設備の綺麗なこじんまりとしたホテル「City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)」@リトアニア・ビリニュス

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

リトアニアの首都ビリニュス、旧市街の南側に位置するホテル『City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)』。

2014年にリニューアルしたということで、設備はとても綺麗で気持ちよく過ごるホテルです。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

『City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)』

シャウレイ〜ビリニュス(バルト三国11:ラトビア〜リトアニア)

ビリニュスの街(バルト三国11:ラトビア〜リトアニア)

リトアニアのシャウレイから列車でビリニュス駅に到着。

駅前からトロリーバスに乗って、ホテルに向かいました。

地図を見ながら、この辺りかなということろで降り、何とかホテルに到着しました。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

旧市街の西側を走る「ピーリモ Pylimo 通り」沿いにあります。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

『City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)』

ホテルの看板があまり大きくないので、見つけるのにちょっと苦労しました。

北欧テイスト?のようなスタイリッシュな感じのホテルです。

入口のドア入ってすぐのところに、小さなフロントデスクがあり、そちらでチェックイン。

ホテルは、Expedia で予約しました。5/4泊が64.00ユーロ、5/5泊が71.00ユーロです。

今回のバルト三国の旅のホテルは、結果的に全部 Expedia での手配になりました。他のサイトと料金の比較もしましたが、手配したホテルがたまたま Expedia が最も安かったんです。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

お部屋は3階だったかな。

屋根裏のように、壁が斜めになっています。

こちらのホテルは、総部屋数17室のこじんまりとしたホテルです。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

消火器が入っている箱の扉にも、カーペットと同じ模様が入っていてオシャレ☆

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

お部屋も、屋根裏部屋的に斜めの壁になっていました。

白っぽい壁にグリーンのファブリックがすっきりとシンプルでいい感じです。

枕元の上には、桜でしょうか ”和” な雰囲気も。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

机などの調度品は全て新しく綺麗で、気持ちよく過ごせそうなお部屋。

椅子のデザインもオシャレです。

ミネラルウォーターは、ガスとノンガスが1本ずつ置いてありました。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

バスルームは、バスタブなしのシャワーブースのみで、シャワーは取り外し可能です。ちょっと狭めですが、特に問題はありません。

洗面所のシンク周りに、物を置くスペースが少ししかないので、もっと広ければなーという感じ。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

タオルをかけるバーは、ここリトアニアも電熱が通るようになっていて、暖かくなります。タオルはすぐ乾くし暖かいという、寒い国ならではのもの。

多少手狭ではありましたが、何より設備がキレイで清潔なのが一番! 快適に過ごすことができました。

ただ、壁が薄いのか隣の部屋の話し声が聞こえました。まぁどのホテルでもよくあることなので、これは隣の人がどんな人になるかの運ですね。。

朝食付きプランはなく、有料(7~8ユーロ)でつけることができますが、今回は利用しませんでした。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

ビリニュスの旧市街は、東ヨーロッパでは最も広い旧市街のひとつとなるようですが、歩いても回ることができます。

ホテルは、旧市街の南端の方でしたが、どこへ行くにも歩いて行くことができたましたし、バスターミナルやビリニュス駅に近いのがとても便利だと思います。

City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)

住所:Rūdninkų g. 15, Vilnius 01135 リトアニア
TEL:+370 5 261 3916

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク