ジャカルタからジョグジャカルタへ(特急タクサカ号の車窓)【インドネシア】

※前回の記事→ジャカルタ鉄道は日本の中古車両の博物館【インドネシア】

インドネシア 鉄道

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

特急タクサカ号に乗って、首都ジャカルタから古都ジョグジャカルタへと向かいました。

ジャカルタに到着した翌朝、すぐに中部ジャワの古都「ジョグジャカルタ」へと向かいました。

ジョグジャカルタへは飛行機だと1時間ほどで着きますが、鉄道だと最速の特急タクサカ号でも約8時間はかかります。

けれども、私は鉄道を選びました。

たとえ半日が潰れようとも、列車の車窓から、ジャワの原風景をどうしても見てみたかったからです。

インドネシア ジャカルタ

インドネシア ジャカルタ

列車のチケットは、昨日のうちにガンビル駅(上写真)で入手しました。

料金は、265,000ルピー(2,650円)。

ホームにはたくさんの乗客が列車の到着を待っていました。

タクサカ号は、1等にあたる「エクセクティフクラス」の列車のため、インドネシアの上流階層とおぼしき人たちが7割方、その他は外国人の旅行者が大半を占めます。

おそらく、1等の半額の料金である2等の「ビジネスクラス」や、さらに安い3等の「エコノミー」の列車は、中・下流階層の人々が利用するのでしょう。

ちなみに、飛行機だと「エクセクティフクラス」の倍の料金がかかります。

きっと、上流のさらに上流の階層の人々が利用すると思われます。

8時45分、列車はガンビル駅を出発しました。

ゴミゴミした都会から郊外へ、そのうち、風景はのどかな田園地帯へと移り変わっていきます。

車窓には、うしがいます。がちょうがいます。ヤギがいます。

農作業をしている人たちが見えます。線路上に布や洋服が干されています。

つりぼりがあります。子供たちが列車に手を振っています。

小さな村にもどこにもモスクがあります。

インドネシア 鉄道

インドネシア 料理 鉄道

インドネシア 鉄道

インドネシア 鉄道

タクサカ号は、エアコン完備でシートはリクライニング。

各車両にトイレが付いており、車内では食事も注文できます。

煙草を吸う人は、皆デッキで吸っていました。

駅に停車すると、たくさんの物売りがデッキに押し掛けますが、車内にまでは入ってきません。

車窓は、延々と田園風景が続きます。

ジャワ島では、コメ、キャッサバ、サツマイモ、落花生、トウモロコシなどの穀類。キャベツ、タマネギ、トマト、ジャガイモ、ニンジン、トウガラシ、ナス、キュウリなどの野菜。バナナ、マンゴー等の果実。サトウキビ及び茶などの換金作物が生産されているそうです。

けれども、土壌は酸性の粘質土。決して豊かな大地ではありません。

また、ジャワ島では農村部における農家数の90%以上が土地無し又は1ha以下の農地を所有する小規模農家で、貧困ライン以下の人口は都市部の2倍にのぼるそうです。

インドネシア 鉄道

16時28分、タクサカ号はジョグジャカルタ、トゥグ駅に到着しました。

ジョグジャカルタは、ボロブドゥールやプランバナンなどの大遺跡の拠点となる古都。

ジャワ旅のハイライトです!

インドネシア ジョグジャカルタ

駅前にはたくさんのタクシーやベチャ(自転車タクシー)が客待ちをしていました。

人口約50万ジョグジャカルタは、首都ジャカルタとは全然違って、街の空気がまったり、のんびりとしています。

客引きの初動もどこかスローモーです。

私は彼らの誘いを断り、足元に差す陽光に目をしばたたかせながら、歩いてジョグジャカルタの繁華街、マリオボロへと向かいました。

※次の記事→世界遺産巡りの拠点。古都「ジョグジャカルタ」の街並み【インドネシア】