ミャンマーの料理ってどんなの?【ミャンマーグルメをご紹介】

ミャンマー料理ってどんなの?

ミャンマーの位置は、インドとタイの中間にあります。
※バングラデシュもありますが、東インドとほぼ同じベンガル文化圏です。

つまり!スパイスのインド料理とハーブのタイ料理の両方の要素がある!

だけど、それだけではなく、ミャンマーの料理はちょっと独特。

ひとことで言うと「油っぽい」です。

それでは、ミャンマーの料理の数々をご紹介しますね。


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

油いっぱいのカレー、スナックの充実した喫茶店、ミャンマーの料理

昼飯はミャンマー料理のカレー数種

昼飯はミャンマー料理のカレー数種

昼飯はミャンマー料理のカレー数種

油いっぱいのミャンマーのカレー「ヒン」(ဟင်း

ミャンマーの食卓に最もよく登場するおかずがカレーです。

カレーと言っても、これは外国人が便宜的に付けた名前で、実態は別物です。「ヒン」(ဟင်း)と呼ばれます。

「ヒン」は、見た目はインドのカレーに似ていますが、作り方も味も全然違っています。

作り方は、玉ねぎをスパイスと炒めたものに具材を加えて煮込み、水分を蒸発させて具の表面が油で覆われるようにして出来上がり。

具材は、牛や豚、鶏、マトン、エビ、山羊、魚、野菜、豆など。油を多量に使い、スパイスの使用も少なめ。青唐辛子はあまり使わないので、辛くないのも特徴です。

これは、「油戻し煮」という調理法だそうです。

かなり油っぽいので、サラダ的な野菜を一緒に食べます。こってりしたヒンに比べ野菜料理は淡白。

サラダには、トマトや未熟マンゴー、青パパイヤ、レモンの葉、タマリンドの葉、キャベツ、生玉ねぎなど色々な野菜が使われます。

ミャンマーの主食は米。

ヒンや野菜と一緒に、米をたくさん食べます。もちろん、お米は長粒のインディカ米。

お味はと言うと、

かなり油っこく、味が濃いです。

今回は、魚を使ったヒンと牛肉を使ったヒンを食べたのですが、旨味はあったけれど独特な味で、個人的にはちょっと苦手だったかな。

でも、ヒンには様々な種類があって、味もバリエーション豊かだというので、次回はまた別のヒンに挑戦してみたいです。


朝食はモヒンガー、サモサ、揚げパン、コーヒー 【ヤンゴン】ニャウンウーの食堂のモヒンガー

ミャンマーの国民的麺料理「モヒンガー」

ミャンマーに行った時、いちばんよく食べたのが、この「モヒンガー」でした。

麺は米麺。茹でておいた麺にナマズなどの魚ベースのスープをかけて作ります。

お店によって使う素材は様々で、玉ねぎや豆、卵、鶏肉、ネギとかバナナの茎とか、かき揚げのようなものが入っていたり、ピーナッツが入っていたり・・・。

食べるときはライムを絞ってパクチーを入れると、ナマズの臭みが消えて食べやすくなります。

味は、結構旨味が効いていて濃厚で独特な感じ。今まで食べたことない味でした。

そうめん的な麺が食べやすく、慣れると病みつきになるかも!

モヒンガーは、たいてい屋台で売られていて、ミャンマーの人たちはこれを朝食の時に食べるそうです。

ニャウンウーのローカル食堂でモヒンガーを食べるヤンゴンのカフェのモヒンガー

ヤンゴンの朝食、モヒンガーを食べるヤンゴンの食堂のモヒンガー


カオスエ(米の麺) ニャウンウーのローカル食堂

もうひとつの麺料理「カウスエ」

「カウスエ」は、タイ北部やラオスで食べられている「カオソーイ」と同じ系統の麺料理です。もともとはこのミャンマーのものが起源であるとのこと。

「カウスエ」にもいろいろ種類があって、麺も米麺を使ったり、小麦の麺を使ったり。

写真のは「シャン・カウスエ」。麺は米麺でした。

味もタイやラオスで食べたのと似ていて、あっさりして食べやすい感じ。

具はネギや細切り肉やナッツなどが入っていました。

カウスエには、小麦麺を使ったつけ麺っぽいものや、米麺に辛いペーストを載せたミートソーススパゲティみたいなものなどいろいろあるみたいです。

その中でも有名なのが「オンノウ・カウスエ」というココナッツミルクを使ったカウスエ(小麦麺)。

とても美味しいって噂なのですが、今回は残念ながら食べていません。

ぜひ、食べてみたいです!


朝食はモヒンガー、サモサ、揚げパン、コーヒー 【ヤンゴン】ミルクコーヒーとイチャーコイ

バリエーション豊かな喫茶店のスナック

ミャンマーでは、喫茶店によく入りました。

喫茶店でコーヒーやチャイを注文すると、テーブルにいろいろな種類のスナックが勝手に置かれます。

「あれ?注文していないよ!」

と思うかもしれませんが、これは食べた分だけ払うシステム。

いろいろな種類のスナックを食べられてお得な気分です!

上の写真は、「イチャーコイ」という中国風の揚げパン。このままでも美味しいですが、チャイやミルクコーヒーに浸けて食べてもグッドでした。

朝食はモヒンガー、サモサ、揚げパン、コーヒー 【ヤンゴン】サモサ

インド料理の、ジャガイモのスパイス炒めの包み揚げ「サモサ」もあります。

安定の美味しさ!

ニャウンウーのカフェでまったり手前には中華まん、奥にはパイ生地っぽいパン

揚げ系のスナック以外にも、中華まんや点心を出すお店もあります。

ミャンマーでは、インドに中華、様々な地域の料理が食べられているのがわかります。


エアマンダレー機内食

マンダレーエアウェイズの機内食

ヤンゴンからニャウンウーに行くときに乗ったマンダレーエアウェイズの機内食です。

ビーフンに卵焼きの細切りと鶏肉が入っていました。なかなか美味しかったです。


ダウンタウンのインド料理屋でターリーを食べる。コーラと合わせ2400K(約240円)インド料理

ニャウンウーの食堂で食べた夕食。チキン&カシューナッツのフライドライス中華料理

夕食はタイ・レストランにて中華料理

旅行者向けレストランでトム・カーとフライドポテト、バナナジュースのランチタイ料理&西洋料理

タンテ・ホテルでブレックファストホテルブレックファスト

旅行中、インド料理や中華なども食べました。ヤンゴンにはインド系や中国系の人も多く、インド料理屋や中華料理屋も結構あります。

特に、ヤンゴンのホテルの近くにあったインド料理食堂のカレーが美味しくて、何度か通ってしまいました。

うまいミャンマー・ビール。夕食はタイ・レストランにて

ミャンマーのビール、その名もズバリ「ミャンマービール」!

このビール、結構美味しいんです。

東南アジアでビールを飲むと、結構水っぽかったりして、イマイチなことが多いのですが、この「ミャンマービール」は、日本のビールと遜色ないくらいに味がしっかりしています。

それもそのはず、この「ミャンマービール」、国際的なビールコンテストでの受賞歴のある世界で認められたビールなのです!

見てください!あのグリーン地にインレー湖の黄金の筏が描かれた高貴なラベルを!


ミャンマーでの食費

ミャンマーの食事の費用をメモ書きしときますね(2013年)。

●ダウンタウンのインド食堂(ヤンゴン)
カレー
・・・・・・・・・・・・・2400K(240円)

●ホテル前の食堂(ニャウンウー)
カウスエ、コーラ
・・・・・・・・・・・・・800K(80円)

●ミャンマー人ソータンと一緒に行った食堂(ニャウンウー)
チャーハン、マンダレービール、コーラ(二人分)
・・・・・・・・・・・・5700K(570円)

●バガンのアーナンダ寺院の食堂(バガン)
ヒン、サラダ、ご飯、スープ
・・・・・・・・・・・・・4000K(400円)

●市内の食堂(ニャウンウー)
モヒンガー、コーヒー
・・・・・・・・・・・・・600K(60円)

●ナンダレストラン(ニャウンウー)
ミャンマー料理(何を食べたか忘れてしまいました・・・)、ビール
・・・・・・・・・・・・・15750K(1500円)※人形劇鑑賞込み

●ダウンタウンの食堂(ヤンゴン)
モヒンガー、コーヒー
・・・・・・・・・・・・・1200K(120円)

●アウンサン市場前のレストラン(ヤンゴン)
トムカーガイ、ライス、フライドポテト、バナナジュース
・・・・・・・・・・・・・17000K(1700円)


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク