エジプトの列車旅。到着したルクソール駅ではすごい客引き合戦が!【エジプト】

※前回の記事→「オールド・カイロ」世界最初のキリスト教徒(コプト教徒)たちの町【エジプト】

エジプト(Egypt:مصر)

肥沃なナイル川の恵みに育まれ、紀元前3000年の古代エジプト文明の成立から5000年以上もの歴史を持つエジプト。

ピラミッドやスフィンクス、ルクソールの王家の谷などの古代エジプトの遺跡、中世から近世までのイスラムの中心地としてのカイロの街並み、広大な砂漠とオアシス、紅海の美しい海・・・。

見どころたくさんのエジプトです!

今回は、カイロからルクソールへの鉄道の旅!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

カイロからルクソールまで列車で移動しました。ルクソール駅では10人以上の客引きに取り囲まれました(汗)


エジプト ルクソールルクソール行きの列車

朝、6時半、私はカイロからルクソール行きのエアコン急行に乗り込みました。

1等に乗ったので、リクライニングシートでもあるし、エアコンが寒いくらいについているし、快適に過ごせました。

車窓には、小さな川や椰子の木、ひまわり畑、土色の住居、そんなものが延々と10時間ほど続きます。

夕方、5時半、列車はルクソール駅に到着。

到着した途端に客引きが大勢車内に入ってきます(汗)。

私のところにも当然客引きがやってきて、駅を出る頃には10人くらいに囲まれてしまいました(大汗)。

彼らは口々に、俺の宿に来いだの、このツアーはおすすめだのと大声でわめき散らし、腕を掴んで引っ張って行こうとします。

すさまじい客引きたちのプレゼンテーション合戦です!

どうしようもなくなった私は、ひとまず近くのチャイ屋に避難しました。

けれども、そのチャイ屋の中にまで客引きたちが追ってくる始末・・・。

とりわけ、若い天パで小太りの客引きが、相当うざかったです。

天パの客引き、宿のカードを目の前の至近距離に掲げ、腕を掴み強引に引っ張って行こうとするんです・・・。

結局、私はそいつらの宿には泊まらず、もともと決めていた宿「オアシスホテル」に投宿することにしました。

エジプト ルクソールナイル中流域の風景

ルクソールを観光したあと、私は列車でさらに南のアスワンへと向かいました。

ルクソール駅のホームで列車を待っていると、ルクソールに到着した時に出会った客引きの面々が続々とホームに集結してきました。

アスワンへと向かう列車はカイロからやってくるのです。

先日の私のような、列車でやってくる旅行者目当てに、彼らは毎日のようにここに集まってくるのでしょう。

客引きたちは私に話しかけてきます。

「どこに泊まったんだ?」「そこはどうだった?よかったか?」「ツアーはどこのを使ったんだ?どこを周った?」

と口々に聞いてきます。情報収集に余念がありません、ルクソールの客引き!

あの、うざかった天パの客引きも話し掛けてきました。

あの時はかなり腹が立ちましたが、よく見るとあどけない笑顔をした少年です。

彼とホームで並んで座りながら話をします。

「腕を掴んだり、カードを目の前にかざしたりするのは、No Good」

「日本人のお客さんは、丁寧に対応した方がとりやすいよ」

などなど、レクチャーしておきました。

列車が到着しました!

降りてくる旅行者たちに群がる客引きたち・・・。

その戦争を横目に見ながら、私は列車に乗り込みました。

列車は40分遅れで出発しました。

そして、列車は道中も遅れに遅れ、アスワンに到着したのは夜の11時半近くになっていました。

アスワン駅では、時間も時間だけに客引きはあまりいませんでした。

エジプト アスワンアスワンの街

※次の記事→炎天下のルクソール、王家の谷やハトシェプスト女王葬祭殿をめぐる【エジプト】