パステルカラーのショップハウスとカラフルなプラナカン雑貨の街「カトン」【シンガポール】

※前回の記事→ペニンシュラ・プラザから、夜のボートキーとマーライオンパークへ【シンガポール】

カトン【シンガポール】

シンガポールの中心から東の少し離れたところにある「カトン」エリア。そこにはかつてプラナカンが多く住んでいました。

パステルカラーのかわいいショップハウス(狭く細長い家屋形式)や、カラフルなプラナカン雑貨に会うことができ、中心部とは違った、ちょっとのんびりと落ち着いた雰囲気を味わうことができます☺

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

パヤ・レバ駅から歩いてカトンへ

シンガポール旅行2日目。

この日は朝から、プラナカン文化が残る街、「カトン」へ向かいます。

パヤレバからカトンへ【シンガポール】

MRT東西線に乗って、シティ・ホール駅から5つ目の「パヤ・レバ Paya Lebar」駅へ。

パヤレバからカトンへ【シンガポール】

パヤレバからカトンへ【シンガポール】

駅には、パヤ・レバスクエアという駅ビルもあり、飲食店がたくさん並んでいました。

右の写真の「麦屋むぎや」というパン屋さんは、通勤の人たちが次々と入っていき列ができていて、人気のパン屋さんのようでした。ワッフルも美味しそう!

パヤレバからカトンへ【シンガポール】

パヤレバからカトンへ【シンガポール】

マクドナルドとモスバーガーが隣同士にありました👀

朝マックに朝モス❢

パヤレバからカトンへ【シンガポール】

店舗の向かいには外の席もあって、面白いな~と。

さてさて、カトンへ向かいましょうか。

この日は、あいにくの雨☔模様。。駅からカトンまでは約500m。順調にいけば、10分くらいで到着できるはずなので、雨だけど頑張って歩いて行くことに。

ところが、駅からの地図がなく、多分あっち方向ということで歩き始めたので、結構遠回りをしたみたい。。

歩き進んでいくと、プラナカン建築のカラフルな建物が見えてきました。

パヤレバからカトンへ【シンガポール】

良かった。道、間違えてなかったみたい☺

パヤレバからカトンへ【シンガポール】

パヤレバからカトンへ【シンガポール】

途中、近代的な建物や、派手なマンションもあり。

パヤレバからカトンへ【シンガポール】

パヤレバからカトンへ【シンガポール】

シンガポーリアンの台所「ホーカーズ」や、ハラールフードのお店も。

プラナカン文化

カトン地区に入ってきました。

カトン【シンガポール】

カトン【シンガポール】

「プラナカン」とは、15世紀後半からマレーシアやシンガポールにやってきた、中国系移民の子孫のことです。彼らは現地の女性と結婚し、中国やマレーの文化とヨーロッパの文化をミックスさせた、独自の生活スタイルを築きました。東西交易の要衝であった、マレー半島やシンガポールならではの歴史です。

「シンガポールナビ」より

プラナカン建築は、1階が店舗や事務所、2階が住居になっていて「ショップハウス」と呼ばれています。

1軒が単独で建つのではなく、数軒が隣り合った状態で建てられているのだそう。

カトン【シンガポール】

こういったショップハウス様式は、シンガポールの色々なところでも見られますが、最も有名なのが、ここカトンのジョー・チアット・ロード周辺です。その中でも、クーン・セン・ロードは、装飾のきれいな家並みを見ることができます。

カトン【シンガポール】

クーン・セン・ロードに入ると、突然パステルカラーの綺麗なショップハウスが目に飛び込んできました!

かわいい~! なんともメルヘンチック💛

カトン【シンガポール】

壁には装飾が施されていて、かわいいタイルや、軒先にもレースのような飾りがあります。

カトン【シンガポール】

カトン【シンガポール】

良く見ると、色々凝っていて、見ていて飽きません。

カトン【シンガポール】

門柱に、シーサーのような守り神が。

カトン【シンガポール】

カトン【シンガポール】

カトン【シンガポール】

門柱のタイルの柄が、とっても素敵です🌟

カトン【シンガポール】

ショップハウスの裏側に回ることができました。

やはり奥行きがすごいですね!

カトン【シンガポール】

カトン【シンガポール】

カトン【シンガポール】

カトン【シンガポール】

裏側も素敵で、このドアの感じなんか、モロッコとかにありそう!とか思ってしまいました(私の勝手なイメージかもですが・・)。

ショップハウスでテンション上がった後は、朝ごはんを食べに行きます♪

『328カトン・ラクサ』

ジョー・チアット・ロードをさらに南下し、イースト・コースト・ロードにぶつかったら右に曲がり2分ほど歩くと、ラクサの人気店『328カトン・ラクサ』があります。

328カトンラクサ【シンガポール】

到着したときは、まだオープン前でした。

328カトンラクサ【シンガポール】

ラクサは、クリーミーでスパーシーでとても美味しかったです😋

詳細はコチラ→クリーミーでスパイシーな病みつきラクサ『328カトン・ラクサ』@シンガポール

クリーミーでスパイシーな病みつきラクサ『328カトン・ラクサ』@シンガポール
シンガポール定番料理のひとつ「ラクサ」。プラナカンが多く住んでいた街「カトン」に、ラクサの人気店『328カトン・ラクサ』はあります。ココナッツミルクとスパイスが効いて、マイルドな辛さが美味しいラクサ。こういったお店で気軽に食べることができます!

カラフルなプラナカン雑貨

ジョー・チアット・ロードから「328カトン・ラクサ」に行く途中に、プラナカン雑貨のお店があります。

食後は、このお店を物色👀

ラクサのお店から戻って、最初にあるのが、「キム・チュー・クエ・チャン」。

カトン【シンガポール】

カトン【シンガポール】

ニョニャ菓子のお店で、隣には雑貨も売られています。

入口はそれぞれありますが、店内でつながっているんです。

カトン【シンガポール】

店頭には、ちまきが吊り下げられています。

ニョニャちまきは、笹の葉ではなく、パンダンというハーブの葉で巻かれているそう。

カトン【シンガポール】

色鮮やかなニョニャ菓子

カトン【シンガポール】

カラフルなビーズ刺繍サンダル

プラナカンの陶器が、カラフルでとってもカワイイんです🎵

カトン【シンガポール】

スプーン

カトン【シンガポール】

調味料入れ

カトン【シンガポール】茶器セット

色合いがホントにきれいです🌟 S$208!!結構なお値段します。。

カトン【シンガポール】お皿

お皿もいろいろ。S$46。買えないお値段ではないけど、やっぱりお高い。。💦

何か記念におみやげを買いたかったので、お手頃なスプーンとタイルを買いました☺

シンガポールお土産【雑貨】

シンガポールお土産【雑貨】

シンガポールお土産【雑貨】

色合いが素敵です♪ このタイルはマグネットになってるので、冷蔵庫とかに貼りたいですね!

このお店の1軒隣には、店構えもとっても素敵な「ルマー・ビビ」というプラナカン雑貨のお店。

カトン【シンガポール】

オシャレでかわいいお店です☺

カトン【シンガポール】

カトン【シンガポール】

カトン【シンガポール】

カトン【シンガポール】

お店の壁のタイルや床の模様もとっても素敵で、やっぱりこの色合いがなんとも言えません。

お店の中は写真を撮ることができなかったのですが、手が込んでるビーズ刺繍やカラフルな雑貨や洋服なども売られていて、素敵な空間でした🎵

プラナカン雑貨を堪能して、来た道を戻ります。

カトン【シンガポール】

ジョー・チアット・ロード沿いにモスクがありました。

「マスジット・カルッド・モスク MASJID KHALID」です。

カトン【シンガポール】

礼拝所に敷かれた、アラビックなカーペット。この模様と色合い、好きです♪

このモスクは、礼拝所がオープンな感じで、外から見えるようになっていました。

そして、またパヤ・レバ駅へと戻ります。

途中タクシーを拾いたかったのですが、なかなかつかまらず、結局歩いて駅まで。。また30分近く歩きました💦

そうそう、でも雨は最初だけで、ほとんど傘をさすこともなかったので良かったです。

カトン【シンガポールマップ】

次は、「アラブ・ストリート」へ行きます🌟

MRTに乗って、ブギス駅へGO🚃

※次の記事→絨毯や雑貨、モスクなどアラブの香り漂う街「アラブ・ストリート」【シンガポール】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク