お肉を一切使用しないインド料理が食べられる『ベジキッチン』@仲御徒町

御徒町界隈には、南インド料理が食べられるお店が結構あります。

今回伺ったのは、お店の名前通り、お肉を一切使用していないベジ料理のお店『ベジキッチン』です。

お店の看板には、「北・南インド、中国、コンチネンタルレストラン」と書かれていました。

仲御徒町 ベジキッチン

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

お肉を使わないベジミールのお店『ベジキッチン』

野菜を連想させる緑色の外観です。周りには、お店などがほとんどないひっそりとしたところにありました。

お店に入ると、夕方の開店直後だったためまだお客さんは誰もいず、インド人の店員さんたちが談笑していました。

メニューを見てみると、、

仲御徒町 ベジキッチン

カバブなども全部大豆やお野菜を使ったもの。完全にベジ料理なんですね!

中華料理や、パスタとかもメニューにありましたよ。

ビールは、初めて飲むインドビール『ヘイワーズ5000』(HAYWARDS 5000)。アルコール度数が7.5%と、他のインドビールに比べると高いですね。

仲御徒町 ベジキッチン

炭酸が効いていて、甘い感じがします。

仲御徒町 ベジキッチン

お通しとして出てきたのが、「パパド」。パリパリの食感がなんともいえず美味しくて好きです。添えられた緑色のソースがとっても辛かった(><)おいしかったけど。。

仲御徒町 ベジキッチン

『ベジシークカバブ』・・・スパイスで味付けた野菜、じゃがいも、大豆の窯焼き。

カバブ(ケバブ)というと、串焼きのお肉というイメージなので意外でしたが、大豆の味がしっかりしていて、スパイスも効いていて美味しかったです!

仲御徒町 ベジキッチン

『北ターリー』・・・3種のカレー(サンバル・ラッサム・バジャクジャンブ)、ロティ、ライス、デザート、ヨーグルト、ソフトドリンク(チャイ)

カレーは、サンバルとラッサムは固定で、もう1種類を6種類くらいの中から選べるようになっています。選んだのは、バジャクジャンブというカレー。トマトベースの南インドなすカレーです。

仲御徒町 ベジキッチン

写真左から、バジャクジャンブ・ラッサム・サンバルです。

バジャクジャンブは、トマトの酸味が効いていて、食べやすくとっても美味しかったです!

ラッサムとサンバルは、安定のおいしさでした。

仲御徒町 ベジキッチン

ロティというパンは、見た目も味もチャパティにとても似ています。違いは分からないのですが、ロティのほうが、ちょっとしっとりしてるかなぁという感じ。バスマティライスとロティが2枚もついていたので、かなりボリュームがあります。

仲御徒町 ベジキッチン

そして、デザートはかぼちゃのような甘いケーキ? お腹いっぱいだったこともあり、甘いものはもうムリ。。。一口しか食べられませんでした。

最後に、ヨーグルトでサッパリと。

仲御徒町 ベジキッチン

『南ターリー』は、ダルタルカ(写真一番左のカレー)をチョイス。レンズ豆のスパイシーカレーです。

レンズ豆が濃厚でまろやかで、こちらもとても美味しかったです!

食後のソフトドリンクには、ホットチャイを。

仲御徒町 ベジキッチン

かわいらしいカップで出てきました♪ 甘くてホッとするお味。チャイはやっぱり美味しいですね☆


こちらの『ベジキッチン』、目立たない場所にありますが、お客さんはインドの方が多いみたいです。この時、私たち以外はみんなインド人のお客さんで、常連さんっぽかったです。

メニューもたくさんあり、インド料理だけでなく、中華とコンチネンタル料理もあるので、色々食べられます。

今回いただいたターリーは、1,900円でボリュームもたっぷりで、もちろんおいしいのでオススメです!

そうそう、店内のテレビではNHKの相撲中継が流れていて、不思議な感じでした(笑)


ベジキッチン

関連ランキング:インド料理 | 仲御徒町駅御徒町駅新御徒町駅

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク