北斗七星の飾りのある青い民族衣装。納西族の人々(麗江)【中国雲南省】

※前回の記事→瓦屋根の木造の家並みと石畳の路地が雰囲気満点!納西族の里「麗江」【中国雲南省】

中国西南部にある雲南省。

ベトナム、ラオス、ミャンマーと国境を接するこの地域は、緑いっぱいの豊かな土地。

雲南省には多くの少数民族が暮らしていて、雲南省だけにしかいない少数民族は15もあるそうです。

雲南省の「麗江」「大理」「元陽」の町と少数民族をご紹介します。

今回は、納西族の人々です!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

納西族の女性たちは、北斗七星の飾りのある青い民族衣装を着ています。

雲南省 麗江

麗江の街をぶらぶらぶ~らぶらと歩きます。

石畳の道をのんびりと歩いていると、しばしば青い服を着た女性とすれ違います。

納西族の女性です。

納西族のおばちゃんや老婆たちは、渋い藍染の民族衣装を着ています。

一方、結婚前の若い女性は赤や水色の華やかな衣装を着るらしいのですが、現在日常着として着る人はほとんどいないようです。街で見かける民族衣装の人は全て年配の女性か老婆でした。

写真は、背中に籠を背負った納西族のおばちゃんたちです。ちっちゃい子供がこちらを見ています。

籠は買い物袋の代わりなんでしょうね。

雲南省 麗江

石の敷き詰められた広場「四方街」で老婆と子供が日向ぼっこ。

のんびりとした昼下がり、老人と子供の時間帯です。

老婆の背中に紐がついた円板状のものがありますね。

あれは、7つあって、北斗七星を抽象化したものだそうで、早朝の星が出ている時刻から、深夜の月が出ている時刻まで働く女性の働き者ぶりを表したものであるとのこと。

雲南省 麗江

納西族のおばあちゃんとお母さんと子供。子供が可愛いですね!

麗江では子供を抱いたおばちゃんをよく見かけました。

雲南省 麗江店先に座ってのんびりと日向ぼっこ。赤ちゃんも嬉しそうです。

雲南省 麗江白菜売りのおばあちゃん。坊やはパパと一緒に値引き交渉中?

雲南省 麗江こんにゃく作りをしている納西族の女性。出来具合いはどうかな?

雲南省 麗江

「四方街」の真ん中で、なにやら老婆たちが集会を開いていました。歌も歌っていました。

おじさんたちはそれを遠巻きに覗いています。

何だか、じいちゃんよりもばあちゃんの方がパワーありそうな感じですね!

雲南省 麗江サングラスを掛けたおじいちゃん、盛り上がるばあちゃんたちを尻目にのんびり。

雲南省 麗江

雲南省 麗江

「四方街」から続いている坂、そこを杖を突いた老人がゆっくりと登っていきます。

ナシ族の人口は約31万人。独自の言語としてナシ語、文字としてトンパ文字を持ち、宗教は自然崇拝が中心。社会構成としては、女性の地位が比較的高い母系社会の一妻多夫制です。

玉泉公園と納西族のシャーマンが生み出した表意象形文字「トンパ文字」

雲南省 麗江

雲南省 麗江

雲南省 麗江

麗江古城から20分ばかり、とぼとぼと歩いてゆくと玉泉公園がありました。

鏡のような池には白く輝く玉龍雪山がくっきりと映っています。万年雪を頂くこの山の標高は5596メートル、納西族にとっては神々の住まう聖なる山です。

雲南省 麗江

公園の中にはトンパ博物館があります。ここには納西族の伝統文化や民芸品が展示されていて、壁にはトンパ文字の一覧表がありました。

納西族はトンパ教という自然崇拝の宗教を信仰してきました。その経典を書写するのに用いたのがトンパ文字です。

ちょっと前、日本でもお茶のペットボトルの図柄にも使われてましたよね。

トンパ文字は千年ほど前、納西族のシャーマンが生み出した表意象形文字なのですが、もともと民衆が使うための文字ではなかったため、トンパ教が廃れてしまった現在、使用している人はほとんどいないいそうです。

雲南省 麗江

麗江の町にはトンパ文字を使った表示や土産物が至る所に溢れています。

これは、古城のメインストリートにあったファーストフード店「DICOS」の壁に架かっていたトンパ文字のメニュー表示です。

トンパ文字は、複雑なものでも表せる言葉なんですねー。

トンパ文字は民衆ではなくシャーマンたちの使う宗教的な文字でした。

けれども、現在は使用するシャーマンも少なくなり、文字は観光客向けのシンボルとなりつつあります。

誕生から1千年後、トンパ文字は宗教から離れ、町興しの材料となっている感があります。

だけど、そのおかげで初めて文字は民衆のものとなったのかもしれませんね。

※次の記事→ピンクと白の民族衣装がかわいい、白(ぺー)族の里「大理」【中国雲南省】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク