♪コノノNo.1/墜落時体勢を取れ!!(Konono No.1)

コノノNo.1/墜落時体勢を取れ!!

日本版CDの帯には、

「脳細胞を直撃する轟音感電グルーヴ!!」

とあります。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

キンシャサのストリート発!電気親指ピアノによる人力テクノ

コノノNo.1は、アフリカ中央部の国、コンゴの首都キンシャサのストリートで生まれた、電気リケンベ(親指ピアノ)をメインとしたグループです。

彼らは、自動車のラジオなどの廃品を利用してリケンベを作り、それにアンプを通しました。

そして、これまた廃品を利用して作った金属製パーカッションを使って、とってもノイジーで、グルーヴィーで、ミニマルで、サイケデリックで、トランシーな音楽を創り出したのです!

まさに、人力テクノ!

アルバムの帯の言葉通り、ビリビリと感電してしまいそうな音楽。

病みつきになります!

2004年にリリースされた、コノノNo.1のアルバム「コンゴトロニクス」

これは、衝撃的なアルバムでした。

アフリカ音楽のファンだけでなく、クラブシーンやポップシーンにまで彼らの音楽は注目され、絶賛されました。

あのビョークやトータスも彼らを招いて共演したんですよ。

コノノNo.1の結成は1969年。

バンドのリーダーは、ミンギエディ・マワングという人物だそうです。

結成以降、コノノNo.1は、当時のザイール(現在のコンゴ民主共和国)で広く活躍したのだそうですが、内戦などの影響により80年代以降は活動が途絶えてしまったのだとのこと。

そんな彼らを21世紀になって発掘したのが、ヴィンセント・ケニスというベルギー人。

彼は、たまたま耳にしたコノノNo.1の音楽にハマり、コンゴまで出掛けていきました。

そして、ミンギエディを見つけ出し、アルバム「コンゴトロニクス」をレコーディングするまでに至ったのだとか。

よくぞ発掘してくれた、って思いますね!

このアルバムは、そんな彼らのワールドワイド・セカンド・アルバム。

タイトルは「アシューム・クラッシュ・ポジション~墜落時体制を取れ!!」です。

ぱっと聴いただけでは前作とあまり変わらない印象ですが、本作では前作と違い、エレキベースとエレキギターが加わっているのだとのこと。

とにかく素晴らしい音楽です❗️


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク