インド一覧

かわいい蒸気機関車「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」に乗る【インド】

1881年、イギリス人は、避暑地であったダージリンへ向かうための便として軽便鉄道を建設します。それが、この「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」です。「トイ・トレイン」とも呼ばれるこの鉄道は、世界最古の山岳鉄道として、世界遺産にも登録されている貴重な路線です。

紅茶の里、ダージリンで飲む「チャイ」とその歴史【インド】

標高2134mの山の上に「ダージリン」の町はあります。雨季の霧に包まれた街を歩き、街の一角にある、紅茶がおいしいということで有名な店「カフェ・グレナリーズ」で紅茶を飲みました。辺りには茶畑がたくさん! インドの「チャイ」ってイギリス統治時代に生み出されたものだそうです。

ジャイサルメールのハヴェリー(貴族の邸宅)【インド・ラジャスタン】

ジャイサルメールには、精緻な装飾によって飾られた「ハヴェリー」(邸宅)があります。隊商路として栄えたジャイサルメールには莫大な富がもたらされ、商人や貴族たちは競って華麗な装飾を持った豪華な邸宅を建てました。それが「ハヴェリー」です。

砂漠の中の黄金色の町、ジャイサルメール(ゴールデンシティー)【インド・ラジャスタン】

「ジャイサルメール」は、タール砂漠のほぼ中央にあるラジャスタン州の町。町のすべての建物は、地面と同じ黄砂岩で造られています。町全体が黄色をしていることから、”ゴールデンシティー”とも呼ばれているそうです。

砂漠の土地、ジャイサルメールへの列車旅【インド・ラジャスタン】

デリーから南西へ。パキスタンと長い国境を接する広大な砂漠地帯があります。ラジャスタン地方です。その西の果て、タール砂漠の只中にある町「ジャイサルメール」へと私は向かいました。デリーからジャイサルメールへと向かう列車は夕方の17時発。

ブルーに彩られた町、ジョードプル(ブルーシティー)【インド・ラジャスタン】

インド北西部、ラジャスターン州にある広大な砂漠、タール砂漠の入り口にある町「ジョードプル」の特徴は、街並みが青い色をしていること!別名”ブルーシティー”とも呼ばれています。「ジョードプル」は、ラーオ・ジョーダという王が1459年に造った町。「ジョードプル」とはジョーダの町の意味です。

ピンクに彩られた町、ジャイプール(ピンクシティー)【インド・ラジャスタン】

ラジャスタン州の州都「ジャイプル」。この町の特徴は、街並みがピンク色をしていること!城壁に囲まれた2キロ四方の街区にある建物が全てピンク色で塗られているんです!そのため、「ジャイプル」は、通称”ピンクシティー”とも呼ばれています。

創作スパイス料理が盛り沢山!『ガラムマサラ』@経堂

小田急線経堂駅の南口から徒歩2分、ビルの2階に「ガラムマサラ」はあります。看板もそれほど目立たなく、知らなければ通り過ぎてしまいそうな感じ。以前にも伺ったことがあるのですが、こちらのお料理、とにかく美味しいんです!メニューもたくさんあって、どれもとっても魅力的☆何回でも通いたいお店です!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)