「青いタイルの家」の『Sanborns(サンボーンズ)』で朝食を@メキシコシティ

青いタイルの家(メキシコシティ②)【メキシコ】

メキシコシティの歴史地区、ベジャス・アルテス宮殿の近くに、ひときわ目を引く建物「青いタイルの家」があります。

青や白のタイルで装飾された美しいこの建物は、その昔オリサバ公爵の家として建設されたそうです。

現在は、ショッピングゾーンとレストランとなっていて、2日目の朝食をこちら『Sanborns(サンボーンズ)』でいただきました♪

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

青いタイルの美しい建物

メキシコシティ滞在2日目の朝は、ホテルの朝食ではなく、朝のお散歩がてら外に食べに行きました。

目指すは、「青いタイルの家」。こちらには朝7時から営業しているレストランがあるとのことで行ってみました。

宿泊していたホテルからもほど近い場所、ベジャス・アルテス宮殿とラテンアメリカタワーの近くに、「青いタイルの家」はありました。

青いタイルの家(メキシコシティ②)【メキシコ】

壁一面に爽やかな青と白、黄色のタイルで装飾されていて、とても綺麗です☆

ここは、その昔オリサバ公爵の家として建設されました。洗練された鉄細工のバルコニーが備え付けられていて、市内で最も美しい美しいバロック建築の1つとなっています。

青いタイルの家(メキシコシティ②)【メキシコ】

青いタイルの家(メキシコシティ②)【メキシコ】

何千枚ものタイルが使用されていて、中国製のものと、メキシコ・プエブラのタラベラ焼きのタイルの両方が使われているそう。

青いタイルの家(メキシコシティ②)【メキシコ】

青いタイルの家(メキシコシティ②)【メキシコ】

ホントに美しいタイルです☆

青いタイルの家(メキシコシティ②)【メキシコ】

人の大きさと比べると、スゴさが良く分かります。結構迫力ありますよね。

鉄格子も素敵です。

さて、中に入ってみましょう~。

青いタイルの家(メキシコシティ②)【メキシコ】

店内はSanborns(サンボーンズ)という薬局・ファミレスチェーン店が運営していて、お買い物やお食事をすることができます。

青いタイルの家(メキシコシティ②)【メキシコ】

美味しそうなチョコレートがたくさん♪

メキシコは、チョコレート発祥の地なので、美味しいに違いない!

・・・でも、実は帰りの空港で購入したチョコレートが正直美味しくなくてガッカリ。。美味しいチョコレートはたくさんあるはずなので、食べられなくて残念でした。。(涙)

素敵空間でシナモンロールとパンケーキの朝食を

青いタイルの家【メキシコ】

ファミレスチェーン店が運営しているとのことですが、とってもゴージャスで素敵な空間です。天井が高くて開放的! 舞踏会でも行われそうな雰囲気です(笑)

青いタイルの家【メキシコ】

青いタイルの家【メキシコ】

朝7時オープンで、この日は朝食後テオティワカン遺跡に行く予定だったので、オープン直後の早い時間に来たところ、お客さんはまだ誰もいませんでした。

この広い空間を独り占め!

青いタイルの家(メキシコシティ②)【メキシコ】

こちらは、前日の日中にお店をチラ見したときに撮った写真。

お客さんいっぱいで、天窓から光が差し込んでいて、とても素敵です☆

青いタイルの家【メキシコ】

テーブルセッティング。各席にこの星みたいなオブジェが置かれていました。これは一体何だったのかは不明です。。

青いタイルの家【メキシコ】

ワォ! 美味しそうでカラフルなフレッシュジュース♪

店員さんがワゴンでジュースを運んできてくれました。お客さんまだ全然いないのに、こんなに用意されてる。。

せっかくなので、ストロベリージュースをいただくことに。

青いタイルの家【メキシコ】

ちょっと薄い感じはしましたが、美味しいです! 朝からいい気分♪

青いタイルの家【メキシコ】

メキシコの定番「チョコラテ」。カップ&ソーサーがかわいい♪

こちらの朝食には、シナモンロールがオススメ?らしいので、シナモンロールをオーダー。

青いタイルの家【メキシコ】

どーん!!

想像したシナモンロールとは違いますが、薄くてパリっとした大きなシナモンロールが4枚も! ボリュームありすぎっ。

パリサクの食感はとてもいい感じ。

青いタイルの家【メキシコ】

裏側は、パリっとはしていなくて柔らかいです。

お味はというと、シナモンがかなり効いていて、甘みも結構あり、うーんこんなに食べられない。。

というのも、もう一品パンケーキも注文していたのです。

青いタイルの家【メキシコ】

青いタイルの家【メキシコ】

パンケーキも大きい~!! そして3枚重ね!

青いタイルの家【メキシコ】

バターを乗せて、メイプルシロップをかけます。甘くていい香り~♪

3枚ごとナイフを入れ、いただきます!

おー! 美味しい♪

昔懐かしいやさしいホットケーキのお味。ちょっと焦げた感じも香ばしくて、これはとっても美味★

美味しいけど、さすがにこのパンケーキ3枚とシナモンロール4枚完食は、二人でも無理でした(汗)

そして、店内の2階へ上がる階段に、巨大な壁画があります。

青いタイルの家【メキシコ】

これは、1925年にオロスコ(メキシコの象徴主義の画家、メキシコ壁画運動の著名な芸術家)が描いた”Omnisciencia”(全知)の絵だそうです。

あと、注目は店員さんのユニフォーム!

青いタイルの家【メキシコ】

斬新?なデザインです。スカートがやさしい色合いでカワイイですね♪

お腹いっぱいになったところで、テオティワカン遺跡に出発するために、一旦ホテルに戻ります。

本日の朝食、合計250ペソ(約2,000円)でした。

朝早かったので、他のお客さんはほとんど来ず寂しい感じでしたが、日中は満席になるようなので、賑わっているときに行くと、より雰囲気も良く気持ちよくお食事ができそうですね♪

素敵な空間なので、メキシコシティに行ったら、是非訪問をオススメします!


◆『青いタイルの家(Sanborns de los Azulejos)

住所:
電話:
営業時間:7:00~1:00

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク