運河が張り巡らされた水の都「蘇州」を見て回る【中国】

※前回の記事→夜の上海。ジャズの似合う街、かつて魔都と呼ばれた街【中国】

上海から列車で約1時間、蘇州に到着 【蘇州】

街中に運河が流れる水の都。

「東洋のヴェニス」とも称される町「蘇州

上海から特急列車で2時間ほど(現在は高速鉄道が走っていて30分で行けるそうです)。

「蘇州」の町に行きました❗️

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

水の都、蘇州到着!

上海から列車で約1時間、蘇州に到着 【蘇州】四川省成都行きの列車が蘇州の駅に到着します。

上海から列車で約1時間、蘇州に到着 【蘇州】ガラーンとした蘇州の駅

列車で「蘇州」に到着すると、駅前に貸し自転車屋さんがありました。

この時は友人と一緒だったのですが、自転車で回ろうということになり、自転車を借ります。

でも、これは大失敗。

途中で雨が降ってきたんです。。。

蘇州の風景【蘇州】蘇州の旧市街の風景

「蘇州」(苏州:Suzhou)は江蘇省の中心都市。

春秋時代には呉の都として、五代時代には呉越国の都として栄えました。

その後も宋代以降、町は地域の中心として大いに賑わったそうです。

紀元前500年頃からの歴史を持つ「蘇州」。

近代になって栄え始めた上海とは違い、かなり歴史のある町です。

蘇州の風景【蘇州】蘇州の街並み

蘇州は上海から特急で2時間で行ける場所にありますが、上海とは話す言葉が違っています。

上海は「上海語」、蘇州は「蘇州語」です。

コミュニケーションは取れるみたいですが、発音がかなり違っているそうです。

虎丘塔(雲岩寺塔) 【蘇州】虎丘塔(雲岩寺塔)

「蘇州」には、たくさんの歴史ある見所があります。

特に、古建築の並ぶ「拙政園」や、奇石で造形された「留園」などは、世界遺産にも指定されています。

私も行ったのですが、写真がないです。

上の写真は、北宋代の961年に建立された塔「虎丘塔(雲岩寺塔)」。

ここからは水郷である蘇州の眺めがよく見えます。

虎丘塔(雲岩寺塔) 【蘇州】「虎丘塔(雲岩寺塔)」の前にあった果売箱(ゴミ箱)

虎丘塔の石像【蘇州】これは、どこで撮ったのか。布袋様です。

蘇州で食べたぶたまん 【蘇州】蘇州で食べた中華まん

「蘇州」は、旧市街と新市街に分かれています。

旧市街は、環状の堀に囲まれた区域で、背の低い古い建物が並び、運河が張り巡らされています。

世界遺産の庭園などもここにあります。

新市街は、近代的なビルが並ぶ都会。蘇州の市域人口は、538万人だそうです。

写真は、駅近くの新市街の食堂で食べた中華まん。

美味しかったです❗️

蘇州旧市街の水郷風景を自転車で巡り周り

蘇州の風景【蘇州】道教の寺院「玄妙観」の主殿「三清殿」

写真は、道教の寺院「玄妙観」の主殿「三清殿」

南宋代の 1179 年に再建された道教の寺院で、中国三大木造建築物のひとつだそうです。

蘇州の風景【蘇州】蘇州旧市街を囲む城壁の一角にある「盤門」

写真は、蘇州城に唯一残る城門である「盤門」

紀元前514年に創建されたそうですが、現存するのは、元代の1351年に改修されたものであるそうです。

かなりの歴史の古さです❗️

蘇州の風景【蘇州】蘇州旧市街の水郷風景

蘇州の風景【蘇州】アーチが見事な「呉門橋」

蘇州旧市街に流れる運河には、たくさんの橋が架かっていますが、その中でも最も立派なのが、この「呉門橋」

北宋時代の1084年に創建されたそうで、現在の橋は1852年の清代に造られたものだとか。

蘇州の運河に架かる石橋の中では、最大のものだそうです。

蘇州の風景【蘇州】傾斜のきつい「呉門橋」を登る。

蘇州の風景【蘇州】「呉門橋」を下る。

「呉門橋」は、傾斜も蘇州随一。

自転車を押しながら登るのはしんどいです。

しかも、この時、ちょうど雨が降ってきました。。。

冬の蘇州は結構寒く、雨でさらに体が冷えたこともあって、観光もそこそこに、上海の町に戻りました。

※次の記事→厦門(アモイ)の都会と、ピアノの音が聴こえる「コロンス島」を散歩【中国】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク