ヒヴァ、イチャン・カラの町と人々をご紹介【ウズベキスタン】

ヒヴァ、イチャン・カラで出会った人々と、町の様子をご紹介します。

※前回の記事→砂色の城壁と青のタイルの町、ヒヴァ、イチャン・カラ【ウズベキスタン】

イチャン・カラの朝。宿の屋上から。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

人懐こい笑顔で「アッサローム・アレイクム!(こんにちは!)」

ヒヴァ(Khiva・Xiva・Хива・خیوه)、イチャン・カラ(Itchan Kala・Ichan Qa’la)。

砂色の城壁とドームとミナレットを彩る青のタイルが美しい町・・・

だけど、この町の魅力は、建物や風景だけではありません。

そこに住む人々と、売られている珍しい商品の数々、街角の何気ない風情。

そんなものを見て回るのが、この街のもう一つの楽しみなんです。

さあ、まち歩きに出かけましょうー。

BGMは、ウズベキスタンの人気ユニットBojalarの曲、Blandinka

ウズベク田舎観光客でごった返す朝のヒヴァ、イチャン・カラ

ウズベク田舎観光客でごった返す朝のヒヴァ、イチャン・カラ

朝のイチャン・カラの路地。

朝早いのに、既に大勢の人々が街を歩いています。

この日は日曜日。

買い出しに来たんでしょうか。休日だから、観光地であるこの街に遊びに来たのでしょうか?

ヒヴァの女の子

イチャン・カラでお買いもの中

ウズベク人の娘さんたち。

カメラを向けるとニコニコ!

すれ違うと、恥ずかしげに「ハロー!」と挨拶。

振り返ると、こちらをじろじろと眺めています。

興味津々の面持ちです。

「一緒に写真を撮って欲しい」と言ってくる青年たちもいました。

歩いているだけですごい注目されているわたくし・・・(汗)

ヒヴァ、イチャン・カラの路地を散歩 【世界遺産】

ヒヴァは、観光地だし、外国人は多く訪れるから珍しくないはずだし、どうしてなんだろう・・・?

そう思っていたのですが、後でその理由がわかりました!

彼らも観光客だったのです。

彼らは周辺の地域から、観光地であるこのイチャン・カラに遊びに来た人々。

周辺の村々には外国人などほとんど見かけないでしょうから、きっと珍しかったのでしょうー。

売店の女の子

売店で売られていた黄金色の砂糖

こちらは、地元の娘です。商店の店番をしています。

右の写真は、砂糖。

コーヒーシュガーみたいに色のついた、黄金色をした砂糖が売られていました。

イチャン・カラの路地にて

イチャン・カラの路地を歩く子供たち。

この写真、結構気に入ってます!

眩しい日差しを浴びた路地、何も考えずに思いっきり遊んだ、一番楽しかった夏の日の思い出、的な・・・

オタ・ダルヴァザ門(西門)

イチャン・カラのメインの入口、オタ・ダルヴァザ門(西門)

大勢の人々で賑わっています。

この町の人口はそんなに多くないでしょうから、たぶん、このほとんどの人が観光客(ウズベク人、外国人含む)です。

ヒヴァ、イチャン・カラで記念撮影。

記念撮影用のラクダ

記念撮影をしているウズベク人の家族連れ。

日本の観光地と似たような感じですね。

真ん中に置かれたぬいぐるみが意味不明だけど、なんだかユーモラス。

右はラクダ。

こちらも記念撮影用だそうです。

ガイドブックには、「ヒヴァのアイドル、ラクダのカーチャ」と書いてありました。

イチャン・カラの土産物露店とロシア系女性

ウズベキスタンは人種のるつぼ。

様々な民族がいて、混血もかなり進んでいます。

そのせいか、美人が多い!

特にこのヒヴァでは、思わず振り返ってしまうような、綺麗な女性をたくさん見かけました。

妙齢の淑女は、なかなか写真に撮ることはできませんでしたけど・・・

イチャン・カラの所々にあるスザニ工

工房でスザニを縫うウズベク女の子たち

ウズベキスタンは、民芸品の宝庫でもあり、このヒヴァにも、様々な民芸品が売られています。

写真は、ウズベキスタンの刺繍布「スザニ」のお店と、スザニを縫う女の子たちです。

スザニは、ウズベク語で「刺繍」を意味します。

女の子が生まれると母親は結婚の持参品として、このスザニを縫うのだそうです。

スザニは地域によって、その柄や模様が異なっています。

木彫り細工を行う少年達

ニスを塗る

こちらは、木細工や家具を製作する少年たち。

木彫りの小箱や家具の柱の彫刻など、ウズベキスタンの木細工は見事です。

お土産の人形(ヒヴァ、イチャン・カラ)

人形屋さんです。

人形劇で使う人形のようですね。

アリベック・ホテルのテラスからチャイを飲みながら

オタ・ダルヴァザ門を望むカフェからの一枚。

ヒヴァは日差しが強く、暑いので、お茶を飲みながらのひと休みは大事です。

イチャン・カラの路地

路地の向こうに見える「カルタ・ミナル」

アクシェイフ・ババの見張り台から眺めるイチャン・カラの夕景

夕暮れ時の「アクシェイフ・ババの見張り台」

ホテルに戻る途中、ウズベク音楽とダンスのパーティーに出くわす

夜、街をぶらぶら歩いていると、賑やかな音楽が聴こえてきました。

音楽の流れるお店に入ってみると・・・

ダンス・パーティーが行われていました♪♪

※次の記事→ヒヴァからブハラへの移動(タクシーで所要9時間)【ウズベキスタン】