いつでもリーズナブルにいただける本格ビリヤニ!『ナワブ・ビリヤニハウス』@茅場町

茅場町、ナワブ・ビリヤニハウス

東京メトロ日比谷線・東西線の茅場町駅3番出口から徒歩1分。

茅場町一丁目の交差点の南東の一画に、インド料理店『ナワブ・ビリヤニハウス』はあります。

店名にあるように、このお店の売りのメニューは「ビリヤニ」

本格的なビリヤニを気軽にリーズナブルにいただけるお店として知られている隠れた人気店です★

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

バスマティーライスを使ったスパイシーな本格ビリヤニをカウンターでいただく♪

茅場町、ナワブ・ビリヤニハウス『ナワブ・ビリヤニハウス』の店頭

『ナワブ・ビリヤニハウス』の店頭の様子です。

お店は、路地沿いの雑居ビルの1階にあり、佇まいも地味でごちゃっとした感じなので、あまり目立たない感じ。

店頭には黄色の看板と、ビールの樽のオブジェ、「お弁当」と書かれたテイクアウト用の暖簾がありました。

テイクアウトのお客さんが結構多いみたいです。

茅場町、ナワブ・ビリヤニハウス『ナワブ・ビリヤニハウス』の店内

『ナワブ・ビリヤニハウス』の店内です。

店内はカウンターのみの居酒屋スタイルで、かなり狭め。座席は17席です。

カウンターの向こうには、ビールやインドワインをはじめ、ウイスキーやジン、ラム酒やウォッカなど、アルコールのボトルがずらり!

平日のランチタイムにお伺いしたのですが、お客さんは3組ほど。

それと、テイクアウト客が何組か来ていました。

店員さんは、お料理の注文やサーブをしてくれる女性の方と、厨房でお料理を作っている男性の方の2人おり、どちらも南アジア系(インドかパキスタン)の方でした。

茅場町、ナワブ・ビリヤニハウスビリヤニ、カリーナンセットの紹介

お店の壁に掲げられていたメニューです。

目玉のビリヤニの他には、2(トゥー)カリーナンセットが売りのよう。

2(トゥー)カリーとミニターメリックライス、ナン、サラダが付いて900円!

かなり、リーズナブルです!

夜のグランドメニューには、バターチキンやチキンコルマ、キーマなどのカレーから、チキンティッカやシークカバブなどのグリル系。サモサやパコラなどの揚げ物、カチュンバルサラダやクルチャ、デザートのクルフィなどいろいろ★

お酒を飲みながら居酒屋風にインド料理をいただける感じです。

さてさて、とりあえず注文しましょう〜♪

チョイスしたのは、もちろんビリヤニ。「ナワブ特製ビリヤニ」です。

茅場町、ナワブ・ビリヤニハウス「ナワブ特製ビリヤニ」(1,000円)

しばらくすると、さっそく「ナワブ特製ビリヤニ」が運ばれてきました!

バスマティーライスを使ったオレンジ色のビリヤニに、サラダ、ライタが載ったワンプレート。ライスの中に入っているのはチキンです。

シンプルながら、なかなかのビジュアルです。

美味しそう♪

お店のメニューでは、↓のように紹介されていました。

ビリヤニとは・・・
ビリヤニとはインドやその周辺国で食べられている炊き込みご飯のようなものです。お肉や魚介・豆や野菜などをスパイスの効いたカレーと共に炊き込みます。パエリヤ・松茸ご飯と並び世界三大炊き込みご飯の1つとも称されています。付け合わせのライタ(ヨーグルトソース)をお好みでかけてお召し上がりください!!

『ナワブ・ビリヤニハウス』店内の案内チラシより

松茸ご飯が世界三大炊き込みご飯に入るのかは議論の余地がありそうですが、ビリヤニは、その手間のかけ方、使う材料の豊富さ、地域による調理法や味のバラエティーの豊富さから考えて、確実に世界三大炊き込みご飯に入ると思います★

茅場町、ナワブ・ビリヤニハウススパイスたっぷりの本格ビリヤニをリーズナブルにいただける

さてさ〜て、いただきましょう〜!

チキンのグレイビーが染み込んだパラパラのバスマティーライス。

クローブやカルダモン、クミンなどのスパイスの風味が豊かに香り、ライスの上に載せられたショウガやネギも良いアクセント。

お肉も適度に柔らかく、食べやすくて美味しいスタンダードなお味のビリヤニです。

付け合わせのライタ(ヨーグルトソース)をかけると味に変化が出て、これまたGood!

実は、お料理を作っている時に、電子レンジでチンしている音が聞こえたのですが、仕込みの際にしっかりと層状にグレイビーとご飯をして炊き上げているんでしょう。満足できるお味でした★

もぐもぐといただいていると、カウンターのインド系の女性スタッフさんが、「辛さは大丈夫ですか?」と気を遣ってくれました!

茅場町にあるインド料理店『ナワブ・ビリヤニハウス』

美味しいビリヤニをリーズナブルなお値段でいただける貴重なお店です。

それと、インド料理店には珍しく、11:00から23:00まで通しで営業しているので、いつでもビリヤニが食べられるというところも二重丸◉

また、今回食べたのはチキンビリヤニでしたが、Today’s SPECIALとして、エビビリヤニやラムビリヤニ、ベジタブルビリヤニなどもいただけることがあるとのこと。

いつでも気軽に行けるお店なので、また、ふらっと『ナワブ・ビリヤニハウス』に、SPECIALビリヤニを食べに行ってみようと思います。


◉ ナワブ・ビリヤニハウス

  • 住所:東京都中央区日本橋茅場町1-11-4 小林ビル 1F
  • アクセス: 茅場町駅から112m
  • 営業時間:11:00~23:00
  • 定休日:無休
  • 電話:03-5614-0330

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク