インド一覧

インドのエスニック記事をまとめました。
インド料理屋さん、インド料理レシピ、インド音楽、インド舞踊、インドフェス、インドの旅などなど。
インド、南インド、ネパール、バングラデシュ、パキスタン、スリランカなどの記事を掲載。

【関連のカテゴリ】
南インド料理
北インド料理
南インド料理【レシピ】
北インド料理【レシピ】
インドと南アジアの旅
インドの旅
南インドの旅
インド・ラジャスタン州の旅
インド・ラダック地方の旅
ネパールの旅
バングラデシュの旅
パキスタンの旅
スリランカの旅

都心にオープンした、南インド料理の名店「ナンディニ」の2号店★『ナンディニ 虎ノ門店』@虎ノ門

新橋駅から500mほど。虎ノ門ヒルズからほど近い路地の一角に、南インド料理店『ナンディニ 虎ノ門店』はあります。このお店、清澄白河にある『ナンディニ』の2号店です。オープンは2017年4月。南インド出身のシェフが提供する美味しい南インド料理店がまたまた都心に出来ました〜♪

インド雑貨に囲まれる「ナマステ★インディア 2017」@代々木公園

日本最大級のインド・フェスティバル「ナマステ★インディア 2017」が、9月23日(土)~24日(日)に代々木公園で開催されました。ナマステ・インディアは、他のフェスと比べて雑貨のお店がたくさん出店されるので、かなり見応えがあり好きなフェスの一つです。もちろんインド料理のお店もたくさんあり、本格的インド料理がいただけます!

名店の味を受け継ぐ南インドカレーライス★『インド富士子』@高円寺

JR中央線高円寺駅から徒歩3分。南口を出て中央線の高架沿いを阿佐ヶ谷方面に歩いて行くと、左手に昭和の居酒屋風の店構えの店舗があります。黄色と黒の暖簾がかかり、木の引き戸のサッシには、『インド富士子』の文字が!知らないでいると気付かずに通り過ぎてしまうような隠れ家的風情の店構えです。

『インドに咲く染と織の華』で美しい伝統テキスタイルを鑑賞@松涛美術館

2017年8月8日(火)~9月24日(日)の期間、渋谷の松涛美術館で開催されている『畠中光享コレクション インドに咲く染と織の華』。インドの染織布の素晴らしさを実感。インドという枠にとらわれず、楽しむことのできる展覧会でした。

絶品ポークビンダルー!美味すぎるゴールデン街の間借りカレー店『エピタフカレー』@新宿

新宿歌舞伎町1丁目、花園神社近くにある約200軒ほどの飲み屋が密集する、通称「新宿ゴールデン街」。その一角、花園五番街に昼間のみ営業しているカレー屋さんが『エピタフカレー』です。ビンダルーやチェティナードなどの本場の南インドのお味をさらに昇華し、日本のカレーライススタイルで提供してくれる珠玉の名店です。

日本人のお口に合う!南インド料理ベースのオシャレカレー店『ダバ・クニタチ』@国立

国立にあるインド料理店『ダバ・クニタチ』。オーナーシェフの方は、都内の名だたるインド料理店で修行をされたということですが、どのお料理もスパイスがきつくなくシンプルでナチュラル。南インド料理をベースにしながらも、日本人のお口に合う優しいお料理をいただくことができます。人気店である理由がわかりました★

絶品のスパイスカレーがいただける、行列の出来る人気店『スパイスツリー』@逗子

JR横須賀線逗子にあるインド料理・スパイスカレーのお店『スパイスツリー(spice tree)』。都内からも多くの方がわざわざ訪れ、毎日行列ができる名店です。インド料理好き・スパイス料理好きなら大満足すること間違いなし!このお店のお料理をいただくために、わざわざ逗子まで訪問する価値のあるお店です★

スパイス満点のフォトジェニックなカレーライス『カレー&オリエンタルバル 桃の実』@水道橋

JR水道橋駅から徒歩3分ほどのところにある『カレー&オリエンタルバル 桃の実』。このお店、本郷三丁目の名店『オリエンタルビストロ 桃の実』の2号店。オープンは2017年1月。コースメニューを主体とした1号店とは違って、2号店はカレーライスメインのお店です。

『ライオン ~25年目のただいま~』GoogleEarthで見つけ出した25年ぶりの故郷【映画】

5歳の時に迷子になってしまったインド人の少年「サルー」。オーストラリアで養子として引き取られ、成人した彼は、25年後にGoogle Earthの広大な地図上から故郷を探し出します。この映画はインドで実際に起こった出来事を題材とした作品。涙なくしては観られない奇跡の物語です。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)