「モロ要塞」(世界遺産)にうだうだ話す客引きと共にタクシーで訪れる【キューバ】

※前回の記事→革命発祥の地、サンティアゴ・デ・クーバ(Santiago de Cuba)を歩く【キューバ】

サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】サンティアゴ・デ・クーバの旧市街

サンティアゴ市街から南へ約10Kmのところにある「モロ要塞」(世界遺産)。タクシーの客引きに誘われ、行ってみることにしました。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

モロ要塞(世界遺産)

キューバ東部の町、サンティアゴ・デ・クーバの観光。

ロベカル似のガイドに案内され、「7月26日モンカダ兵営博物館」と「サンタ・イフィヘニア墓地」を見物し、ラム酒と葉巻の売り込みを何とか断った私は、旧市街の繁華街に戻り、ランチをすることにしました。

柔道の道場、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】柔道の道場

乗り合いバス、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】トラック型の乗り合いバス

街をぶらぶらと歩きながら、旧市街の中心「セスペデス広場」界隈の繁華街へと向かいます。

途中には、柔道の道場があってびっくり❗️

地元の人たちが利用する、トラック型の乗り合いバスも見掛けました。

食堂でランチ、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】ランチのチキン定食

キューバ国旗、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】キューバ国旗

ランチは、繁華街にあった食堂で、チキンの定食(ライス、サラダ付き)とコーラを注文(8CUC:800円)。

陽気な黒人のお姉さんが注文を受けてくれました❗️

味は、そこそこな感じ。

食後、セスペデス広場に向かい、石段に座ってガイドブックを眺め、これからどこを見ようかと考えていると、男性が話し掛けてきました。

この男性、どうやら客引きのようなのですが、スペイン語しか話さず、勧誘もどこか中途半端な感じ。

横に座って、ずっとうだうだと話し掛けてきます。

こんな調子でお客を取ることができてるのかなと思いましたが、とりあえず、行きたいと思っていた郊外にある見どころ「モロ要塞」(世界遺産)へはどのくらいで行けるのか聞いてみることにしました。

すると、「うだうだ客引き」、15CUC(1,500円)で行くと言います。

ガイドブックに書かれている金額と同じです❗️

OK、彼の勧誘に乗って「モロ要塞」へと行くことにしましょう❗️

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】モロ要塞(世界遺産)

私がOKと言うと、うだうだ客引きの彼はすぐにブラザーだという黒人のドライバーを呼び出しました。

さっそく、来たタクシーに乗り込みます(うだうだ客引きも一緒に乗り込みます)。

「モロ要塞」は、サンティアゴ市街から南へ約10Kmほど進んだところにあります。

タクシーで20分程度で到着しました。

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】モロ要塞への道

入り口に車を停め、要塞へと向かって歩き始めます。

要塞への道沿いには、飲み物や土産物の屋台が並んでいました。

もうかなり暑いので、水分補給は必須です❗️

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】モロ要塞の入り口

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】世界遺産のプレート

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】モロ要塞の城壁

入場料(4CUC+カメラ代1CUC:500円)を支払って要塞の中に入ります。

この時、私の後をついてきた「うだうだ客引き」、モロ要塞に自分も行きたいと言って入場料をねだってきました❗️

結構ずうずうしい人です。

仕方ないので彼の分もお支払いしました。

「モロ要塞」の正式名称は、サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城(Castillo de San Pedro de la Roca del Morro)と言います。

1997年には、世界遺産にも登録されている史跡です。

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】要塞の一室から何やら歌声が聴こえてきました。

入り口を入ると、要塞の一室から歌声が聴こえてきました。

皆、何事かと、歌が聴こえる方へと近づいていきます。

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】ゴスペルを歌う女性グループ

歌声の主はこの人たち。

要塞の一室で、4人組のゴスペルグループが、美しい歌声を披露していました♪

CDも販売していました。

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】モロ要塞の城壁と海

 

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】モロ要塞

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】モロ要塞

歌声を聴くのもそこそこにして、要塞見物に戻ります。

「モロ要塞」は、海賊の襲撃を防ぐ目的で1643年に造られた要塞で、設計はイタリア人のジョヴァン・バッティスタ・アントネッリが行ったそうです。

カリブ海に面したサンティアゴ・デ・クーバ湾の入り口にあり、海面からの高さは約60m、要塞の下部には武器庫があり、上部には宿舎や礼拝堂、牢獄などがあります。

要塞の中には、武器や要塞の増改築の遷移、見取り図などが展示されていて、宿舎や礼拝堂などとして使われた部屋を見ることができます。

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】モロ要塞からの眺め

 

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】半島の眺め

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】要塞に吊り下げられていた鐘

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】モロ要塞からの眺め

だけど、この要塞の一番の見どころは、要塞から見える海と半島の美しい風景です。

青いカリブの海と、豊かな半島の緑が色鮮やか❗️

17世紀からの歴史を持つ白い要塞とのコントラストもキレイです。

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】カリブ海

強烈な日差しに照らされたカリブ海。

要塞は高台にあるため、風が結構強いです。

風のびゅうびゅうという音と、波の打ち寄せる音が聴こえます。

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】モロ要塞にいたカニ

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】トカゲもいました。

世界遺産の史跡のため、要塞には外国人観光客、キューバ人の観光客が結構います。

要塞にいたのは人だけではありません。

石積みには、カニがいたりトカゲがいたり・・・。

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】子供たちとカリブ海

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】カラフルな服装の子供たち

モロ要塞【世界遺産】、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】カリブ海の大海原を眺めます。

要塞には子供たちの集団がいました。

黄色い声で、かなりはしゃいでいました❗️

子供たちは引率の先生らしき男性や女性と一緒に来ていて、全員黒人でした。

アフリカのどこかの国から来たボーイスカウトかなんかの集団かもしれません。

客引き(モロ要塞へ一緒に行った)、サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】タクシーの運転手とガイド

ひと通り「モロ要塞」を見て、乗ってきたタクシーへと戻ります。

写真は、うだうだ説明の客引き君(左)と、ブラザーの黒人ドライバー(右)です。

この「うだうだ客引き」、かなりずうずうしい人で、車へと戻る途中、

「ずっと待っていて暑かったからジュースが飲みたい!」

などと言ってきました。

ずうずうしいなとは思いましたが、ジュースを2人分買いました(2CUC:200円)。

当然のことのように飲む姿が、またずうずうしい❗️

車で出発地点のセスペデス広場へと戻り、彼らとお別れします。

うだうだ客引きの彼に、ガイド料を請求されるかなと思いましたが、さすがにただついて来ただけの彼、ガイド料の請求はしてきませんでした。

サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】アイスクリーム屋さん

サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】スーパーマーケット

うだうだ客引きの彼と別れた後、サンティアゴの街をぶらぶらとうろつきます。

大盛況のアイスクリーム屋屋台の様子を眺めたり、スーパーマーケットに入って売られている品々を物色したり・・・。

そうそう❗️

この「サンティアゴ・デ・クーバ」の街、やたらと客引きが多いです。

これは、ハバナでもトリニダーでもなかったこと。

「タクシー❗️」「葉巻はいらないか❓」「どこそこへは行ったか❓」

などと、いろんな人から声を掛けられます。

見所が郊外にたくさんあるからなのでしょうか。

結構、鬱陶しいくらいに声を掛けてきます。

サンティアゴ・デ・クーバの風景 【キューバ Cuba】サンティアゴ・デ・クーバの街

その後、歩き疲れたので、また、セスペデス広場の石段に座って休むことにしました。

すると、さっきの「うだうだ客引き」がまた居ました❗️

「Hola❗️」(やあ❗️)

挨拶をすると、彼は私の横の石段に腰掛けました。

再び、うだうだ説明が始まります❗️

そして、カタコトのスペイン語で彼と話し続けているうちに、日は傾き、辺りは夕暮れの気配を漂わせ始めてくるのでした。

※次の記事→再びのハバナ、「フロリディータ」と「ボデギータ」【キューバ】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク