アエロフロート航空で、成田からモスクワ経由ヘルシンキへ

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

2017年GWは、バルト三国へ行ってきました!

モスクワ経由で、最初にフィンランドのヘルシンキに到着。ヘルシンキに1泊して、バルト三国のエストニアに入ります。

ヘルシンキに到着したら、まさかの雪!! 一応冬のコートを持って行ったけど。。。激寒でした(涙)

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

バルト三国の旅

2017年4月29日(土)から、連休最終日までの9日間の旅です!

フライトスケジュールはこんな感じ。

◆4/29(土)

アエロフロート航空(SU)263便   成田(12:00)-モスクワ(16:10)

アエロフロート航空(SU)2200便  モスクワ(18:20)-ヘルシンキ(20:05)

◆5/6(土)

アエロフロート航空(SU)2105便  ビリニュス(11:15)-モスクワ(12:40)

アエロフロート航空(SU)260便   モスクワ(19:00)-成田(10:35)(5/7着)

ヘルシンキ1泊→タリン(エストニア)2泊→リガ(ラトビア)2泊→ビリニュス(リトアニア)2泊 の7泊9日!! 移動も結構あったので、ちょっと大変でした~。

航空券は、エクスペディアで 98,410円!

半年前くらいに予約をしたということもあり、GW真っ只中の割りには、お安かったと思います。

初めてのアエロフロート航空

4月29日(土)出発当日。

アエロフロート航空は、成田第一ターミナルです。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

出発ロビーの真ん中に、どでかい柱が。。

モザイクタイルのような。。とてもキレイで、思わずパチリ☆

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

GW初日の割りには、それほどの混雑もなく、チェックインカウンターも出国手続きも比較的スムーズでした。第2ターミナルの方が混んでいたのかもしれないですね。

バルト三国は、三国共にユーロなので、成田空港で両替をしました。

この日のレートは、1ユーロ=124.85円。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

初めて利用するアエロフロート航空。

ひと昔前は、あまりいい話を聞かなかったけど、今はどうなんでしょう。。

機体は、なかなかカッコイイ感じ。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

モスクワで乗り継ぎなのですが、この便は、そのままロンドンまで飛ぶようです。

成田〜ヘルシンキMAP(バルト三国①)

さて、いよいよ出発です!

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

最初のドリンクサービス。

紙コップがカワイイ♪ これだけでちょっとテンション上がり、印象が良くなりました(笑)

あと、写真はないのですが、シートが紺色で、オレンジの縁取りがされていたんです。この色合いがまたツボでポイントUP!!

しばらくして、最初のお食事(昼食)は、ビーフorチキン。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

ビーフをチョイス。お寿司もついてました。

ビーフは、ハンバーグのようなお味で。。まぁまぁだったかな。

アエロフロートの機内食は、あまり評判が良くないっぽいんですが、機内食ですごく美味しい!と思ったこともないので、こんなものかなーと。

モスクワまでの10時間、何をして過ごそう。

映画・・・という気分でもなく、ガイドブックを見たり音楽を聴いたり。。というか、ほとんど寝てました(笑)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

寝ているときに、何やら物音がしたと思ったら、アイスの時間でした!

バニラアイスかフローズンヨーグルト。ここは、フローズンヨーグルトで。サッパリしてとても美味しかった♪

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

夕食は、焼きカレーうどんとパスタのチョイス。

うどんに惹かれ、焼きカレーうどんに。あ、また牛肉だった。。普通に美味しかったです。

TOBLERONEのチョコが嬉しい♪

10時間10分を経て、モスクワに到着です!!

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

アエロフロートがいっぱい。ロシアだぁ、と実感。。

お天気は良く、この日は23度くらいあったようです。

トランジットの入国チェック?は結構な行列で、15~20分くらいは並んだかも。

ヘルシンキへのフライトの出発ゲートに向かいます。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

とてもオシャレでエキゾチックな感じのレストラン。

テンション上がります!

成田~ヘルシンキ(バルト三国①:成田〜ヘルシンキ)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

テイクアウトのお店やカフェ。

どのお店もオシャレで、ロシアの印象がかなりアップしました♪

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

ロシアの名産がコンパクトにまとまっている可愛らしいワゴン。

そして、ロシアといえば!なマトリョーシカ♪ プーチンさんもいます。

この旅で、マトリョーシカのかわいさに気づいてしまいました~(笑)

乗り継ぎ時間は2時間くらいだったので、時間を持て余すことも、時間がなくてあせることもなく、ちょうど良い時間でした。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

モスクワを出発。ヘルシンキへ向かいます!

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

1時間45分のフライトですが、サンドイッチの軽食がありました。

紙袋の中に、サンドイッチとシリアルバーのようなお菓子と、なんと”みかん”が入っていました。このみかんが甘くて美味しかった。

成田-モスクワの10時間に比べたら、2時間弱のフライトはあっという間。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

雲の上は、こんなにいいお天気なのに。。。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

雲を抜けて、陸が見えてきた頃は、なんと一面銀世界!

天気予報で雪マークを見ていたけど、ほんとに降っているとは。。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

初北欧★ヘルシンキに到着です。この日の気温、最高気温5℃・最低気温1℃でした。。

20時過ぎで、お天気も良くないというのに、まだ薄明るいです。

フィンランドで「FINNAIR」を見て、テンション上がる(笑)

ヘルシンキ空港から市内へ

入国審査を終え、市内へ行く駅に向かいます。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

スターバックス

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

両替所

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

キレイな空港内

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

外は雪~。。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

電車のマークを辿っていきます。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

なんだか、近未来的なエスカレーター。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

デザインが北欧って感じがします。いちいち感動(笑)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

ヘルシンキ空港駅のホームは、広くて無機質な感じがしますが、とてもキレイです。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

ホームの壁に、路線の案内板。

そして、ホーム中央の壁には、時刻表や路線図などが掲示されていましたが、いったい切符はどこで買うのでしょう。。?

券売機らしきものは見当たらなかったので、ひとまず電車に乗り込みます。

ヘルシンキ空港駅から市内のヘルシンキ中央駅までは、約30分。

「I」と「P」の2経路があって、逆回りなのですが、どちらでも中央駅に行きます。所要時間もほとんど変わらないので、早く来た方に乗ってしまって大丈夫です。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

車内は、近代的でとてもキレイ☆

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

すると、電車の係の人が回ってきたので、呼び止めて切符を購入することができました。

一人5.50ユーロで、80分以内なら、トラムや地下鉄に乗り継ぎができます。切符に「22:16」と印字されていますが、この時間までなら乗り継ぎOKということです。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

外はまさに冬の景色。フィンランドの人たちも真冬の恰好です。。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

約30分で、ヘルシンキ中央駅に到着しました!

雪が溶けてビシャビシャの中、スーツケースを引いて行きます。。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

北欧っぽい、デザイン性のある電車。

ホテルは、ここから地下鉄に乗って3駅の「Hakaniemi」駅にあります。地下鉄に乗り換えたいのですが、地下鉄の乗り場が分からず、寒空の中スーツケースを引いて、ウロウロ行ったり来たり・・・

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

外をウロウロしてたのですが、中央駅の中に入ってみます。

立派な駅舎です。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

重厚感のあるクラシックなバーガーキング!

ココから地下に行ったり戻ったりしたのですが、結局この駅の真下の地下街と繋がっているところに地下鉄の駅「Rautatieasema」駅がありました。

地下街でもよく分からず、スーパーのお姉さんに聞いたところ、とても親切に教えてくれて、やっとこさ地下鉄にたどり着けました。。良かった。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

オレンジのかわいらしい電車。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

中央駅から3駅で「Hakaniemi」駅に到着。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

エスカレーターが緑にライトアップされています。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

駅構内にあったお菓子自販機。

2ユーロとは、結構高い! 北欧は物価が高いと言われますが、この自販機だけでも、高いってことが分かりますね。。

地下鉄駅から地上に上がるも、暗くて方向が分からず、手持ちの地図も周りに目印らしきものもなく、どっちに行っていいやら。。(汗)

とりあえず、なんとなくこっちかなーと歩いて行くも、良くわからない。。

人通りも多くなく、小さなスーパーがあったので、店員さんにホテルの住所を見せて聞いてみましたが、良く分からないと。。

暗いし寒いし、どうしよう。。と歩いていると、バーの外でタバコを吸っている人が。

その人に聞いてみると、「あっち大通りのマクドナルドの手前だよ」みたいなことを!

「おー!ありがたや。。」確かな答えをもらって、喜び勇んで、そちらの方へ。

ついにたどり着きました~!!

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

ヘルシンキでの宿泊は、『Cumulus City Hakaniemi Helsinki(クムルスシティ ハカニエミ ヘルシンキ』です。

大通りに面した新しいキレイなホテルです。

ヘルシンキで宿泊した「クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ」(Cumulus City Hakaniemi Helsinki)
GWのバルト三国の旅は、北欧のヘルシンキから始まりました。ヘルシンキでの宿泊は、ヘルシンキ中央駅から地下鉄で3駅のところにある『クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ(Cumulus City Hakaniemi Helsinki)』ホテル。地下鉄の駅も近く、ホテルの目の前にはトラムの駅もあり、便利でキレイなホテルでした。

成田~ヘルシンキ(バルト三国①)

ホテルの前の大通り。

後で気づいたのですが、ホテルの近くに地下鉄の入口がありました。。

出るところを間違わなければ、こんなに迷うこともなかったんですね。。

でも、無事にホテルに到着して一安心。

早くお部屋で暖まって、翌日に備えましょう~★

※次の記事→半日でヘルシンキをぐるっと観光!スーパーマーケットにも行きました【ヘルシンキ】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク