『ピーオー(P’Aor)』★美味すぎ!バンコクで一番のトムヤムクンヌードル@バンコク

成田~バンコク~【ザンジバル①】

タイ料理と言えば、「トムヤムクン」(エビ入りトムヤムスープ)♪

その「トムヤム」と庶民の日常食「タイラーメン」をミックスさせた「トムヤムラーメン(クイッティアオ・トムヤム)」は、本場タイでも大人気!

そんな「トムヤムラーメン」の美味しいお店、それも行列のできる超人気店がバンコクにあると言うので、行ってみることにしました★

お店の名前は『ピーオー(P’Aor)』(ラーンピーオー(Larn Pii Ao:พี่อ้อ ก๋วยเตี๋ยวต้มย))

タイ本国を始め、香港や中国、日本など各国のメディアでも“バンコク一番のトムヤムラーメン”として紹介されているお店です。

場所はBTSのラチャテウイ駅、またはパヤタイ駅から徒歩8分ほど。庶民的な飲食店が建ち並ぶペッブリー通りソイ5にあります。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

ローカルな界隈に行列あり!エビの旨味たっぷりの絶品トムヤムクンラーメン!

成田~バンコク~【ザンジバル①】『ピーオー(P’Aor)』のある通り

『ピーオー(P’Aor)』のあるペッブリー通りソイ5です。

普通だったら外国人旅行者はおろか、タイの人も地元民くらいしか訪れなさそうな場所なのですが、『ピーオー(P’Aor)』の店舗の前には行列が出来ていました!

成田~バンコク~【ザンジバル①】『ピーオー(P’Aor)』の外観

成田~バンコク~【ザンジバル①】The Best “Tom yum kung”Noodle in Bangkok

こちらが、『ピーオー(P’Aor)』の店構え。

外観は普通のタイの食堂っていう雰囲気ですが、英語や中国語の表記があって、観光客の訪問が多いことがうかがえます。

訪問したのは土曜のディナータイム(19時頃)。お店の前には中国人らしき人が7,8人くらい並んでおり、30人ほどは入りそうな店内も満席状態。

噂通り、かなりの人気店です★

成田~バンコク~【ザンジバル①】『ピーオー(P’Aor)』の店内

『ピーオー(P’Aor)』の店内です。

店内へは20分ほどの待ち時間で入れました。

お客さんは、地元タイ人と、それと中国人旅行者が結構いる印象。

若者率が結構高めですが、家族連れもいました。

店員さんにメニューを渡され、さっそく、注文するものを決めます。

成田~バンコク~【ザンジバル①】『ピーオー(P’Aor)』のトムヤムヌードルメニュー

こちらが、『ピーオー(P’Aor)』のトムヤムヌードルメニュー。

結構メニュー数多いです!

エビや魚、イカ、貝、ポークミンチ、マッシュルーム、ゆで卵など具材のバリエーションが豊富で選ぶのに迷います。

だいたいお値段は、50〜100バーツ(169〜338円)くらいですが、メニューの右下にとんでもない一品が!!

「Lobster and the gang」、999バーツ(3,383円)!!!

なんと、ロブスターが丸ごと一匹入ったトムヤムラーメンです★

この「Lobster and the gang」、頼んでいる人いましたが、器がめちゃくちゃでかくて、3人前くらいの分量はありそう。

かなり食べてみたい気がしましたが、今回は1人での訪問だったので、次回訪問の楽しみにとっておくことにしました。

今回注文したのは、「トムヤムクンヌードル(prawn,marinate pork,boiled egg)」80バーツ(270円)です。

成田~バンコク~【ザンジバル①】ヌードル以外の一品料理も豊富

この『ピーオー(P’Aor)』、トムヤムラーメン以外のメニューも豊富。

“非常美味”って書いてある「Grilled golden needle mushrooms wrapped with bacon dip green chilli sauce」がかなり美味そうで、店員さんに注文してみましたが、残念ながら本日は作れないのだとのこと。

こちらも、次回訪問の楽しみにとっておくことにします。

成田~バンコク~【ザンジバル①】「トムヤムクンヌードル(prawn,marinate pork,boiled egg)」80バーツ

さて、しばらくすると、注文した「トムヤムクンヌードル(prawn,marinate pork,boiled egg)」が運ばれてきました〜♪

オーダーからサーブまでは結構早かったです。

さっそくいただきましょう〜♪

成田~バンコク~【ザンジバル①】エビの旨味たっぷりの濃厚なトムヤムスープ

まずは、スープをずずっと。

濃厚なスープには、ココナッツミルクたっぷり。そして、細かなエビのかけらがザクザク入っていて、ハーブ類の風味もしっかり効いています。

辛さはそれほどないですが、酸味と辛味、甘み、エビの出汁の旨味のマッチングが最高★

さすが、“バンコク一番のトムヤムラーメン”!めちゃくちゃ美味しいです!!『ピーオー(P’Aor)』のトムヤムクンラーメン♪

成田~バンコク~【ザンジバル①】プリプリのエビと食べ応えのあるポークマリネ

さて、お次は麺と具材。

麺は、米の細麺(センレック)と中華麺(バミー)を選べるという情報だったのですが、注文時に麺指定を聞かれることはなく、自動的にセンレックで出てきました。

センレックとトムヤムスープの相性はもちろんベストマッチですが、ちょっと麺の量が少ないのが物足りなかったかな。

具材は、プリプリのエビとゆで卵、そして、スパイスの効いたポークマリネがなかなか美味しかったです。

美味い美味い!と思わずひとり言を言いながら、具材も麺もスープもあっという間に残らず完食!!

大満足のお味でした〜!『ピーオー(P’Aor)』のトムヤムクンラーメン♪

成田~バンコク~【ザンジバル①】BTSのラチャテウイ駅

今回、『ピーオー(P’Aor)』のお店へは、BTSのラチャテウイ駅から行きました。

まず、BTSのラチャテウイ駅を出て北へ。ペチャブリー通り(Phetchaburi Rd)の交差点にぶつかります。そこを左折。

成田~バンコク~【ザンジバル①】ペチャブリー通り(Phetchaburi Rd)からソイ7を右折

ペチャブリー通りを進み、ムスリム料理店などを右手に見ながら進むと、上の写真のソイ7の案内板が見えます。このソイ7を右折。

成田~バンコク~【ザンジバル①】ソイ7の風景

超ローカルな雰囲気のソイ7の風景。

夜などは薄暗くて、ちょっと怖い感じもしますが、全然問題ありません。

ソイ7を少し歩いて最初のT字路を左折。

成田~バンコク~【ザンジバル①】『ピーオー(P’Aor)』の店舗

T字路を左折すると、ローカルな食堂がたくさんある通りとなり、しばらく歩くと右手に現れる赤い看板のお店が『ピーオー(P’Aor)』です。

行列が出来ているので、すぐにわかると思います。

“バンコク一番のトムヤムラーメン”との噂名高いお店『ピーオー(P’Aor)』

評判は本当でした♪

ちょっと行きづらい場所にありますが、わざわざ足を運ぶ価値は十二分にあります★

次回訪問時は、ぜひとも、ロブスター丸ごと一匹入った「Lobster and the gang」(999バーツ:3,383円)に挑戦してみたいです!


◆『ピーオー(P’Aor)』

住所:68, 51 Phetchaburi Rd, Khwaeng Thung Phaya Thai, Khet Ratchathewi, Krung Thep Maha Nakhon 10400 タイ
電話:+66 2 612 9013
営業時間:10:00~21:00

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク