パハール・ガンジ、メインバザール(インド・デリー)【市場・バザール】

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!

市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。

今回の市場は、インド、ニューデリー駅前の「パハール・ガンジ(メインバザール)」

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

冬の朝、ニューデリー駅前のメインバザールの路上には、たくさんの野菜が並んでいました。

デリー、パハール・ガンジ

インド、ニューデリー駅のすぐ西側に位置する「パハール・ガンジ」(Paharganj पहाड़गंज)

「メインバザール」とも呼ばれるこの界隈には、数多くの安宿や旅行者向けのカフェやレストランが並び、世界中からバックパッカーや旅行者たちが集まります。

通りには、旅行者向けの商売をする人たちがたくさんうろついていて、ツアーの勧誘を受けたり、土産物屋に手招きされたり、マリファナを買わないかとボソッと呟かれたりします。

ですが、この「パハール・ガンジ」は、旅行者のためだけの通りではありません。

地元のデリーっ子たちも買い物に訪れる、ニューデリーのメインの市場のひとつなのです。

デリー、パハール・ガンジ

デリー、パハール・ガンジ

路上にたくさん並べられた野菜類。カリフラワー、ナス、ダイコン、きゅうり、にんじん、じゃがいも、たまねぎ、トマト、キャベツ、ピーマン、インゲン豆、ほうれん草、唐辛子、ショウガ、レモン、ニンニク、ライム・・・

あらゆる野菜が売られています。

この食材を使って、どんな料理が作られるんだろう。

アルゴビ(じゃがいもとカリフラワーのカレー)、ベイガンマサラ(焼きナスのカレー)、サグパニール(ほうれん草とチーズのカレー)・・・

想像が膨らみます!

朝から晩まで開かれているこの路上市場には、多くの地元の人たちが買い物に訪れます。

バザールの通り沿いにある旅行者向けレストランも、ここで買った食材を料理に使っているのかもしれませんね。

デリー、パハール・ガンジ

デリー、パハール・ガンジ

肌寒い2月の冬の北インド、路上に座って野菜を売り続けるのは結構冷えます。

おじさんも体じゅうを布で覆って防寒対策。

「パハール・ガンジ」は、デリーがムガル帝国時代の首都「シャージャハーナーバード」と呼ばれていた時代から存在し、当時帝都に5ヶ所あった主要な市場の一つとして栄えていたそうです。

17世紀頃は主に穀物を扱う市場として知られ、1947年のインド・パキスタン分離独立の際には、西パキスタン側から移住してきた多くのヒンドゥー教徒難民のために店が割り当てられて、通りは急成長したといいます。

ちなみに、「パハール」は”丘”、「ガンジ」は”市場”の意味。市場は大統領官邸がある地域の丘(ラーイスィーナーの丘)に隣接しているため、この名前がついたそうです。

デリー、パハール・ガンジ

メインバザールに並ぶ、ジュレビ (Jalebi जलेबी)のお店。

ジュレビとは、かりんとうのような生地の中にシロップが入ったインドのお菓子

ひとつ5ルピー(14円)です。

かなり甘〜いですが、これが結構美味しいんです!

デリー、パハール・ガンジ

こちらは、ジャガイモ(アール―)の屋台。

おじさんは小刀でジャガイモを小さく切り、鉄板に載せ油でジュウジュウ炒めます。

ほんのりと焦げ目が着いた頃、おじさんは葉っぱで出来た小皿にジャガイモをサッと載せ、塩、胡椒、チリパウダーを振り掛け、レモンをキュッと絞り、最後に特製マンゴーソースをドロリとかけます。

これが、また美味しいんです!

塩胡椒やチリパウダーの辛さとレモンの酸っぱさ、マンゴーソースの甘みが、素朴なジャガイモに絶妙に絡み合っています。

10ルピー(27円)です。

鉄板の後ろには、野良牛の姿が見えます。

のっそりとした感じで、虎視眈々とこちらを窺っています。

世界の市場・バザール



スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク