パクチーマシマシ!ティーヌン監修の元祖トムヤムラーメン(カップラーメン)

トムヤムクン味のカップラーメンと言えば、日清の「トムヤムクンヌードル」

2014年4月に発売されるやいなや、生産が追いつかなくなるほどの売れ行きで、一時販売中止になったのは有名な話。

今では、日清カップヌードルの定番商品のひとつになっていて、この成功に追従して、いろいろなメーカーがトムヤム味のカップラーメンを発売しています🍜

だけど、そんな、トムヤム味のラーメンにも、元祖があります。

そう❗️日本(世界?)で初めてトムヤムスープにラーメンを入れて売り出したお店「ティーヌン」です🌟

2016年4月4日、エースコックから発売された「ティーヌン」監修のカップラーメン、「ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン」(205円)を食べてみたので、レポートします😊

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

パクチーマシマシ🌿日清のよりも本場感あり❗️

元祖トムヤムラーメン真っ赤でインパクト抜群のパッケージ

「ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン」のパッケージです。

見てください❗️

真っ赤なバックに、黄色ででっかく書かれた「元祖 トムヤム」の文字✨

インパクト抜群です❗️

タイ料理屋「ティーヌン」は、まだタイ料理が日本で一般的でなかった1992年、高田馬場の早稲田通りにオープンしたお店。

お店のオーナーは、タイ料理に惚れ込んだという日本人の方です。

タイの代表的なスープ「トムヤム」と日本で親しまれている「ラーメン」をコラボしたいと考え、試行錯誤の上で生まれたのが「トムヤムラーメン」なのだとのこと。

「ティーヌン」が生み出した「トムヤムラーメン」

そもそも、本場タイには「トムヤムラーメン」はなかったそうなのですが、いつしかこれがタイ本国にも伝わり、現在ではタイで一般的なメニューになっているのだとか。

本国タイの食生活にも影響を与えてしまうなんてびっくり❗️

まさに、”元祖”「トムヤムラーメン」です🌟

元祖トムヤムラーメンパクチーマシマシ❗️「パクチー量3倍」

「ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン」のカップを横から見たところ。

パッケージには、「パクチーマシマシ」※2015年3月発売品比「パクチー量3倍」の文字が❗️

実は、このエースコックの「ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン」、初めて発売されたのは2015年の3月。

日清の「トムヤムクンヌードル」発売のちょうど1年くらい後のことです。

日清の成功にあやかって発売したのだと思われますが、たぶん、売り上げ的にイマイチ伸びなかったのでしょう💦

1年後の2016年4月、エースコックは、「元祖トムヤムラーメン」のコンセプトと味を一新。

トムヤムクンカップラーメン市場に再チャレンジしてきました🌟

リニューアルした「元祖トムヤムラーメン」は、最近のパクチーブームを意識して、思いっ切り「パクチー押し❗️」

キャッチコピー「パクチーマシマシ」で一気に攻めてきましたー😊

元祖トムヤムラーメンパッケージの裏面には、一面に緑のパクチーが

カップの裏面を見てください❗️

2015年3月発売のパッケージにはなかった、一面の緑のパクチー写真が❗️

パクチー大好きな、パクチー女子に思いっ切り”山盛りパクチー”をアピールしています✨

元祖トムヤムラーメン上から見たところ。「ふりかけ」が載っています。

パッケージを上から見たところ。

「ふりかけ」が載っています。

この「ふりかけ」の中にパクチーが詰まっているんです。

元祖トムヤムラーメン「ティーヌン」のイメージキャラクター、トムヤムラーメンを持ったムエタイ選手

「ふりかけ」を剥がすと、「ティーヌン」のイメージキャラクター「トムヤム君」が現れます❗️

タイと言えば有名なのが、タイ式キックボクシング「ムエタイ」です。

トムヤムラーメンを手にしたムエタイ選手。

単純だけど、タイらしくてインパクト抜群のイメージキャラクターですね😊

「ティーヌン」のお店に行くと、この「トムヤム君」の絵が入った赤いTシャツを着た店員さんがお料理を作っているのが見えます。

日本にエスニック料理店は数あれど、こういうキャラクターを使っているお店ってなかなかないです。

「トムヤムラーメン」というインパクトのある商品と、「トムヤム君」というキャッチーなキャラクター。

メディア受けもいいようで、オープン以来、テレビや雑誌に数多く取材され、認知度も高まって、たぶん、「ティーヌン」、日本のタイ料理の普及にかなり貢献しています🌟

元祖トムヤムラーメン蓋を開けると、中には液体スープが

元祖トムヤムラーメン具材はエビやネギ、パクチーなど

蓋を開けると、パクチーの香りがほんのり✨

アジア〜ンな、タイの空気が漂ってきました😊

「ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン」ですが、エースコックのHPによると、

麺は、適度な弾力のある角刃のめんを使用。スープは、チキン、海老、魚醤の旨みのあるスープに、レモングラスなど複数種のスパイスを加え、ココナッツの甘みと唐辛子の辛みで仕上げ、パクチー量は3倍(2015年3月発売商品対比)。かやくは、チンゲン菜、エビ、ねぎ、赤ピーマン、パクチーを使用しているのだとのこと。

日清の「トムヤムクンヌードル」↓よりも、商品の概要も見た目もちょっとリッチな感じ🌟

うまいと評判のトムヤムクンヌードル食べてみた!
トムヤムクンヌードル レモングラスの爽やかな香り、スープを飲めばもうタイ気分! 前から気になっていた、日清の「トムヤムクンヌードル」 コンビニにたくさん並んでいたのを発見し、思わず購入。食べてみましたー♪

さてさて、そろそろ準備に取り掛かりましょう〜😊

お湯を入れて・・・

お箸をカチカチ叩きながら待つ事、1分、2分、3分・・・。

元祖トムヤムラーメン出来上がり〜😊

出来上がり〜😊

辺りに漂うハーブ&スパイシーなトムヤムスープの香り🌿

これは、なかなか期待できそう❗️

元祖トムヤムラーメン「液体スープ」投入❗️

そして、茹で上がったところで、「液体スープ」投入❗️

ドロッとした赤い色のスープ、いかにも辛そうです🔥

元祖トムヤムラーメン「ふりかけ」投入❗️

さらに、お次は「ふりかけ」投入❗️

ドライパクチーがたっぷり入った「ふりかけ」、パクチーづくしです🌿

さあ、いただきましょう❗️

まず、スープを啜って、麺をひと口ずるずると。

日清の「トムヤムクンヌードル」と違って、角刃のめんは食べ応えあり。

麺がしっかりしています。

スープは、酸っぱ辛いトムヤムの味。

うん、おいしい😋

これ、しっかりトムヤムしてます❗️「ティーヌン」の味です❗️

そして、何よりも、パクチーの味と香りがすごい❗️❗️

さすが、「パクチーマシマシ」「パクチー量3倍」

お口の中が、もうタイ気分❗️

さすが、元祖トムヤムラーメンの「ティーヌン」が監修しただけあって、日清の「トムヤムクンヌードル」に比べて、タイ度はかなり高い感じ❗️

商品のキャッチの通り、パクチーの味と香りが前面に出ているところも、エスニック料理好きとしては二重丸💮

日清の「トムヤムクンヌードル」よりも、よりタイ料理好き、ディープ層向けとう味わいでしたが、パクチーがお好きな方なら好きな味だと思います😋

売っているお店はあまり多くないけれども、パクチーフリークなら、見つけたら「買い」です❗️

うまいと評判のトムヤムクンヌードル食べてみた!
トムヤムクンヌードル レモングラスの爽やかな香り、スープを飲めばもうタイ気分! 前から気になっていた、日清の「トムヤムクンヌードル」 コンビニにたくさん並んでいたのを発見し、思わず購入。食べてみましたー♪
世界一!?日清「カップヌードル マッサマンカレー ビッグ」食べました
日清「カップヌードル マッサマンカレー ビッグ」食べました。世界一美味しいと話題のタイ南部のカレー、マッサマンカレー。今年4月に発売され大人気の「トムヤムクンヌードル」に続き、去る11月25日、日清食品から「カップヌードル マッサマンカレー ビッグ」が発売されました。
くせになるココナッツミルクの風味!カップヌードル シンガポール風ラクサ
シンガポールの国民的麺料理「ラクサ」。その「ラクサ」の現地の味を日清シンガポールが忠実に再現。まろやかな甘さのココナッツミルクをベースに、スパイスの辛味を加えたコク深いスープのヌードルが誕生しました。それが「カップヌードル シンガポール風ラクサ」です。
カップヌードル史上最強の辛さ!日清のとんがらし麺ビッグ 激辛ジャークチキン味
ここ数年、エスニックなカップヌードルを売り出し続けている日清食品。今回ご紹介するのは、日清の激辛「とんがらし麺」シリーズ。2016年1月18日に全国発売された「とんがらし麺ビッグ 激辛ジャークチキン味」(205円)です🔥商品のキャッチは、「ジャーク (邪悪) な程辛いラーメン」😈
シンガポールで買った日清食品の「カップヌードル」5種類を食べ比べ!
世界80カ国で販売されている日清食品のカップヌードル。今回はシンガポールのカップヌードルのご紹介です。シンガポールのスーパーには10種類のカップヌードルが売られていましたが、そのうちの美味しそうなものを5種類、買ってきましたー❗️さっそく、食べ比べしてみます😊
スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク