海沿いの町「シアヌークビル(コンポンソム)」のビーチと市場【カンボジア】

※前回の記事→カンボジアの首都プノンペン、街の風景【カンボジア】

世界三大仏教遺跡のひとつ「アンコール・ワット

密林の中にあるこの遺跡を見るため、カンボジアへと旅しました。

アンコール遺跡群とシェムリアップの町、首都プノンペンなどをご紹介します。

今回は、シアヌークビル(コンポンソム)です!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

海沿いの町「シアヌークビル」のビーチとバナナいっぱいの市場です。


コンポンソム(シアヌークビル)シアヌークビルの海

シアヌークビル(Sihanoukville:ព្រះសីហនុ)は、プノンペンから約230km、バスやタクシーで約4時間のところにある、タイランド湾に面した港町です。シアヌークビルは、別名「コンポンソム」とも呼ばれます。

アンコールの平原を見慣れていた私たちにとっては、久々に見る海!

青い大海原の広がりは見ているだけで癒されます。

コンポンソム(シアヌークビル)シアヌークビルのビーチ

「シアヌークビル」は、カンボジア随一のビーチリゾート。

まだまだ日本人には知られていませんが、欧米のツーリストにとってはよく知られているビーチです。

青い海と白砂の浜辺がベトナムやタイのビーチに引けを取らないほどなのですが、宿泊施設や交通がまだあまり整備されていないため、2003年に訪れた時は、それほど旅行者はいませんでした。

その代わり、地元の人たちがたくさん、海水浴を楽しんでいるのを見ることができます。

コンポンソム(シアヌークビル)シアヌークビルの市場

シアヌークビルの街にある市場へと行きました。

市場にはたくさんのバナナが吊り下げられていました。すごい数です、バナナ!

コンポンソム(シアヌークビル)バナナがたくさん

コンポンソム(シアヌークビル)ズラリと吊り下げられたバナナ

コンポンソム(シアヌークビル)バナナ、龍眼、マンゴー・・・

コンポンソム(シアヌークビル)干物もたくさん!

コンポンソム(シアヌークビル)様々な種類の干物

コンポンソム(シアヌークビル)魚を捌く女の子

他にも干物や魚、肉屋や野菜など、並んでいる食材が豊富で活気に溢れている市場です。

シアヌークビルには、この市場と、そして、ビーチ以外は特に見るところはありません。

だけど、この町を訪れる人の目的はビーチ。私たちも滞在中、ずっとビーチでごろごろと日向ぼっこをしたり、海で泳いだりしていました。

コンポンソム(シアヌークビル)シアヌークビルの夕陽

シアヌークビルに日が沈みます。

明日は早朝からバスでタイへと向かいます。

コンポンソム(シアヌークビル)シアヌークビルからタイ国境への途中の船着場

シアヌークビルからは、バスで国境にある町「ココン」へと向かいました。

「ココン」からタイ側の国境の町「ハートレック」へと国境越え。タイ入国にはビザはいらないので、入国スタンプを押すだけです。

「ハートレック」では、ミニバスの客引きに勧誘され、他の欧米人旅行者との乗り合いで、タイの大きな町「トラート」へと向かいます。

「トラート」からは、バンコク行きの長距離バスが出ていて、それに乗り込みました。

朝6時くらいに出発して、バンコクに着いたのは夜の8時か9時くらい。

バンコクの夜のネオンが眩しかったです。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク