お洒落なインド料理店『マルジョウ』でイワシのビリヤニをいただく♪@池ノ上

池ノ上、マルジョウ

京王井の頭線池ノ上駅から徒歩5分ほど。

北口を出て最初の交差点を右折し、すぐに左折。道なりに歩いた左手に、インド料理店『マルジョウ』はあります。

コンクリート打ちっ放しの建物の2階、ガラス張りの外観は、ここがインド料理店とは言われなければわからない、お洒落な美容室やブティックのような雰囲気です。

オープンは2017年の9月の出来立て。美味しいカレーやビリヤニがいただけるとのことでしたので訪問してみました★

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

スタイリッシュなお店の雰囲気とは打って変わって、メニューはインド&スパイス全開!

池ノ上、マルジョウ『マルジョウ』の看板

こちら、『マルジョウ』の看板です。

スタイリッシュなデザインです♪

店名の由来はわからないですが、“○上”は、オーナーさんの名前なのでしょうか?

池ノ上、マルジョウ店頭に貼られたメニュー

店頭には手書きのメニューが貼られていました。

週末の夜の池ノ上、人通りはあまりなく、お店の界隈も静かな雰囲気でした。

池ノ上、マルジョウ『マルジョウ』の店内

『マルジョウ』の店内です。

店内はお洒落なダイニングバーのような雰囲気。

かなり広々とした空間で、インテリアは余計なもののないシンプルでスクエアな感じ。

空間的にはインド要素ゼロです。

座席はカウンター席とテーブル席があり、20名ほど入れそうな感じ。

今回はカウンターに案内されました。

当日予約して行きましたが、お客さんは3組ほど。

ゆったりとディナーを楽しむことができそうです。

池ノ上、マルジョウ前菜とオーブン料理のメニュー

池ノ上、マルジョウビリヤニとカレーのメニュー

『マルジョウ』のメニューです。

お店の雰囲気とは打って変わって、メニューはインド&スパイス全開!

インド料理店なので当然と言えば当然ですね。

さて、注文ですが、色々迷った挙句、

  • 海老のピクルス(オイル煮) フェンネルとカレーリーフの香り(840円)
  • 骨つきタンドリーチキン  インド料理の定番。シンプルなスパイスの組合わせでマリネしています(1,000円)
  • ビリヤニ  具材とバスマティライスを重ねて蒸し焼きにした、インドの炊き込みごはん(1,200円)
  • ローストココナツ香るチキンカレー  サラッとした南インドスタイル。ココナツの香ばしさとさわやかなスパイス(1,000円)
  • チャパティ(300円)

をチョイス!

他にも、ゴア地方の郷土料理「ポークビンダルー」のグリルや、ケララ州の料理である魚のバナナリーフ包み焼き、ブラックスパイスの山羊肉カレーなど、心惹かれる料理が数々ありましたが、これらはまたの機会にと。

池ノ上、マルジョウキリンハートランド 小びん(450円)

お飲み物は毎度のビールを頼みました。

キリンハートランドの小びん(450円)です。

爽やかですっきりとした味わいの麦芽100%のピルスナー。

相変わらず美味しいビールです♪

池ノ上、マルジョウ「きのこのポタージュ」

ハートランドビールをちびちびと飲んでいると、オーナーシェフさんが「きのこのポタージュ」を出してくれました。お通し的な感じです。

クリーミーで上品なスープの中にブラックペッパーがピリリと効いていて美味しい!

池ノ上、マルジョウ「海老のピクルス(オイル煮)」(840円)

ほどなくして提供されたオードブル、「海老のピクルス(オイル煮)」です。

ぎゅっと身が引き締まって食べ応えのある海老に、なめらかなオイルの風味がなかなか。

爽やかなフェンネルの香りと、香ばしいカレーリーフの香りが海老を包み込んでいて、南インドを思い出させるお味。

美味しいです♪

池ノ上、マルジョウ「骨つきタンドリーチキン」(1,000円)

お次は、オーブン料理、「骨つきタンドリーチキン」の登場です★

銀の丸プレートの上にバナナの葉が敷かれ、ごろっと大きめのチキンが2つ。プレート上には椎茸と桜大根が添えられ、サイドにはミントソースの小皿が。

色どり鮮やか!とっても美味しそうです♪

お味の印象は、本場インドのタンドリーチキンに比べると、ヨーグルト感はなく、スパイスは抑えめ。

スモーキーなチキンの素材の美味しさを感じられます。付け合わせの椎茸もこれまた美味しくて、椎茸を含め、桜大根やミントソースとの相性も抜群で、本当に美味しいです★

池ノ上、マルジョウ「ビリヤニ」 (1,200円)

そして、メインの登場!

「ビリヤニ 」です★

注文してからお作りしますとのことでしたが、前菜やタンドリーチキンをいただき終えた後の、ちょうど良いタイミングで出してくれました♪

本日のビリヤニはイワシのビリヤニ。

イワシのビリヤニは初めていただくので、これは楽しみ!

池ノ上、マルジョウシンプルな「イワシのビリヤニ」の見た目

鍋の中には、バスマティライスとイワシの切り身と青菜が載せられていて、付け合せにはデーツのチャツネとライムの切り身。

イワシのビリヤニ、見た目はシンプルです。

店主さんの話によると、壺の中はバスマティライスとイワシやスパイスなどの具材が層状になっているとのことですが、壺の中でかき混ぜず、スプーンで奥まで掬い、取り皿に移してからいただいた方が良いとおすすめされました。

池ノ上、マルジョウ「イワシのビリヤニ」をお皿に取り分けたところ

おすすめされた通りに、「イワシのビリヤニ」をお皿に取り分けてみました。

表面は真っ白だったバスマティライスですが、中はイワシと様々なスパイスが入ったグレービーが沁み込んでおり、美味しそうに色づいておりました★

華やかなスパイスの香りとイワシの旨味、ほどよいチリの辛さと付け合わせのライムやアチャールの酸味と甘み。

これは美味しい!!

池ノ上、マルジョウ「ローストココナツ香るチキンカレー」(1,000円)と「チャパティ」(300円)

続いて、カレー★

「ローストココナツ香るチキンカレー」と「チャパティ」です。

南インド風のココナツを使ったサラサラタイプのカレーです。

カルダモンの芳しい香りが漂ってきます♪

池ノ上、マルジョウ「ローストココナツ香るチキンカレー」

ビジュアルからして間違いなく美味しいです★

とっても柔らかいチキンがごろりと入ったココナツ風味のシャバシャバスープ。

カルダモンやマスタードシードを始めとしたホールスパイスが粒のままゴロゴロ入っていて、華やかな香りとパンチのあるスパイシー感が食欲をそそります。

さらっとしていてしつこくない、南インドらしい美味しいカレーでした♪

もちろん、焼き立てのチャパティとの相性も抜群です!

池ノ上、マルジョウ「チャイ」(350円)

食後は、「チャイ」をいただきました♪

お砂糖入りの優しいお味のチャイ。スパイスたっぷりのお料理をいただいた後、この甘さが体に心地よいです。

ホッとひと息。

満足のディナーとなりました★

池ノ上にオープンしたインド料理店『マルジョウ』

店主さんのお話によると、以前は飲食店で働いていたそうですが、インド料理店で修行したことはなく、インド料理は独学で学ばれたのだとか。

お洒落でくつろげる雰囲気の中、北から南まで、様々なインドの料理をアレンジしたメニューが揃った『マルジョウ』

店主さんも親切だし、お値段もクオリティーを考えるとかなりリーズナブル!

注目のお店です★


◉ マルジョウ

  • 住所:東京都世田谷区北沢1-32-18 アドバンスTビル 2F
  • アクセス:池ノ上駅から151m
  • 営業時間:11:30~14:30 18:00~22:30

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク