砂漠の中の黄金色の町、ジャイサルメール(ゴールデンシティー)【インド・ラジャスタン】

※前回の記事→砂漠の土地、ジャイサルメールへの列車旅【インド・ラジャスタン】

インドの北西、ラジャスタン州(Rajasthan:राजस्थाण)。

州の西方に広大なタール砂漠を擁するこの州は、侵入したイスラム教徒と勇敢に戦ったという「ラージプート族」の土地。州名もラージプートから来ています。

ラジャスタン州では、ジャイプール(ピンクシティー)、ジョードプル(ブルーシティー)、ジャイサルメール(ゴールデンシティー)を訪れました。

今回は、ジャイサルメールです!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

タール砂漠の入り口にある「ジャイサルメール」は、街がゴールド色


ジャイサルメールジャイサルメールのシタデル(城塞)入り口

「ジャイサルメール」(Jaisalmer:जैसलमेर)は、ジョードプルから西へ287km、パキスタンとの国境まで約100km、タール砂漠のほぼ中央にあるラジャスタン州の町です。人口は5万8千人。

町は12世紀、ラージプート族のバッティ家によって築かれたといわれています。町の語源は、ジャイサル王がメール(岩山)の上に城塞都市を築いたというところから来ています。

ジャイサルメール・フォートジャイサルメールのシタデル

ジャイサルメールは、12世紀の頃から数百年に渡り、インドと中央アジアを結ぶラクダ隊商の中継地として発展しました。

当時は、北西インドのラージプートの国家が互いに戦争を行っていたため、タール砂漠が比較的安全な隊商路となっていたそうで、ジャイサルメールは、隊商たちから徴収する通行税によって栄えました。

ジャイサルメール・フォートジャイサルメールのシタデル入り口

隊商路として栄えたジャイサルメールには、莫大な富がもたらされ、商人や貴族たちは競って華麗な装飾を持った豪華な邸宅を建てました。

ジャイサルメールの王族はヒンドゥー教徒でしたが、商人として活躍したのはジャイナ教徒。街にはジャイナ教の寺院もいくつかあります。

ジャイサルメール・フォートジャイサルメールのシタデル全容

町のすべての建物は、地面と同じ黄砂岩で造られています。

町全体が黄色をしていることから、”ゴールデンシティー”とも呼ばれているそうです。

平地から高さ76mの丘の上にあるシタデルには、王族の宮殿だけでなく、市民が住む城内町もあります。

ジャイサルメール・フォートジャイサルメールのシタデルから眺めた街並み

数世紀前、ラクダの群れが西へ東へと行き来していた頃、キャラバンはこの「ジャイサルメール」の町で束の間の休息を取りました。そして、人々は晩餐を楽しみ、商品を取引し、人との出会いを楽しんだことでしょう。

ジャイサルメールは、『旅人の町』だったのです。

ジャイサルメール・フォート夕暮れのジャイサルメールの町

けれども、英領時代になり、海洋貿易が発展すると、砂漠の通商路は衰退してしまいました。

ジャイサルメールは次第に辺境の地となっていき、そして、いつしか歴史の彼方に忘れ去られていってしまったのです。

ジャイサルメール・フォートジャイサルメールのシタデル入り口にいた楽師たち

ジャイサルメール・フォート太鼓と笛で賑やかに演奏♪

ジャイサルメール・フォートジャイサルメールのシタデル入り口

「ジャイサルメール」の町は、とても暑く、その気温は軽く40℃を超えるほど。

日中は街を歩く気分すら起こらず、カフェでチャイやコーラを飲みながらまったりしたり、「ハヴェリー」という邸宅の中に入って涼んでいたりしていました。

夕方。陽が陰るまで城下のカフェで涼んでいた私は、城砦の中に戻ることにしました。

私は城門への坂道をゆっくりと登っていきます。

ジャイサルメール・フォート場内へと帰る牛とヤギたち

ふと横を見ると、たくさんのこぶ牛や山羊たちが続々と城砦へ向かって歩いていくのが見えました!

ここ「ジャイサルメール」にも他のインドの町と同じく、聖なる牛がたくさんいます。そして、野良山羊も時々います。

日中、彼らは暑い城砦の上から城下の日陰へと避難しています。ぐだ~っと、道端でだらけている牛たちをよく見掛けました。

そして、夕方、牛たちは寝床を求め安全な城砦へと戻ってゆくのです。

ジャイサルメール・フォート牛やヤギたちと一緒にお城へ帰ろうー

のろのろと城へと続く坂道を登ってゆくこぶ牛たち。

なんだかシュールな光景です。

私も牛たちと一緒に、同じようにのろのろと坂道を登っていきました。

ジャイサルメール・フォートジャイサルメールの夕暮れ

ジャイサルメール・フォート夕暮れの街を眺めながら・・・

夕食は、ルーフトップになったイタリアンレストランで食べました。店からは、城下とその向こうに延々と広がる砂漠が眺められます。

キングフィッシャービールを飲んで、ペンネを食べて・・・。キリリと冷えたビールが美味しいです!

砂漠の向こうには、ちょうど真っ赤な夕陽が沈んでいくところでした。家々の屋上には夕陽を見つめる人々の姿が見えます。どこからかこぶ牛の鳴き声も聴こえてきます。

牛たちも我々と同じく夕方の昂揚とした空気を感じとっているのかもしれません。

そして、陽が沈み、空に星が瞬き始めた頃、私がビールを一本飲み終えた頃、空に花火が上がり始めました。

何かの記念でしょうか、お祭りでしょうか。いくつもの光の輪が暗闇に現れては消えていきます。

冷たいビールと夜空を彩る花火、ジャイサルメールで味わった「夏」です。

ジャイサルメール・フォート夜のジャイサルメールのシタデル

夜のシタデルはガラ~ンとしていました。

あれだけ賑やかだった城門も夜はこの通り。男性が家路へと向かいます。

ジャイサルメール・フォートオレンジ色の灯りに照らされた石畳

ジャイサルメール・フォート赤いテールランプを残してゆくリキシャ

ジャイサルメール・フォート夜のジャイサルメールのシタデルは本当に静か

ジャイサルメール・フォートオレンジ色の灯りにライトアップされるシタデル

隊商路が寂れ、歴史の中で忘れ去られてしまったジャイサルメールの町ですが、現在では多くの外国人ツーリストがこの町を訪れ、賑わいを見せています。

砂漠の中にそびえる黄金色の城と美しい宮殿群の風景が、ツーリストの心を引きつけて止まないのです。

ジャイサルメールは、数世紀前とは違った形で『旅人の町』として生まれ変わったのです。

※次の記事→ジャイサルメールのハヴェリー(貴族の邸宅)【インド・ラジャスタン】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク