海辺までお散歩。そして、首里城公園観光へ【沖縄】

3月のあたま、1泊2日で沖縄に行ってきました。

2日目、ホテルでの朝食を終えてチェックアウト。荷物を預けて出発です!

(前回の記事はコチラ→桜坂&栄町、壺屋やちむん通り散策。そして、最後はオシャレなバーへ【沖縄】

今回は1泊で、那覇観光しかしないので、沖縄のキレイな海を見てないことに気付きました。せっかくなので、海沿いまでお散歩に行くことにしました~。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

海を見にお散歩

ホテルからテクテク歩いて行きます。目指すは、若狭海浜公園! 20~30分くらい歩いたでしょうか。

到着~!!

・・・うーん、思ってたのと違う。。白い砂浜と青い海が見られるかと思ったのですが、そこは港で、目の前には高速道路が走っていました。

沖縄

残念。。やっぱり、THE沖縄な海を見るためには、北部もしくは南部の方へ行かなきゃなんですねー。

でも、ここには那覇市内で唯一の海水浴場がありました。

『波の上ビーチ』というところで、湾のようになっていて狭いのですが、一応海水浴ができるそうです。

沖縄

沖縄

沖縄

沖縄

私たちの他にも、海を求めて?やって来たであろう観光客がいました。

ここは、地元の方が気軽に来ることができる海水浴場なのでしょうね。

一応海も見られたので、さぁ首里城へ向かいましょう!

那覇の定番観光スポット「首里城公園」

海沿いから、ゆいレールの駅までまたテクテク歩いていると、タクシーの運転手さんに何度となく声をかけられました。この時期、観光客はまだ少ないし、こんなことろを歩いている観光客も珍しいのでしょう。「どこ行くの?」「タクシーの方が早いよ」・・・

最寄りのゆいレールの駅まで歩くつもりでしたが、さすがに朝から歩き疲れた。途中からタクシーに乗り、「これから首里城へ行く」と言うと、タクシーの方が安いし早いと。しかし、ゆいレール2日券を買った私たちは、意地でもゆいレールに乗らなければ(笑)。。と思い、最寄りの駅までお願いしました。

そして、首里城駅から首里城公園までは、バスで行きます。沖縄本島に来るのは3回目なのですが、首里城に来たのは実は初めて。

さぁ、首里城公園到着です!

首里は、幕末までの約450年間、琉球王国の都として栄えました。

沖縄 首里城

沖縄 首里城

沖縄 首里城

「守礼門」・・・今ではまったくお目にかかれなくなった、二千円札の図柄にもなった門。

沖縄 首里城

沖縄 首里城

沖縄 首里城

沖縄 首里城

「歓会門」・・・首里城の正門。外郭と内郭の二重の城郭に囲まれています。

沖縄 首里城

「瑞泉門」・・・瑞泉とは、”立派なめでたい泉”という意味。門の前にある湧水「龍樋(りゅうひ)」にちなんで名づけられました。

沖縄 首里城

沖縄 首里城

沖縄 首里城

そして、ここから先は有料エリア。正殿へ向かいます。

通常、一般大人の入館料は820円なのですが、ゆいレールの1日乗車券を見せると、団体料金の660円で入ることができます!

沖縄 首里城

この「広福門」を通り、次の「奉神門」を抜けると正殿のお目見えです!

沖縄 首里城

広い御庭があり、そこには首里城正殿がドーンと構えられていました。

首里城は、1992年の本土復帰20周年を記念して復元されたそうです。

南殿と北殿には、展示室などがあり、華麗な王朝文化の美術工芸品の展示や、映像による解説などが行われています。

沖縄 首里城国王の椅子

沖縄 首里城

正殿の奥には、未開園区域(生活・儀礼空間)があり、まだ復元建設中だそうです。

約1時間~1時間半くらいで首里城公園を一通り廻れたでしょうか。

朝からかなり歩き通しで疲れました~。そして、お腹も空いてきたのでお昼タイムです♪

ランチは、首里城から歩いてすぐのところにある沖縄料理屋『琉球茶房 あしびうなぁ』です!

沖縄

沖縄

沖縄

詳細は、以前ご紹介したのでコチラでどうぞ→雰囲気もお味もGOOD!『琉球茶房 あしびうなぁ』@沖縄・那覇

雰囲気もお味もGOOD!『琉球茶房 あしびうなぁ』@沖縄・那覇
沖縄旅行で首里城観光をした後、ちょうどお昼どきだったので、事前にチェックしていたお店『琉球茶房 あしびうなぁ』に伺いました。場所は、首里城から行く場合、弁財天堂と円覚寺跡の間の通りから首里城公園を出て、ちょっと歩くと右手にすぐ見つかります。

雰囲気も良くて、お料理も美味しくて、とっても満足なランチでした♪

この後は、金城の石畳道を散策します!

沖縄 石畳の道

※次の記事→風情のある金城町の石畳道をお散歩【沖縄】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク