅南口から徒歩3分ほど。小ぢんまりとした雑居ビルの3階に、スリランカ料理店『アチャラナータ』はあります。このお店、オーナーシェフは日本の方。本場スリランカの定食を彷彿とさせるお料理は、スリランカ料理好きなら満足できること請け合い♪

『アハサ食堂』『カルパシ』『コジコジ』のコラボ「スリランカプレート」 at スリランカフェスティバル2017

スリランカフェスティバル2017

2017年6月に東京・代々木公園で開催された「スリランカフェスティバル2017」でも、「スリランカプレート」をいただきました。

会場には、たくさんのスリランカ料理店の出店が出ていましたが、一番人気を集めていたのが、『アハサ食堂』『カルパシ』『コジコジ』のコラボの出店でした★

スリランカフェスティバル2017

プレート内容は、ジャフナチキンカリー、ポルサンボル、パリップ、ポロスカリー(ジャックフルーツのカリー)、木の子のテルダーラ、うずらの卵のアチャール。

これで、1000円ってかなり魅力的です★

スリランカフェスティバル2017

こちらが、『アハサ食堂』『カルパシ』『コジコジ』3店のコラボプレートです♪

なんともフォトジェニックで美味しそうなプレート!

どのおかずもカレーも個性が際立っていて、他ではなかなか味わえないお味。

個性が強いのですが、混ぜ混ぜすると、さらに美味しくなります。それが不思議な感じです★

名店3店コラボの「スリランカプレート」、期待通り絶品でした♪

 

詳細はこちら↓

『アハサ食堂』『カルパシ』『コジコジ』3店のコラボプレートがいただけた!「スリランカフェスティバル2017」
6月24日(土)~25日(日)、代々木公園で「スリランカフェスティバル2017」が開催されました。最近注目されているスリランカカレー。東京でも、スリランカ料理のお店が増えているそうです。そんな人気急上昇中のスリランカの食や雑貨などを堪能してきました☆

『セイロン・イン』の「ホームスタイルカレープレート」 at スリランカフェスティバル2016

スリランカフェスティバル

2016年の9月に有明の国際展示場で開催された「スリランカフェスティバル2016」

ここでは、中目黒にある『セイロン・イン』のスリランカプレートをいただきました★

スリランカフェスティバル

『セイロン・イン』の「ホームスタイルカレープレート」は、チキンカレー、れんこん炒め、バトゥカレー(スリランカなす)、カシューナッツカレー、パパイヤのマッルン、ポルサンボーラ、いんげんカレー、パパダン。お米はスリランカの赤い米を使用しています。

これで800円ってすごい!

スリランカフェスティバル

こちらが、『セイロン・イン』の「ホームスタイルカレープレート」

ふっくらとした赤米に優しいお味のカレー、スリランカの鰹節ポルサンボーラなどを混ぜ混ぜしていただくとたまらない美味しさ♪

さすが、創業25年以上の老舗スリランカ料理店。間違いのない美味しさです★

 

詳細はこちら↓

「スリランカフェスティバル2016」スリランカ料理店12店舗が大集結!
日本に居ながらにしてスリランカを楽しめるイベント「スリランカフェスティバル2016」が、東京お台場にて開催されました。今年で12回目を迎えるこのイベント、出店しているお店の数も、ステージで行われるパフォーマンスのクオリティーも、かなりの充実度です!

その他のイベントで食べたスリランカ料理↓

「咖喱と古民藝」でスリランカカレーをいただきました@SML(中目黒)
10/6(土)~10/14(日)の間、中目黒の「SML」で開催中の『咖喱と古民藝』に行ってきました。色々な作家さんの器の販売と、会期中の週末には、咖喱食堂がオープンするイベントです。前半の週末にオープンした「松江咖喱食堂」でスリランカカレーをいただきました!
スリランカのチャリティーイベント「Ayubowan! SRI LANKA」に行ってきました!
7月6日(土)、六本木グランドタワーのDMM本社内イベントスペースにて開催された、「Ayubowan! SRI LANKA」のチャリティーイベントへ行ってきました。入場料及び協賛金の売上の一部を、4月に起こったテロの被害にあったスリランカ東部の教会再建費として寄付をするというものです。

現地スリランカで食べたスリランカプレート&カレー

最後に、現地スリランカで食べた、スリランカプレート&カレーをご紹介します。

コロンボ駅前食堂のカレー【スリランカ】

こちらは、コロンボの駅前の食堂で食べたスリランカプレートです。

豆カレー(パリップ)とドラムスティックの炒め物の載ったシンプルなカレー。

お値段は、7UPと合わせてRs.160(97円)。激安です!

シンプルなお味でしたが、食べやすく美味しかったです★

世界遺産、ゴール旧市街で食べたカレー【スリランカ】

こちらは、スリランカ南西部の海岸地帯にある町「ゴール」のレストラン『ママズ・ルーフ・カフェ』でいただいたスリランカ料理のセット。

料金は、マンゴーラッシーも頼んで、Rs.960(586円)

世界遺産、ゴール旧市街で食べたカレー【スリランカ】

お魚の旨味とスパイスの刺激がナイスなカレーに、ヘルシーな野菜炒めカレーが数品。

それらを混ぜ混ぜして食べます。

お味はバッチシ美味しいです★海の町ということもあって、お魚が美味しいですね。

お店の雰囲気もなかなか良く、満足のいくディナーでした♪

 

詳細はこちら↓

キャンディからゴールへ、列車の旅【スリランカ】
「キャンディ」に3泊滞在した後「ゴール」へと向かいました。「キャンディ」から「ゴール」まではダイレクトに結んでいる列車はありません。そこで、いったん「キャンディ」から「コロンボ」に行き、そこで乗り換えて「ゴール」へと向かうことになります。

南インド料理「ミールス」についてはこちら↓

南インド料理の定食「ミールス」東京都内《厳選》40皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。東京都内のおいしい「ミールス」を40選、ご紹介します!

インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」についてはこちら↓

インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」東京都内《美味しい》28皿!
「ビリヤニ」(Biryani)とは、インドやパキスタンなどで食べられている炊き込みご飯のこと。スパイスをふんだんに使い、お米と具材を別々に調理して作る手の込んだお料理で、インドでも高級なお料理として知られています。最近人気沸騰中の「ビリヤニ」。東京都内のおいしい「ビリヤニ」を28選、ご紹介します!

ネパールの定食「ダルバート」についてはこちら↓

ネパール料理の定食「ダルバート」東京都内《おすすめ》8店舗ご紹介!
「ダルバート」とは、ネパールで毎日食べられている日本の定食にあたる料理です。ダルは豆、バートはお米を意味します。ダルとお米の他に、おかず「タルカリ」と漬物の「アチャール」が付きます。東京都内のネパール料理店でいただいた「ダルバート」(または、それに類するもの)を8皿、ご紹介します★

 

]]>
ネパール料理の定食「ダルバート」東京都内《おすすめ》8店舗ご紹介! https://search-ethnic.com/dalbhat Thu, 28 May 2020 13:26:17 +0000 https://search-ethnic.com/?p=78098 「ダルバート」(dālbhāt:दालभात)とは、ネパールの代表的な家庭料理で、ネパールでは毎日食べられている日本の定食にあたる料理です。

北インド料理だと「ターリー」、南インド料理だと「ミールス」、日本食だとごはんに味噌汁、冷奴とお刺身、浅漬けといった刺身定食に相当しそうな、国民食です。

「ダルバート」の「ダル」は豆、「バート」はお米を意味します。このダルとお米の他に、カレー味のおかず「タルカリ」と漬物の「アチャール」のセットで「ダルバート」です。

ネパールの料理は、スパイスを使うところなど北インドの料理と似ています。

ですが、ギー(バター)など油をいっぱい使う北インド料理と違って油は少なめ。使うスパイスの数や量も北インド料理に比べて控えめ。それにナンやチャパティよりもお米をメインで食べることもあって、ダルがさらさらしているのが特徴です。

インド料理とはまた違った魅力のネパールの定食「ダルバート」

東京都内のネパール料理店でいただいた「ダルバート」(または、それに類するもの)を8皿、ご紹介します★

『ネパリコ』@渋谷

渋谷、ネパリコ

渋谷駅から徒歩5分ほどの場所にある、ネパール料理店『ネパリコ』

エキゾチックな居酒屋風の店内で、辛過ぎずマイルドで素材の味を生かしたネパール家庭料理をいただける人気店です。

『ネパリコ』のメインのネパール定食「ダルバート・ベジ」は、優しくトロみのある、これぞまさしく“ダル”という感じの「ダルスープ」、クミンの風味がいい味出している「タルカリ」、シンプルなガーリック味の「サグ」や、ゴマやマスタードなどのスパイスがお野菜に絡んで旨い「アツァール」などなど、スパイス感はそれほどなく辛さもほとんどなく、とても食べやすいです。

 

お店の詳細はこちら↓

『ネパリコ』★しみじみ美味い!日本人の味覚に合う優しいダルバート@渋谷
渋谷駅から徒歩5分ほど。246号の坂道を登った左手にあるセルリアンタワーの裏手。桜丘界隈の一角に、ネパール料理店『ネパリコ』はあります。2010年9月にオープンしたこのお店、エキゾチックな居酒屋風の店内で、辛過ぎずマイルドで素材の味を生かしたネパール家庭料理をいただける人気店です。

『MOMO(モモ)』@新大久保

新大久保、モモ

JR新大久保駅から徒歩2分。通称“イスラム横丁”と呼ばれる界隈の一画にある、ネパール居酒屋『MOMO(モモ)』は、大久保界隈に数多くあるネパール料理店の中でも、元祖と呼べるお店です。

写真は「ネパールご飯セット」(1,350円)、いわゆるネパール定食“ダルバート”です★

スパイス使いがあっさり目の「ダル」は、お豆の旨味がたっぷりでご飯にかけるとサクサクいただけちゃいます♪

「チキンカレー」は、さらっとしたスープに存在感のある柔らかチキンがたくさん!

酸っぱさと辛さのマッチングが絶妙の「アチャール」。ジャガイモや大根、青菜などに煮干しが入っていてお魚の旨味がたまらない「タルカリ」など、どれもこれも美味しい★

 

お店の詳細はこちら↓

新大久保のネパール居酒屋の元祖『MOMO(モモ)』でダルバートをいただく!@新大久保
JR新大久保駅から徒歩2分。ハラルフードの食材店が軒を連ね、ベトナムやタイ料理のレストランや怪しげな韓国マッサージのお店などが並ぶ「百人町」の南側。通称“イスラム横丁”と呼ばれる界隈の一画に、元祖ネパール居酒屋『MOMO(モモ)』はあります。

『プルジャダイニング』@巣鴨

巣鴨、プルジャダイニング

巣鴨にあるネパール料理店『プルジャダイニング』

ネパールの伝統的なお料理「ディード」を始め、ダルバートなどの定食、モモやサデコ、アチャールなどの本場ネパールのおつまみも充実したお店です。

写真は、スタンダードなネパール定食「ネパールセット」。ダール、チキンカレー、タルカリ、アチャール、ライスのセットです。

ご飯を何杯もお代わりできちゃいそうなあっさり目のダール。スパイスが絡んだタルカリやアチャールも抜群の美味しさ♪

巣鴨、プルジャダイニング

こちらは、「ディードセット」です。

「ディード」とは、粗挽きのそば粉やキビ粉、米粉、小麦粉、大麦粉、トウモロコシ粉などを合わせたものを熱湯で湯がいた料理。ネパールの伝統的なお料理。

「ディード」の食感は、すいとんやだご汁のだごより、もっと歯ごたえがある感じの食感。カレーやタルカリなどと合わせて食べると、なかなかの美味しさです★

 

お店の詳細はこちら↓

伝統料理「ディード」をいただける!都内屈指のネパール料理店『プルジャダイニング』@巣鴨
JR巣鴨駅から徒歩5分ほどのところにあるネパール料理店『プルジャダイニング』。ネパールの伝統的なお料理「ディード」を始め、ダルバートなどの定食、モモやサデコ、アチャールなどの本場ネパールのおつまみも充実!ネパール料理好きの間では、都内を代表するネパール料理店として知られている名店中の名店です。

『ナングロガル』@大久保

大久保、ナングロガル

大久保界隈、大久保通り沿いのビルの3、4階にあるネパール料理店『ナングロガル』

本場ネパール仕様の味は、瞬く間にネパール料理好き、カレー好きの心を鷲掴みにし、今や都内最強の呼び声も高いネパール料理店となりました★

写真は「ネパールローカル料理セット」。

豆カレー(ダル)も、チキンカレーもほうれん草炒めも、各種アチャールも、なかなかのお味で、バスマティライスにダルやカレーをかけて、アチャールやほうれん草などを加えて混ぜて食べるとほんと美味★

評判のネパール料理店『ナングロガル』。噂に違わぬ美味しさでした♪

 

お店の詳細はこちら↓

居酒屋風の店内で本場仕様の「ネパール料理」を味わう『ナングロガル』@大久保
JR大久保駅、新大久保駅から徒歩2,3分。大久保通り沿いのビルの3、4階に、ネパール料理店『ナングロガル』があります。2015年12月にオープンしたばかりのこのお店、本場ネパール仕様の味は、瞬く間にネパール料理好き、カレー好きの心を鷲掴みにし、今や都内最強の呼び声も高いネパール料理店となりました★

『アーガン』@新大久保

新大久保、アーガン

大久保通りの雑居ビルの4階に、ネパール民族料理のお店『アーガン』があります。

ここは、ネパールでも料理が美味しいということで知られる「ネワール族」と「タカリ族」のお料理がいただけるということで有名なお店です。

 

写真は「タカリ料理」のセット、「アーガンスペシャルタカリセット」です。

セットの内容は、ご飯、チキンカレー、マトンカレー、豆スープ、漬け物、サラダ、野菜カレー、乾燥醗酵野菜の漬け物、青菜炒め、バターオイル、パパドゥ、トマトの漬け物、デザート。

チキンとマトンのカレーは汁気の多いタイプ。辛さはあまりなく、インド料理とは違った独特の風味があります。

ダルも独特の味と香り。全体的にマイルドで素朴な印象のお味でした★

新大久保、アーガン

写真は「ネワール料理」のセット、「ネワリポジセット」(ネパールの伝統的なお酒1種付き)です。

伝統的な葉皿に載って出て来ました★

皿の上のおかずは、どれも素朴でシンプルな味付けですが、旨味がよくしみ込んでいて美味しい。汁気のないチキンとマトンのカレーも“お肉”って感じで食べ応えあり。

そして、これらのおかずや漬け物を混ぜて食べると、またさらにGood!

ただし、干し飯(チウラ)は、玄米フレークの硬くしたような感じで、人によって好みが分かれるかも。

 

お店の詳細はこちら↓

ネパール料理店『アーガン』でネワール族とタカリ族のお料理をいただく!@新大久保
新大久保にあるネパール料理店『アーガン』。ネパールでも料理が美味しいということで知られる「ネワール族」と「タカリ族」のお料理がいただけるお店です。日本人向けにアレンジなどしていない、本格的な民族料理を味わうことができます。新大久保のネパール料理店の中でも注目のお店のひとつです。

『ソルティーモード』@恵比寿

ソルティーモード

恵比寿西一丁目、五叉路の角のオシャレ風ビル。その5階にあるネパール料理店『ソルティーモード』。

ネパール人の店主が1998年に開いたこのお店は、美味しい「ダルバート」(ネパール定食)が食べられる知る人ぞ知る人気店です。

日替わりの2種類のカレー(チキンのカレーと、ジャガイモと豆のタルカリ)、ご飯、アチャール(漬物)、ダルスープ、食後のチャイがついて1000円。

優しい味で飲みやすいダルスープ、程よいスパイシー感のあるタルカリと鶏肉カレー、ご飯とよく合います!

また、マンゴーベースにニンニクが入ったアチャールは、その独特な酸味で味に変化を与えてくれます。

さすが人気店だけあって美味しい〜!隠れファンが多いというのも頷けますね!

 

お店の詳細はこちら↓

美味しいダルバートが食べられるオシャレなBAR『ソルティーモード』@恵比寿
恵比寿西一丁目、五叉路の角のオシャレ風ビル。その5階にあるネパール料理店『ソルティーモード』。ネパール人の店主が1998年に開いたこのお店は、美味しい「ダルバート」(ネパール定食)が食べられる知る人ぞ知る人気店です。

『マナカマナ』@大山

大山、マナカマナ

東武東上線の大山駅南口から踏切を渡り、2本目の路地を左に入ってすぐのところ。

雑居ビルの2階に、ネパール料理店『マナカマナ』はあります。

写真は、メインメニューの「ネパールダルバートセット」

四角いタールの上に、豚肉タルカリ、ダル(黒ダル)のかけ汁、マショウラ(大豆ミート)のタルカリ、サグ・コ・タルカリ(青菜のスパイス炒め)、アチャール、ライスが載っています。

お味は、もちろん美味しい♪

辛さやスパイスが抑えめの優しいお味、ネパールの味です★

特に、現地ではよく見かけるけど日本ではあまり見ない「黒ダル」を使ったダルと、シンプルだけど味わい深い「サグ・コ・タルカリ」や「アチャール」が美味でした!

 

お店の詳細はこちら↓

板橋にある老舗ネパール料理店『マナカマナ』のダルバートセット!@大山
東武東上線の大山にあるネパール料理店『マナカマナ』。このお店、開店して18年になるネパール料理店の中でも老舗中の老舗。板橋三大カレー屋さんのひとつに数えられるお店だそうです。ネパールの定食「ダルバート」から、ネパールの各種おかずやカレーまで。本場のネパール料理を居酒屋的に満喫できるお店です。

『ラトバレ』@新大久保

新大久保、ラトバレ

新宿区百人町、新大久保駅の山手線の線路の西側の路地の一角に、ネパール料理店『ラトバレ』があります。

ここ数年、在住ネパール人が急増し、リトル・カトマンズ化してきた大久保界隈。

現在では大久保界隈には500人以上のネパール人が在住し、約20店舗ほどのネパール料理店が営業するまでになっているのだそうです。

このお店『ラトバレ』も、そんな在住ネパール人御用達のお店のひとつ。

 

写真は、『ラトバレ』の“ダルバート”「ネパーリターリセット」

お料理のお味は、びっくりするようなお味ではないけれども、カトマンズの定食屋で出て来そうなスタンダードでシンプルなお味。

とろみのある水分多めのダル、トマトを使った酸味と辛味がキリッとしたゴルベラコアチャール、スタンダードで食べやすいお味のチキンカレー、タケノコの独特の風味がスープに滲み出たアルボディタマ、クミンの風味がたまらないジャガイモとインゲンを使ったタルカリなどなど、どれも安定のネパールのお味★

ちなみに、お店のお客さんはほぼ100%ネパール人!

本場ネパールの雰囲気を味わえるお店です。

 

お店の詳細はこちら↓

『ラトバレ』★お客は全員ネパール人!本場カトマンズの雰囲気を味わえるネパール居酒屋@新大久保
大久保界隈にいくつもあるネパール料理店のひとつ『ラトバレ』。店舗スタッフはもちろんのこと、来店するお客さんも全員ネパール人!お料理もネパールの首都カトマンズの安食堂で出て来るようなシンプルでスタンダードなネパールローカルなお料理をいただくことができ、本場ネパールの雰囲気を味わえるお店です。

南インド料理「ミールス」についてはこちら↓

南インド料理の定食「ミールス」東京都内《厳選》40皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。東京都内のおいしい「ミールス」を40選、ご紹介します!

インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」についてはこちら↓

インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」東京都内《美味しい》28皿!
「ビリヤニ」(Biryani)とは、インドやパキスタンなどで食べられている炊き込みご飯のこと。スパイスをふんだんに使い、お米と具材を別々に調理して作る手の込んだお料理で、インドでも高級なお料理として知られています。最近人気沸騰中の「ビリヤニ」。東京都内のおいしい「ビリヤニ」を28選、ご紹介します!

スリランカのカレー定食「スリランカプレート」についてはこちら↓

スリランカカレー定食「スリランカプレート」《おすすめ》10皿ご紹介!
ココナッツミルクを多用し、豊富なスパイスなハーブを効かせた「スリランカ料理」。お魚の出汁を使うということで、日本人のお口にも合うお料理です。各地(東京・埼玉・大阪)のスリランカ料理店でいただいたスリランカカレー定食「スリランカプレート」を10皿+α、ご紹介します★
]]>
世界の街角で聴いた音楽♪(②ストリート・店頭ライブ・クラブ.etc編) https://search-ethnic.com/music-in-the-world-2 Sun, 24 May 2020 08:09:25 +0000 https://search-ethnic.com/?p=79065 旅行の楽しみのひとつが、音楽を聴くこと♪

人々に代々受け継がれ、親しまれている音楽を聴くと、その土地の文化や暮らしている人々を、より身近に感じられるようになります。

今回は、世界の各地で鑑賞した音楽の動画(ストリート・店頭ライブ・クラブ.etc編)をご紹介します★

夜のアーケードに響くマリンバの音色(グアテマラ :アンティグア)

中米グアテマラにある世界遺産の古都「アンティグア」

アンティグアの町の中心である中央公園の正面、市庁舎のアーケードの中では毎週日曜日の夜、マリンバが演奏されます。

マリンバはグアテマラの国民楽器として愛されている木琴の一種。アフリカを起源とするマリンバですが、現在のスタイルになったのはグアテマラだと言われています。

アエロメヒコ航空利用で成田から中米・グアテマラに到着♪【グアテマラ①:成田~アンティグア】
メキシコの南の中米にある国「グアテマラ(Guatemala)」。コーヒーの産地として有名ですが、スペイン統治時代の面影を残すコロニアルな街並み、壮麗で神秘的な古代マヤ遺跡、村ごとに違うカラフルな民族衣装など、魅力は他にもたくさん!そんな、中米の宝石「グアテマラ」に行って来ましたので、ご紹介致します★

2500年のブハラの歴史を紡ぐ哀愁の響き(ウズベキスタン:ブハラ)

ウズベキスタンの古都「ブハラ」のアブドゥールアジス・ハン・メドレセの中庭は、青空バザールになっていました。

楽器屋さんのおじさんが、ギジャクと呼ばれる弦鳴楽器を奏でてくれました♪

メドレセの中庭に響き渡る糸のような旋律・・・

2500年のブハラの歴史を紡ぐ哀愁の響きです。

2500年の都ブハラ。夕暮れのメドレセに流れる悠久の旋律【ウズベキスタン】
ブハラの旧市街には、長い歴史を持つ数々のモスクやメドレセが建ち並んでいます。アブドゥールアジス・ハン・メドレセの中庭では、楽器屋のおじさんがギジャクと呼ばれる弦鳴楽器で美しい音色を奏でてくれました。

ウズベク・パーティーでのノリノリ音楽(ウズベキスタン:ヒヴァ)

ウズベキスタンの砂漠のオアシス都市「ヒヴァ」の夜。

夜、街をぶらぶら歩いていると、賑やかな音楽が聴こえてきました。

音楽の流れるお店に入ってみると・・・

ダンス・パーティーが行われていました♪♪

アラブとロシアが混ざったような独特のリズムの音楽で、人々は大盛り上がり!

ヒヴァ、イチャン・カラの町と人々をご紹介【ウズベキスタン】
この町の魅力は、建物や風景だけではありません。そこに住む人々と、売られている珍しい商品の数々、街角の何気ない風情。そんなものを見て回るのが、この街のもう一つの楽しみなんです。

ハバナの大衆食堂での陽気なラテン音楽(キューバ:ハバナ)

キューバの首都「ハバナ」の大衆食堂にて。

お店では、バンドがラテン音楽を演奏していました♪

リズムに合わせ、お姉さんが腰を振っています。

相席したホンジュラス人とメキシコ人の医学生は、かなり陽気な人たちで、バンドからスリコギを借りて一緒に演奏したり、拍手をしてダンサーに合いの手を入れたりしていました。

ノリノリです!

ハバナ(Habana)到着!タクシーでホセ・マルティ国際空港から新市街へ【キューバ】
憧れのキューバ、ハバナ到着!夜の街をタクシーに乗って、ホセ・マルティ国際空港から新市街のベダード地区へと向かいます。

サハラの砂の海の中のテントで聴くベルベル人のパーカッション(モロッコ:メルズーガ)

モロッコにある「メルズーガ大砂丘」は、広大なサハラ砂漠の中でも旅行者が訪れやすい所のひとつ。

ラクダに乗って砂丘の奥へと向かい、砂漠の中のテントで一夜を過ごしました。

テントでの食事中、ベルベル人の二人組がやってきて、太鼓を叩き始めました♪

サハラ砂漠の砂の海の中にあるテントで、パーカッションの音色を聴きながら、タジン鍋を食べる。

いい感じです!

サハラ砂漠での一夜 in メルズーガ【モロッコ】
「メルズーガ」に到着したのは、夕方の17時頃。辺りはすでに夕暮れの雰囲気で、向こうに見えるサハラの砂丘も夕陽を浴びてオレンジ色に染まってきていました。そんな風景の中をラクダに乗って、一路サハラ砂漠の中へと進んでいきます。

コロニアルな雰囲気の街路で流されるオルゴールの音色(メキシコシティ)

朝、メキシコの首都「メキシコシティ」の中心、ソカロ広場から続く歩行者天国を歩いていると、向こうから郷愁を誘うようなオルゴールの音色が!

手回しオルゴール弾きです。

コロニアルな雰囲気の街路で流される素朴な音楽、なかなかいいBGMとなっていました♪

メキシコシティ歴史地区を散策。国立宮殿でディエゴ・リベラの壁画を見る【メキシコ】
メキシコシティの中心、歴史地区を散策します。メインストリートの「マデロ通り」からセントロの中心「ソカロ広場」と「メトロポリタン・カテドラル」。「国立宮殿」でディエゴ・リベラの壁画を見て、「テンプロ・マヨール」の遺跡、「青いタイルの家」を眺め、歴史あるレストラン「カフェ・デ・タクバ」でランチ♪

夜のラパス広場。哀愁を帯びたアコーディオンの調べ(メキシコ:グアナファト)

メキシコ中部の世界遺産都市「グアナファト」の夜。

町の中心のラパス広場は、取り囲む建物が綺麗にライトアップされていました。

広場の前には、アコーディオン弾きが音楽を奏でていました。

物悲しい感じの調べが、歴史ある建物が建ち並ぶこの町の雰囲気にぴったり合います♪

世界遺産「グアナファト」到着!コロニアル建築の並ぶ歴史地区をぶらぶら歩き【メキシコ】
メキシコシティの北西370㎞。標高1,996mの高地にあるメキシコ・グアナファト州の州都「グアナファト(Guanajato)」。メキシコシティからアエロメヒコで1時間、夕方の6時頃、町の中心ラパス広場に到着です★スペイン時代のコロニアルな建物の並ぶ街並みを夕方から夜にかけて、ぶらぶら散歩しました♪

「フォーククラブ・アラ」伝統音楽で大盛り上がり♪(ラトビア:リガ)

バルト三国、ラトビアの首都「リガ」

旧市街で夕食を食べた後、お酒でも一杯ということで、ラトビア音楽も聴けるクラブ(バー)「フォーククラブ・アラ(Folkklubs Ala Pagrabs)」に行きました。

カウンターからさらに奥にはステージがあって、演奏が始まりました。

この日は、ちょうどラトビア伝統音楽の日で、ステージの前のフロアでは踊り始める人も。

しばらくすると、何だかとても盛り上がっている感じだったので、近くに来てみると、たくさんの人が輪になって掛け声をかけながら踊っているではありませんか!

ラトビア伝統音楽で盛り上がるクラブ『フォーククラブ・アラ』@ラトビア・リガ
バルト三国、ラトビア・リガの旧市街にある、ラトビア音楽のクラブ(バー)『フォーククラブ・アラ(Folkklubs Ala Pagrabs)』。曜日によって音楽のテーマが決まっていて、ステージでの演奏やみんなでダンスをしたりと、とても賑わっていました。

チェンマイのクラブ「サウンドアップ(Sound Up)」(タイ:チェンマイ)

タイ北部の古都「チェンマイ」の夜。

チェンマイにいくつかあるディスコ(クラブ)のひとつ「サウンドアップ(Sound Up)」に行ってみました。

DJが流している音楽は、欧米のダンス、ポップ、テクノ系のミュージックが中心。

響き渡る音楽を聴きながら、フロアーで体を揺らしたり、談笑したりしているタイの若者たちの様子を眺めます。

心地の良い音楽、ダンスフロアーの華やいだ雰囲気、タイの若者たちの様子。

もうちょっと居たい気もしましたが、満喫することができました♪

チェンマイの夜★ムエタイ観戦とディスコクラブ♪【タイ・チェンマイ⑥】
タイ、チェンマイの旅。夕方、ターペー門からハーブ・ベーシックスの店舗でお買い物。北タイ料理のレストラン『フアン・ペン』で夕食をいただき、前日にチケットを購入したムエタイの試合を観戦。その後はチェンマイで人気のディスコクラブ「Sound Up」を覗いてみました。

文明の十字路「トビリシ」を彩るミュージシャンたち(ジョージア:トビリシ)

ジョージアの首都「トビリシ」のメインストリート「ルスタヴェリ大通り」は、オシャレな通りで、まるで小ぶりなシャンゼリゼのよう。

大通りにはストリートミュージシャンもたくさんいます!

歌っている彼、なかなかいい歌声してますね♪

夕暮れのトビリシの風景によく合っています。

トビリシメトロに乗ってルスタヴェリへ。夕暮れの大通りをそぞろ歩き【ジョージア(グルジア)】
ジョージア(グルジア)の首都「トビリシ」。古い建物が残るアブラヴァリ界隈からメトロに乗り、トビリシいちの繁華街「ルスタヴェリ大通り」へ。「バラ革命広場」から「自由広場」までの約1.5kmの大通りをそぞろ歩き。夕暮れのトビリシの街、雰囲気満点です!

「ルスタヴェリ大通り」の夕暮れ。

歩道に並ぶ街灯に灯りが灯され、辺りをオレンジ色に照らし出し始めます。

歩いていると、向こうからサックスとアコーディオンの音色が聴こえてきました♪

老夫婦のストリートミュージシャンです!

哀愁を帯びた旋律が夜のトビリシの街に溶け込んでいます。

トビリシメトロに乗ってルスタヴェリへ。夕暮れの大通りをそぞろ歩き【ジョージア(グルジア)】
ジョージア(グルジア)の首都「トビリシ」。古い建物が残るアブラヴァリ界隈からメトロに乗り、トビリシいちの繁華街「ルスタヴェリ大通り」へ。「バラ革命広場」から「自由広場」までの約1.5kmの大通りをそぞろ歩き。夕暮れのトビリシの街、雰囲気満点です!

トビリシの夜。旧市街の中心「ゴルガサリ広場」を歩いていると、どこかから音楽の演奏が聴こえてきました。

広場の横にあるオープンエアレストランで生演奏が行われているようです♪

足を止め、ピアノの音色と女性ボーカルの歌声に耳を傾けます。

夜の闇の中に浮かび上がる、文明の十字路「トビリシ」の歴史的建造物。目の前には、現代のトビリシを象徴する車の往来とクラクションの音。

生演奏をBGMに、トビリシの美しい夜景を味わうことができました♪

トビリシ最後の夜。公衆浴場「ハマム」を体験し、お土産を購入【ジョージア(グルジア)】
ジョージア(グルジア)の首都「トビリシ」。赤や白や黄色の花が植えられた綺麗に整備された公園の向こうに、煉瓦造りのドームが並んでいるのが見えます。作家「プーシキン」も絶賛したとされる硫黄温泉の浴場(ハマム)です!

①ライブハウス・コンサート・ミュージックバー編はこちら↓

世界の街角で聴いた音楽♪(①ライブハウス・コンサート・ミュージックバー編)
旅行の楽しみのひとつが、音楽を聴くこと♪人々に代々受け継がれ、親しまれている音楽を聴くと、その土地の文化や暮らしている人々を、より身近に感じられるようになります。今回は、世界の各地で鑑賞した音楽の動画(ライブハウス・コンサート・ミュージックバー編)をご紹介します★
]]>
世界の街角で聴いた音楽♪(①ライブハウス・コンサート・ミュージックバー編) https://search-ethnic.com/music-in-the-world-1 Sun, 24 May 2020 03:14:21 +0000 https://search-ethnic.com/?p=79057 旅行の楽しみのひとつが、音楽を聴くこと♪

人々に代々受け継がれ、親しまれている音楽を聴くと、その土地の文化や暮らしている人々を、より身近に感じられるようになります。

今回は、世界の各地で鑑賞した音楽の動画(ライブハウス・コンサート・ミュージックバー編)をご紹介します★

「サンティアゴ・デ・クーバ」でキューバ伝統音楽「ソン」を聴く♪

カリブ海の国「キューバ」東部にある町「サンティアゴ・デ・クーバ(Santiago de Cuba)」

この町は、キューバ伝統音楽「ソン」のふるさとと言われています。

1844年に建設された音楽会館「カサ・デ・ラ・トローバ(Casa de la Trova)」で、「ソン」を鑑賞しました♪

「カサ・デ・ラ・トローバ」は、サンティアゴで最も有名なライブハウスで、「ソン」を始めとしたキューバ音楽のレベルの高い演奏を聴くことができます。

また、このお店は、映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のミュージシャンとして有名な、エレディア・オチョアやコンパイ・セグンドを輩出した由緒あるお店としても知られています。

クラベス(拍子木)のリズミカルな音と、甘いギターの音色が心地良い♪

キューバ音楽の聖地「カサ・デ・ラ・トローバ」でモヒートを飲みながら、素敵な音楽を堪能する。

ほんと、贅沢なひと時です★

 

詳細はこちら↓

キューバ音楽「ソン」のふるさと「サンティアゴ・デ・クーバ」へ【キューバ】
トリニダーからバスで12時間、サンティアゴ・デ・クーバ」(Santiago de Cuba)へと向かいます。サンティアゴは、キューバの伝統音楽「ソン」発祥の地。キューバ音楽の聖地「カサ・デ・ラ・トローバ」でモヒートを飲みながら、素敵な音楽を堪能する。贅沢なひと時です!

古都「トリニダー」のオープンテラスのライブハウス♪

キューバ中部にある古都「トリニダー(Trinidad)」

トリニダーは音楽が盛んな町としても有名です。

夜になると、街のそこここのお店から、「ソン」や「サルサ」「アフロキューバン音楽」といったキューバ音楽の音色が漏れ聴こえてきます。

マヨール広場の近く、サンティシマ教会の脇にあるオープンエアのライブハウス「カサ・デ・ラ・ムシカ(Casa de la Musica)」で、モヒートをちびちびと飲みながら、音楽を鑑賞しました♪

この曲は「Chan Chan」というキューバ音楽「ソン」の曲。

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のアルバムのメインともなっている曲で、キューバの街ではこの曲がどこでも演奏されています。

こちらは、サルサ音楽♪

「サルサ」は、アメリカのニューヨークで、キューバやプエルトリコ出身のミュージシャンたちが1960年代に作り出した音楽です。

リズムとメロディーが心地いいです♪

 

詳細はこちら↓

トリニダーの夜、ライブスポットでサルサやソンを聴く♪【キューバ】
トリニダーは音楽が盛んな町としても有名です。夜になると、街のそこここのお店から、「ソン」や「サルサ」「アフロキューバン音楽」といったキューバ音楽の音色が漏れ聴こえてくるのだとか・・・。歴史あるトリニダーの街。コロニアルな建物が並ぶ、ロマンチックな雰囲気の中でキューバ音楽を聴く。いいですね〜、わくわくします♪

タンザニア「ザンジバル島」で、伝統音楽「タアラブ」と「ンゴマ」を鑑賞

アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル(Zanzibar:زنجبار)」

古くからインド洋交易の要衝であったこの島は、太鼓のリズムを中心とした東アフリカの伝統音楽と、中立音程を使ったメロディーが特徴のアラブ音楽が融合した、ザンジバル独自の音楽が生み出されています。

ライブコンサートが行われたのは、旧市街「ストーンタウン」にある音楽学校「ダウ・カントリーズ・ミュージック・アカデミー(Dhow Countries Music Academy)」

ここで、2つのグループの演奏を鑑賞しました♪

「トラディショナル・タアラブ・オーケストラ」は、アラブ音楽をベースに、地元東アフリカの音楽、インドの音楽などが融合し、スワヒリ語の歌詞で歌われるザンジバル独自の音楽「タアラブ(Taarab)」を演奏するグループです。

ウードやカーヌーン、ハルモニウムなどのアラブ風でエキゾチックな調べが耳に心地いい★

スワヒリ語で歌われる女性歌手の歌声もGoodです!

アラブ音楽、アフリカ音楽、そして、インド音楽の影響も感じさせるザンジバルの音楽「タアラブ」

古くからインド洋交易で繁栄してきたザンジバル島を象徴するような音楽です。

様々な音楽文化の混じり合ったエキゾチックな音色は、素晴らしいのひと言!

こちらは、ドラムのリズムを中心としたタンザニア伝統音楽「ンゴマ(Ngoma)」を演奏する「キルンド・グループ(Kirundo Group)」というグループ。

タンザニアの伝統楽器である「ンゴマ(Ngoma)」という太鼓をベースに、タンザニアの親指ピアノ「カリンバ」の心地よい金属的な調べと、ヴォーカルの幅広い音域が、アフリカを感じさせてくれます♪

 

詳細はこちら↓

♪ザンジバル音楽を堪能する in ダウ・カントリーズ・ミュージック・アカデミー【ザンジバル】
タンザニアの沖合に浮かぶザンジバル島でライブコンサートを鑑賞しました♪コンサートが行われたのは、旧市街「ストーンタウン」にある音楽学校「ダウ・カントリーズ・ミュージック・アカデミー」。鑑賞したのは、アフリカンドラム「ンゴマ」のグループと、アラブ音楽の影響を感じさせる「タアラブ」のグループの2つです★

「アジスアベバ」で、ちょっと演歌にも似たエチオピア伝統音楽を聴く

東アフリカ、エチオピアの首都「アジスアベバ(Addis Ababa:አዲስ አበባ)」

空港近くにある「Yod Abyssinia Traditional Food」は、エチオピア料理を食べながら、エチオピアの伝統音楽&ダンスのパフォーマンスを鑑賞できる人気レストランです。

ここで、エチオピア伝統音楽を鑑賞しました♪

伝統音楽バンドをバックに歌われるエチオピアの歌唱です。

エチオピア音楽の大きな特徴は、1オクターブに5つの音が含まれる“五音音階”が使われるということ。

“五音音階”は、日本の演歌や民謡に見られる“ヨナ抜き音階”と同じもので、そのため、エチオピアの伝統音楽は日本の演歌にとてもよく似た印象です。

男性歌手による“演歌”が終わると、引き続いてダンサーたちが登場!

音楽に合わせて民族舞踊が始まりました。

素朴な感じの舞踊で、ちょっとアジア的な感じもします★

 

詳細はこちら↓

エチオピアの首都アジスアベバ一日観光【ザンジバル⑧】
アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル」への旅。いよいよザンジバルを出発。帰国途上で経由地であるエチオピアの首都アジスアベバに立ち寄り、半日観光をしました★ トモカコーヒーの本店を訪れ、ディナーはエチオピア料理をいただきながら、民族音楽&舞踊を堪能しました。

「グアナファト」の老舗カンティーナで聴くメキシコ楽団「マリアッチ」の演奏

メキシコの古都「グアナファト(Guanajuato)」の一角に、老舗カンティーナ(酒場)「バー・トラディショナル・ルナ(Bar Tradicional Luna)」はあります。

ここで、タコスなどのメキシコ料理やコロナビールを飲みながら、ソンブレロを被ったメキシコ楽団「マリアッチ」の演奏を楽しみました♪

「マリアッチ(Mariachi)」とは、7〜12名で構成されるメキシコの楽団の様式のこと。

ビウエラ、ギター、ギタロン、バイオリン、トランペットなどの楽器が用いられ、様々なジャンルのメキシコ伝統曲を演奏します。

「マリアッチ」は、つば広のソンブレロを被り、「チャロ」と呼ばれる白と黒の色からなり、ズボンの脇には金具がズラリと連なっている服を身に纏うのがスタンダードなスタイル。

まさに、“メキシコ”な感じの演奏でした♪

 

詳細はこちら↓

マリアッチの演奏が楽しめる賑やかな酒場『バー・トラディショナル・ルナ』@グアナファト
グアナファトの旧市街の目抜き通り「フアレス通り」に面した市民の憩いの場「ラウニオン公園」の一角に、老舗カンティーナ(酒場)『バー・トラディショナル・ルナ(Bar Tradicional Luna)』はあります。メキシコ料理とテキーラをはじめとしたお酒、そして、マリアッチの演奏を楽しめるメキシコらしいカンティーナです★

「ボゴタ」のライブハウスで聴く、アコーディオン速弾き超絶テクニック♪

コロンビアは音楽大国。今や南米中に広まった4分の2拍子のリズムを持つ音楽「クンビア」や、アコーディオンをメイン楽器とし、様々なラテン音楽の要素をミックスした「バジェナート」。さらには、プエルトリコ発祥の「サルサ」やメキシコ起源の「ランチェーラ」など、多様な音楽が生み出され、演奏され、親しまれています。

今回、ライブ鑑賞のため訪れたのは、首都「ボゴタ(Bogota)」にあるライブハウス「ガイラ・カフェ(Gaira Cafe)」

「ガイラ・カフェ」は、グラミー賞とラテン・グラミー賞の受賞歴のあるコロンビアを代表するシンガーソングライター「カルロス・ビベス(Carlos Vives)」の弟が経営するライブハウスです。

ここで、「バジェナート」のライブを鑑賞しました♪

この日は、Jose Armandoというミュージシャンの演奏でした。

アコーディオンのカラフルな音色とパーカッションのリズミカルなビートが心地いいです★

「バジェナート(Vallenato)」で使用されるメインの楽器は、ヨーロッパから伝えられたボタン式の「アコーディオン」、コロンビアに連れて来られたアフリカ人奴隷によってもたらされた「カハ」と呼ばれる膝に挟んで素手で叩く太鼓、コロンビア先住民が使用していた「グアチャラカ」という擂り粉木のような楽器の3つ。

また、旋律やリズムも、ヨーロッパ、アフリカ、先住民のそれぞれの音楽要素がミックスされているのだとのこと。

金髪アフロの女性シンガーの観客の乗せ方がうまく、会場はかなりの盛り上がりを見せていました!

そして、観客のボルテージが最高潮になるのが、アコーディオン奏者のソロ演奏の時。

アコーディオン奏者「Jose Armando」のアコーディオンの速弾きの超絶テクニックは素晴らしかったです★

 

詳細はこちら↓

トーレ・コルパトリアビルで夜景を堪能★ガイラ・カフェでライブ鑑賞♪【コロンビア旅行⑤】
南アメリカ大陸北西部に位置する国「コロンビア」。夜は、ボゴタの街のパノラマを屋上から360度一望できるという「トーレ・コルパトリアビル」で夜景を眺め、コロンビアを代表するミュージシャン「カルロス・ビベス」の弟がオーナーのライブ・レストラン「ガイラ・カフェ」でライブを鑑賞します。

「カルタヘナ」のライブハウスでクラシカルなラテンを堪能する♪

コロンビアのカリブ海に面した港町「カルタヘナ(Cartagena)」

この町のライブハウス「カフェ・ハバナ(Cafe Havana)」で、サルサやルンバ、キューバ音楽などのクラシカルなラテンミュージックを鑑賞しました♪

コンガやボンゴ、マラカスなどのリズムに乗せて、ミュージシャンたちによる演奏が始まりました。

ヴォーカルは、かなりイケイケな感じの女性シンガー。

彼女がパワフルな声量で歌い始めると、店内の空気は一気にヒートアップ!

ギターやキーボードのメロディやホーンセクションの華やかな音色が女性シンガーの歌を盛り立てます♪

カリブ海に面した港町、カルタヘナの夜。

陽気でトロピカルな店内の空気感。ノリのいいラテンのリズムとエキゾチックなメロディ。

モヒートを飲みながら、素晴らしいライブ演奏を聴き、音楽に合わせて踊る。

カルタヘナいちのライブバー「カフェ・ハバナ」、最高でした★

 

詳細はこちら↓

世界遺産カルタヘナの夜★カフェ・ハバナでライブ演奏を楽しむ♪【コロンビア14】
南アメリカ大陸北西部に位置する国「コロンビア」。コロンビア第二の都市「メデジン」から夜のフライトで、カリブ海に面した港町「カルタヘナ」へと向かいます。カルタヘナに到着した後は、ライトアップされた夜の世界遺産「カルタヘナ旧市街」を散策。そして、「カフェ・ハバナ」でキューバ音楽のライブを楽しみます♪

②ストリート・店頭ライブ・クラブ.etc編はこちら↓

世界の街角で聴いた音楽♪(②ストリート・店頭ライブ・クラブ.etc編)
旅行の楽しみのひとつが、音楽を聴くこと♪人々に代々受け継がれ、親しまれている音楽を聴くと、その土地の文化や暮らしている人々を、より身近に感じられるようになります。今回は、世界の各地で鑑賞した音楽の動画(ストリート・店頭ライブ・クラブ.etc編)をご紹介します★

ダカールでのユッスー・ンドゥールライブ鑑賞記事はこちら↓

ユッスー・ンドゥール!ダカールのクラブ・チョサンで観た白熱のライブ♪【セネガル】
ダカールでユッスー・ンドゥール(Youssou N'Dour)のライブを観ました!セネガルが生んだ世界的なミュージシャン「ユッスー・ンドゥール」。ユッスーは、世界で最も知られたアフリカのミュージシャンのひとりです。
]]>
人気店のテイクアウトカレー・ビリヤニ★「カルパシ」「スリマンガラム」「アンジャリ」 https://search-ethnic.com/take-away-curry Sun, 17 May 2020 09:31:53 +0000 https://search-ethnic.com/?p=78408 新型コロナの影響で自粛生活が続く中、毎日自炊を心がけていますが、自分の味ばかりだと飽きてきて、たまにはお店のプロの味を楽しみたくなります。

今、飲食店も営業がままならない中、テイクアウトのお弁当を提供してるお店もたくさんあります。

そこで、最近利用した人気のカレー屋さんのテイクアウト弁当3店をご紹介します!

カルパシ(Kalpasi)~千歳船橋~

インドカレー好きな人なら、一度は行ってみたい大人気店『カルパシ(Kalpasi)』のカレーが自宅で楽しめます!

お弁当は全て予約制で、予約は、毎週金曜日22時からLINEにて翌週分のテイクアウトを受付開始。詳細は、Twitter や Instagramで確認できます。

カルパシ、テイクアウト

お弁当の受け取りは、16時~だったので、16時ちょうどくらいを目指して訪問。すると、すでに5組くらい並んでいました。

お店の前には、「(間隔をあけて)このように並んでください」という案内の張り紙が。ソーシャルディスタンスを保ちつつ、ご近所にも迷惑にならないような配慮がされていました。

予約の際に、何時頃受け取りに行くかをお知らせしてあるので、名前を言って、あらかじめセッティングされたお弁当を受け取ります。

お弁当は、「Kalpasi」のロゴシールが貼られた紙袋にセットされています。しかも、写真入りメニュー付き!うーん、感激です ♪

カルパシ、テイクアウト

お弁当の容器も、しっかりした素材で、ちゃんと消費期限などが記載されたシールも貼られています。

容器代込で、2,100円。お弁当にしてはお高いですが、カレーが4種もあり、それだけ手間とお金もかかっているということでしょう。それでも食べたいカレーなのです。

カルパシ、テイクアウト

大事に持ち帰り、いよいよオープン!

この週は、「South Indian Non-Vegetarian」!!

カルパシ、テイクアウト

ライスのBOXには、ポリヤルとアチャールの副菜も。

カレーもそれぞれ、しっかり量があります!

カルパシ、テイクアウト
「South Indian Non-Vegetarian」のメニュー

カルパシ、テイクアウト
フィッシュ・マラバーリ

カルパシ、テイクアウト
ビーフキーマ・マタール

カルパシ、テイクアウト
サンバル

カルパシ、テイクアウト
チェティナード・コサマリ

・フィッシュ・マラバーリ(マラバール地方の魚カリー<鯖>)
・ビーフキーマ・マタール(牛ひき肉とグリーンピースのケララ風キーマカリー)
・サンバル(豆と野菜のカリー)
・チェティナード・コサマリ(茄子とじゃがいものマッシュスープ)

カルパシ、テイクアウト

ステンレスのプレートに盛り付けをしていただきました!

いつも自分で作ったカレーを盛り付けているプレートに、カルパシのカレーが盛られているなんて変な感じ。。

うーん、自分で作ったカレーとは、香りからして違います。

カルパシさんのカレーは、まだ3回目ですが、スパイス使いが独特というか、毎回こんな香り初めて~と感じる個性溢れるカレーだと思います。

いただきまーす!

魚カレー、うまーい!!  魚のカレーって、ちょっと臭み?があるというか、お肉とは違った独特な味があると思うんですけど、個人的には好きで、このお味もとても好み♪

キーマカリー、辛ーい!! 旨みが凝縮されていて美味しいけど、辛い~(汗)唐辛子マーク4つだけあります。うん、辛いのは苦手ではありませんが、私にはちょっと辛すぎたかな。。

サンバルとコサマリは、やさしいお味でホッとします。お野菜もたくさんで嬉しい。

ポリヤルには、サツマイモが入っていて、キーマカリーの辛さをサツマイモの甘さで中和させてくれます。そして、辛さの中にレモンアチャールの酸味がキューっときて、これまたいいのです!

最後は、キーマの辛さが残りヒーヒーしましたが、とても美味しくいただきました♪

 

『カルパシ(Kalpasi)』のお店についてはこちら↓

インド料理ファン待望のお店、インド亜大陸食堂酒場『Kalpasi(カルパシ)』@千歳船橋
インド料理、カレー、スパイス料理を愛好する人たちの中で、今一番ホットと言われているお店が、この『Kalpasi(カルパシ)』。インド各地方の料理のみならず、スリランカやネパールの定食まで提供する引き出しの多さにびっくり!小田急線千歳船橋駅から徒歩5分ほどの場所についにオープンしました!

スリ マンガラム(Sri Mangalam)~経堂~

今年(2020年)1月にオープンしてから、あっという間に人気店になった『スリ マンガラム(Sri Mangalam)』。南インド・チェッティナード地方の料理を提供するお店です。

スリマンガラムでは、週末ランチの時間帯に、ビリヤニのテイクアウトを行っています。今は電話での事前予約の受付はしていなく、当日11:00オープンで、店頭で購入します。

詳細は、Twitter や Instagramで確認できます。

ビリヤニが大量に入った巨大なお鍋を店頭に並べて販売。

訪問した日は、”チキンビリヤニ” と ”マトンビリヤニ” の2種類がありました。

スリマンガラム、テイクアウト

もちろんチキンとマトンの2種をゲット!(各1,250円)

念願のスリマンガラムのビリヤニです♪

持ち帰りのカレーは、インド方式でビニール袋!これがなんか現地っぽくて嬉しい。

そして、ビリヤニはかなりの重量感。たっぷり詰め込まれています。

スリマンガラム、テイクアウト
マトンビリヤニ

スリマンガラム、テイクアウト
チキンビリヤニ

スリマンガラム、テイクアウト

カレー色の方が ”ミルチ・カ・サラン(青唐辛子のカレー)” で、白い方が ”ライタ(ヨーグルトのサラダ)” です。

これ、一つずつビニールに入れて紐で結ぶの大変そうですよね。。でも、お弁当の容器ってすごいかさばってゴミが増えるので、これはエコでありがたいですね!(容器に移すとき、こぼさないように注意が必要です!)

スリマンガラム、テイクアウト

こちらも、ステンレスのプレートに。プレートに盛り付けた途端、スパイスとお肉の香りがフワ~っと♪

なんかカッコ良く盛り付けができましたよ。プレートの右半分がチキンで、左半分がマトンです。

お肉も、かなり大きなサイズのものがゴロゴロっと入っていて、贅沢な感じです。

マトンは、正直あまり得意ではないのですが、このマトンはそれほど臭いが強くなく食べやすかったです。

チキンは、お肉ホロホロで美味しい~♪

現地では、ビリヤニと一緒に青唐辛子のカレー(ミルチ・カ・サラン)を食べるとのこと。これがビリヤニに合うのです。そして、たまにライタを混ぜてサッパリと。ビリヤニだけだと味に飽きてきてしまいますが、ミルチ・カ・サランとライタで味変して、ペロリと平らげられちゃうということです。

スリマンガラム、テイクアウト

2人分たっぷり盛り付けましたが、これでも半分近く残りました。ほんとにたっぷりの量が入っているので、かなりお得です!

残ったビリヤニは、翌日のランチに再びいただきました。

スリマンガラム、テイクアウト

インド料理屋さんのレジのところによく置いてある「フェンネルシードの砂糖コーティングしたやつ」。これも置いてあったので、ひとついただいてきました。

お口の中がフェンネルの爽やかさでスッキリします。消化促進の効果があります。

スリマンガラム、テイクアウト

ビリヤニで満腹になった後は、甘~いチャイが飲みたくなり、チャイでホッと一息。激甘にはしませんが、ある程度甘い方がチャイは美味しいです。

 

『スリ マンガラム(Sri Mangalam)』のお店についてはこちら↓

スリマンガラム【経堂】ミールスが美味しい♪南インド・チェッティナード料理専門店
経堂にオープンした南インド料理店『スリマンガラム(Sri Mangalam)』。本場、南インドの食堂の味を彷彿とさせるシンプルで優しいお味のベジ料理。リッチでガッツリとしたスパイス使いのチェッティナードスタイルのノンベジ料理。そのどちらも抜群の美味しさです★

アンジャリ(ANJALI)~下北沢~

2014年オープンということで、下北沢では安定した人気の『アンジャリ(ANJALI)』。

アンジャリは、4,5年前に下北沢カレーフェスティバルで訪問した以来です。

現在は、ランチタイムのみテイクアウトを行っていて、メニューなどは毎日Instagramで更新されているようです。

お店は12時オープンで、基本直接店頭で購入ですが、行く前に電話を入れておくと、準備をしておいてくれるので、受け取りがスムーズになります。

アンジャリ、テイクアウト

訪問した日はカレーが4種類あって、カレー1種類が1,100円、2種類が1,300円だったので、2種類を2人分で、カレー4種類をゲットしました!

パパドも付いています。

アンジャリ、テイクアウト

一つのカレーは一人分の量ですが、全種類食べたいので、少しずつ取り分けるスタイルで。

今回は、お皿には盛らずにお弁当の容器のままいただきました。

うん、なんかお弁当は、お弁当容器のままいただく方がいい気がしました。なんとなく。。

アンジャリ、テイクアウト

ライスのBOXには、副菜も。ダル、ナスのピクルス、緑豆のサラダです。

カルパシのお弁当もそうでしたが、副菜がちょっとあるだけでも嬉しいです。

アンジャリ、テイクアウト
マトンカレー

アンジャリ、テイクアウト
エビカレー

アンジャリ、テイクアウト
鶏ひき肉とナスのキーマ

アンジャリ、テイクアウト
サンバル

最近、マトンが好きな人って多いんですかね。チキンと同じような立ち位置でマトンカレーがメニューに登場するお店が多いように思います。

私は、相変わらず得意ではないので、少量で。でもアンジャリのマトンもクセは強くなく、食べやすかったです。

エビカレーは、とっても好みのお味でした♪ ココナッツが主張し過ぎてなく、ちょうど良かったです。

サンバルは、ナスとズッキーニだったかな。ズッキーニのサンバル、いいなと思いました。

全体的にとても食べやすく、すごーく美味しかったです♪

本格的でありながら、食べやすくて美味しいカレー。アンジャリのカレーを食べて、私もそんなカレーが作りたい!と思った次第です。

 

『アンジャリ(ANJALI)』のお店についてはこちら↓

南インドとスリランカをベースにしたオリジナルカレー『アンジャリ』@下北沢
若者の街下北沢にあるカレー屋さん『アンジャリ』。このお店、日本人のオーナーシェフさんによるカレー屋さん。南インド料理やスリランカ料理をベースに、日本人の好みに合うようにアレンジしたカレーを提供する、下北沢のカレー屋さんの中でも要注目のお店のひとつです。

 

※3店とも、2020/5/17時点の情報です。訪問の際は、SNS等でご確認ください。

]]>
世界の旅先で訪れた魅力的な「夜景」★16箇所をご紹介♪ https://search-ethnic.com/night-view Sun, 17 May 2020 01:16:50 +0000 https://search-ethnic.com/?p=78124 世界中のどんな町でも見ることができる「夜景」。

あの街明かりの一つ一つに人々の営みがあることを考えると、なんだかとても不思議な感じ。旅情を掻き立てられる瞬間です。

これまで世界各地で見た数多の夜景の中で、特に美しかった夜景、印象に残った夜景を16箇所、ご紹介します★

メキシコ:グアナファト「ピピラの丘」からの夜景

ピピラの丘(グアナファト⑤夕方〜夜)【メキシコ】世界遺産「グアナファト」旧市街の夜景

 

メキシコシティの北西370㎞。標高1,996mの高地にあるメキシコ・グアナファト州の州都「グアナファト(Guanajato)」

スペイン植民地時代の風情が残るこの町は、世界遺産にも登録されていて、カラフルな建物が並ぶロマンチックな景観は、世界中の人々を惹きつけて止みません。

町の歴史地区を見下ろす「ピピラの丘」からは、まるで宝石を散りばめたような、世界遺産グアナファトの夜景を眺め見ることができます。

ラパス広場(グアナファト①)【メキシコ】ライトアップされた「バシリカ」(大聖堂)

アコーディオンが鳴り響く♫グアナファト、ラパス広場

 

街の中心である「ラパス広場」。広場の正面に建つ「バシリカ」が綺麗にライトアップされていて、アコーディオン弾きが哀愁を帯びた旋律を奏でていました。

グアナファトの街(グアナファト①)【メキシコ】雰囲気抜群の夜の旧市街

 

夜のグアナファト歴史地区、カラフルで明るい日中とは打って変わって、しっとりと落ち着いた風情ですが、これがなかなか良いんです。

雰囲気抜群★

 

「グアナファト」の詳細はこちら↓

夕日を浴びた夕暮れのグアナファト。宝石を散りばめたような夜のグアナファト★【メキシコ】
メキシコ中央高原にあるコロニアル都市「グアナファト」。早朝、お昼に続き、三度ピピラの丘に登り、今度は夕方から夜にかけての風景を眺めます。夕闇の中に沈み、宝石のように灯りが灯り始めるその光景は、まさに絶景!「グアナファト」の町が最も美しく見える瞬間です★

「グアナファト」の夜景評価

雰囲気  5.0
光の量  4.0
アクセス 3.0
治安   2.0

「グアナファト」の地図

シンガポール「マーライオンパーク」「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」の夜景

マーライオンとマリーナベイ【シンガポール】フラトンホテルとマーライオンの夜景

 

「シンガポール(Singapore)」の町のシンボルであり、シンガポール観光の目玉スポットのひとつでもある「マーライオン」

そのマーライオンのある「マーライオンパーク」からは、シンガポール随一の夜景を鑑賞することができます♪

シンガポールを訪問したら、必ず訪れたい場所の筆頭です★

マーライオンとマリーナベイ【シンガポール】マリーナベイサンズとマーライオンの夜景

 

口から水を噴き出す、真っ白な「マーライオン」と、その背景に見える、高さ200mの3つの高層ビルを連結した5つ星総合型リゾート「マリーナ・ベイ・サンズ」

シンガポールを象徴するような景観です★

 

夜の「マーライオンパーク」の詳細はこちら↓

ペニンシュラ・プラザから、夜のボートキーとマーライオンパークへ【シンガポール】
ホテルにチェックインをした後、ペニンシュラ・プラザの「リトルヤンゴン」に行き、夕食はバクテーの有名店へ。そのあと、歩いてマーライオンパークまで行きました! 『世界3大がっかり名所』と言われているマーライオンですが、結構迫力あったし、話題の「マリーナ・ベイ・サンズ」の夜景も見られて、満足できました☺

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】夜の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

 

シンガポールの夜景と言ったら見逃してはいけないのが、夜の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」の景観。

巨大植物園である「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」には、高さ25〜50mもある人工植物「スーパーツリー・グローブ」が12本もあり、それが夜になるとカラフルにライトアップされるんです♪

とても幻想的な、夜の「スーパーツリー・グローブ」、必見の見どころです★

 

夜の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」の詳細はこちら↓

夜の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」と「マリーナ・ベイ・サンズ」を堪能【シンガポール】
シンガポールの観光名所として近年人気がある、2010年に開業したホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」。屋上のプールは、メディアでもたくさん取り上げられ、一度見てみたいと思っていました。そして、巨大なスーパーツリーのある「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。スーパーツリーの光景は異世界です。。

「シンガポール」の夜景評価

雰囲気  3.0
光の量  4.0
アクセス 5.0
治安   5.0

「シンガポール」の地図

エストニア:タリン旧市街「ラエコヤ広場」の夜景

タリン旧市街:タリン街歩き午後(バルト三国⑤:エストニア:タリン夜の「ラエコヤ広場」

 

バルト三国の一番北の国、エストニア(Eesti Vabariik)の首都「タリン(Tallinn)」

旧市街には、13世紀から16世紀半ばまで、ハンザ同盟の最北の町として繁栄したという当時の街並みがそのまま残されています。

タリン旧市街の夜はとても静か。

上の写真は、旧市街の中心にある「ラエコヤ広場」です。

控えめなライトアップが中世の風情を感じさせ、雰囲気抜群!

タリン旧市街:タリン街歩き午後(バルト三国⑤:エストニア:タリン夜の旧市街と「旧市庁舎」

タリン旧市街:タリン街歩き午後(バルト三国⑤:エストニア:タリンライトアップされた「旧市庁舎」

 

ライトアップされた夜の「旧市庁舎」(Raekoda)です。

オレンジ色の証明に照らされた石造りの旧市庁舎。群青色の空の下に映えます♪

5月初旬、ちょっと肌寒かったですが、タリン旧市街の夜の風景、堪能しました〜★

 

タリン旧市街「ラエコヤ広場」の詳細はこちら↓

タリン街歩き♪旧市街から新市街へ。夜景も堪能!【バルト三国・エストニア】
エストニア(Eesti Vabariik)の首都、世界遺産に登録されている「タリン旧市街(Tallinn)」の街歩き。午後は旧市街の北側をぐるりと歩き、そこから東側の新市街へと足を伸ばしてみることにしました。旧市街の下町をぐるりと歩き、新市街のショッピングモールでお買い物。ラエコヤ広場の夜景も堪能しました♪

「タリン」の夜景評価

雰囲気  4.0
光の量  2.0
アクセス 4.0
治安   5.0

「タリン」の地図

オマーン:マスカット「コルニーシュ」「スルタン・カブース・グランドモスク」の夜景

マスカット(マトラ)【オマーン旅⑧】コルニーシュの夜景

 

アラビア半島、ペルシャ湾岸の国、オマーンの首都「マスカット(Muscat:مسقط)」

マスカットの北東部、オマーン最大の港を抱える「マトラ(Mutrah)」地区の海岸通りは、「コルニーシュ」と呼ばれ、その風光明媚な景観で知られています。

マスカット(マトラ)【オマーン旅⑧】灯りが海に映って綺麗です♪

 

ぐるっと湾になった「コルニーシュ」は、夜になると海沿いの商店やモスクがライトアップされ、その灯りが海に映ってとても綺麗です★

夜20時頃、モスクの尖塔からアザーンの朗唱が辺りに響き渡ります。

爽やかな海風と潮の香り。マスカットを代表する景観です。

 

マスカット「コルニーシュ」の詳細はこちら↓

マスカット最古の街「オールド・マスカット」と、光り輝くコルニーシュの夜景★【オマーン旅⑨】
アラビア半島の南東、ペルシャ湾岸にある国「オマーン」への旅。オマーンの首都「マスカット」滞在4日目。午前中に市内の西にあるオマーン最大のモスク「スルタン・カブース・グランドモスク」を訪れた後、午後は東の端、マスカット最古の地区である「オールド・マスカット」を観光します。

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅③】ライトアップされた「スルタン・カブース・グランドモスク」

 

「スルタン・カブース・グランドモスク(Sultan Qaboos Grand Mosque:جَامِع ٱلسُّلْطَان قَابُوْس ٱلْأَكْبَر)」は、2001年に完成したオマーン最大のモスク。

イスラム文化の粋を集めたようなモスクで、「世界で2番目に豪華なモスク」と称されることもあるのだとか。

この、「スルタン・カブース・グランドモスク」、夜の景観が素晴らしいんです★

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅③】美しい夜の「スルタン・カブース・グランドモスク」

スルタン・カブース・グランドモスク(マスカット)【オマーン旅③】イスラムらしい尖頭アーチとモザイク、ランプ

 

夜の「スルタン・カブース・グランドモスク」、内部の礼拝堂には参拝者がいるのかもしれませんが、外からはほとんど人影が見えず(夜は異教徒の入場は不可です)。

静寂に包まれた幾何学的なモスクの造形は神秘的です。

日中(午前中)の「スルタン・カブース・グランドモスク」(内部に入れる)は、もちろん必見ですが、夜の「スルタン・カブース・グランドモスク」も神秘的でおすすめ。

近くから外観を見るだけでも、わざわざバスに乗って訪れる価値はあります★

 

マスカット「スルタン・カブース・グランドモスク」の詳細はこちら↓

マスカットの夕景と夜景(マトラ・スーク、コルニーシュ、スルタン・カブース・グランドモスク)【オマーン旅③】
アラビア半島の南東、ペルシャ湾岸にある国「オマーン(Oman:عمان)」への旅。首都「マスカット(Muscat:مسقط)」東部にあるマトラ地区の海岸通り(コルニーシュ)を散策した後、マスカット最大のスーク「マトラ・スーク」、オマーン最大のモスク「スルタン・カブース・グランドモスク」を訪れます。

「マスカット」の夜景評価

雰囲気  5.0
光の量  3.0
アクセス 3.0
治安   5.0

「マスカット」の地図

ジョージア:首都トビリシの夜景

トビリシ、自由広場【ジョージア(グルジア)Georgia:საქართველო】夜の「自由広場」

 

ジョージア(グルジア)の首都「トビリシ(Tbilisi:თბილისი)」

ジョージア東部に位置する人口140万人の都会です。

上の写真は、トビリシの街の中心のひとつ「自由広場」。この「自由広場」は、ソビエト崩壊後に起こった軍事クーデターや2003年11月の「バラ革命」の舞台ともなった場所です。

ライトアップされた夜の「自由広場」は、ロマンチックな風情満点です!

トビリシ、平和橋【ジョージア(グルジア)Georgia:საქართველო】「ムトゥクヴァリ川(クラ川)」とライトアップされた「平和橋」

 

トビリシの町の中心を東西に流れる「ムトゥクヴァリ川(クラ川)」には、2010年に造られた歩行者用の橋「平和橋」(Peace Bridge/Mshvidobis hidi:მშვიდობის ხიდი )が架かっています。

ライトアップされた「平和橋」。光り輝くイルミネーション。

「ムトゥクヴァリ川」に映った姿も綺麗です★

トビリシ、ゴルガサリ広場の夜【ジョージア(グルジア)Georgia:საქართველო】夜のゴルガサリ広場の風景

 

夜のトビリシの町は美しくライトアップされます。

旧市街の中心「ゴルガサリ広場」からは、丘の上に建つ「ナリカラ要塞」や川向こうに建つ「メテヒ教会」が光り輝いている様子を見ることができます。

広場の横にあるオープンエアレストランで生演奏が行われていました♪

街にある歴史的建造物がそれぞれライトアップされているトビリシの夜。

とっても幻想的でロマンチック♪

トビリシ、魅力的な街です!

 

トビリシの詳細はこちら↓

夜のトビリシ旧市街、コテ・アブハズィ通りを散策【ジョージア(グルジア)】
ジョージア(グルジア)の首都、トビリシ旧市街を散歩します。「自由広場」から「コテ・アブハズィ通り」を歩いて、夕食に「ヒンカリ」を味わい、「シオニ大聖堂」を訪れ、「ムトゥクヴァリ川」沿いに広がるトビリシの美しい夜景を眺めます。

「トビリシ」の夜景評価

雰囲気  4.0
光の量  3.0
アクセス 2.0
治安   4.0

「トビリシ」の地図

コロンビア:ボゴタ「トーレ・コルパトリアビル」からの夜景

ボゴタ②(トーレ・コルパトリア)【コロンビア③】「トーレ・コルパトリアビル」からのボゴタの夜景

 

南米にある国、コロンビアの首都「ボゴタ(Bogota)」

標高2,640mの高地にあるこの町は、人口約770万人を擁する南米大陸屈指の大都市です。

そんな大都市のパノラマを楽しむことができるのが、旧市街の北、サンタフェ区のダウンタウンにある「トーレ・コルパトリアビル(Torre Colpatria)」です。

この「トーレ・コルパトリアビル」からのボゴタの夜景、まさに絶景でした★

ボゴタ②(トーレ・コルパトリア)【コロンビア③】地平線まで延々と続く光の海

 

屋上である49階(高さは196m)の展望デッキから眺めるボゴタの町の夜景です。

時刻は18:30分過ぎ。ボゴタの街は程よく夜の闇に包まれていて、ネオンに光り輝く街並みを360度のパノラマで眺め見ることができました★

ボゴタ②(トーレ・コルパトリア)【コロンビア③】手前の円形の建物は闘牛場

ボゴタ②(トーレ・コルパトリア)【コロンビア③】360度のパノラマを楽しめます★

 

碁盤目状に区画されたボゴタの街。街路が綺麗に碁盤目状に光り輝いていて、なかなかインパクトのある光景です。

ボゴタがメガロポリスであることを実感できる「トーレ・コルパトリアビル」の屋上からの夜景。ボゴタを訪問する機会があったら、ぜひ訪れたい場所のひとつです。

ただし、ビルの界隈は夜になると人通りが少なくなり、治安に懸念があるため、信頼できる現地の人か、ガイドなどと一緒に訪問した方が良いかもしれません。

 

ボゴタ 「トーレ・コルパトリアビル」の詳細はこちら↓

トーレ・コルパトリアビルで夜景を堪能★ガイラ・カフェでライブ鑑賞♪【コロンビア旅行⑤】
南アメリカ大陸北西部に位置する国「コロンビア」。夜は、ボゴタの街のパノラマを屋上から360度一望できるという「トーレ・コルパトリアビル」で夜景を眺め、コロンビアを代表するミュージシャン「カルロス・ビベス」の弟がオーナーのライブ・レストラン「ガイラ・カフェ」でライブを鑑賞します。

「ボゴタ」の夜景評価

雰囲気  2.0
光の量  5.0
アクセス 1.0
治安   1.0

「ボゴタ」の地図

コロンビア:メデジン「コムナ13」の夜景

コムナ13【コロンビア⑪】「コムナ13」の上から見た夜景

 

コロンビア第二の都市「メデジン(Medelin)」は、1980年代から90年代半ばにかけて麻薬組織メデジン・カルテルが暗躍し、”世界最悪の殺人都市”とも呼ばれるほど治安の悪い都市でした。

現在は、カルテルも崩壊し、治安は改善しているのですが、依然として殺人事件が頻発する治安の悪い地区も存在しています。

その代表格が「コムナ13(Comuna13)」と呼ばれるエリア。

治安の悪いという「コムナ13」ですが、近年、スラム住民のインフラ整備の一環として、「屋外エスカレーター」が設置され、屋外エスカレーターがある所は安全だということで、行ってみることにしました。

その「屋外エスカレーター」の頂上からの街の夜景、それは、かなり見応えのある素晴らしいものでした★

コムナ13【コロンビア⑪】すり鉢状のスラムを埋め尽くす街明かり

 

頂上から眺める、コムナ13の夜のパノラマ。

スラムの斜面に光り輝く灯りが、まさに星空のようです。

メデジンで一番治安の悪いと言われるこの地域ですが、そんな背景を知りながらこの風景を眺めると、いろいろ想像力が膨らんでしまいます。

コムナ13【コロンビア⑪】夜の闇の中で見るアートは雰囲気抜群!

 

エスカレーターへと続く通り沿いや、エスカレーターを乗り継ぐ踊り場には、様々なモチーフで描かれた色とりどりの「グラフィティ・アート」が描かれていて訪れる人の目を楽しませてくれます。

アートにはそれぞれメッセージが込められているのだそう。

コムナ13【コロンビア⑪】夜の「コムナ13」界隈の街並み

 

上の写真は、屋外エスカレーターの麓の夜の「コムナ13」界隈の様子です。

既に夜の8時近くになっていましたが、子供連れも女性も普通に歩いていて、治安は大丈夫な雰囲気。

ただし、界隈の治安があまり良くないというのは事実なようなので、ガイドを付けて訪問した方が安心かもしれません。

 

メデジン 「コムナ13」の詳細はこちら↓

メデジンのスラム「コムナ13」の屋外エスカレーター★壁画と夜景も【コロンビア12】
コロンビア第二の都市メデジンの地区「コムナ13」は、メデジンで最も治安の悪いと言われている地区です。この地区に住民のアクセス利便性&治安改善の策として設置されたのが「屋外エスカレーター」です。今回、屋外エスカレーターに夕暮れから夜にかけて訪問。スラムの上から素晴らしい夜景を見ることができました。

「メデジン」の夜景評価

雰囲気  3.0
光の量  5.0
アクセス 1.0
治安   1.0

「メデジン」の地図

コロンビア:カルタヘナ旧市街の夜景

カルタヘナ②【コロンビア15】夜の世界遺産「カルタヘナ旧市街」を散策する♪

 

コロンビア最大の観光都市、カリブ海に面した港町「カルタヘナ(Cartagena)」

南米大陸におけるスペイン帝国の最も重要な物産の輸出港として発展したこの町は、17世紀から18世紀にかけて繁栄の絶頂期を迎えます。

現在残る美しい街並みはその時代に造られたものです。

世界遺産にも登録された、そんな美しいカルタヘナの町ですが、夜の風景もまた格別!

スペイン風のコロニアル建築の街並みが、見事にライトアップされます♪

カルタヘナ旧市街【コロンビア13】夜の旧市街の「時計門」

 

カルタヘナ旧市街の入り口「時計門」。カルタヘナの旧市街を取り囲む約4㎞に渡る堅牢な城塞の表玄関です。

カルタヘナは、その莫大な富を狙った海賊たちに、度々襲撃されたそうです。

度重なる海賊たちの襲撃を防ぐため、アフリカ人奴隷たちの労働力によって造られたのが、この城壁です。

そんな歴史的経緯に思いを馳せながら眺める夜の旧市街の光景も、なかなか乙なもの★

カルタヘナ旧市街【コロンビア13】夜の旧市街は風情があります。

カルタヘナ旧市街【コロンビア13】夜の「サン・ペドロ・クラベール寺院」

 

夜のカルタヘナ旧市街の街並み。

たくさんの観光客で賑わう建物のカラフルさが美しい昼間の風景も抜群ですが、ささやかな街灯に照らされた静かで落ち着いた夜の旧市街も趣きたっぷり!

カルタヘナを訪れたら、夜の旧市街を歩くことはマストです★

 

「カルタヘナ」の詳細はこちら↓

世界遺産カルタヘナの夜★カフェ・ハバナでライブ演奏を楽しむ♪【コロンビア14】
南アメリカ大陸北西部に位置する国「コロンビア」。コロンビア第二の都市「メデジン」から夜のフライトで、カリブ海に面した港町「カルタヘナ」へと向かいます。カルタヘナに到着した後は、ライトアップされた夜の世界遺産「カルタヘナ旧市街」を散策。そして、「カフェ・ハバナ」でキューバ音楽のライブを楽しみます♪

「カルタヘナ」の夜景評価

雰囲気  5.0
光の量  4.0
アクセス 2.0
治安   3.0

「カルタヘナ」の地図

モロッコ:マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」の夜景

マラケシュ【モロッコの旅】夜の「ジャマ・エル・フナ広場」

 

北アフリカ、モロッコのマラケシュにある広場「ジャマ・エル・フナ広場(Place Djemaa el Fna)」

この広場は、アラブ世界最大の屋台街とも呼ばれ、世界無形文化遺産にも登録されています。

「ジャマ・エル・フナ広場」が最も盛り上がるのは夜です。

昼間もヘビ使いやアクロバットをする芸人、ゲームの屋台などが出ていて、それなりに楽しめるのですが、食べ物屋台が出店を始めるのは、宵を過ぎてから。

夜になり、食べ物屋台が広場の半分を埋め尽くし、もうもうと煙を棚引かせる様は、圧巻のひとこと!

マラケシュ【モロッコの旅】夜になると広場は無数の屋台で埋め尽くされます。

 

広場の中ほどに白いテントの食べ物屋台がたくさん並んでいて、広場の外周には雑貨やお土産、布地などの店舗がぎっしりと並んでいます。

広場は地元の人で大混雑!

マラケシュ【モロッコの旅】夜の路上雑貨屋さんはモロカンランプの灯りが煌びやか♪

 

夜の路上雑貨屋さんはモロカンランプの灯りが煌びやか♪

色とりどり、様々な形のモロッコランプは本当に綺麗で幻想的です。

夜のフナ広場では、北アフリカの伝統音楽「グナワ」を演奏するミュージシャンがいくつも出ていて、演奏をしています。

「カルカべ」という金属でできたカスタネットがシャカシャカと鳴らされ、そのリズムが広場じゅうに響き渡っています。

マラケシュのフナ広場、ここでは、毎晩のようにこんな祭りのような光景が繰り広げられているのです。

 

「ジャマ・エル・フナ広場」の詳細はこちら↓

ジャマ・エル・フナ広場(モロッコ・マラケシュ)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、モロッコ・マラケシュ、ジャマ・エル・フナ広場です。

「マラケシュ」の夜景評価

雰囲気  5.0
光の量  4.0
アクセス 2.0
治安   4.0

「マラケシュ」の地図

ベトナム:サパの夜の広場の光景

ベトナム2 サパ 夜の広場サパの中央広場の夜

 

ベトナム北部、中国との国境近くにある町「サパ(Sa Pa)」は、標高1,600mの高地の町。モン族やザオ族などの少数民族が暮らしており、近年、観光客の人気が高まっている町です。

地方の田舎町であり、街の夜景そのものはそれほど見事だというわけではないのですが、毎週土曜日の夜、街の中央広場で行われるイベントはなかなか見応えあり!

夜遅くまで、大勢の地元の少数民族の人々で賑わう様は壮観です★

ベトナム2 サパ ダンスフェスティバル華やかな少数民族のダンスショー

ベトナム2 サパ ダンスフェスティバル民族衣装と踊りが魅力的♪

訪問した時は、少数民族の若者たちのダンスショーが開催されていました。

モン族やザオ族の若者たちの晴れ舞台です★

カラフルな衣装とかわいらしい踊りが魅力的♪

舞台袖でワイワイと記念撮影をしている様子を見て、こちらまで楽しくなってきてしまいました★

 

「サパ」の詳細はこちら↓

夜遅くまで賑わう週末のサパの街【ベトナム】
カフェでしばらくまったりとした後、土曜の夜は中央の広場でイベントのようなものが行われるとのことで行ってみることにしました。広場に行くとステージがあり、何やら準備をしているようでした。人が集まってきていて、階段に座ってくつろいでいたり、広場で遊んでいたり、思い思いに過ごしています。

「サパ」の夜景評価

雰囲気  3.0
光の量  2.0
アクセス 3.0
治安   5.0

「サパ」の地図

アメリカ:ニューヨーク「マンハッタン」の夜景

アメリカ、ニューヨークスタテン島行きフェリーから眺めた夜のマンハッタン

 

アメリカ最大の都市「ニューヨーク(New York)」

ニューヨークと言えば摩天楼。2008年8月現在、ニューヨークには高層ビルが5538棟あり、200mを超える高層ビルで、完成済みのものは50棟あるのだとのこと。

上の写真は、スタテン島行きのフェリーから眺めたマンハッタンの摩天楼です。

スタテン島行きのフェリーは、ロウアーマンハッタンの南端とスタテンアイランドを結ぶフェリーで、所要時間は約25分。料金は無料です。

スタテン島行きのフェリーからは、ロウアーマンハッタンの美しい摩天楼を眺め見ることができます★

アメリカ、ニューヨークタイムズスクエアのネオンサイン

 

42丁目42ndSt7番街。

マンハッタンを斜めに突っ切るブロードウェイ、夜のタイムズ・スクエア

ここはマンハッタンの中心。巨大で煌びやかなネオンサインが全ての建物いっぱいに張り巡らされ、そして、そのどれもが工夫をこらし人目につこうと点滅を繰り返しています。

ブロードウェイミュージカルを楽しみ、グリニッチ・ビレッジでジャズを鑑賞する。

ニューヨークの魅力は、夜です♪

 

「ニューヨーク」の詳細はこちら↓

世界一の“都会”ニューヨーク・マンハッタンの街散歩★(メジャーリーグ観戦も♪)【アメリカ】
アメリカ最大の都市であり、全世界で最も影響力がある都市と言っても過言ではない町「ニューヨーク(New York)」。ブロードウェイを歩き、ハーレムを散策。ヤンキースタジアムでメジャーリーグを観戦し、ブロードウェイミュージカルを観賞。マンハッタンの夜景を眺め、グリニッジビレッジでジャズを堪能しました♪

「ニューヨーク」の夜景評価

雰囲気  4.0
光の量  5.0
アクセス 4.0
治安   4.0

「ニューヨーク」の地図

中国:香港の夜景

100万ドルの香港の夜景 【香港】ビクトリアピークからの香港の夜景

 

中華人民共和国の特別行政区である「香港」

香港で一番夜景が素晴らしいと言われるのが「ビクトリアピーク」からの夜景。

「100万ドルの夜景」「世界三大夜景のひとつ」などと称される、香港で最も有名な観光スポットです。

「ビクトリアピーク」からは、手前の「香港島」の高層ビル群、ヴィクトリア湾の海、向こうの九龍半島の街の灯りが一面のパノラマで見渡せます。

その煌びやかな様は、まさに圧巻のひとこと!

夜の香港(九龍) 【香港】香港一の繁華街、彌敦道(ネイザン・ロード)の夜

 

香港一の繁華街、「彌敦道(ネイザン・ロード:Nathan Road)」の界隈です。

「ネイザン・ロード」は、九龍半島を南北に貫くメインストリート。派手で煌びやかな巨大看板が通りの頭上を埋め尽くすその光景は、まさに、香港らしい景観。

ネオンに埋め尽くされた無数の街路を迷いながら歩き回り、屋台で食べ、商店を覗き、喧騒に包まれた街の空気を味わうのが香港の最高の楽しみ方★

もちろん、一番満喫できる時間帯は夜です♪

 

「香港」の詳細はこちら↓

高層ビルぎっしりの香港の風景と100万ドルの夜景【香港・マカオ】
香港は香港島と九龍半島、広東省に繋がる新界、ランタオ島や南シナ海に浮かぶ200あまりの島から成っています。香港の中心は香港島と九龍半島。高層ビルが建ち並び、世界中の企業が進出する大都会です。一番の見どころは、「ビクトリアピーク」からの夜景。さすが、「100万ドルの夜景」と思わせる必見のスポットです。

「香港」の夜景評価

雰囲気  3.0
光の量  5.0
アクセス 5.0
治安   5.0

「香港」の地図

中国:マカオの夜景

旧正月のマカオ(澳門)の風景【マカオ】煌びやかな「セナド広場」の旧正月のイルミネーション

 

中華人民共和国の特別行政区である「マカオ(澳門)」

かつて、ポルトガルの植民地であったマカオは、香港とはまた違った、華やかながらもどこかのんびりとした独特の雰囲気に包まれています。

旧正月の夜、町の中心にある「セドナ広場」は、煌びやかなイルミネーションで埋め尽くされていました★

南欧風のコロニアル建築もライトアップされ、町中が光り輝いているようになります。

カジノリスボア(葡京娯楽場)【マカオ】マカオの象徴、カジノリスボアのイルミネーション

 

「マカオ」と言えばカジノ!

マカオには20を超える大規模カジノがあり、ド派手なネオンが競い合うその様は、マカオを象徴する一風景となっています。

カジノでゲームを楽しみ、ショッピングを楽しみ、欲望に包まれた街の雰囲気を楽しむ。

マカオならではの夜の楽しみ方です★

 

「マカオ」の詳細はこちら↓

旧正月のマカオと「カジノ・リスボア」【香港・マカオ】
香港の尖沙咀からフェリーで約1時間。「マカオ」(澳門、Macau)にやってきました!マカオといえば、カジノ!マカオには20を超える大規模なカジノがあります。その中でも一番有名なのが「リスボア(Lisboa、葡京娯楽場)」です。カジノリスボアでは、「大小」というゲームをやりました。

「マカオ」の夜景評価

雰囲気  3.0
光の量  4.0
アクセス 5.0
治安   5.0

「マカオ」の地図

中国:上海の夜景

夜上海 【ジャズの似合う上海の夜】外灘(バンド)のコロニアル建築群の夜

 

中国最大の都市「上海」。2400万の人口を擁する世界屈指の大都会です。

上海は夜景がきれいです。

特に、「外灘(バンド)」のコロニアル建築群の落ち着いたライトアップと、対岸に光り輝く浦東地区の近未来的なビル群との対比は見事!

写真は、外灘の黄浦江沿いを走る大通り「中山東一路」の風景。

20世紀初頭に建てられた、52棟もの西洋式建築が建ち並んでいて、夜になるとそのどれもがライトアップされます。

その様子は、うっとりするほど雰囲気満点です♪

豫園【中国、上海】ライトアップされた「豫園商城」

 

明代の城下町を再現した「豫園商城」は、土産物屋や飲食店が軒を連ねる楽しいエリア。

お店はすべて中国風の高層建築で、様々な土産物やあらゆる料理、雑貨やお茶、漢方薬など何でも揃います。

夜の「豫園商城」は煌びやかのひと言★

赤い提灯の灯りと、黄色のイルミネーションの灯りが、まるで、映画「千と千尋の神隠し」に出てくる建物のよう♪

度肝を抜かれます!

 

「上海」の詳細はこちら↓

夜の上海。ジャズの似合う街、かつて魔都と呼ばれた街【中国】
上海は夜景がきれいです。特に、外灘(バンド)のコロニアル建築群の落ち着いたライトアップと、対岸に光り輝く浦東地区の近未来的なビル群との対比は見事です。また、上海の夜はジャズの音色が似合います。ジャズは、1920年代にここ上海にもたらされたのだそうです。

「上海」の夜景評価

雰囲気  4.0
光の量  5.0
アクセス 5.0
治安   5.0

「上海」の地図

フィリピン:ビガン旧市街の夜景

フィリピン、ビガン。夜の世界遺産、ビガン歴史都市夜の「メナ・クリソロゴ通り」

 

フィリピン北部にある町「ビガン(Vigan)」

15世紀半ばから17世紀半ばまでの大航海時代、スペインは世界中に進出し、各地にスペイン風の植民都市を建設しました。

この「ビガン」もそんな町のひとつです。

ビガンのメインストリート「メナ・クリソロゴ通り」の夜。

黄色い灯がコロニアル風の建物と石畳を照らし出し、とてもロマンチック♪

子供たちのはしゃぐ声が方々から聴こえ、通りを往復するカレッサの蹄の音がパカパカと響きます。

ビガンの夜、けだるい空気感が素敵です。

 

「ビガン」の詳細はこちら↓

スペイン情緒溢れるロマンチックな町「ビガン」(Vigan)【フィリピン】
まるで南欧の片田舎の町を歩いているかのよう。フィリピンで最もスペイン情緒を味わえる町「ビガン」です!「ビガン」は、首都マニラから約400Km、バスで10時間ほどの所にある小さな町。ラワグからはバスで2時間ほどです。

「ビガン」の夜景評価

雰囲気  4.0
光の量  2.0
アクセス 2.0
治安   3.0

「ビガン」の地図

ハンガリー:ブダペストの夜景

夜景のきれいなブダペスト【ハンガリー】ライトアップされたブダの王宮とくさり橋

 

ハンガリーの首都「ブダペスト(Budapest)」

夜、ブダペストの街は華やかにライトアップされます。

深い群青色に染まったドナウの川面にくっきりと逆さに映し出している「くさり橋」。

灯りに包まれた遊覧船が川を上下に行き交い、河岸ではトラムや無数の車のテールランプがぼんやりと赤く輝いています。

夜景のきれいなブダペスト【ハンガリー】ブダペストは夜景が綺麗です。

 

『ドナウの真珠』という言葉どおりにこの街の夜景はとても綺麗です。

この夜景こそブダペストの最高の見もののひとつ。

ロマンチックな気分に浸れます★

 

「ブダペスト」の詳細はこちら↓

『ドナウの真珠』ブダペスト街歩き。温泉に浸かり夜景を眺める【ハンガリー】
「ブダ王宮」の丘の上からとうとうと流れるドナウ川を見下ろし、その向こうに広がる平坦な「ペスト」の街並みを眺めると、”ドナウの真珠”とも呼ばれる美しい町「ブダペスト」にいるのだということが実感できます。ハンガリーの首都「ブダペスト」、私はこの町にいました。

「ブダペスト」の夜景評価

雰囲気  4.0
光の量  3.0
アクセス 3.0
治安   4.0

「ブダペスト」の地図

 

世界の旅先で訪れた美しい「ビーチ」★7箇所をご紹介♪
旅先で一番「至福」を感じられるひと時。それは、“ビーチでのんびり!”です♪世界には無数のビーチがあり、その海の色も、砂浜の色も、眺められる景観も、風情も、そこで暮らす人々も様々。これまで世界各地で訪れた、個性溢れるビーチを7箇所、ご紹介します★
世界各地で見た絶景《厳選》50箇所をご紹介します★
世界各地で見た絶景の写真をご紹介します★大自然が造り出した雄大な景観、歴史的な街並み、神秘的な古代遺跡、圧倒的な大都会のパノラマ。アジア、ヨーロッパ、アフリカ、中南米各地のオススメの絶景スポットを50箇所、ピックアップしました♪
]]>
世界の旅先で訪れた美しい「ビーチ」★7箇所をご紹介♪ https://search-ethnic.com/beach Sun, 17 May 2020 01:01:19 +0000 https://search-ethnic.com/?p=78103 旅先で一番「至福」を感じられるひと時。

それは、“ビーチでのんびり!”です♪

世界には無数のビーチがあり、その海の色も、砂浜の色も、眺められる景観も、風情も、そこで暮らす人々も様々。

これまで世界各地で訪れた、個性溢れるビーチを7箇所、ご紹介します★

タンザニア・ザンジバル島「パジェ」のビーチ

パジェ②【ザンジバル④】タンザニア・ザンジバル島、パジェのビーチ

 

アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル(Zanzibar:زنجبار)」

ザンジバルでは、東海岸にある「パジェ(Paje)」に滞在しました。

世界屈指との呼び声も高い美しい海を眺めながら、本を読んだり、浜辺を散歩したりして、のんびりと過ごします。

パジェ②【ザンジバル④】「ザンジバル・オーシャン・ブルー(Zanzibar Ocean Blue)」からの眺め

 

パジェで宿泊したホテル「ザンジバル・オーシャン・ブルー(Zanzibar Ocean Blue)」の部屋の真ん前が海。

部屋のテラスから広大な海を一望することができます。

 

「ザンジバル・オーシャン・ブルー(Zanzibar Ocean Blue)」についての詳細はこちら↓

真ん前が水色の海!最高のロケーションのホテル「ザンジバル・オーシャン・ブルー」@ザンジバル・パジェ
アフリカ、タンザニアの東海岸。インド洋に浮かぶ島「ザンジバル」。この島の東海岸にある「パジェ」という村は、美しい遠浅のビーチで有名です。今回は、この「パジェ」に滞在。宿泊したホテル「ザンジバル・オーシャン・ブルー(Zanzibar Ocean Blue)」をご紹介します。

パジェ①【ザンジバル③】目に眩しい!ホワイトサンド

 

ザンジバルの海、本当に綺麗です♪

ただ美しい海を眺めながらぼーっとする。これぞ、ザンジバル旅で求めていたもの。

至福のひと時です★

 

「パジェ(ザンジバル)」についての詳細はこちら↓

パジェでのんびり♪遠浅の白い砂浜と水色の海を堪能!【ザンジバル③】
アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル」への旅。ザンジバルの東海岸にある「パジェ(Paje)」に辿り着きました★。「パジェ」での滞在は3泊の予定。世界屈指との呼び声も高い美しい海を眺めながら、本を読んだり、浜辺を散歩したりして、のんびりと過ごします。

パジェ②【ザンジバル④】海の上に浮かぶレストラン「ザ・ロック」

 

海の上に浮かぶレストラン「ザ・ロック(The Rock Restaurant Zanzibar)」は、パジェの北15㎞ほどのところ、ミチャンビ半島(Michamvi)のピングウェ村(Pingwe)にあります。

「ザ・ロック」へはボートに乗って向かいます。

満潮時はボートで向かうことになりますが、干潮時は地続きになるのでレストランまで歩いて行くことができるのだそうです。

 

レストラン「ザ・ロック」についての詳細はこちら↓

フォトジェニック!海に浮かぶレストラン「ザ・ロック」★【ザンジバル④】
アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル(Zanzibar:زنجبار)」への旅。ザンジバル島の東海岸にある「パジェ」に滞在2日目。この日は、パジェから車で15分ほど北へ向かったところにある海の上に浮かぶレストラン「ザ・ロック」へと向かいます★

「パジェ(ザンジバル)」のビーチ評価

海の色・透明度 5.0
砂浜の白さ   5.0
リゾート感   5.0
ローカル風情  5.0
カフェ・食堂  3.0

「パジェ(ザンジバル)」の地図

タイの島「コ・タオ」(タオ島)のビーチ

コタオコ・タオの海

 

「コ・タオ(Koh Tao:เกาะเต่า)」の海。

一面に広る真っ青な海が見えるタオ島の風景。日差しが焼けるように熱いのになぜかとても涼しげです。

「コ・タオ」(タオ島)は、バンコクから南へ約500km。マレー半島の東側のタイランド湾に浮かぶ、周囲21kmほどの小さな島です。

タオ島の過ごし方は、海を眺めながらのんびりすること。これが一番です!

それと、シュノーケリングやダイビング。

コタオコ・タオの夕暮れ

コタオコ・タオの夕暮れ

 

「コ・タオ」の夕暮れ。

水平線の向こうに眩しい夕陽が沈んでいきます。思わず目を細めてしまう瞬間。

キリリと冷えたシンハービールをグビリと飲みながら、波の音がさざめく夕暮れの海を眺めます。

そして、新鮮な海の幸をたっぷり使ったタイ料理に舌鼓・・・。

至福の瞬間です!

 

「コ・タオ」についての詳細はこちら↓

タイ南部の島、「コ・タオ」(タオ島)の透き通るような海【タイ】
透き通るような「コ・タオ」の海。一面に広る真っ青な海が見えるタオ島の風景。日差しが焼けるように熱いのになぜかとても涼しげです。

「コ・タオ」のビーチ評価

海の色・透明度 4.5
砂浜の白さ   4.5
リゾート感   5.0
ローカル風情  5.0
カフェ・食堂  4.0

「コ・タオ」の地図

南インド・ケララ州「コヴァーラム・ビーチ」

ヴィリンジャム灯台 コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州9)コヴァーラム「ライトハウス・ビーチ」の風景

 

南インド・ケララ州の「コヴァーラム」(Kovalam:കോവളം)

「コヴァーラム・ビーチ」は、ケララ州の州都「トリヴァンドラム(ティルヴァナンダプラム)」からバスやリキシャで約30分ほどのところにあるビーチです。

ここは、インド最高のビーチと言われることもあるリゾート。

だけど、実際行ってみると海と椰子の森があるだけの素朴なビーチでした。でも、そこが「コヴァーラム・ビーチ」のいいところです。

インド コヴァーラムビーチコヴァーラム・ビーチ(1996年)

 

ここには、1996年と2017年に訪れました。

初めて訪れた時(1996年)は、海と椰子の森があるだけの素朴なビーチだったのですが、2017年に再訪した時は、結構開発が進んでいる様子でした。

けれども、どこかのんびりとしたような雰囲気は変わらず。

コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州9)椰子の木に囲まれた「ハワ・ビーチ」

浜辺で舟を作る(サムドラ・ビーチ)

コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州9)ロープで沖合に停泊した船を引く人たち(ハワ・ビーチ)

 

コヴァーラム・ビーチの魅力は、ローカル感溢れる海辺と村の風情。

朝、浜辺では、浜辺で即席でボートを作り、沖合に漁に出る人や、沖合に停泊した大きな船をロープで引っ張る人たちなど、地元の人々の日常の営みを見ることができます。

日中のビーチも、ゴアのビーチなどと比べるとのんびりとした感じです。

 

「コヴァーラム・ビーチ」の詳細はこちら↓

朝の浜辺を歩いて灯台へ!コヴァーラムビーチのパノラマを眺める【南インド・ケララ州】
南インド・ケララ州(Kerala:കേരള)の旅。この日は、ケララ州随一のビーチリゾート「コヴァーラム・ビーチ」でリゾートライフを満喫します★朝の浜辺を歩き、漁の様子を眺めた後、ビーチの南のヴィリンジャム灯台へ。コヴァーラムのパノラマを堪能。そして、アラビア海の海水浴を満喫♪

「コヴァーラム・ビーチ」のビーチ評価

海の色・透明度 3.0
砂浜の白さ   3.0
リゾート感   4.0
ローカル風情  5.0
カフェ・食堂  4.0

「コヴァーラム・ビーチ」の地図

コロンビア、カルタヘナ近郊の「プラヤ・ブランカ」のビーチ

プラヤ・ブランカ【コロンビア16】「プラヤ・ブランカ(Playa Blanca)」のビーチ

 

コロンビア最大の観光都市、カリブ海に面した港町「カルタヘナ(Cartagena)」から南へ20㎞行ったところにある「プラヤ・ブランカ(Playa Blanca)」

ターコイズブルーの美しいカリブ海の海で海水浴を楽しみます★

プラヤ・ブランカ【コロンビア16】デッキチェアをレンタルし、海でのんびり♪

プラヤ・ブランカ【コロンビア16】モヒートをいただく♪

 

デッキチェアをレンタルし、海でのんびり♪

モヒートをちびちび飲みながら、一面に広がる海を眺めます。

極上の瞬間!

プラヤ・ブランカ【コロンビア16】ランチのロブスター&お魚

 

ランチのロブスター&お魚の定食です。

プリプリで肉厚のロブスターにギュッと身の締まった白身魚のフライ。

ライムを搾り掛けて食べると、もう最高!

プラヤ・ブランカ【コロンビア16】ボートを出す地元の人たち

 

海を眺めながら、のんびりとデッキチェアに座っていると、様々な売り子がやって来ます。

生牡蠣を売る人、タコのマリネっぽいものを売る人、アクセサリー売り、木製の小箱などの民芸品売り、カラフルな布を売る人、マッサージ師、ジェットスキーの勧誘、バナナやマンゴーなどを売る人などなど、次から次へとやって来ます。

そんな人たちをいなしつつ、美しい海を眺めたり、美しい水着美女を眺めたり、海に入って泳いだり。

 

「プラヤ・ブランカ」の詳細はこちら↓

プラヤ・ブランカでターコイズブルーの海を堪能★【コロンビア17】
南アメリカ大陸北西部に位置する国「コロンビア」。カリブ海に面した港町「カルタヘナ」から南へ20㎞行ったところにある「プラヤ・ブランカ」へのツアーに参加しました。ターコイズブルーの美しいカリブ海の海で海水浴を楽しみます★

「プラヤ・ブランカ」のビーチ評価

海の色・透明度 4.5
砂浜の白さ   4.0
リゾート感   4.0
ローカル風情  3.0
カフェ・食堂  3.0

「プラヤ・ブランカ」の地図

台湾北東部、花蓮近郊にある「七星譚」のビーチ

花蓮市北東部にある美しい海岸、七星譚【台湾】「七星譚」の海岸

 

台湾北東部にある「花蓮」という町。

「七星譚」は、その花蓮の市内から約15km北にある海岸。

海岸線一帯は「七星譚風景区」として整備されていて、ベンチのある屋根付きの休憩施設やトイレ、サイクリングロードなどがあります。

見渡す限り広がる海の色はエメラルドグリーン!

打ち寄せる波の音が心地いいです。

「七星譚」の海岸で遊ぶ人々

花蓮市北東部にある美しい海岸、七星譚【台湾】広々とした「七星譚風景区」の景観

 

実は、この「七星譚」の海岸、泳ぐことはできません。

潮の流れがとても早く、浜辺から10メートルほどの場所で数十メートルほどの深さになってしまって危険だからなのだそう。

浜辺も白砂ではなく、玉砂利のビーチです。

泳ぐことはできないけれども、この美しい眺めを見るためだけでも訪れる価値はあります。

 

「七星譚」の詳細はこちら↓

「七星譚」の美しい海岸を眺め、アミ族の豊年祭を見る【台湾】
「太魯閣峡谷」を終えた後、ガイド兼ドライバーの蘇さんの店でランチ。その後、見渡す限りのコバルトブルーの海が広がる「七星譚」を訪れ、小学校の校庭で行われた「アミ族の豊年祭」を鑑賞しました。どれも見応えがあって、満足できましたー!

「七星譚」のビーチ評価

海の色・透明度 4.0
砂浜の白さ   1.0
リゾート感   1.0
ローカル風情  4.0
カフェ・食堂  0.0

「七星譚」の地図

クロアチア、ドゥブロヴニクの「バニェ・ビーチ」

ドゥブロヴニク①(午前)【バルカン⑥】ドゥブロヴニクの「バニェ・ビーチ」

 

クロアチア南部、アドリア海沿岸にある港町「ドゥブロヴニク(Dubrovnik)」

城壁に囲まれたオレンジ色の瓦屋根が美しい旧市街は、「アドリア海の真珠」とも称され、世界遺産にも登録されています。

この旧市街の東、城壁の街並みを間近に臨むビーチが「バニェ・ビーチ」です。

ドゥブロヴニク①(午前)【バルカン⑥】アドリア海の美しい海

 

アドリア海の美しい海♪

街のすぐ側なのに、この透明度!

ドゥブロヴニク①(午前)【バルカン⑥】世界遺産の街を眺められるビーチ

 

紺碧のアドリア海とオレンジ色の屋根瓦の鮮やかなコントラスト。

世界遺産の旧市街を眺めながら泳げるビーチなんて、なかなかありません!

ちなみに、このビーチのベストタイムは朝。西側に旧市街があるので、朝の方が旧市街に向けて順光になります。

 

「ドゥブロヴニク」の詳細はこちら↓

世界遺産「ドゥブロヴニク旧市街」をスルジ山から眺める【バルカン⑥】
”アドリア海の真珠”と言われている、クロアチアのドゥブロヴニク。この日は、朝からドゥブロヴニクの絶景を眺めます。 どこを切り取っても絵になる街を散策し、素敵なレストランでランチをいただきます。

「ドゥブロヴニク」のビーチ評価

海の色・透明度 4.0
砂浜の白さ   2.0
リゾート感   3.0
ローカル風情  1.0
カフェ・食堂  4.0

「ドゥブロヴニク」の地図

キルギス北西部、イシク・クル湖にある「ボコンバエバ」のビーチ

ボコンバエバ(イシク・クル湖、ホースライド)【キルギス旅⑦】イシク・クル湖で湖水浴する人たち

 

キルギス北西部にある町「ボコンバエバ(Bokonbayevo)」

町の北に広がる「イシク・クル湖」は、キルギス最大の湖。面積は6,236㎢で琵琶湖の9倍の大きさがあります。

イシク・クル湖は、海のないキルギスの人たちにとっては、ビーチリゾート地として親しまれています。

メジャーなビーチリゾートは、湖の北岸にある「チョルポン・アタ」で、中央アジア中から多くの湖水浴客が訪れるそうですが、この「ボコンバエバ」はちょっとマイナーなビーチ。

湖岸ものんびりと静かな雰囲気で、神秘の湖であるイシク・クル湖の雰囲気を存分に味わうことができます。

ボコンバエバ(イシク・クル湖、ホースライド)【キルギス旅⑦】世界第二位の透明度

 

「イシク・クル湖」の水の透明度は20mを超え、これは世界第二位であるそう。

ちなみに、湖の標高は1,606m。厳寒の地にあり、塩分濃度が0.6%と低いながら湖面が凍らない不思議な湖であるとのこと。

さすが世界第二位の透明度。水がとても綺麗です★

湖水で泳ぎながら万年雪をいただいた山々を眺め見ることが出来るのも、「イシク・クル湖」ならでは。

ボコンバエバ(イシク・クル湖、ホースライド)【キルギス旅⑦】湖水浴をしていたキルギスの家族連れ

 

湖の浜辺では、地元キルギス人の家族連れが、のんびりと湖水浴を楽しんでおりました。

なお、訪れたのは8月の真夏の時期でしたが、一応、泳ぐことができるレベルではあるものの、湖の水はかなり冷たかったです。

 

「ボコンバエバ」の詳細はこちら↓

透明度世界2位「イシク・クル湖」で湖水浴&乗馬体験 in ボコンバエバ【キルギス旅⑦】
中央アジアの国キルギス。カラコルから「イシク・クル湖」の南岸にある町ボコンバエバに到着。ボコンバエバ近郊にあるアルマルーで、イシク・クル湖の湖水浴と乗馬を楽しみます。宿泊したアルマルーユルタキャンプは、立派で快適なユルタでした。

「ボコンバエバ」のビーチ評価

海の色・透明度 4.0
砂浜の白さ   2.0
リゾート感   1.0
ローカル風情  5.0
カフェ・食堂  1.0

「ボコンバエバ」の地図

 

世界の旅先で訪れた魅力的な「夜景」★16箇所をご紹介♪
世界中のどんな町でも見ることができる「夜景」。あの街明かりの一つ一つに人々の営みがあることを考えると、なんだかとても不思議な感じ。旅情を掻き立てられる瞬間です。これまで世界各地で見た数多の夜景の中で、特に美しかった夜景、印象に残った夜景を16箇所をご紹介します★
世界各地で見た絶景《厳選》50箇所をご紹介します★
世界各地で見た絶景の写真をご紹介します★大自然が造り出した雄大な景観、歴史的な街並み、神秘的な古代遺跡、圧倒的な大都会のパノラマ。アジア、ヨーロッパ、アフリカ、中南米各地のオススメの絶景スポットを50箇所、ピックアップしました♪
]]>
おうちカレー★南・北インド料理作りました!(28皿)Vol.2 https://search-ethnic.com/ouchi-curry2 Wed, 06 May 2020 14:34:14 +0000 https://search-ethnic.com/?p=77360 2019年6月~2020年3月に作ったインド料理(インドカレー)の記録です。

自分の振り返りまとめ 第2弾です!

料理教室で南インドコースを受けたので、サンバルとラッサム、そしてケララエビカレーの登場回数が多いです。

 

1.サンバル、ラッサム、ポリヤル

【おうちカレー】サンバルとラッサムとポリヤル

・サンバル
・ラッサム
・キャベツのポリヤル
・ケララスタイルベジタブルシチュー(冷凍ストック)
・チキンカレー?(冷凍ストック)

サンバルとラッサムとポリヤルは料理教室の復習。

ポリヤルは、水分が多くなってしまいがち。今はいい感じに作れるようになったけど、最初は水分が多くてベチョッとなってしまうことがよくありました。

 

2.マスールショールバ

【おうちカレー】マスールショールバ+ゴーヤーのアチャール

・マスールショールバ
・ミックス野菜のサブジ
・玉子のラーエター
・ゴーヤーのアチャール

料理教室の復習!

レッスンの時より、水分少なめのぽってり系おかゆになりました。

サブジは、いつもちょっと焦がしめになってしまいます。。スパイスの量も多すぎたり少なかったり…なかなか難しいですね。

 

3.サンバル、ラッサム、ドーサ

【おうちカレー】ドーサ・サンバルとラッサム・ポテトマサラとココナッツチャトニー

・サンバル
・ラッサム
・アーダイドーサ
・ココナッツチャトニー
・ポテトマサラ

料理教室の復習。

はじめてのドーサを焼きました!うーん、難しかったです。。厚めのドーサになり、ほとんどパリパリ感なし(汗)

前回習ったのとは違うレシピのサンバルとラッサムは、美味しくできました!

ココナッツチャトニーは、あまり得意ではなかったのですが、レッスンで食べたときにすごく美味しいと思って、自分で作っても美味しくできたので、このレシピやっぱりスゴいなーと。

 

4.チキンカレー、レンズ豆のカレー

【おうちカレー】チキンカレーとレンズ豆のカレー

・チキンカレー
・レンズ豆のカレー
・ゴーヤーのマサラポリヤル

チキンカレーは、料理通信に掲載のレシピで。南インド系を作ることが多かったので、久しぶりに玉ねぎをじっくり炒めるカレーを作り、楽しかったです。

これからゴーヤーの季節なので、ゴーヤーのマサラポリヤルやゴーヤーのアチャールを作ろう!と、この写真を見て思いました。

 

5.ケララエビカレー、ラッサム

【おうちカレー】ケララエビカレー・ラサム ・ケララポテトフライ ・にんじんのトーレン

・ケララエビカレー
・ラッサム
・ケララポテトフライ
・人参のトーレン

料理教室の復習。

ケララエビカレーは、簡単にできて美味しくて、見た目も豪華なので、お気に入りレシピに!

このラッサムは、にんにくの効いた濃厚ラッサム。海老カレーとの相性もバッチリで、この組み合わせは何回か作りました。

 

6.南インド、タミル式夏野菜のココナッツカレー ・ダールカレー

【おうちカレー】南インド、タミル式夏野菜のココナッツカレー ・ダールカレー

・南インド、タミル式夏野菜のココナッツカレー
・ダールカレー
・カチュンバルサラダ
・ポテトのクミン炒め

料理通信に掲載のレシピで。

レシピ通りだと、ダールの塩気がちょっと強かったのだけど、まろやかなココナッツカレーと一緒に食べると、ちょうどいい感じになりました。

 

7.ポークビンダルー

【おうちカレー】ポークビンダルー

・ポークビンダルー
・南インド、タミル式夏野菜のココナッツカレー(冷凍ストック)
・ダールカレー(冷凍ストック)
・ポテトのクミン炒め
・なすのマスタードオイル炒め

ポークビンダルーは、玉ねぎを焦がしてしまい、ちょっと苦味が出てしまいましたが、意外と美味しくいただけました。今まで何回かしか作ってませんが、美味しく作れるようになりたいカレーのひとつです。

 

8.かぼちゃのクートゥ

【おうちカレー】かぼちゃのクートゥ、ビンディーバルワーン

・ポークビンダルー(冷凍ストック)
・ダールカレー(冷凍ストック)
・かぼちゃのクートゥ
・ビンディーバルワーン

仕事帰りは、あまり時間をかけられないので、冷凍カレーがあるとありがたいですが、やっぱり冷凍しちゃうと味が落ちるなーと思い、最近は食べきりであまり量を作らないようにしてます。でも、一度にたくさんの量を作った方が美味しくなるっていうのもありますよね。。うーん、悩ましい。

かぼちゃのクートゥは、この時初めて作りましたが、かぼちゃの甘みとココナッツの相性が最高で、とても美味しかったです。

 

9.チェッティナードチキンカレー 、トマトパップー 、ベジタブルプラオ

【おうちカレー】チェッティナードチキンカリー ・トマトパップー ・ゴーヤのポリヤル ・オニオンコランブ ・ベジタブルプラオ

・チェッティナードチキンカリー
・トマトパップー
・ゴーヤのポリヤル
・オニオンコランブ
・ベジタブルプラオ

鵠沼にある大好きなお店『San curry』の料理教室に参加し、その復習です。

お土産でいただいた計量済みのスパイスを使ったので、スムーズにできたと思ったけど、やはり5品もあると、それなりに時間がかかりました。 料理の出来栄えもそうだけど、もっと段取り良く作れるようになりたいなーと。

インドでカルパシも入手したので、この時習ったチェッティナードチキンカレーを今度作ろ~。

 

10.冬瓜とアスパラのカレー、インゲンのゴマ味サブジ

【おうちカレー】ペイズリーVB1のメニュー

・冬瓜とアスパラのカレー
・インゲンのゴマ味サブジ
・ベイガンチャート
・バナナのパコラ

料理教室の復習。

インゲンのゴマ味サブジの、トマトの形をちゃんと残して完成したのに、お鍋のフタをしたまま放置したら、食べるときにフタを開けてビックリ!様子が変わっていて、トマトの形がなくなって崩れていました。。余熱も計算しなきゃ、と思った次第でした。

 

11.サンバル、ラッサム、ズッキーニチャトニ、ほうれん草とじゃがいものワダ

【おうちカレー】・オクラのサンバル ・ラッサム ・ズッキーニチャトニ ・ほうれん草とじゃがいものワダ ・オニオンコランブ(先日の残り)

・オクラのサンバル
・ラッサム
・ズッキーニチャトニ
・ほうれん草とじゃがいものワダ
・オニオンコランブ(先日の残り)

料理教室の復習。

地味な茶色プレートになってしまいましたが、美味しくできました。

ワダの揚げがちょっと足りなかったけど、これが美味しくて!パクパクとたくさん食べてしまいました。

 

12.サンバル 、ワダ

【おうちカレー】・大根のサンバル ・ワダ ・ブラウンココナッツチャトニ ・レトルトのキーマカレー

・大根のサンバル
・ワダ
・ブラウンココナッツチャトニ
・レトルトのキーマカレー

ワダの生地が柔らか過ぎて、形がいびつに…でも、お味は美味しかったです。

ワダのリベンジもいつか。。

 

13.パニールマタル

【おうちカレー】パニールマタル・里芋のポリヤル

・パニールマタル
・ダール
・里芋のポリヤル

パニールに大苦戦しました。。牛乳がなかなか固まらず、かなり少量しか出来ませんでした。リベンジしたいと思いつつ、まだ実行できず。。

里芋のポリヤルがとっても美味しく、お気に入りに!

 

14.チェッティナードチキンカレー

【おうちカレー】・チェッティナードチキンカレー ・ダール ・じゃがいものクミン炒め ・にんじんのサブジ

・チェッティナードチキンカレー
・ダール
・じゃがいものクミン炒め
・にんじんのサブジ

サブジ、いつも火を通し過ぎてしまう傾向があります…

カレーはもちろんですが、サブジとかの副菜が上手に作れるようになりたい。

 

15.なすとチキンのキーマカレー、チャパティ

【おうちカレー】・なすとチキンのキーマカレー・チャパティ

・なすとチキンのキーマカレー
・ダール
・ジャガイモとキャベツのサブジ

かなり久しぶりにチャパティを焼きました。
なかなか膨らまなかったけど、最後の一枚がきれいに膨らみ一安心。
こねるのはちょっと大変だけど、焼くのは楽しいので(美味しいし)、また作ろう~。

なすとチキンのキーマカレー、とても美味しくできました。

 

16.ケララエビカレー、ラッサム

【おうちカレー】ケララエビカレーと濃厚ラッサム

・ケララエビカレー
・ラッサム
・ダール
・里芋のポリヤル
・ビンディーバルワーン

料理教室で習ったメニューの中で、この時のお気に入りが並んでいます!

ケララエビカレーと濃厚ラッサムは、特にお気に入りの組み合わせ。

ダールは、いくつかのレシピ本のレシピで作りましたが、教室で習ってからは、これ一択! 何回もリピートしてます!

 

17.南インドプレート

【おうちカレー】南インドプレート

・大根のサンバル
・ラッサム
・ケララエビカレー(冷凍ストック)
・チキントック
・ベビーコーンのワルワル
・キャベツのポリヤル
・パパド

自分の中で、頑張ったプレート。見た目も豪華になりました!

教室で習ったベビーコーンのワルワルが、スナックみたいで美味しくて。揚げるのは手間ですが、少量の油でできるので、また作ってみようかな。

 

18.里芋のカレー、大根のカレー

【おうちカレー】里芋のカレーと大根のカレー、マサラアンダー(卵)

・里芋のカレー
・大根のカレー
・マサラアンダー(卵)
・ピクルス

料理教室の復習。

里芋のカレーと大根のカレーは、もっと汁気のあるカレーにしたかった。。

マサラアンダーを潰して、カレーもピクルスもピクルスのドレッシングも一緒に混ぜて食べるこの組み合わせは最高です!

 

19.バンガラレシピ

【おうちカレー】バンガラレシピ

・チキンペッパーフライ
・エビマサラ
・ポテトマサラ

南インドのカライクディにあるヘリテージホテル「The Bangala」で習ったメニューです。

現地で食べたときも思ったのですが、エビマサラが海老チリのようなお味でした。。

 

20.ミックス野菜カレー

【おうちカレー】野菜の素揚げが、カレーに合う

・ミックス野菜カレー
・大根のスパイシーなます
・さつまいもレモン煮

野菜の素揚げが大変ですが、カレーに合う〜と実感。

揚げ物のハードルがかなり下がりました。

 

21.チキンペッパーフライ、チャパティ、プーリー

【おうちカレー】チキンペッパーフライ、チャパティ、プーリー

・プーリー
・プールゴービーローガンジョーシュ
・アールーパーニースタイル
・大根のサラダ
・チキンペッパーフライ
・ごぼうのウールガイ

料理教室の復習。

プーリーがうまく膨らまなかったです。。まだ2,3回しか作ってないので、練習あるのみですかね。

プールゴービー(カリフラワー)ローガンジョーシュが、プーリーに合うのです。冬になったら、また作りたい一品!

 

22.カラコランブ

【おうちカレー】カラコランブ

・カラコランブ
・サンバル
・ラッサム
・キャベツのポリヤル
・ごぼうのウールガイ

チェンナイで食べたカラコランブがとても美味しかったので、ネットでインド人のレシピを探して作ってみました。・・・が、美味しくない(汗)

ほかのレシピでも作ってみよう!と思っていたことを思い出したので、また作ってみよう!

 

23.ケララエビカレー 、ラッサム、チキン65

【おうちカレー】ケララエビカレー ・ラッサム ・キャベツのポリヤル ・チキン65 ・ごぼうのウールガイ

・ケララエビカレー
・ラッサム
・キャベツのポリヤル
・チキン65
・ごぼうのウールガイ

またまたエビカレーとラッサム登場(笑)

以前からチキン65をずっと作りたかったのですが、揚げ物が面倒でなかなか手を出せなかったのですが、料理教室の復習で揚げ物を結構作っているので、ハードルがかなり下がり初挑戦しました。

とても美味しくできました~。次はゴビ65を作りたい。

 

24.タミルフィッシュカレー

【おうちカレー】タミルフィッシュカレー ・ベジタブルコルマ ・パルップ(豆カレー) ・ヨーグルトコザンブ

・タミルフィッシュカレー
・ベジタブルコルマ
・パルップ(豆カレー)
・ヨーグルトコザンブ

鵠沼のお店『San curry』の料理教室第2回にも参加! 復習しました。

フィッシュカレーは好きだけれど、自分ではほとんど作ったことがなかったので、お気に入りのサンカリーのお味のレシピで上手に作れるようになりたいです!

 

25.ケララチキン 、ダール

【おうちカレー】ケララチキン ・ダール ・いんげんのポリヤル ・ごぼうのアチャール

・ケララチキン
・ダール
・いんげんのポリヤル
・ごぼうのアチャール

ケララチキン、久しぶりに作りましたが、美味しくできました!

インドでは、ポリヤルにいんげんを使うことがとても多い気がします。今回初めていんげんで作りましたが、歯ごたえもあって美味しいです。

それほど手間のかからないレシピだったので、ひとつひとつ丁寧に、味見をしながら調整して作ったら、とても美味しくできました。

品数を多くすると、作業に必死になってしまうので、一品ずつでも、もっと頻繁に作りたいと思った次第です。。

 

26.ココナッツチキンカレー 、ダール

【おうちカレー】ココナッツチキンカレー ・ダール ・ホタルイカのアチャール ・三つ葉のサンボル ・じゃがいものクミン炒め

・ココナッツチキンカレー
・ダール
・ホタルイカのアチャール
・三つ葉のサンボル
・じゃがいものクミン炒め

ホタルイカを使ってみたくて、アチャールを作りました! ネットで見つけたアチャールのレシピをちょっとアレンジして。ホタルイカ自体が美味しいので、美味しくできました!

三つ葉のサンボルだけ、スリランカ。。

 

27.サンバル 、ラッサム、チキンカレー

【おうちカレー】サンバル ・ラッサム ・チキンカレー ・キャベツのポリヤル ・ホタルイカのアチャール ・パパド

・サンバル
・ラッサム
・チキンカレー
・キャベツのポリヤル
・ホタルイカのアチャール
・パパド

チキンカレーは、エリックサウス稲田さんの「だいたい15分!本格南インドカレー」のレシピで。ほんとにあっという間にできあがるんです!しかも結構美味しくできるので、時間がないけどカレーが食べたいときにバッチリなレシピです。

 

28.ダールマ、ラールチャナ キャベツ炒め

【おうちカレー】ダールマ[野菜入りダール] ・ラールチャナ キャベツ炒め ・サンバル(昨日の残り) ・チキントマトスープ(BG) ・ゴボウのアチャール ・ココナッツブラマンジェ(石原先生の特別講座)

・ダールマ(野菜入りダール)
・ラールチャナ キャベツ炒め
・サンバル(前日の残り)
・チキントマトスープ
・ゴボウのアチャール
・ココナッツブラマンジェ

料理教室の復習。

ラールチャナ、今回教室で初めて食べました。小豆に似たような?味で、食べ応えもあり栄養価も高く美味しい!
ダールマも、豆と野菜で栄養たっぷりメニューです。

 

おうちカレー★南・北インド料理作りました!(26皿)Vol.1 はこちら↓

おうちカレー★南・北インド料理作りました!(26皿)Vol.1
2017年5月~2019年6月に作ったインド料理(インドカレー)の記録です。自分の振り返りのために、まとめてみました!見た目や盛り付けなど、徐々に良くなっていってるのではないでしょうか。最多登場は、やはり王道のチキンカレーです。
]]>
インドの三輪タクシー「オートリキシャ」★世界のオートリキシャをご紹介 https://search-ethnic.com/rickshaw Tue, 05 May 2020 09:05:06 +0000 https://search-ethnic.com/?p=77973 インドの三輪タクシー「オートリキシャ(auto-rickshaw)」

インドの町には、オートリキシャが数え切れないくらい走り回っています。

インドを訪れた旅人は、このオートリキシャを一度や二度は利用したことがあるのではないでしょうか。

そんな、インドの市内交通の主役とも言えるオートリキシャですが、安価で簡便で小回りが効いて便利なため、現在では世界中に普及しています。

今回は、インド、そして、世界のオートリキシャ(トゥクトゥク)について、ご紹介します★

リキシャの歴史

インド コルカタコルカタのリキシャ

 

「オートリキシャ」の語源は、日本語の「人力車」から。

インドのリキシャも、元々は人力車から始まっています。

人力車は、明治2年に日本で発明されたとされています(明治3年に日本橋で営業開始)。

日本の人力車は、その後、アジア各国に輸出され、インドは、明治40年代に日本から年間1万台ほどの人力車を輸入していたのだそう。

1919年にコルカタ市が正式な交通手段として認定し、「リキシャ(リクシャー)」の名前で親しまれていた人力車ですが、その後、自転車を使ったサイクルリキシャ、そして、エンジンの付いた自動のオートリキシャが出現し、徐々に活躍の場が縮小。

インドにおいて人力車は、現在ではコルカタに残るのみとなっています。

コルカタでの新たな人力車のライセンスは1997年以降出されていません。けれども、2009年の時点で約8000台、2万人の車夫がいたのだそうで、現在でもかなりの数の人力車が残っている様子。

デリー(メインバザール)【オマーン旅⑩】デリーのサイクルリキシャ

 

上の写真はデリーの「サイクルリキシャ」

デリーの旧市街、メインバザールやオールドデリーでは、かなりの数のサイクルリキシャが走っており、旅行者もお世話になることが多い乗り物です。

サイクルリキシャは、オートリキシャに押されつつも、まだまだインド各地で活躍中です。

しかしながら、首都デリーの新市街ではサイクルリキシャの通行が規制され、オールドデリーやメインバザール近辺以外では見られなくなってきています。

ニューデリー①【オマーン旅11】デリーのオートリキシャ in メインバザール

 

小ぶりでちょっと可愛らしい感じの外観の「オートリキシャ(オートリクシャー)」

車体の原型となったのは、イタリアのピアジオ社が生産したスクーター「ベスパ(Vespa )」なのだそう。

インドの二輪車メーカーであるバジャージ・オート社は、1959年から1974年にかけて、ベスパの三輪車タイプ「ベスパ・アペ(Vespa Ape)」をインド国内でライセンス生産する契約をピアジオ社と結びました。

この「ベスパ・アペ」を使った三輪タクシーは、オートリキシャ(オートリクシャー)として、インド全土に普及。そして、ピアジオ社との契約終了後も、「ベスパ・アペ」はバジャージのブランドで販売され続け、現在ではインド以外の世界各国に輸出されるようになっているのだそう。

インドのオートリキシャ

デリー(メインバザール)【オマーン旅⑩】デリーのオートリキシャ in メインバザール

デリー【オマーン旅①】デリーのオートリキシャ in ニューデリー駅付近

 

上の写真は、デリーで見掛けたオートリキシャ。

デリーのオートリキシャは、黄色と緑のツートンカラーです。

もともと、オートリキシャのカラーリングは、黄色と黒のツートンカラーで、20年くらい前までは、ほぼ全車が黄色と黒だったのですが、現在ではデリーの全てのリキシャが黄色と緑のカラーリングになっています。

この緑色のカラーリングは、環境に配慮したCNG(圧縮天然ガス)エンジンを搭載していることを表しているのだそう。

デリーでは、大気汚染の元凶であるとして、旧来のガソリン式のリキシャの営業が禁止されています。

緑色のリキシャは、そんなデリーの環境汚染対策の賜物のひとつなのです。

エルナクラム・タウン駅(南インド・ケララ州6)コーチンのオートリキシャ in コーチン駅

スパイスバザール(南インド・ケララ州4)コーチンのオートリキシャ in エルナクラム・マーケット

フォートコーチン(南インド・ケララ州2)コーチンのオートリキシャ in フォート・コーチン

フォートコーチン(南インド・ケララ州2)コーチンのオートリキシャ in フォート・コーチン

フォートコーチン(南インド・ケララ州2)コーチンのオートリキシャ in フォート・コーチン

コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州11)コヴァーラムビーチのオートリキシャ

 

こちらは、南インド・ケララ州のオートリキシャ。

コーチンやコヴァーラムでは、黄色と黒のオリジナルカラーのリキシャがまだまだ健在です。

こうして見てみると、オートリキシャはどれも同じように見えて、実はライトの形やフロントガラスの形など、それぞれ違っていることがわかります。

ちなみに、インド最大のオートリキシャ・メーカーは、先ほど紹介した「バジャージ・オート社」ですが、バジャージ以外にも、Atul Auto Limited、Kerala Automobiles Limited、Force Motors、Mahindra&Mahindra、Piaggio Ape、TVS Motors、Fleek Motorsなど、数多くのオートリキシャ・メーカーがあるのだそう。

トリヴァンドラム駅(南インド・ケララ州12)トリヴァンドラムのオートリキシャ in トリヴァンドラム駅前

No. 18 Hotel フォートコーチン(南インド・ケララ州2)コーチンのオートリキシャ in フォート・コーチン

成田~コーチン(南インド・ケララ州1)オートリキシャの車内 in コーチン

オートリキシャには、タクシーと同様にメーターが搭載されています。

けれども、このメーター、なかなか使ってもらえません。

ムンバイなど一部の地域ではメーター制になっているのですが、大抵はドライバー(リクシャーワーラー)と値段交渉する必要があります。

リクシャーワーラーは、こちらが外国人だとわかると、通常の3倍以上の料金を提示してくるのです(汗)

この料金交渉こそが、インドを訪れた旅行者の最初の試練!

旅行者に高い料金をふっかけようとするリクシャーワーラーと、ボラれたくないと頑張る我々旅行者との駆け引きが、インドを旅する間じゅう、日々、繰り広げられることになるのです。

リクシャーワーラーとの料金交渉は、面倒だし、嫌な気分になることも多いですが、インドの市井の人とガチで接するこれ以上ない瞬間でもあり、インドの旅の醍醐味のひとつでもあります。

リキシャとの戦い(2004年10月:デリーにて)【インド】
デリー中央郵便局。荷物を受け取るため、または荷物を発送するため、私はここにはよく行った。郵便局の前にはたいていオートリキシャが客待ちをしている。重い荷物を持ちながら街を歩き回るのは結構な骨だ。そのため私はしばしば彼らを利用した。

フォートコーチン(南インド・ケララ州2)クリーム色をしたコーチンのオートリキシャ

Grand Hotel(夕食)(南インド・ケララ州5)クリーム色のコーチンのオートリキシャとリクシャワーラー

 

高い料金をふっかけたり、マージンがもらえるホテルに勝手に連れて行ったり、目的地に到着したら最初に合意した料金よりも高い値段を請求してきたり。

インドを旅した人なら、リクシャワーラーと言い争いになった経験は一度や二度ではない筈。

けれども、彼らも生活がかかっています。

リクシャワーラーは、地方から出稼ぎに来た人も多く、オートリキシャはレンタルだったりします。経費としてレンタル料金やガソリン代などもかかるので、結構大変です。

JETROのレポートを見ると、結構生活は大変そうだというのがわかります。

JETROのリキシャ運転手のレポート →オート・リキシャ運転手 – ジェトロ

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】カライクディのオートリキシャ

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】カライクディのオートリキシャ

 

こちらは、南インド・タミルナードゥ州カライクディのオートリキシャ。

南インド(特にタミルナードゥ州)では、黄色のリキシャが多く走っています。

南国らしい明るいカラーリングがなかなかGood!

たぶん、CNG車ではなさそうですが、チェンナイなどでは一部LPG車(液化石油ガス)エンジンを搭載したリキシャも走っている様子。

カライクディ②(村の散歩)【南インド(タミル)④】カライクディのオートリキシャ

カライクディ①(アンティーク・料理教室)【南インド(タミル)③】カライクディのオートリキシャ

パンバン橋【南インド(タミル)⑨】ラーメシュワラムのオートリキシャ

 

インドのオートリキシャですが、近年、特に首都デリーなどでは2つの新たな潮流があるようです。

ひとつ目は、電気三輪タクシー(Eリキシャ)の急増

大気汚染が深刻化しているインド。モディ政権はEV(電気自動車)の普及を推し進めており、EVの購入補助や電池産業の育成・振興などの方針を次々に打ち出しています。

そんな中、インドのEV市場形成の牽引役として注目を浴びているのが「Eリキシャ」。モディ政権は、「Eリキシャ」の普及をてこにインドを電動車先進国へと押し上げようとしているようです。

デリーなどでは、既にかなりの数の「Eリキシャ」が稼働しているようで、近いうちにオートリキシャを駆逐することになるかもしれません。

電気三輪タクシーが急増中 印、大気汚染受け政府支援 – 読んで見フォト – 産経フォト
インドの温暖化対策 “Eリキシャ”に期待 | 国際報道2020 [特集] | NHK BS1
EリキシャはインドEV市場でリープフロッグ現象を引き起こすか | 株式会社現代文化研究所

 

ふたつ目は、タクシー配車アプリの普及

Uberから始まった世界的なタクシー配車アプリの潮流は、インドにも波及していて、デリーやムンバイを始めとした大都市圏では、Uber(ウーバー)、Ola(オラ)、 Meru(メル)などのタクシー配車アプリが広く利用されるようになっています。

値段交渉も必要なく、ぼったくられることもなく、クレジットカードが使え、アプリを使って自由に呼び出しでき、車も快適な四輪自動車を使っているタクシー配車アプリは、オートリキシャに比べてこの上なく便利で快適。

けれども、オートリキシャ側も手をこまねいて見ているわけではなく、現在ではオートリキシャもタクシー配車アプリを使って呼び出せるようになっているのだとのこと(この場合は値段交渉の必要はなく、ぼったくりの心配もなし)。

スリランカのスリーウィーラー

トゥクトゥク、リキシャスリランカ、キャンディのスリーウィーラー

 

さて、インド以外のオートリキシャはどんなのか、見てみましょう。

インドの隣の島国「スリランカ」でも、オートリキシャは大活躍しています。

スリランカでは、オート三輪タクシーは「スリーウィーラー(three-wheeler)」と呼ばれています(最近ではトゥクトゥクと呼ばれることも多いそう)。

スリランカの「スリーウィーラー」は、カラフルな色が特徴。赤、緑、紫、青、黒、白、黄色、など、あらゆる色の「スリーウィーラー」が走っています。

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】スリランカ、コロンボの青いスリーウィーラー

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】スリランカ、コロンボのスリーウィーラー

トゥクトゥク、リキシャスリランカ、ダンブッラのスリーウィーラー

トゥクトゥク、リキシャスリランカ、ゴールのスリーウィーラー

トゥクトゥク、リキシャスリランカ、ゴールの赤いスリーウィーラー

トゥクトゥク、リキシャスリランカ、ゴールの緑色のスリーウィーラー

世界遺産、ゴール旧市街の風景【スリランカ】スリランカ、ゴールのスリーウィーラー

 

スリランカの「スリーウィーラー」は、スリランカ政府の方針により、旧来の2サイクルエンジンよりも環境に良い4サイクルエンジンの車のみが許可されています。車体はほぼ100%、インドの「バジャージ・オート社」製です。

インドネシアのバジャイ

トゥクトゥク、リキシャインドネシア、ジャカルタのバジャイ

 

インドネシアでは、オート三輪タクシーは「バジャイ(bajaj)」と呼ばれています。

上の写真は、ジャカルタ中心部ガンビル駅の駅前に停まっていた「バジャイ」

けれども、この光景は現在ではもう見ることができません。

長らくオレンジ色のカラーがトレードマークだった「バジャイ」ですが、2015年に政府の方針により、ガソリン式のオレンジ色の「バジャイ」は禁止され、CNG(圧縮天然ガス)式の青色の「バジャイ」に置き換えられることになったからです。

さらに、2017年には四輪車タイプの「バジャイ」も登場。オート三輪タクシーはインドネシアから急速に消えつつあるようです。

四輪バジャイ登場 州運輸局 17台の試験運行開始 | じゃかるた新聞

バングラデシュのベイビータクシー

トゥクトゥク、リキシャバングラデシュ、クルナのベイビータクシー

 

バングラデシュにもオート三輪は走っています。

上の写真は、地方都市クルナのオート三輪「ベイビータクシー(baby taxi)」

以前は、首都ダッカでも写真のような「ベイビータクシー」がたくさん走っていたのですが、現在では「CNG」と呼ばれる緑色の圧縮天然ガス式のリキシャに置き換えられました。

グアテマラのトゥクトゥク

【グアテマラ②:チチカステナンゴ】グアテマラ、チチカステナンゴのトゥクトゥク

 

こちらは、中米グアテマラのオート三輪。グアテマラでは「トゥクトゥク(tuktuk)」と呼ばれています。

グアテマラの「トゥクトゥク」は、インドの「バジャージ・オート社」のCNG(圧縮天然ガス)車がほとんど。色は赤です。

一般車のタクシーに比べて車両が安価なため、近年急速に普及が進んでいるのだとのこと。

【グアテマラ②:チチカステナンゴ】グアテマラ、チチカステナンゴのトゥクトゥク

【グアテマラ③:パナハッチェル 】グアテマラ、パナハッチェルのトゥクトゥク

【グアテマラ③:パナハッチェル 】グアテマラ、パナハッチェルのトゥクトゥク

【グアテマラ③:パナハッチェル 】グアテマラ、パナハッチェルのトゥクトゥクメリーゴーランド

こちらは、パナハッチェルのアティトラン湖沿いの移動遊園地にあった、トゥクトゥクのメリーゴーランド。

4台の真っ赤なトゥクトゥクがぐるぐると回っています。

曇りがかったアティトラン湖、頭に荷物を載せたグアテマラの女性たち、ピコピコ鳴っているトゥクトゥクのクラクション。

なんだか、とってもシュールな感じです。

【グアテマラ④:アティトラン湖1】グアテマラ、サンティアゴ・アティトランのトゥクトゥク

【グアテマラ⑤:アティトラン湖2】グアテマラ、サンタ・カタリーナ・パロポのトゥクトゥク

【グアテマラ11:アンティグア3】グアテマラ、ホコテナンゴのトゥクトゥク

 

グアテマラでは、かなりの数のトゥクトゥクを見掛けました。

グアテマラのカラフルな街並みと人々の民族衣装、のんびりとした農村の風景に、インド産のポップなデザインのトゥクトゥクが結構マッチしています★

コロンビアのトゥクトゥク

グアタペ【コロンビア⑩】コロンビア、ラ・ピエドラ・デル・ペニョールのトゥクトゥク

グアタペ【コロンビア⑩】コロンビア、グアタペのトゥクトゥク

 

南米のコロンビアにもオート三輪「トゥクトゥク(tuktuk)」が走っていました。

コロンビアではオート三輪は普及しているわけではないようで、見掛けたのは「グアタペ」という町のみ。

「グアタペ」は、町興しの一環として街並みをカラフルに塗ったことで有名な町。

この「トゥクトゥク」も、観光客向けの乗り物としてインドから取り寄せたのだと思われます。

近くにあるもうひとつの観光名所「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」との移動手段として使い勝手がいいです★

ザンジバルのトゥクトゥク

ストーンタウン【ザンジバル⑥】ザンジバル・シティのトゥクトゥク

 

東アフリカ、タンザニアのザンジバル島にもオート三輪「トゥクトゥク(tuktuk)」が走っていました。

こちらも、数多く走っているわけではないのですが、たまに見掛けます。

ザンジバル島は古くからインドと交易の歴史があり、関係が深かった島。

この島出身のフレディー・マーキュリーもインド系の人だし、ビリヤニなどのスパイス料理も島ではよく食べられています。

この「トゥクトゥク」も、そんなインドとの関係の中で入ってきたものなのでしょう。

その他の国の三輪タクシー

インド産のオートリキシャとは違いますが、その他の国にも三輪タクシーはたくさん走っています。

チェンマイ【タイ・チェンマイ⑥】タイ、チェンマイのトゥクトゥク

 

オート三輪タクシーとして、インドのリキシャと並んで有名なのが、タイの「トゥクトゥク(tuktuk)」

日本ではインドのオートリキシャよりもよく知られているかもしれません。

イタリア、ピアジオの「ベスパ」を原型としたオートリキシャに対し、「トゥクトゥク」の原型は日本のダイハツ「ミゼット」

オートリキシャよりも車体が大きく、後部座席が開放されているので、風通しがよく気持ちいいです。座席もゆったりとしています。

ワット・ムーン・グン・コーン【タイ・チェンマイ②】タイ、チェンマイのトゥクトゥク

ワット・チェンマン【タイ・チェンマイ②】タイ、チェンマイのトゥクトゥク

 

「トゥクトゥク」は、首都バンコクでも、主に観光客向けとして、かなりの台数が走っていますが、値段交渉制のためタクシーよりも料金が高くなってしまうことがしばしば。

地方では、まだまだ現役の公共交通手段で、地元の人の足となっています。

バンコク〜パクセー(国境越え)【タイ・ラオス②】ラオス、パクセーのトゥクトゥク

 

こちらは、ラオスのパクセーで見掛けた「トゥクトゥク(tuktuk)」

タイの地方やラオス、カンボジアなどでは、後部座席に向かい合わせのロングシートが設置された乗り合いの「トゥクトゥク」が多く走っています。

バスを走らせるほどじゃない、だけど、個人で乗せるにはもったいないって時に丁度いい感じ。

ちなみに、タイやラオスでは、「サムロー」という乗り物もありますが、元々オート三輪として作られた「トゥクトゥク」に対し、「サムロー」は自転車やバイクを改造したものだそうで、運転に必要な免許も違うみたいです。

トゥクトゥク、リキシャフィリピン、ビガンのトライシクル

 

こちらは、フィリピンで広く利用されているオート三輪「トライシクル(tricycle)」

オートリキシャやトゥクトゥクと違って、オートバイにサイドカーを取り付けたスタイルの三輪車です。

起源は、第二次世界大戦の際に日本帝国陸軍によって使用された「陸王 97型軍用オートバイ」に由来すると言われています。

トゥクトゥク、リキシャフィリピン、ビガンのトライシクル

フィリピン、ビガン。世界遺産、ビガン歴史都市フィリピン、ビガンのトライシクル

 

フィリピンでは、首都マニラからセブなどのリゾート地、バギオやビガンなどの地方まで、「トライシクル」がかなり走っています。

「トライシクル」は、排気ガスがたくさん出て環境に良くない2サイクルエンジンを使用しているため、政府は近年、トライシクル電動化を進めていました。

世界銀行の融資を受け、日本企業が受注し既に1600台を製造していたのですが、コスト高を理由に、なんと、計画は2017年に断念!

そもそも、未舗装の道が多いフィリピンでは、電動車の導入はまだ早過ぎだったのかもしれません。

ココタクシー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】キューバ、ハバナのココ・タクシー

 

こちらは、キューバの首都ハバナを走っている「ココ・タクシー(Cocotaxi)」です。

観光客向けの乗り物として、1990年代後半から営業が開始されました。

ココナッツ型の丸いデザインとポップな黄色のカラーリングが可愛らしいのと、座席が開放的で走っていて気持ちがいいので、観光客に人気があります。

けれども、開放感があり過ぎるため、安全性にはちょっと疑問ありです。

オートリキシャのレース「リキシャ・ラン(Rickshaw Run)」

フォートコーチン(南インド・ケララ州2)リキシャ・ラン(Rickshaw Run)の展示会場

フォートコーチン(南インド・ケララ州2)ペイントされたリキシャがたくさん!

 

こちらは、コーチンで見掛けた「リキシャ・ラン」の車の展示会場。

「リキシャ・ラン(Rickshaw Run)」とは、インド各地をオートリキシャでレースするイベントです。

カラフルにペイントされたリキシャがインド中を走り回るレースというのは、なかなかのアイデア♪

「リキシャ・ラン」は、毎年1月、4月、8月に行われ、第一回は2006年の12月に開催されました。

レースの毎年ルートは変わるのだそうですが、この時は、コーチンから西ベンガル州のダージリンまでのルートだったのだそう。

フォートコーチン(南インド・ケララ州2)カラフルなリキシャたち

フォートコーチン(南インド・ケララ州2)デザインにいろいろ捻りが効いていて面白いです。

フォートコーチン(南インド・ケララ州2)カーキ色、爆弾。軍用機をイメージしたペイント?

フォートコーチン(南インド・ケララ州2)リキシャ・ラン(Rickshaw Run)のペイントカー

フォートコーチン(南インド・ケララ州2)リキシャ・ラン(Rickshaw Run)のペイントカー

Rickshaw Run 2016 India

 

上の動画は、2016年のレースの模様を撮影した公式動画。

「リキシャ・ラン」のチームは、リキシャ1台と1人から4人のドライバーで構成されています。

参加チームは、インドとネパールで活動する慈善団体に1,000ポンドを寄付することが義務付けられているのだそうです。

日本でも買えるオートリキシャ

ナマステインディア2017オートリキシャ(¥750,000)in ナマステ・インディア

 

インドのオートリキシャ、ぜひ、自分で所有してみたい!日本の公道を自分で運転して走ってみたい!という物好きな方がおられるかもしれません。

実は、日本にも、インドのオートリキシャを販売している会社があるんです!

毎年代々木公園などで開催しているインドイベント「ナマステ・インディア」に2017年に訪問した時、展示会場でオートリキシャが販売されてました★

ナマステインディア2017車検も必要ないそうです!

ナマステインディア2017販売しているのは「ガレージボスコ」という会社

オートリキシャを販売しているのは、「ガレージボスコ」という会社。兵庫県西宮市にある会社です。

会社のホームページによると、オートリキシャをインドから直輸入して販売しているそうで、販売しているのは、4人乗りのカーゴタイプと1人乗りのトラックタイプの2種。

価格は消費税別で75万円です。

最高時速は80㎞で、側車付軽二輪登録になるため車検の必要はなし。年間コストは自動車税4,200円のみと、かなり経済的!

カラーオーダーも自由に頼むことができ、カスタマイズも可能。アフターメンテナンスもバッチリであるとのこと。

う〜ん、ちょっと欲しくなってくるかも。

ナマステインディア2017ヘナアートでカラーリングされたオートリキシャ

 

ちなみに、オートリキシャを販売している会社は東京にもあります。

足立区にある「株式会社テクノワールド」という会社です。屋号は「ノスタルジックオート三輪舎」

オートマ限定免許でも乗れる「FREEDOM250」というオートリキシャを販売していて、カラーバリエーションは赤、黄色、黄緑の3種。

価格は消費税別で69万8,000円で、カスタマイズも可能であるとのこと。

ナマステインディア2017リキシャのミニカー(¥1,500)

トゥクトゥク、リキシャ我が家のオートリキシャ(ミニカー)

 

さすがにオートリキシャを買うのはちょっと、という方には、オートリキシャのミニカーなんかはいかがでしょうか。

ナマステ・インディアなどのインドフェスの屋台で販売されているほか、Amazonや楽天、メルカリなんかでもたまに出品されています。

お値段は1,500円です。

]]>
激甘だけど美味しい★インドのスイーツ「ミタイ(Mithai)」まとめ https://search-ethnic.com/india-sweets https://search-ethnic.com/india-sweets#respond Sun, 03 May 2020 23:12:34 +0000 http://search-ethnic.com/?p=50132 カレーやビリヤニなどのメインディッシュ、サモサやドーサなどのスナックなど、かなり一般的に知られるようになってきたインド料理ですが、スイーツについては、まだまだ食べたことがない方も多いのではないでしょうか。

今回は、インドのスイーツについて、ご紹介します。

インドのスイーツ「ミタイ(Mithai)」

インドのスイーツは、揚げ菓子やプディング、ケーキ風のものやスープ状のものなど、様々な種類があります。

広大なインド、各地方それぞれ違いがありますが、牛乳やココナッツミルク、米粉やセモリナ粉、ひよこ豆やレンズ豆などの豆粉をベースにし、ピスタチオやアーモンドなどのナッツや、カルダモンやクローブ、ナツメグなどのスパイスで味付けしたお菓子が多いです。

スイーツは、一般的に「ミタイ(Mithai)」と呼ばれます。

 

インドスイーツの特徴はとにかく甘いこと!

世界で最も甘いスイーツであるとの噂もあるほど。初めて食べた人はその超絶な甘さにびっくりしてしまいます!

この甘さの理由は、保存のためであるとのこと。

糖分が高い食品は腐りにくいため、作ったスイーツを冷蔵庫なしでも保存し、長持ちさせるため、糖分がやたら多い極端な甘さのスイーツになったのだそう。

また、インドでは宗教的な理由からお酒を飲まない人が多く、お酒の代わりの嗜好品として、甘〜いスイーツが好まれるということもあります(同じ理由からイスラム圏も甘いスイーツが多いです)。

 

極甘なインドスイーツ、初めて食べる時は、「うわっ!」となりますが、スパイシーなインド料理をいただいた後のお口直しとして、甘〜いスイーツはかなりベストマッチ♪

慣れると結構病みつきになります★

●グラブジャムン(Gulab jamun)

永田町、エリックサウス 東京ガーデンテラス店『エリックサウス 東京ガーデンテラス店』のグラブジャムン

 

「グラブジャムン(Gulab jamun)」は、ボール状の揚げドーナツを甘々のシロップで漬け込んだ、世界一甘いとの呼び声も高いインドのデザート。

「コア」と呼ばれる濃縮したミルクに、小麦粉や砂糖を混ぜ、直径3センチほどのボール状にし、ギーで揚げて、最後に砂糖水シロップ(グリーンカルダモン、ケウラ、ローズウォーター、またはサフランで香り付けしたシロップ)の中に漬けて出来上がり。

インドで初めて食べた時は、「これはさすがに甘過ぎ!」と思いましたが、今では大好物!

東京八重洲、ダバ・インディア『ダバインディア』のグラブジャムン

西葛西、アムダスラビー『アムダスラビー』のグラブジャムン

神保町、三燈舎『三燈舎』のグラブジャムン

サラヴァナバワン【タイ・チェンマイ⑨】『サラバナ・バワン』のグラブジャムン

 

インド料理店で、デザートに「グラブジャムン」が出てくる率はかなり高いです。

本場インドでも、よく見掛けます(北インドで見掛けることが多いです)。

ちなみに、グラブジャムンの「グラブ」という言葉は、ペルシア語の「gol(花)」と「ab(水)」に由来し、ローズウォーターの香りのシロップを指すそうで、「グラブジャムン」は、西アジアから伝わったスイーツのようです。

浅草、サウスパーク『サウスパーク』のグラブジャムン

淡路町、アロマズ オブ インディア『アロマズ オブ インディア』のグラブ・ジャムーン&アイスクリーム

 

お店によっては、グラブジャムンにアイスクリームを添えたバージョンが提供されることもあります。

このアイスクリームは、レディーボーデンのアイスが使われているのが多い感じ。

甘甘のグラブジャムンに、意外とさっぱりと感じるアイスがなかなかの組み合わせ★

大久保、ナングロガル『ナングロガル』のラルモン

新大久保、ソルマリ『ソルマリ』のラスグッラ

 

こちらは、ネパール料理屋さんで出てきた、シロップではなく、ヨーグルトに漬った「グラブジャムン」

「ラルモン」は、「グラブジャムン」のネパール名であるとのこと。

また、「ラスグッラ」は、主に東インドで食べられている、グラブジャムンのボールを揚げないで作るバージョンのスイーツです。

上の写真の「ラスグッラ」は、ベンガル産とオリッサ産の2種類あり、色が茶色なのはオリッサ産のもの。

西葛西、トウキョウミタイワラ『トウキョウミタイワラ』のラスグッラ&ラージボッグ

 

こちらが、白い色のベンガル の「ラスグッラ」

ちなみに、オリッサ州と西ベンガル州は、それぞれ、自分たちの州こそが「ラスグッラ」の発祥の地であると主張して、論争を続けているのだそう。

●クルフィ(Kulfi)

大塚、やっぱりインディア『やっぱりインディア』のクルフィ

 

「クルフィ(Kulfi)」は、エバミルク(無糖の練乳)に砂糖、カルダモン、サフラン、ローズウォーター、ピスタチオ、ドライフルーツなどを入れて煮詰め、超低温で凍らせたデザートです。

ちなみに、インドでは「マトカ」という陶器製の型に入れて凍らせるのだとのこと。

「クルフィ」は、16世紀のムガル帝国で生まれたと考えられていて、現在ではインド以外でも、スリランカ、パキスタン、バングラデシュ、ネパール、ミャンマー、中東などでも広く食べられているのだそう。

日本のインド料理店でも、デザートとしてよく提供されます。

桜新町、砂の岬『砂の岬』のクルフィ

三軒茶屋、サンバレーホテル『サンバレーホテル』のクルフィ

本郷三丁目、桃の実『オリエンタルビストロ 桃の実』のクルフィ

逗子、スパイスツリー『スパイスツリー』のクルフィ

神保町、三燈舎『三燈舎』のクルフィ

鎌倉、亀時間(昼かめ)『Bar ヨルカメ』のクルフィ

 

「クルフィ」は、インドに多いベジタリアンの人でも食べられるようにと、卵を使っていないのが特徴。西洋のアイスクリームと違い、お味はさっぱりしています。

「クルフィ」は、加糖して風味付けをした牛乳を、絶えずかき混ぜながら分量が3分の2程度になるまで時間をかけて煮詰め、脂肪分やタンパク質、乳糖などの成分が濃くなるよう濃縮して作られます。

そのため、氷の結晶ができず、独特のなめらかな口当たりとなります。

美味しいです。クルフィ♪

六本木、サイファ・ケバブ・ビリヤニ『サヒファ(サイーファ) ケバブ アンド ビリヤニ』のピスタチオクリフィ

渋谷、エリックサウスマサラダイナー『エリックサウスマサラダイナー』のナプラタンクルフィ

 

「クルフィ」には、様々なフレーバーがあります。

メジャーなのは、マンゴーやピスタチオ、ローズ味のクルフィ。最近はリンゴ、オレンジ、イチゴ、ピーナッツ、アボカドなどの新しいフレーバーもあるそう。

写真の「ナプラタンクルフィ」は、水切りヨーグルト(シュリカンド)にドライフルーツやチョコレートをちりばめたムースを凍らせたアイスケーキ風のクルフィです。

さっぱりアイスに酸味のあるベリーがマッチしてます♪

●キール(Kheer)・パヤサム(Payasam)

カーンケバブビリヤニ