レトロな雰囲気の店内で濃厚チョコレートケーキがいただける『ピエール・ショコラテリエ』@エストニア・タリン

ショコラテリエ(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

エストニア・タリン旧市街の中心、小さな工房が集まった「職人の中庭」にあるチョコレートカフェ『ピエール・ショコラテリエ(Pierre Chocolaterie)』。

中世の建物を使ったとても雰囲気がよい店内で、濃厚で美味しいチョコレートケーキをいただくことができます。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

『ピエール・ショコラテリエ(Pierre Chocolaterie)』

昼食後、タリン旧市街をぶらぶら散歩して、おやつの時間に訪れたのが、「ラエコヤ広場」から東へ200mほど歩いたところの「職人の中庭(Meistrite Hoov)」にある『ピエール・ショコラテリエ(Pierre Chocolaterie)』。

「職人の中庭」は、ガラス製品や木工製品、ジュエリーや陶磁器、フェルトなどの手工芸品などの腕利きの職人の工房が並ぶ一角です。

ショコラテリエ(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

その中庭の、テラス席が出ていてひときわ目立つ中世の雰囲気を醸し出したお店。そこが、『ピエール・ショコラテリエ(Pierre Chocolaterie)』です。

テラス席のテーブルクロスやお店の入口のドアにかかっているカーテンが、渋くていい感じ。

ガイドブックでも紹介されている人気のお店ということもあって、日本人のお客さんも2,3組見かけました。

ショコラテリエ(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

看板の色合いが、チョコレートをイメージさせて美味しそう(笑)

多分、もっと暖かくなったら、テラスも賑わって、ここがドリンクのカウンターとかになるのでしょうか。

ショコラテリエ(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

お店の前には、こんな大きなソファも。

中世風のソファに、ゴージャスでかわいいクッション。

屋外にソファって、なかなかないですよね。

さて、いよいよ店内へ。

ショコラテリエ(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

店内は、ちょっと薄暗い感じで、テーブルが所狭しと並んでいます。

重厚な家具に、花柄のテーブルクロスや椅子のクッションがとても素敵です。

何風というのでしょうか。。ガイドブック(雑誌)には、”ボヘミアン” と書かれていました。・・・なるほど、ボヘミアンね。

ショコラテリエ(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

ショコラテリエ(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

テーブルの上にメニューが置いてありましたが、注文&支払いはお店入って左手にあるショーケースのところで。

テイクアウトもできるようで、パンやチョコレートなども売っていました。

チョコレートカフェだけに、チョコレートケーキが6種類も!

ダークチョコ、ミルクチョコ、ホワイトチョコ、ダークモカ、グルテンフリーのチョコレートケーキ、キャラメル・チリ入りダークチョコ。

注文したら、席で待ちます。(確か、席まで持ってきてくれたかと。。記憶が曖昧ですが・・・)

そうそう、店員さんは、あまり愛想がよくなかったです。。この日の朝食で行ったお店もそんな感じでした(汗)まぁでも、きっとこれが普通なんですよね。

ショコラテリエ(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

ケーキは、ダークチョコレート(Irish Coffee)ケーキ(5.00ユーロ)をチョイス。

見るからに濃厚! チョコレートとオレンジソースでデコレーションしてくれました。

ドリンクは、カフェラテ(4.00ユーロ)。

ショコラテリエ(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

と、コーヒー(3.00ユーロ)

お値段は、日本と同じくらいですね。

ケーキは、見た目通りとっても濃厚で美味しかったです♪ こんな濃厚なチョコレートケーキには、カフェラテよりブラックコーヒーが合いますね。

チョコレート専門店なので、カフェ利用で昼間に訪れるお店だと思いますが、このお店なんと24時まで営業してるんです。夜はカフェバーとして利用されているそう。

レトロな雰囲気の中、夜も盛り上がりそうですね。


◆ピエール・ショコラテリエ(Pierre Chocolaterie)

住所:Vene 6, 10123 Tallinn, エストニア
電話:+372 641 8061
営業時間:8:00~23:00

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク