2015-08

スポンサーリンク
エスニック音楽

セネガルの才人、「シェイク・ロー」来日公演♪(in 渋谷WWW)

西アフリカ、セネガルの才人「シェイク・ロー」。セネガル生まれのポップス「ンバラ」をベースとしつつ、独自の音楽世界を作り続けてきたワールドミュージック界のカリスマのひとりです。そんな彼が初来日!渋谷WWWで行われた「シェイク・ロー」来日公演の模様をお伝えします♪
南インド料理

【閉店】南インドミールスとビリヤニのお店『いちじく』@吉祥寺

吉祥寺の北口から徒歩15分ほど、吉祥寺東町の交差点を女子大通りに沿って東に100mほど進んだ左手に『いちじく』はあります。このお店、2015年7月30日にオープンしたばかりの出来立てほやほやのお店。吉祥寺初の”本格南インドミールス”が食べられるお店です。
南インド料理

美味しいティファンが食べられる南インド料理店『なんどり』@荒川遊園地前

都電荒川線の荒川遊園地前駅から徒歩200mほどの場所に『なんどり』はあります。このお店、「知る人ぞ知る」という言葉がぴったりの隠れ名店。南インド料理好きの、南インド料理好きによる、南インド料理好きのための、南インド料理店です❗️
スリランカの旅

電飾の象が練り歩く!キャンディで見た「ペラヘラ祭り」【スリランカ】

スリランカ中部にある古都「キャンディ」。この町で、毎年エサラ月(7〜8月)の新月から満月にかけて、スリランカ最大のお祭りが行われます。「ペラヘラ祭り」(Esala Perahera)です。その魅力と見どころをご紹介します❗️
南インド料理【レシピ】

【レシピ】南インド料理には欠かせないスープ状のカレー「ラッサム」

南インド料理には欠かせない、さらさらのスープ状のカレー『ラッサム』。黒コショウがピリっと効いて酸味のあるカレーは、食欲をそそります。私もとても好きなカレーです♪かなり黒いスープになってしまいましたが、お味はなかなか美味しかったですよ!
タイ料理

落ち着いて本格タイ料理が食べられるお店『スクンビット ソイ 55』@西新宿

新宿三井ビルに「ケチャまつり」を観に行った際、近くで夕食のお店を探していた時に見つけたお店。同じ三井ビル内にあるタイ料理のお店『スクンビット ソイ 55(Sukhumvit Soi 55)』です。最近、TBS「新チュウボウですよ!」で紹介されたそうです。
南インド料理

毎日食べても飽きない!南インド料理のミールス『ケララの風II』@大森

JR京浜東北線大森駅から徒歩7分。大田区山王のウィロード山王商店街の一角に『ケララの風II』はあります。この『ケララの風II』、連日行列ができるほどの人気店。それもそのはず、この『ケララの風II』は、南インド料理好きにとっては、とってもスペシャルなお店なのです。
エスニック・フェス

西新宿の高層ビル街でバリ島の伝統舞踊劇を観る「ケチャまつり」

8月5日(水)~9日(日)、新宿三井ビル 55HIROBA で『芸能山城組ケチャまつり』が行われました。この『芸能山城組ケチャまつり』は、今年で40回目になるそうです。5日間、お昼から夜まで、演奏や合唱、舞踊を楽しむことができます。しかも、入場無料なんです!!
スリランカの旅

キャンディの仏歯寺で象たちを見る【スリランカ】

スリランカ中部の山々に囲まれた盆地にある町「キャンディ」。ここは、スリランカの仏教の中心地。スリランカの仏教徒にとって、最も重要なお寺「ダラダー・マーリガーワ寺院」、通称「仏歯寺」のあるところです。キャンディに到着した私は、さっそく「仏歯寺」に行ってみることにしました。
エスニック音楽

♪シェイク・ロー/バルバロウ Balbalou(Cheikh Lo)

遅咲きのすごい歌手、シェイク・ロー。「シェイク・ロー」は、1955年、セネガルの隣国ブルキナファソ第二の都市「ボボ・ディウラッソ」に生まれました。両親はセネガル人です。シェイク・ローの音楽は、ハイブリッドでバラエティーに富んでいるのが特徴です。
世界の市場

キャンディ・マーケット(スリランカ・キャンディ)【市場・バザール】

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、スリランカ・キャンディ、キャンディ・マーケットです。
南インド料理

カフェ風のお店で本格南インド料理を『ヴェヌス(Venu’s)』@錦糸町

錦糸町に、今年(2015年)の6月にオープンしたばかりの評判の南インド料理屋さんがあるということで、行ってみました。 銀糸町駅の北口から5分もかからないくらいのところに、南インド料理屋らしからぬ、カフェ風のお店『Venu's(ヴェヌス)』がありました。
スリランカの旅

コロンボからキャンディへ、列車の旅【スリランカ】

コロンボからキャンディまでの列車の旅。予約した列車は、9:50分発のキャンディ行き急行列車。キャンディまでは、所要約3時間の行程です。列車は山の風景をゆっくりと進んでいきます。なかなかの風景です🌟車中では、同じボックスシートに座ったスリランカの方々の親切にふれることができました😊
スリランカの旅

キャセイパシフィックで夜のコロンボに到着!【スリランカ】

キャセイパシフィックに乗り香港経由でスリランカ最大の町「コロンボ」に到着❗️コロンボに着いたのは深夜でした。コロンボ市内をタクシーはひた走っていき、約1時間ほどして、市内の中心部にあるホテル「グランドオリエンタルホテル」に到着しました❗️
ギリシャの旅

岸壁の上に白い街並みが並ぶエーゲ海の島「サントリーニ島」【ギリシャ】

「サントリーニ島」は火山の噴火によって出来た島で、島は三日月形をしています。三日月の輪の海の中に火山がぽっかりとあります。建物は岸壁の上に建てられています。白壁で、屋根や扉が青い色で塗られている統一感のある景観が形作られています。遠くから見ると岩山に雪が積もっているような、そんな風景です。
ギリシャの旅

アクロポリスの「パルテノン神殿」とスニオン岬の「ポセイドン神殿」【ギリシャ】

「アテネ」はギリシャの首都。紀元前20世紀頃南下をはじめた民族の一派、イオニア人によって造られた町です。古代ギリシア時代にはアテナイと呼ばれていたそうです。アテナイはエーゲ海や黒海を舞台に海上交易を盛んに行い、地中海に多くの植民都市を造るなど次第に地域の盟主のひとつとなっていきました。
ギリシャの旅

古代オリンピック発祥の地、世界遺産「オリンピア」【ギリシャ】

ギリシャ、ペロポンネソス半島西部にある「オリンピア」。古代オリンピックは紀元前776年、ここで始まったと言われています。「オリンピア」には、1スタディオン(約191m)を走る短距離走の競技場などが残されていて、世界遺産にも登録されています。
南インド料理

都内で食べるインド屋台スナックのお味『アールティ 』@秋葉原

秋葉原。地下鉄日比谷線秋葉原駅から徒歩1分。神田川沿いのビルの2階に『アールティ (Aarti)』はあります。このお店、インドの屋台スナックをお酒を飲みながら居酒屋風に味わえるお店として有名。秋葉原のインド料理屋の中でも、美味しさ、オリジナリティー含めピカイチのお店のひとつです✨
南インド料理

フランスの風を浴びた「ポーンディー・ミールス」『ケララバワン』@練馬

練馬の南インド料理屋さん『ケララバワン』で、スペシャルメニューをお勧めされました❗️ 「ポーンディー・ミールス」、南インドのポンデッチェリ地方のミールスだそうで、期間限定の週末スペシャルメニューであるとのこと。
南インド料理

インド料理の奥深さを味わえる珠玉の名店『コチンニヴァース』@西新宿

西新宿、新宿中央公園の北を通り、熊野神社前の交差点から路地を少し入ったところ。一見、古びた大衆居酒屋っぽい店構えですが、ここが、インド料理通やグルメな人たちの舌を幾度も唸らせてきた、知る人ぞ知る珠玉の名店、『コチンニヴァース(COCHIN NIVAS)』です🌟
スポンサーリンク