アジアとヨーロッパを繋ぐ文明交差点「イスタンブール」【トルコ】

「トルコ」(Turkey)

アジアとヨーロッパの狭間にある国「トルコ」。

トルコには、ギリシャ・ローマ時代の遺跡とオスマン帝国時代のジャーミィや街並みが混在し、文化的にも政治的にも東洋と西洋が混じり合った、世界に2つとない国です。

アジアとヨーロッパを繋ぐ町「イスタンブール」と、アナトリアの町や遺跡を巡ります。

今回は、イスタンブールです!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

アジアとヨーロッパの接点、イスタンブール(Istanbul)


トルコ イスタンブール ガラタ橋から見たイスタンブール旧市街

イスタンブール。

西から来た旅人がイスラムという異質な文化に出会う最初の街。そして、東から来た旅人がそれまでの都市では感じられなかったヨーロッパの空気を初めて味わうことになる街。

イスタンブールは、ヨーロッパとアジアの接点、キリスト教文明とイスラム文明との接点にある、この世に2つとない街です。

トルコ イスタンブールアヤ・ソフィア

古代、ギリシャ人により植民市として建設されたこの街は、当初「ビザンティオン」と呼ばれていました。

次にこの町を治めたのは、ローマ帝国。

330年、ローマ帝国皇帝コンスタンティヌスは首都をローマからこの地に移し、自らの名を取って「コンスタンティノープル」とします。

以後、一千年に及ぶビザンツ帝国(東ローマ帝国)の支配が続きました。

トルコ イスタンブール旧市街にある「イエニ・ジャーミィ」

ローマの次に町を支配したのは、オスマン帝国。

1453年、メフメット2世率いるオスマントルコがこの街を征服、街は「イスタンブール」と改称されます。

オスマン朝の支配の下、イスタンブールは世界最大の都市の一つとして繁栄の絶頂を極めました。

トルコ イスタンブールガラタ橋と旧市街

現在の「イスタンブール」は、1923年に建国されたトルコ共和国に属しています。

国父「ケマル・アタテュルク」は、政教分離・近代化政策を行いました。

それにより、イスタンブールは、イスラムの香りを色濃く残しつつもヨーロッパ的な自由を感じさせるという、コスモポリタンな都市となったのです。

トルコ イスタンブールボスポラス海峡とアジアサイドの街並み

イスタンブールは3つの地域からなっています。

旧市街、新市街、そして、アジアサイドです。

オスマン帝国の宮廷である「トプカプ宮殿」やビザンチン帝国時代に作られた大聖堂「アヤ・ソフィア」など歴史的建造物が建ち並ぶ旧市街。

旧市街と金角湾を挟んだ対岸の、高級ホテルや官公庁、お洒落なショッピングエリアのある新市街。

旧市街と新市街は合わせて「ヨーロッパサイド」と呼ばれています。

そのヨーロッパサイドからボスポラス海峡を隔てた対岸が「アジアサイド」です。

アジアサイドはヨーロッパサイドに比べると歴史が新しいようで、古い建造物はあまりありません。アジアサイドは、イスタンブールに生活する人々の居住エリアです。

船からアジアサイドを眺めると、臙脂色の屋根を持った家がびっしりと建ち並んでいる様子が見えます。

トルコ イスタンブールシルケジ駅

旧市街にあるシルケジ駅。

ここには、ブルガリアやルーマニアなど、ヨーロッパから来る国際列車が到着します。

かつては、オリエント急行の始発駅でもありました。

トルコ イスタンブールエミノニュの露店

宿泊したホテルは、シルケジ駅近くにありました。

そこから海沿いに5分ばかりあるくとエミノニュに辿り着きます。

エミノニュは海沿いに開けた広場となっていて、海峡を挟んで新市街とアジアサイドを眺めることができます。

エミノニュの広場では青空マーケットが開かれています。靴や鞄、洋服などがたくさん並べられていて、まるで蚤の市のようです。

トルコ イスタンブールガラタ橋

広場の前からはガラタ橋が新市街へ向けて延びています。

旧市街と新市街を結ぶガラタ橋。ここから眺める景色はイスタンブールの中でも最も美しいものの1つです。

トルコ イスタンブールシュレイマニエ・ジャーミィとイエニ・ジャーミィ

トルコ イスタンブールエミノニュから見た新市街とガラタ塔

対岸の新市街にはガラタ塔が建っています。

ガラタ塔はビザンツ帝国時代に造られ、その後ジェノヴァ商人によって改修されたという見張り塔です。

トルコ イスタンブールエミノニュとアジアサイドを結ぶフェリー

トルコ イスタンブール夕暮れのサバサンドの屋台船

ガラタ橋のたもとにはサバサンド売りの小船がいくつも海に浮かんでいます。

ぐらぐらと揺れる小船の上で、売り子は器用にサバを玉ねぎのたくさん乗っかったフランスパンの間に挟み、それにレモン汁をシュッと吹きかけます。

1,500,000TL(トルコリラ)、118円でした。

トルコ イスタンブール金角湾とガラタ塔

サバサンドを食べたあと、チャイ売りからチャイを一杯もらいました。

砂糖のたくさん入った深紅の甘いチャイ。

ヨーロッパサイドである旧市街と金閣湾の向こうに見える新市街、ボスポラス海峡を挟んだ向こう側のアジアサイド。

夕暮れの海峡を眺め、チャイの甘さを味わいながら、私は、「イスタンブールに来たんだ!」

という思いを噛み締めていました。

※次の記事→ブルーモスク、スレイマニエモスク…。イスタンブールでジャーミィ巡り!【トルコ】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク