ベンガル料理一本で勝負する、知る人ぞ知る名店『 Puja (プージャー)』@町屋

町屋駅から尾竹橋通りを北へ400mほど進んだ左手、ライオンズプラザの地下一階のレストラン街の一角に、ベンガル料理専門店『Puja (プージャー)』はあります。

このお店、全国でも珍しい、本格的な西ベンガル料理が食べられるお店。

ナンもタンドリーチキンも置いていない、ベンガル料理一本で勝負しているすごいお店です❗️食べログなどの評価も高く、インド料理好きの間では名店中の名店のひとつとされているお店でもあります。そんな『Puja (プージャー)』に、初訪問です❗️

町屋 Puja カレー・インド料理尾竹橋通り沿いに立つ看板

町屋 Puja カレー・インド料理「ナンありません」

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

「ナンありません」!都内でも珍しい、本格的な西ベンガル料理が食べられるお店『Puja (プージャー)』

尾竹橋通り沿いにえんじ色の看板があり、ライオンズプラザの地下へ。

少し閑散とした感のあるレストラン街の中に、お店はありました。

入り口には、「ナンありません」の文字が❗️

「インド香り米 バスモティ・ライスあります」の文字も。

日本では、インド料理と言うと、ナンやバターチキンカレー、タンドリーチキンなどといった北インドの料理を思い浮かべる人が多く、それらのメニューがある方がお客が集まります。

そのため、例えば南インド料理のお店であっても、北インド系の料理をメニューに載せているところも結構多いのです。

けれども、このお店は、南インド料理よりもさらにマイナーなベンガル料理。

しかも、それ一本で勝負しているのです。

かなりのチャレンジャーです。このお店の店主❗️

町屋 Puja カレー・インド料理お店の入り口

町屋 Puja カレー・インド料理インド・ベンガル地方の伝統料理を提供しています。

町屋 Puja カレー・インド料理手作り感満載の看板

まず、感じたのは、このお店、かなり立地が良くないなということ。

町屋という、都内でもマイナーな場所の、しかも駅から少し離れた、少し寂れたレストラン街の中にある。

お店の存在を知っていないと絶対に訪れることはなさそうです。

それでも、多くのインド料理好きが訪れ、食べログでもたくさんの高評価コメントが付いているところを見ると、わざわざ町屋に来るだけの価値があるお店なのでしょうー。

期待が膨らみます。

町屋 Puja カレー・インド料理店内の様子。小上がりになった席もあります。

町屋 Puja カレー・インド料理店頭では、「カンタ刺繍」も販売していました。

店内はこぢんまりとしていて、席数は16。

テーブルが3卓、小上がりの座敷が3卓あります。

『Puja (プージャー)』の開店は2006年。それまでここは、韓国焼肉のお店だったのかもしれません。そんな店内配置です。

店頭には、ベンガルの伝統的な刺し子刺繍布「カンタ刺繍」の布が販売されていました。

「カンタ刺繍」、柄も風合いもとっても魅力的だったのですが、お値段は結構して、1万円以上の値札が付いていました。

町屋 Puja カレー・インド料理お店のメニュー

席に座ると、さっそくインド女性の店員さんがやってきて、注文を聞いてきます。

私は、「ターラ(Thala)」という定食(1,300円)を注文。

ライスを「バスモティ・ライス」に変更(+100円)できるというので、当然変更します。

このインド女性の店員さん、どうやら店主の奥さんのようです。

そして、厨房で料理を作っているのが日本人の旦那さん。

夫婦でお店をやられているんですねー。

町屋 Puja カレー・インド料理インドのビール「ゴールデン・イーグル」

おなじみ、インドのビール「ゴールデン・イーグル」を飲みながら、お料理が出てくるのを待ちます。

店内には、店主夫婦の娘さんがちょこまかと走り回っています。

日本語で、娘を嗜めるインド人奥さん。

何だか「下町」な雰囲気です❗️

町屋 Puja カレー・インド料理

注文した「ターラ(Thala)」がやってきましたー❗️

銀のお皿に載った「バスモティ・ライス」と「パポル」(豆せんべい)、甘みのあるペースト調味料「チャトゥニ」。

器には、「ダル」(豆スープ)、「ニラミシュ」(野菜料理)、「魚のマスタードカレー」が入っています。

シンプルで素朴だけど、すごく美味しそう❗️

さっそくいただきま〜す。

町屋 Puja カレー・インド料理「ダル」(豆スープ)

町屋 Puja カレー・インド料理「ニラミシュ」(野菜料理)

町屋 Puja カレー・インド料理左に見えるのが「魚のマスタードカレー」

うん、美味しい〜❗️❗️

豆の旨みが凝縮し、「クミン」や「ターメリック」などのスパイスがしっかり効いた「ダル」。安定の美味しさ。

ジャガイモやかぼちゃの煮付け「ニラミシュ」。うん、素朴で安心する味わい。

けれども、今回驚いたのが、「魚のマスタードカレー」

「タマリンド」の酸味と「マスタードシード」の辛味が魚の味を引き立てていて、個性的な味わいだけどとっても美味しい❗️

北インド料理とも、南インド料理とも違う、初めて食べる感じの味でした。

ベンガル料理は、魚を素材として使うことが多く、また、スパイスとしては、「タマリンド」を使って酸味を出し、「マスタードシード」を使って辛味を出すことが特徴なのだとのこと。

コルカタには行ったことがありますが、この味は食べていませんでした。

新たな味わいの発見です❗️

町屋 Puja カレー・インド料理食後のデザート「ミシュティ」

食後は、デザート「ミシュティ」

ミルクと砂糖たっぷりの団子状のものを甘いシロップに浸けたお菓子です。

ものすごく甘いですが、ハマると美味しいんです❗️

スパイシーなカレーの後にはぴったり。

満足しましたー。

この『Puja (プージャー)』、こんな人知れない場所にあるお店ですが、訪問した時、5組のお客さんが来店していました。

皆さん地元の人ではなく、わざわざこのお店に食べに来たという感じの人ばかり。

確かに、わざわざ町屋にまで食べに来る価値はあります。『Puja (プージャー)』


関連ランキング:インド料理 | 町屋駅前駅町屋駅荒川七丁目駅


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク