ナスカの地上絵を地上から見る!展望台「ミラドール」から見た地上絵【ペルー】

※前回の記事→「ナスカの地上絵」セスナに乗って絵画鑑賞!荒野に描かれた世界最大の謎の絵【ペルー】

ペルー ナスカ

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

パンアメリカンハイウェイ沿いにある展望台「ミラドール」からナスカの地上絵を眺めました!

地上絵フライトを終え、ナスカの街へ戻った私とアメリカ人青年デビッドは、昼飯を食べた後、地上絵を地上から見るため観測所「ミラドール」へと行ってみました。

「ミラドール」は、ナスカ市内からタクシーで約20キロ。

雄大な荒地の風景の中、パンアメリカンハイウェイ沿いに「ミラドール」は立っていました。

ペルー ナスカ手の地上絵

ペルー ナスカ木の地上絵

ミラドールの高さは約20m。

鉄骨の階段をカンカンカンカンと登ってゆくと、塔の上からは「手」の地上絵と、「木」の地上絵が見えました。

ペルー ナスカ

ミラドールの近くには、「ミラドール・ナチュラル」と呼ばれる小高い丘があります。

私たちはここにも登ってみました。

丘の上からは、地平線に向かって幾何学的な線描がいくつも伸びています。

どこまでも広漠とした風景が広がっていて、空はあくまでも青く濃いです。

ペルー ナスカセスナの機上から見た「ミラドール」と手と木の地上絵

ペルー ナスカ

ペルー ナスカ

地上絵は地表の岩を取り除くことによって描かれています。

地上絵の付近は立ち入りが禁止されていて、その線を間近で見ることは出来ません。

こうして地上から見ると、確かに地上からは、絵の存在はなかなか確認することはできません。

近代になるまで発見されなかったというのも頷けるというものです。

ペルー ナスカ

夕方、街の外れにあるアントニニ博物館へ行きました。

ここはナスカ文化の美しい土器や織物を多数展示した、小ぢんまりとした博物館です。

博物館の見学には、ペルー人の女性ガイドがつきました。スペイン語のガイドです。

女性ガイドは展示品についてスペイン語で説明します。デビッドはスペイン語がほんの少しわかるので、彼女はデビッドに説明します。

そして、デビッドは英語のほんの少しわかる私にそれを訳します。

説明の度に繰り返される、そんな伝言ゲームのようなやり取りを見て、真面目そうな女性ガイドは、説明する度にケラケラ笑いました。

展示品には、ナスカ人の楽器やサボテンの刺で作られた縫い針など、興味深いものがたくさんありました。

特に面白かったのは土器のデザインです。

土器の表面には地上絵と同じ、ハチドリやサル、クモ、ペリカンなどの図柄が描かれています。

これらの図柄はいったい何を意味しているのでしょうか。様々に想像は膨らんできます。

※次の記事→世界遺産「アレキパ」ミスティ山に抱かれた白い街【ペルー】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク