《SUNSET》世界の夕日と夕焼け写真まとめ【アジア・アフリカ・アメリカ】

世界中、どんな所でも、都会でも山林でも住宅街でも、スラムでも被災地でも紛争地でも、また今日も夕日は沈みます。

夕日を浴びた光景は美しく、そして、圧倒的です。

人々は、この光景を見た瞬間、ふと足を止め、仕事の手を休め、読んでいた本を閉じ、盛り上がっていた会話を中断させ、太陽が生み出す一大スペクタクルをじっと眺めるのです。

世界の日没の風景、ご紹介します。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

世界で一番美しい風景、それは夕日を浴びた光景です。

トルコ:イスタンブール(ガラタ橋の夕日)

イスタンブールの夕陽

トルコ、イスタンブールの夕陽です。

夕暮れ時、何千とあるジャーミィの尖塔から響き渡る、礼拝の呼び声(アザーン)。

その呼び声は海峡中に反響し、数千年の歴史を持ったこの町の日没を演出します。

イスタンブールの夕陽

イスタンブール、ガラタ橋の夕陽。

ガラタ橋には、毎日大勢の人が釣りをしています。彼らは釣りを生業とする人々。

夕暮れ時、そろそれ仕事を切り上げる時間です。

詳細はこちら→アジアとヨーロッパを繋ぐ文明交差点「イスタンブール」【トルコ】

アジアとヨーロッパを繋ぐ文明交差点「イスタンブール」【トルコ】
イスタンブールは、ヨーロッパとアジアの接点にある、この世に2つとない街です。ヨーロッパサイドである旧市街と金閣湾の向こうに見える新市街、ボスポラス海峡を挟んだ向こう側のアジアサイド。夕暮れの海峡を眺め、チャイの甘さを味わいながら、私は、「イスタンブールに来たんだ!」という思いを噛み締めていました。

トルコ:パムッカレ(石灰棚からの夕日)

パムッカレの夕陽

トルコ、パムッカレの夕陽。

水を湛えた石灰棚で有名なパムッカレ。夕暮れ時、真っ白だった石灰棚は、白からオレンジ、オレンジから紅、紅から紫へと徐々に色を変えていきます。

詳細はこちら→真っ白な石灰棚の丘「パムッカレ」は夕暮れ時も綺麗【トルコ】

真っ白な石灰棚の丘「パムッカレ」は夕暮れ時も綺麗【トルコ】
真っ白な石灰棚の丘「パムッカレ」。夕方、パムッカレの石灰棚で夕陽を見ました。昼間のうちから「ここは夕暮れ時は絶対に美しいに違いない」と思い、楽しみにしていたのです。案の定、その景観は息を呑むほど素晴らしいものでした。

エジプト:ギザ(ピラミッドの夕日)

ギザの夕陽

エジプト、ギザの夕陽。

ギザの町の西端に位置するピラミッド。その向こうは広大なサハラ砂漠です。

巨大な四角錐のシルエットの向こう、砂漠の地平線に、かつて神と崇められた太陽が沈んでいきます。

詳細はこちら→クフ王、カフラー王、メンカウラー王、ギザの三大ピラミッド【エジプト】

クフ王、カフラー王、メンカウラー王、ギザの三大ピラミッド【エジプト】
ギザの三大ピラミッド(Giza:الجيزة Pyramids:أهرامات الجيزة)。世の中にこれほど見事なランドマークがほかにあるでしょうか。砂漠の中に立つ3基のピラミッドは圧倒的な存在感!人類史上最も有名な建造物といっていいかもしれません。

イエメン:アデン(アラビア海の夕日)

アデンの夕陽

イエメン、アデンの夕陽。

アラビア半島南端の通商の要衝、アデン。詩人アルチュール・ランボーが過ごした町でもあります。

海の向こうは、もうアフリカ。

詳細はこちら→アデンの町で見た、アラビア海に沈む夕陽とベリーダンス【イエメン】

アデンの町で見た、アラビア海に沈む夕陽とベリーダンス【イエメン】
イエメンの首都サナアからバスで、アラビア海に面した港町「アデン」へと向かいました。アデンではアラビア海に沈む夕陽を眺め、ベリーダンスのショーを見ることができました!

バングラデシュ:ダッカ(ショドルガットの夕日)

ダッカの夕陽

バングラデシュ、ダッカの夕陽。

定期運行船、ロケット・スティーマーがダッカの港を出港していきます。

ごちゃごちゃと猥雑なダッカの街、夕暮れ時は街全体がオレンジ色に染め上げられます。

詳細はこちら→ダッカ出航!外輪船「ロケット・スチーマー」の船旅【バングラデシュ】

ダッカ出航!外輪船「ロケット・スチーマー」の船旅【バングラデシュ】
首都「ダッカ」から南部の様々な町を経由して南西部の「クルナ」へと向かう定期航路「ロケット・スチーマー」。世界唯一の定期航路の「外輪船」です。ダッカからクルナまでは約26時間の行程です。同じ行程をバスで行くとたったの8時間ですが、川の国であるバングラデシュを移動する手段としては、やっぱり船がふさわしいです。

セネガル:ダカール(大西洋に沈む夕日)

ダカールの夕陽

セネガル、ダカールの夕陽。

ダカールの浜辺では、夕暮れ時、多くの青年たちがランニングやストレッチなどを行っていました。

日の沈む向こうは、大西洋、そして、アメリカ大陸です。

詳細はこちら→セネガルの首都「ダカール」の黄色の海岸で、大西洋に沈む夕陽を眺める【セネガル】

セネガルの首都「ダカール」の黄色の海岸で、大西洋に沈む夕陽を眺める【セネガル】
セネガル、ダカールの浜辺では、大勢の若者たちがランニングをしたり、腕立てやスクワットをしたり、サッカーを楽しんでいました。夕暮れ時、大西洋の海にアフリカの夕陽が沈んでいきました。

インド:アグラ(タージマハルの夕日)

アグラの夕陽

インド、アグラ、タージ・マハルの夕陽。

タージ・マハルの裏手にあるヤムナー川の対岸に行き、夕陽を眺めました。

夕暮れ時の、青紫色に染まったタージの姿です。

アグラの夕陽

タージ・マハルの夕暮れ時のシルエットです。

自転車で川沿いに行った時、このシルエットを目にしました。

まさに、息を飲む美しさ。

詳細はこちら→白亜の殿堂「タージマハル」!シャージャハーンが建てた愛の証【インド・アグラ】

白亜の殿堂「タージマハル」!シャージャハーンが建てた愛の証【インド・アグラ】
世界で一番美しい建物「タージ・マハル」。間近で見るタージは想像以上に巨大でした。タージ・マハルは、ムガル皇帝の妃の墓。たったひとりの妃のためだけに建てられた建物なのです。 日中の白亜に輝く姿も、夕焼け空に浮かび上がる神秘的なシルエットも魅力的!

インド:コヴァーラムビーチ(椰子の木の海岸の夕日)

コヴァーラムビーチの夕陽

インド、コヴァーラム・ビーチの夕陽。

椰子の木のシルエットの向こうに沈む夕陽です。

南インドの海岸。アラビア海に沈む夕陽を眺めるため、人々は毎日のように海岸を訪れます。

詳細はこちら→「椰子の国」ケララ州の楽園「コヴァーラム・ビーチ」の海【南インド】

「椰子の国」ケララ州の楽園「コヴァーラム・ビーチ」の海【南インド】
「コヴァーラム・ビーチ」は、インド最高のビーチと言われることもあるリゾート。だけど、実際行ってみると海と椰子の森があるだけの素朴なビーチでした。でも、そこが「コヴァーラム・ビーチ」のいいところです。

インド:ジャイサルメール(砂漠に沈む夕日)

ジャイサルメールの夕陽

インド、ジャイサルメールの夕陽。

ジャイサルメールの城塞を遠目に見るビューポイント。夕陽は城塞と反対側の、パキスタンへと続く広大な砂漠に落ちていきました。

詳細はこちら→ジャイサルメールのハヴェリー(貴族の邸宅)【インド・ラジャスタン】

ジャイサルメールのハヴェリー(貴族の邸宅)【インド・ラジャスタン】
ジャイサルメールには、精緻な装飾によって飾られた「ハヴェリー」(邸宅)があります。隊商路として栄えたジャイサルメールには莫大な富がもたらされ、商人や貴族たちは競って華麗な装飾を持った豪華な邸宅を建てました。それが「ハヴェリー」です。

インド:ゴア(旅人の楽園の夕日)

ゴアの夕陽

インド、ゴアの夕陽。

バガ・ビーチの砂浜には、夕陽を見る人々がたくさん。

享楽的な西欧人ヒッピーも、地元のゴアのインド人も、沈む夕陽をじ〜っと眺めていました。

詳細はこちら→黄金のゴア!パナジの街とオールド・ゴア、そして、ビーチ【南インド】

黄金のゴア!パナジの街とオールド・ゴア、そして、ビーチ【南インド】
ゴアは、1961年までポルトガルの植民地でした。16世紀にポルトガル人が来訪して以来、長い間ポルトガルの統治下にあったゴア。ここは他のインドの町とは随分と違った、インド文化と西洋文化が混じった独特な雰囲気があります。

シリア:パルミラ(砂漠の岩山に沈む夕日)

ペトラの夕陽

シリア、パルミラの夕陽。

パルミラ遺跡の周囲には広大な砂漠とテーブルマウンテンが広がっています。

そのだ〜れもいない砂漠の中に、夕陽はぽつんと沈んでいきました。

詳細はこちら→朝、パルミラの遺跡には誰もいませんでした。世界遺産パルミラ遺跡をひとり占め!【シリア】

朝、パルミラの遺跡には誰もいませんでした。世界遺産パルミラ遺跡をひとり占め!【シリア】
朝、パルミラ遺跡に向かうと、遺跡には人の姿がまったくありませんでした。パルミラ遺跡をひとり占めです! 夕方、パルミラ遺跡を見下ろす丘の上にあるアラブ城に登りました。眼下に広がる遺跡と広大な砂漠、その向こうに太陽が沈んでいきました。

台湾:九份(ノスタルジックな街に沈む夕日)

九份の夕陽

台湾、九份の夕暮れ。

観光客でごった返す九份の町、せわしなく動き回る彼ら(私含め)ですが、この夕暮れ風景を見ると、しばし立ち止まってうっとり。

詳細はこちら→赤い提灯が並ぶ、ノスタルジック風情満点の「九份」の街【台湾】

赤い提灯が並ぶ、ノスタルジック風情満点の「九份」の街【台湾】
「九份」は、台湾を紹介する本やガイドブックに必ず載っている人気の観光地。赤い提灯がたくさん吊り下げられたレトロな建物の並ぶ街のたたずまいが人気で、日本からも多くの観光客が訪れます。さて、「九份」のメインストリート、レトロな風情の漂う「基山街」を歩いてみましょうかー。

モロッコ:メルズーガ(サハラ砂漠の夕景)

メルズーガの夕陽

モロッコ、メルズーガ砂漠の夕暮れ。

砂漠の夕暮れ。砂丘は陽の傾き具合によって、その色をどんどん変えていきます。

そして、陽が沈み切ったとき、砂漠は漆黒の闇に包まれ、ガイドなしでは自分の居場所すらわからなくなるのです。

詳細はこちら→サハラ砂漠での一夜 in メルズーガ【モロッコ】

サハラ砂漠での一夜 in メルズーガ【モロッコ】
「メルズーガ」に到着したのは、夕方の17時頃。辺りはすでに夕暮れの雰囲気で、向こうに見えるサハラの砂丘も夕陽を浴びてオレンジ色に染まってきていました。そんな風景の中をラクダに乗って、一路サハラ砂漠の中へと進んでいきます。

ラオス:ルアンパバーン(メコン川の夕日)

ルアンパバーンの夕陽

ラオス、ルアンパバーンの夕陽。

メコン川の中流域、のんびりとした山間の町に夕陽が沈みます。

これから屋台に行って、肉串を食べながらラオビールでも飲もうかな。そんな時間です。

詳細はこちら→「ワット・シェントーン」のお寺と古都ルアンパバーンの町【ラオス】

「ワット・シェントーン」のお寺と古都ルアンパバーンの町【ラオス】
ラオスの古都「ルアンパバーン」。「ルアンパバーン」は、ラオスの歴代の王国の都としての長い歴史を持っています。町には80もの寺院がひしめき、往時の繁栄を感じさせます。ルアンパバーンのシンボルともいえる寺院「ワット・シェントーン」です。

ミャンマー:バガン(広大な遺跡に沈む夕日)

パガンの夕陽

ミャンマー、バガンの夕陽。

広大な平原に無数の仏塔が林立し、それが夕陽を浴びてシルエットを形作っています。

詳細はこちら→地平線の果てまでパゴダが並ぶ!雄大なバガン遺跡の夕日【ミャンマー】

地平線の果てまでパゴダが並ぶ!雄大なバガン遺跡の夕日【ミャンマー】
夕方、馬車でシュエサンドー・パヤーに向かい、夕陽が沈むのを見ました。夕方、ニャウンウーの町で馬車をチャーター(7000K:700円)。バガン遺跡の夕陽を見に、サンセット・ポイントである「シュエサンドー・パヤー」に向かいます。

ウズベキスタン:ヒヴァ(イチャン・カラから見た夕日)

ヒヴァの夕陽

ウズベキスタン、ヒヴァの夕陽。

イチャン・カラの城壁の上には、夕暮れ時、多くのツーリストたちが集まってきていました。

詳細はこちら→砂色の城壁と青のタイルの町、ヒヴァ、イチャン・カラ【ウズベキスタン】

砂色の城壁と青のタイルの町、ヒヴァ、イチャン・カラ【ウズベキスタン】
朝起きたら、そこはヒヴァ!中世の面影を残す砂色の界隈をぶらりと歩きました。中央アジアの国、ウズベキスタン。その首都であるタシケントから西に約750Kmのところにヒヴァの町はあります。

ペルー:アレキパ(白い町に沈む夕日)

アレキパの夕陽

ペルー、アレキパの夕陽。

標高2300メートルの白い町、アレキパ。

夕暮れ時、石畳の街路には長い影が伸び、夕陽を浴びて白い街並みはオレンジ色に染まります。

詳細はこちら→世界遺産「アレキパ」ミスティ山に抱かれた白い街【ペルー】

世界遺産「アレキパ」ミスティ山に抱かれた白い街【ペルー】
富士山みたいなミスティ山に抱かれた白い町「アレキパ」。その中心となっているのが「アルマス広場」です。広場はいつでも人々が集う市民の憩いの場です。ベンチに座ってのんび~りできます。

タイ:コタオ(南の島に沈む夕日)

コタオの夕陽

タイ、コタオの夕陽。

タイランド湾に浮かぶ島、タオ島の日没。

波の寄せ返す音と、虫の鳴き声を聞きながら、太陽が沈み切るまでぼ〜っと眺めていました。

詳細はこちら→タイ南部の島、「コ・タオ」(タオ島)の透き通るような海【タイ】

タイ南部の島、「コ・タオ」(タオ島)の透き通るような海【タイ】
透き通るような「コ・タオ」の海。 一面に広る真っ青な海が見えるタオ島の風景。日差しが焼けるように熱いのになぜかとても涼しげです。

アメリカ:ニューヨーク(マンハッタンの夕日)

ニューヨークの夕陽

アメリカ、ニューヨークの夕陽。

エンパイア・ステートビルの屋上からマンハッタンに沈む夕陽を眺める人々。

はるか麓からは、車のクラクションやサイレンの音など都市のBGMが聞こえてきます。

ギリシャ:サントリーニ島(エーゲ海の夕日)

サントリーニの夕陽

ギリシャ、サントリーニ島の夕陽

エーゲ海の島、サントリーニ島に夕陽が沈みます。

カルデラの断崖の上にあるこの町では、夕陽の光景が見事。島じゅうの観光客が夕陽を見に集まります。

詳細はこちら→岸壁の上に白い街並みが並ぶエーゲ海の島「サントリーニ島」【ギリシャ】

岸壁の上に白い街並みが並ぶエーゲ海の島「サントリーニ島」【ギリシャ】
「サントリーニ島」は火山の噴火によって出来た島で、島は三日月形をしています。三日月の輪の海の中に火山がぽっかりとあります。建物は岸壁の上に建てられています。白壁で、屋根や扉が青い色で塗られている統一感のある景観が形作られています。遠くから見ると岩山に雪が積もっているような、そんな風景です。

今日もどこかで陽が沈み、人々は眺める

旅先って夕陽を眺める機会が結構多いものです。

夕陽を眺めている人を見ると、一様にうっとり、穏やかな表情をしていました。

世の中、いろんな問題がありますよね。不幸な出来事も多いです。

でも、日没の瞬間だけは、その圧倒的なスペクタクルを眺めることで、全てを忘れてしまえるのです。

今日もどこかで人々が、大切な人と肩を寄せ合いながら、または、ひとりで物思いに耽りながら、夕陽が沈むのをうっとりと眺めていることでしょうー。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク