♪ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン(Nusrat Fateh Ali Khan)法悦のカッワーリー

ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン

動画の歌声、すごいですよね!

パキスタンの宗教歌「カッワーリー」の歌い手、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン(ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン)の歌唱です。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

イスラム神秘主義宗教歌「カッワーリー」の伝説、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン(نصرت فتح علی خان:Nusrat Fateh Ali Khan)

「カッワーリー」とは、イスラム神秘主義(スーフィズム)と深い関係にある宗教歌謡。

主にパキスタンとインドを中心に歌われる歌謡です。

正統派のイスラムでは、歌謡は禁ずる傾向がありますが、むしろそれを積極的に修行の中に取り入れようとしたのがスーフィーです。

カッワーリーは主にダルガー(聖者廟)の中で演奏されます。

繰り返されるリズムと神秘的なメッセージの歌によって神と合一することを目的とした音楽なのです。

けれども、現在のパキスタンではカッワーリーは大衆音楽として大きな人気を博しているようです。

このヌスラット・ファテ・アリ・ハーン(パキスタン・パンジャーブ州ファイサラーバード出身)は、1997年に既に他界していますが、20世紀を代表するカッワーリーの歌い手として、パキスタン・インドでは伝説的な存在とみなされています。

また、ヌスラットは西洋にカッワーリーを知らしめた人物としても有名です。

元ジェネシスのピーター・ガブリエルに見出された彼は、ハリウッド映画のサウンドトラックをいくつも手掛けるなど、インドのラヴィ・シャンカルなどと同様に世界を股に掛けて活躍しました。

カッワーリーの基本構成は、メインヴォーカルとハルモニウム(小型のオルガン)と太鼓です。

3人から10人ほどで演奏されます。

インド古典音楽のラーガに似ていて、基本的な旋律や音階に基づき、その場その場で即興で演奏するスタイルです。

また、カッワーリーでは、メロディーやリズムとともに神秘詩が重要な役割を果たしています。

歌詞には、ハムド(唯一神アッラーを称える賛歌)、ナート(預言者ムハンマドを称える賛歌)、マンカバト(スーフィー聖者を称える賛歌)があり、この順番で歌われるそうです。

ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンは、「カッワーリー」の分野において、最も多くのアルバムをリリースした人物として知られています。

アルバムの総数は125を数えるそうです。


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク