「 チベット 」一覧

チベットとチベット文化圏に関係する記事を紹介します。旅行記、料理、音楽、映画など。

『草原の河』”6歳の少女の目線で描かれた生と死、家族のつながり”【映画】

『草原の河』”6歳の少女の目線で描かれた生と死、家族のつながり”【映画】

空と大地が果てしなく広がるチベットの風景の中、娘とその父、母、祖父の三世代に渡る家族の生活、人間模様、そして、生と死が、6歳の少女の目線で描かれていく。映画『草原の河』は、チベットの家族とそれぞれの心情を描いたヒューマンドラマ。日本で初めてのチベット人監督による劇場公開作品です。

「ラサへの歩き方〜祈りの2400㎞」”五体投地”で聖地を目指すシンプルでピュアな旅

「ラサへの歩き方〜祈りの2400㎞」”五体投地”で聖地を目指すシンプルでピュアな旅

チベット高原の東の端、マルカム県プラ村。村に住むニマは叔父ヤンペルら11人の村人とともに聖地ラサへと巡礼を行うことを決意します。映画「ラサへの歩き方〜祈りの2400㎞」は、彼らの巡礼の過程を描いたロード・ムービーです。キャストは実際の村人たち。彼らは自分自身を演じています。

♪チベット密教 聲明の驚愕(体の奥底に轟き渡るような超絶の重低音)

♪チベット密教 聲明の驚愕(体の奥底に轟き渡るような超絶の重低音)

このアルバムは、インドのアルナーチャル・プラデシュ州ボンディラにあるチベット寺院「ギュートゥ・ゴンパ」の僧侶たちによるチベット密教の聲明「サンワ・デュパ」を録音したものです。延々と続く、体の奥底に轟き渡るような重厚で広大で深遠な重低音の世界に突如として響き渡る金属音。まさに、瞑想と覚醒です🌟

見るだけでしあわせになれた!“幸せの国”「ブータン展」 in 上野の森美術館

見るだけでしあわせになれた!“幸せの国”「ブータン展」 in 上野の森美術館

東京上野の「上野の森美術館」で開催されている『ブータン しあわせに生きるためのヒント』展に行ってきました〜🌟 日本初のブータンをテーマとした大型展覧会です❗️ ”幸せの国”として有名な国、ブータン。いったい、どんなところが”しあわせ”なのか、興味ありますよね😊

タルチョが旗めく東京都内唯一のチベット料理専門店『タシデレ』@曙橋

タルチョが旗めく東京都内唯一のチベット料理専門店『タシデレ』@曙橋

都営新宿線曙橋駅から徒歩3分、自衛隊市ヶ谷基地の南、靖国通り沿いに『タシデレ』はあります。2015年8月にオープンしたばかりのこのお店は、東京都内で唯一のチベット料理専門店。普段なかなか食べることができないチベット料理を味わえる貴重なお店です。

激辛!!ブータン料理『ガテモタブン』@代々木上原

激辛!!ブータン料理『ガテモタブン』@代々木上原

ブータン料理。どんな料理なのか想像がつきませんでした。「幸せの王国」と言われている国なので、きっとやさしい料理に違いないと思っていました。ところが、ブータン料理は、トウガラシと山椒をふんだんに使った激辛料理だったのです!

びっくり!青空の下で微笑む巨大弥勒菩薩と、鬼の形相の男女交合図「リキール・ゴンパ」【インド・ラダック地方】

びっくり!青空の下で微笑む巨大弥勒菩薩と、鬼の形相の男女交合図「リキール・ゴンパ」【インド・ラダック地方】

レーを出発し、インダス川沿いを西へ西へ。下ラダックにある「リキール・ゴンパ」。金ピカの巨大弥勒菩薩蔵が青空の下で微笑みながら座っています。ゴンパの堂内には、鬼の形相の男女交合図がたくさん描かれていました。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)