♪サッチャル・ジャズ(Sachal Jazz)ジャズ&ボサノヴァの名曲を北インド古典音楽風に

サッチャル・ジャズ【音楽】

ポール・デスモンド(Paul Desmond)作曲、デイブ・ブルーベック・カルテット(The Dave Brubeck Quartet)の1959年発表のシングル曲「テイク・ファイブ(Take Five)」

誰もが一度は耳にしたことのあるジャズの名曲中の名曲です。

あらゆるミュージシャンにカバーされ続けてきた、この「テイク・ファイブ」を2011年にあるグループがまたカバーしました。

そのグループ名とは、「サッチャル・ステューディオズ・オーケストラ」(Sachal Studios Orchestra)

パキスタン北部、パンジャーブ州ラホールにスタジオを持つ、北インド古典楽器&ストリングスオーケストラのグループです。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

洗練されたジャズ&ボッサの名曲を北インド古典音楽の手法で絶妙にアレンジ

Sachal Jazz Ensemble ‘Take Five’

上の動画が、その「サッチャル・ステューディオズ・オーケストラ」による「テイク・ファイブ」です(オフィシャルビデオは現在見れなくなっています)。

大編成のストリングスオーケストラをベースに、シタールがあの印象的な旋律を奏でます。

そして、神業的なタブラのリズムとスパニッシュギターの競演🎵

北インド古典音楽の音楽的手法による「テイク・ファイブ」の演奏です。

原曲をリリースしたデイブ・ブルーベック自身が、「これは、私が今まで聴いた中でも最も面白く最も異なる「テイク・ファイブ」の録音だ」と語っている通り、インパクト抜群です❗️

この「テイク・ファイブ」が収録されているアルバム「サッチャル・ジャズ(Sachal Jazz)」は、2011年にリリースされるや否や、ジャズやインド音楽、ワールドミュージックのリスナーにかなりの反響を呼び起こし、iTunesのジャズチャートで1位になったり、ピーター・バラカン氏の選ぶ年間BEST10に選ばれたりしました。

このアルバム「サッチャル・ジャズ」に収録されている曲は全部で8曲。

どれもジャズ&ボサノヴァの名曲ばかりです。

  1. 「テイク・ファイブ」(Take Five (Dave Brubeck / Paul Desmond))
  2. 「デザフィナード」(Desafinado (Antonio Carlos Jobim / Newton Mendonca))
  3. 「マウンテン・ダンス(ラーガ)」(Mountain Dance – RAGA (Dave Grusin))
  4. 「イパネマの娘」(Garota De Ipanema (Antonio Carlos Jobim / Vinicius De Moraes))
  5. 「ミスティー」(Misty (Errol Garner))
  6. 「サマー・サンバ〜ソー・ナイス」(Samba De Verao (Marcos Valle Kostenbaden / Norman Gimble))
  7. 「ジス・ガイ」(The Guy’s In Love With You (Burt Bacharach / Hal David))
  8. 「イパネマの娘(ラーガ)」(Garota de Ipanema – RAGA version )

インドの擦弦楽器「サーランギー」とインド音階「サレガマパダニ」で歌う女性ヴォーカルの声の絡みが心地よい「デザフィナード」

勢いのあるシタールの音色がカラフルな「マウンテン・ダンス(ラーガ)」

メロディアスなストリングス&シタールと、ガラ(素焼きの壷)&タブラのリズムの調和が見事な「ミスティー」

打弦楽器「サントゥール」をはじめ、様々なインド楽器がリズム&メロディーを奏でる「サマー・サンバ〜ソー・ナイス」

「サロード」の渋さが哀愁のある曲調をうまく表現した「ジス・ガイ」

ラテンなパーカッションのリズムをベースに、シタールやサーランギー、バンスリがお馴染みのメロディーを立ち替り奏でる「イパネマの娘(ラーガ)」

どの曲もとても魅力的です✨

「サッチャル・ステューディオズ・オーケストラ」の編成は合計43名の大所帯。

ストリングスは、ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラほか28名、生ギターとベース、タブラ&ドーラック他のパーカションが6名、シタール、サーランギー、サントゥール、バンスリなどのインド楽器、そして、ピアノ、アコーディオン、マルダンなどの演奏家が参加しています。

彼らは、長年、パキスタンやインドの映画音楽などの制作に携わってきていて、このアルバムは、オーケストラ創立50周年の記念アルバムなのだとか。

Sachal Jazz Ensemble & Wynton Marsalis – Sanu Nehar Wale Pul Tay Bula Ke

上の動画は、ウィントン・マルサリスとのニューヨークでの公演の様子。

2011年にアルバム「サッチャル・ジャズ」で世界をびっくりさせた「サッチャル・ステューディオズ・オーケストラ」

2013年に世界向けのセカンド・アルバム「ジャズ・アンド・オール・ザット」(Jazz And All That)をリリースしています。

このアルバムは、ジャズのみならず、ロック&ポップスの名曲もカヴァーした、ファーストに増してバラエティーに富んだ内容となっています。

ジャズ・アンド・オール・ザット」には、ジョン・レノン=ポール・マッカートニーの「エリナー・リグビー」やR.E.M.の「エブリバディ・ハーツ」のカヴァーも収録。

北インド古典音楽(ヒンドゥスターニー音楽)の手法を忠実に守りつつ、他ジャンルの音楽を料理するアレンジの妙。そして、職人芸的な高度な演奏技術も健在です🌟

古今東西、異なるジャンルをミックスした音楽は数あれど、これほど完成度の高い音楽はなかなかないです❗️

デイブ・ブルーベックもアントニオ・カルロス・ジョビンも、ビートルズもR.E.M.も、「サッチャル・ステューディオズ・オーケストラ」の手によってインド音楽になってしまいました😊

映画と来日公演の記事はこちら→映画「ソング・オブ・ラホール」&”サッチャル・ジャズ”東京JAZZ公演♪

映画「ソング・オブ・ラホール」&”サッチャル・ジャズ”東京JAZZ公演♪
「スウィングしなけりゃ”あと”がない!」パキスタンの伝統楽器を使ってジャズを演奏する「サッチャル・ジャズ・アンサンブル」の映画「ソング・オブ・ラホール」のレビューと、東京JAZZフェスティバルで行われた来日公演の様子をご紹介します。映画もライブも最高です!
スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク