タイ南部の島、「コ・タオ」(タオ島)の透き通るような海【タイ】

※前回の記事→何にもなさそうな、タイ南部の「ソンクラー」の町に行ってみる【タイ】

微笑みの国「タイ」(Thai:ประเทศไทย)

「トムヤムクン」や「ガパオ」といったタイ料理は、もはや日本ではメジャーな存在。「プーケット」や「サムイ」などのビーチリゾートも旅先としてはお馴染みになっています。

それ以外にも、音楽や映画などポップカルチャーや、伝統芸能、歴史ある遺跡など、タイには面白いものがたくさん!

エネルギッシュだけど、どこかゆるいのが魅力な、タイの旅です。

今回は、コ・タオです!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

透き通るような海!タイ南部の島「コ・タオ」の海です。

コタオ

「コ・タオ」の海。

一面に広る真っ青な海が見えるタオ島の風景。日差しが焼けるように熱いのになぜかとても涼しげです。

コタオコ・タオの海

「コ・タオ」(タオ島)は、バンコクから南へ約500km。マレー半島の東側のタイランド湾に浮かぶ、周囲21kmほどの小さな島です。

バンコクから夜行列車に乗り、タイ南部の町「チュムポーン」へ(390バーツ)。翌朝、チュムポーンからバスで船着場まで行き、船に乗ってタオ島へ(400バーツ)。

タオ島では、島の南西部にある「ロッキー・リゾート」という宿に泊まりました(1泊300バーツ)。

タオ島では、スキューバ・ダイビングのライセンスを取りました。

オープンウォーター(9500バーツ)、アドバンスド(6600バーツ)で、10%OFFしてもらって、15440バーツの6日間コースでしたー。

コタオロッキー・ベイの海

タオ島の過ごし方は、海を眺めながらのんびりすること。これが一番です!

それと、シュノーケリングやダイビング。

タオ島の海は透明度が高く、とても綺麗で、海にはチョウチョウウオやツバメウオ、ハタタテダイ、クマノミなどの綺麗でかわいい魚たち、バラクーダやハタ、サメやマンタなどの「オッ!」となるような魚。大きなジンベイザメもいるそうです。

海の中にたくさん生えているサンゴや、そこを歩いている色とりどりのウミウシなども見ものです。

ナイトダイブで潜った時に、海の中で見たプランクトンの群れ(海の中で懐中電灯で照らすと星のようにキラキラと光るんです)も、とっても綺麗でした!

コタオコ・タオの夕暮れ

コタオコ・タオの夕暮れ

タオ島には、今まで3回行ったことがあります。

最初に行ったのは学生の頃でしたが、その時は島には電気も引かれておらず、宿もレストランもモーターで自家発電を行ってました。

静かな島の風情が、とても心地よかったです。

2回目、3回目と行く度に、ホテルやレストラン、ダイビングショップなどが増えていき、セブンイレブンなどもできています。

それでも、一大リゾート地となっているプーケットやクラビなどとは違って、タオ島はのんびりと過ごすことができます。

コタオ海に沈む夕陽

コタオ空と海があかね色に染まります。

コタオコ・タオの夕暮れ

水平線の向こうに眩しい夕陽が沈んでいきます。思わず目を細めてしまう瞬間。

コタオ陽が沈み、空に星が瞬き始めます。

暮れなずむ海岸。虫の音色が聴こえてはじめてきました。

さて、晩ご飯です!

キリリと冷えたシンハービールをグビリと飲みながら、波の音がさざめく夕暮れの海を眺めます。

そして、新鮮な海の幸をたっぷり使ったタイ料理に舌鼓・・・。

至福の瞬間です!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク