アラム語を話すギリシア正教徒の住む村「マアルーラ」を訪れる【シリア】

※前回の記事→世界最古の町「ダマスカス」の見どころ「ウマイヤドモスク」と「スーク・ハミディーエ」【シリア】

シリア(Syria:سوريا)

シリアは世界で最も古い歴史を持つ地域のひとつです。

世界史の主舞台として、アッシリアやペルシャ、ローマ、イスラム帝国、モンゴル帝国、オスマン帝国など様々な国の支配を受け、近代になってからはフランスの植民地となりました。

そして、現在では内戦状態となり、テロとの戦いの舞台となっているシリア。ここは世界史の縮図です。

2003年、内戦が起こる前に訪れたシリアをご紹介します。

今回は、マアルーラです!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

ギリシア正教徒が住む「マアルーラ」を訪れました。この町では、イエス・キリストの時代の言葉「アラム語」が現在でも話されています。


シリア マアルーラ

ダマスカスからバスで1時間。

崖にへばりつく「マアルーラ」の町です。

町は標高1500mの岩山の中に築かれています。

町の人口は2005年時点で2000人ほどであるとのこと。

シリア マアルーラ

「マアルーラ」の住民は、ほとんどがキリスト教徒(ギリシャ正教)です。

ここではイエス・キリストの時代の言葉、「アラム語」が今も話されているそうです。

「アラム語」とは、かつて、メソポタミア、アッシリア、バビロニア、ペルシャ帝国でも話され、当時の世界共通語として使用されていた言語です。

けれども、現在では、この「マアルーラ」をはじめとした3つの村(西方アラム語)や、シリア・イラク・イラン・トルコ・グルジア・アルメニアのいくつかの村(東方アラム語)で話されているに過ぎません。

「アラム語」は、「アラム人」によって作られ、世界に広まった言葉。

文字は「アラム文字」で書かれていました。

「アラム人」はもうこの世界にはおりません。滅亡してしまったのです。

民族は滅亡してしまいましたが、言葉だけは現在でも細々と生き続けているのです。

シリア マアルーラ

崖の上から町を見下ろします。

町の向こう側は延々と岩砂漠が連なっています。

シリア マアルーラ

崖の上にはいくつかのキリスト教の教会がありました。聖テクラ教会や聖セルギウス教会などです。

教会内にはたくさんのイコンが飾られていました。

シリア マアルーラ

「マアルーラ」には、緑色のドームを持つモスクがありました。

ここには少数ながらイスラム教徒も住んでいます。「マアルーラ」は、イスラムとキリスト教徒が共存する町なのです。

訪れた時はちょうど金曜日でしたので、ミナレットからは、金曜礼拝の祈りの声がずっと流れていました。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク