ペニンシュラ・プラザ(リトル・ヤンゴン)シンガポール【市場・バザール】

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】

シンガポールの人口は、約550万人(2015年)。そのうち、シンガポール国籍を持つ人は61.12%(336万人)であり、それ以外の38.88%(214万人)は外国籍の人です。

人口の約3分の1が外国人❗️

日本の在留外国人は人口の約60分の1(213万人ほど)と言われていますので、シンガポールがいかに外国人の数が多いかということがわかります。

ちなみに、シンガポールを訪れる観光客の数は、2014年度のマスターカードの調査によると、年間約1,247万人(東京は538万人)。シンガポール国民も、中華系(76.7%)、マレー系(14%)、インド系(7.9%)、その他(1.4%)と多民族であるので、シンガポールには本当に様々な人種、民族、文化を持った人々が存在しているのです。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

在住ミャンマー人が集う「ペニンシュラ・プラザ」(リトル・ヤンゴン

今回は、そんなシンガポール社会の中で、「ミャンマー人」にスポットライトを当ててみます。

シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。そのうちの約1割強、約15万人がミャンマー人だと言われています。

シンガポール在住のミャンマー人のたまり場として、よく知られているのが「ペニンシュラ・プラザ」、通称「リトル・ヤンゴン」です。

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】「ペニンシュラ・プラザ」の建物

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】「ペニンシュラ・プラザ」内部

シンガポールの行政とビジネスの中心である「シティエリア」。

その一角、MRTの「シティーホール」駅から徒歩2分、ノース・ブリッジ・ロード(North Bridge Road)とコールマン・ストリート(Coleman Street)の交差する角に「ペニンシュラ・プラザ」はあります。

この「ペニンシュラ・プラザ」、ミャンマー人経営のお店が9割を占めるという、ミャンマースポット。

ビル内で見かけるのは、ほぼミャンマー人100%❗️

ミャンマー人によるミャンマー人のためのミャンマーのショッピングモールです✨

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマー食材のお店

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】丸っこいビルマ文字が氾濫しています。

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマー産のお菓子や食材など

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ビルマ文字が書かれた食材

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマーの調味料でしょうか?

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】お花屋さん

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマー食品のお店

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマー食材のお店

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】小さな雑貨屋が沢山あります。

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマー雑貨屋さん

「ペニンシュラ・プラザ」は5階建で、内部は吹き抜けになっていて意外と綺麗な感じ。

ちょうど中国の春節の時期だったので、中華風の赤い提灯が吹き抜けに吊り下げられていました。

各階には小さなお店がずらりと並んでいて、どのお店にも丸っこいビルマ文字が書かれています。

スーパーには、ミャンマーの食材がたくさん❗️

ビルマ文字で書かれているので、その食材が何なのかはよくわからないのですが、東京のミャンマービル「タックイレブン」に陳列されているのと同じような商品が並べられていました。

タックイレブンの記事はこちら

東京都内のミャンマー人が集う雑居ビル「タックイレブン高田馬場」を探検する
ミャンマー人が多く住むことで知られる街、高田馬場。その駅前にある雑居ビル「タックイレブン高田馬場」には、ミャンマーの食材や衣料品、雑貨などを売るお店が何店か入っており、ミャンマーの方も多く住んでいるのだとか。ちょっと、ミャンマーの風を感じに、行ってみました「タックイレブン高田馬場」❗️

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマーの民族服ロンジー布屋さん

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマーの民族服ロンジー

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】カラフルなロンジー布

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ずらりと並べられたロンジー布

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】日本製の折りたたみ傘

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】男性用のロンジー布

ミャンマーの民族服「ロンジー」を売るお店もたくさんあります。

シンガポールで働くミャンマー人の労働者は、女性がかなり多いそうです。

ミャンマー人女性は、主にメイドとして働いています。

シンガポールは、世界でも稀に見るメイド大国。

外国人労働者の約16%がメイドであると言われ、2013年度の統計では、メイドの数は21万4,500人にも上るのだそうです。

メイドの出身国は、インドネシア(約10万人)、フィリピン(約8万人)が多く、ミャンマーは3番手の約3万人ほどであるとのこと。

この日は平日だったせいか、メイドさんたちは皆お仕事中。女性の姿はあまり見かけませんでした。

ロンジーもたくさん!日本のミャンマー祭り

「ミャンマー祭り2015」港区芝の増上寺に日本のミャンマー大集結!
2015年11月28日(土)と11月29日(日)の2日間、東京港区芝の増上寺にて、「ミャンマー祭り2015」が開催されましたー!お料理の屋台や伝統芸能の公演、NGOや NPO団体の活動、雑貨や食品の物品販売などを通して、ミャンマーについて知ってもらおうというイベントで、今年で3回目を迎えます。

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマー雑貨店、レストランが並びます。

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマーのお店だらけ

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】エアチケットなどを扱うお店

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】カバンや雑貨などを売る店

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ビルマ文字で書かれた新聞

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマーのお菓子

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマーミュージシャンのCD

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】仏教グッズのお店

ほんと、食材から嗜好品、衣料、生活雑貨から化粧品、電気製品、書籍、音楽CD、宗教用具、旅行代理店、携帯電話サービスなどなど、ありとあらゆるお店があります。

ミャンマー人が必要なものは何でも揃う「ペニンシュラ・プラザ」ですが、ここにミャンマーのお店が集まったのは、2000年代後半以降のことなのだそうです。

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマー人御用達の美容院

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】こちらも美容院&ネイルサロン

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】美容院は結構多いです。

ミャンマー人女性がたくさん働いているので、もちろん美容院やネイルサロンもあります。

ミャンマー女性と言えば思い出すのが「タナカ

日焼け止めと美容効果があると言われる、黄色い色をした顔料です。

ミャンマーでは、この「タナカ」を顔に塗り、ほっぺたを黄色くした女性をたくさん見かけましたが、ここシンガポールでは、さすがに「タナカ」をほっぺたに塗っている女性は見かけませんでした。

「タナカ」の記事はこちら

ミャンマーの伝統的な化粧品「タナカ」の石鹸
ミャンマーでは、女性や子供が頬に黄色っぽいファンデーションのようなものを塗っているのをよく見かけます。これは、「タナカ」といってミャンマーの伝統的なおしゃれの一つだそうです。「タナカ」とは、ミカン科ゲッキツ属の木の粉で、その粉に水を加えてペースト状にして使用します。

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマー料理のフードコート

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマー料理のお店

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ミャンマーフードコート

内部には、ミャンマー料理のフードコートもあって、バラエティーに富んだミャンマー料理を食べることもできます。

麺料理の「モヒンガー」や「カウスエ」、カレー風煮込み料理の「ヒン」など、シンガポールに居ながらにしてミャンマーの味を楽しむことができます。

ミャンマー料理についてはこちら

ミャンマーの料理ってどんなの?【ミャンマーグルメをご紹介】
ミャンマー料理ってどんなの? ミャンマーの位置は、インドとタイの中間にあります。つまり!スパイスのインド料理とハーブのタイ料理の両方の要素がある!だけど、それだけではなく、ミャンマーの料理はちょっと独特。ひとことで言うと「油っぽい」です。

日本のミャンマー料理店⬇︎

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】「ペニンシュラ・プラザ」(リトル・ヤンゴン)の雰囲気

リトルヤンゴン、ペニンシュラプラザ【シンガポール】ペニンシュラ・プラザ(リトル・ヤンゴン)

2015年11月8日に実施されたビルマ(ミャンマー)の総選挙によって、アウンサンスーチー率いるNLDが大勝し、民主化を達成したミャンマー。

大きく変わりつつある自国ミャンマーのうねりの中で、シンガポールのミャンマー人社会はどのように変化していくのでしょうね。

シンガポールにあるリトル・ヤンゴン「ペニンシュラ・プラザ」

シンガポール在住ミャンマー人の暮らしの一端を垣間見ることができる、なかなか興味深いところです。

シンガポールのタイ

ゴールデンマイル・コンプレックス(リトル・バンコク)シンガポール【市場・バザール】
シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。タイ人労働者は約1万5,000人程度だと言われています。シンガポール在住のタイ人のたまり場として、よく知られているのが「ゴールデンマイル・コンプレックス」、通称「リトル・バンコク」です。

シンガポールのフィリピン

ラッキー・プラザ(リトル・マニラ)シンガポール【市場・バザール】
シンガポールに在住するフィリピン人は約12万人。その多くが出稼ぎ労働者で、特にメイドの数が多く、約8万人のフィリピン人メイドが働いているのだとのこと。シンガポール在住のフィリピン人のたまり場として、よく知られているのがオーチャードにある「ラッキー・プラザ」、通称「リトル・マニラ」です。

世界の市場・バザール

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク