エストニア郷土料理が食べられる可愛くて雰囲気のいいレストラン『クルドゥセ・ノッツ・クルツ』で@エストニア・タリン

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

エストニア・タリンにある、エストニアの郷土料理がいただけるお店『クルドゥセ・ノッツ・クルツ(Kuldse Notsu Korts)』。

山小屋風のかわいらしい店内で、ビールと一緒に豚肉料理やじゃがいもなどを堪能!

クリスマスに食べられているという ”血のソーセージ” にもチャレンジしました。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

『クルドゥセ・ノッツ・クルツ(Kuldse Notsu Korts)』「金の子ブタ」

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

エストニアに来たからには、エストニアの郷土料理が食べたい!

てことで、チョイスしたお店が、「金の子ブタ」という名のレストラン『クルドゥセ・ノッツ・クルツ(Kuldse Notsu Korts)』です。

タリン旧市街の中心にあります。

お店の入口では、民族衣装を着た男女の看板がお出迎え。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

タリン旧市街(バルト三国③)

「金の子ブタ」という名前だけあって、ブタの看板にブタの花壇など、色んなところでブタが登場します。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

店内は山小屋風ですが、新しいお店なのかとてもキレイです。

天井や壁などに、色々な生活道具が飾られています。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

木のテーブルに、赤のクッションやテーブルランナーが、ほんとにカワイイ。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

4人掛けや6人掛けのテーブルが多く、広々とした店内。

とにかく清潔感があって、気持ちいいです。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

壁に書いてある文字のフォントやつる草模様もカワイイし、刺繍の壁かけの色合いもとても素敵で、テンション上がります♪

女子ウケ間違いなしのお店です!

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

窓際には、生活道具の小物が飾られています。

壁の文字のフォントがほんとにカワイイ! なんて書いてあるのかは分かりませんが・・・

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

お店のメニューも子ブタ。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

エストニアビールのメニュー

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

お料理メニュー

メニューは、英語表記ありなので、何とか分かります。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

木製のビールのピッチャーのようなカラトリースタンドに、赤のキリムのようなテーブルランナーが、ナチュラルでとても良いです。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

ビールは、エストニアのビールだそうですが、銘柄は不明。。

”dark” と “light” 。普通に美味しかったです。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

お通し的なパン。このパン、サクサクもっちりで軽くてとっても美味しかったです。

ホイップバターがこれまた美味しかった♪

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

ハチミツの入ったハニービールが名物のようですが、色んな方のブログなどを拝見していると、独特の味でイマイチ・・・というコメントを結構見かけたので、チャレンジせず。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

ビーツのスープ(Beetroot with beef)6.00ユーロ。いわゆるボルシチ。

ボルシチといえば、ロシア料理のイメージがありますが、ウクライナの伝統料理らしいです。

近世以降、東欧諸国に普及したのだとか。

この旅で、ビーツのスープにハマりました(笑) サワークリームとの相性抜群で、見た目の色のわりにはあっさりとしてて、とても美味しかったです。

ビーツがたくさんで、ビーフも入っているので、食べ応えもあります!

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

ドーン!

そして、メインのソーセージ盛り合わせ2人前(Estonian sausage feast for two)27.00ユーロ。

これ、2人分にしてもかなりのボリューム!! 見てるだけで、お腹いっぱいになりそう。。

じゃがいももザワークラウトも山盛り!

ザワークラウトは、キャベツの乳酸発酵による漬物で、ドイツの名物ですが、フランスのアルザス地域や北欧、東欧、ロシアなどで多く食べられているようです。

バルト三国でも、ザワークラウトが付け合わせのお料理は多く、市場でも必ずたくさん売られていました。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

ソーセージのアップ! 迫力あります(笑)

じゃがいもも、かなり大きい。。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

付け合わせのソースは、ケッチャプべースのものとマスタードと、なんとジャム!

ジャムはちょっと違うでしょー。。

ソーセージは、パリっとジューシーで美味しかったけど、この黒い物体 ”血のソーセージ” はダメでした(汗)

見た目はグロテスクだし、味もちょっとクセがあって油っぽく、2口くらいしか食べられませんでした。。

血のソーセージは、クリスマスに食べられているらしいので、特別なものなのでしょうか。

ザワークラウトは、ハチミツが入っていたのかちょっと甘かったので、もっと酸味があったら良かったなーという感じ。

いずれにしても、ボリュームに圧倒(笑)されましたが、エストニアの郷土料理が食べられて良かったです。

クルドゥセ・ノッツ・クルツ(バルト三国④:エストニア:タリン)

地球の歩き方のこのお店が掲載されているページを開いて、テーブルに置いていたら、店員さんがそれを見て喜んでいました。歩き方に写ってる人は同僚らしい(この日は不在でしたが)。

『クルドゥセ・ノッツ・クルツ(Kuldse Notsu Korts)』、エストニアの郷土料理が食べられて、お店はキレイで雰囲気も良く、店員さんも民族衣装を着ていてカワイイので、オススメできるお店です。血のソーセージも是非ご賞味あれ!


◆クルドゥセ・ノッツ・クルツ(Kuldse Notsu Korts)

住所:Dunkri 8, 10123 Tallinn, エストニア
電話:+372 628 6567
営業時間:12:00~0:00

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク