「アラブの田舎」イエメンの首都サナアの街さんぽ【イエメン】

※前回の記事→ワディ・ダハールにある岩の上の離宮「ロックパレス」【イエメン】

アラビア半島南端にある「イエメン」

中世のアラブの風情を色濃く残すこの国。白い漆喰でデコレーションされた高層の建物が建ち並び、アラブ風の長衣を纏った男性の腰には、日本のサムライのように刀が差してあります。

そんなイエメンの町や風景をご紹介します。

今回は「サナア」の街さんぽです!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

世界遺産のサナアの街、ぶらぶら散歩


イエメン サナアサナア旧市街、石畳の路地

イエメン サナア路地に跨がった建物

イエメン サナア旧市街の路地は迷路のようです

サナア旧市街の街をぶらぶらと散歩します。

迷路のような石畳の路地をぐるぐると迷いながら、デコレーションで飾られた建物の窓や、ところどころにあるモスク、行き交う人々の様子を眺めます。

イエメン サナア雨が降り、水浸しになったタハリール広場

午後、珍しく雨が降りました。結構激しい雨です!

雨に慣れていないサナアの街は、すぐに道が水浸し。男性たちは、長衣を膝までまくってじゃぶじゃぶと道を歩きます。子供たちは水浸しになった街を見ておおはしゃぎ!

イエメン サナアジャンビーアを腰に差したイエメン男性。左に売られているのはカート

イエメン サナアカセット屋に描かれたマイケル・ジャクソンの絵

道端にカートが売られているのが見えます。市場にもカートを売るお店がたくさん。

街には野良ヤギがたくさんうろついていましたー。

イエメン サナア焼き芋売りの屋台

旧市街の広場で見かけた焼き芋売りの屋台です。

サナアの食事は他のアラブ圏と似ています。

ぐるぐると回転した肉を削ぎ落し、野菜とともにピタパンのようなパンに包んで食べる「シュワルマ」(トルコのドネルケバブに似たもの)や、炒めたライスの上にチキンが載った「チキンライス」。インド料理の「サモサ」や、オクラやジャガイモ、トマトなどの入ったカレー風の料理もあります。

「サルタ」という苦味のある石鍋料理や、クレープ状のお好み焼き「ムタッパカ」というのも食べました。

スイーツ類も美味しくて、アラブの国でよくあるハチミツ漬けのパイやケーキがよく売られていました。

砂糖をどっさりと入れた極甘のフレッシュジュースも定番!

イエメン サナアお土産屋の3人

お土産屋の3人。名前は、カレード(左)、アブラヒム(中)、ノマン(右)といいます。

腰には戦士の誇り「ジャンビーア」が差さっています。

彼らに誘われ、カートを噛み、チャイを飲み、お話ししながら数時間。

イエメン サナア

イエメン サナア

3人のお店で買ったイエメン建築のミニチュアです。

持ち帰りに不便なのがちょっと困りもの。持ち帰るとき、ひとつ壊れてしまいました。

※次の記事→オールドサナアパレスホテルの屋上から眺めるサナアの街【イエメン】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク