タイ一覧

本場タイのディープな屋台料理を味わえる『パッポンキッチン』@渋谷

京王井の頭線神泉駅から徒歩9分、雑居ビルの2階に『パッポンキッチン』はあります。この『パッポンキッチン』、よくあるタイ料理屋さんとはひと味違います。なんでも、このお店、日本のタイ料理屋では提供していない、現地のディープな屋台料理を食べられる店を作りたいということから生まれたお店なのだとか。

【閉店】トゥクトゥクがお出迎え!老舗タイ料理店『マイタイ』@恵比寿

恵比寿駅東口から徒歩5分、駅前の賑わいから離れた静かな界隈に『マイタイ』はあります。お店の開業は1992年、恵比寿ではかなりの老舗のタイ料理店です。恵比寿のタイ料理屋さんなら『マイタイ』と言われるくらい評判の良いお店で、ディナータイムはいつも満席状態。店頭に置かれたトゥクトゥクがお出迎えです。

「タイシルク」ジム・トンプソンによって復興した光沢布(Thai Silk)

「タイシルク」とは、タイ北東部で古くから作られてきた布のこと。家内工業製品として細々と受け継がれてきたローカルな工芸品です。20世紀の中頃、機械織りによる大量生産布の普及などでタイシルクは衰退の一途を辿っていました。そんな中、一人のアメリカ人が、このタイシルクを復興させようと立ち上がります。

落ち着いて本格タイ料理が食べられるお店『スクンビット ソイ 55』@西新宿

新宿三井ビルに「ケチャまつり」を観に行った際、近くで夕食のお店を探していた時に見つけたお店。同じ三井ビル内にあるタイ料理のお店『スクンビット ソイ 55(Sukhumvit Soi 55)』です。最近、TBS「新チュウボウですよ!」で紹介されたそうです。

フェス日和!「ソンクラン・フェスティバル2015」&「カンボジアフェスティバル2015」

4月25日(土)~26日(日)、代々木公園ケヤキ並木で「ソンクランフェスティバル」と「カンボジアフェスティバル」が開催されました。2つのフェスが同時に同じ場所で開催されるとは、なんとも贅沢ですよね。カンボジアフェスは、代々木公園での開催は初めてとのことです。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)