世界の半分「イスファハン」とバラと詩人の町「シーラーズ」【イラン】

※前回の記事→イランの見どころ(テヘラン・マシュハド・ハマダン)とカルチャー・ショック【イラン】

「イラン」(Iran)

5000年の歴史を持つイラン。古代ペルシャ帝国時代から現代まで、イランは世界の中心のひとつだった時代が何度もある重要な国。

美術、建築、哲学、思想、詩、音楽、映画などなど、連綿と続く独自の文化がイランにはあります。

世界遺産も17件が登録されていて、いずれも文化遺産。ペルセポリス遺跡やイスファハンのイマーム広場を始め見どころがたくさんあります。

今回は、イスファハンとシーラーズです!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

「世界の半分」と呼ばれたサファビー朝の都「イスファハン」と「バラと詩人の町」と呼ばれるカージャール朝の都「シーラーズ」


イスファハン(Isfahan:اصفهان) 「世界の半分」といわれたほど繁栄した町

イラン イスファハン

紀元前からの歴史を誇るといわれる「イスファハン」ですが、町が最も繁栄したのは17世紀のこと。

1597年、サファビー朝の王、アッバース一世はこの町を都に定め、いくつかのモスクや宮殿からなる広大なイマーム広場を建設しました。

当時のサファビー朝は、「世界の半分」といわれるほど繁栄したそうで、遠くヨーロッパの商人もこの街を訪れたのだといいます。

広場の全体の写真はないのですが、広場の大きさは512m×159m。池と噴水が配置された芝生の広場で、周りにはアーケードの回廊がぐるりと取り囲んでいます。

広場の四面には、 南に「マスジェデ・イマーム(王のモスク)」、東に「マスジェデ・シェイク・ロトフォーラー」、 西に「アーリ・ガープ宮殿」、北にはバザールの入り口があります。

イラン イスファハン

「マスジェデ・イマーム」です。

あの大ドームは直径が28mあるそうです。入り口の門はイーワーンといいます。

この時、ちょうどドームの修復作業が行われていました。

青緑のタイルが鮮やかな美しいモスク。イランで最も有名なモスクです。

イラン イスファハン

イーワーンは近くで見るとこんな風になっています。

あの蜂の巣のような天井の飾りは「鍾乳石飾り」と呼ばれているもの。あの飾りも全てモザイクタイルでできています。

イラン イスファハン

イラン イスファハン

右の写真は、王室専用のモスク「マスジェデ・シェイク・ロトフォーラー」のドームの内部。

光が差し込むと、孔雀が羽を広げたように見えます。

イラン イスファハン

「マスジェデ・シェイク・ロトフォーラー」の外観。

柔らかいクリーム色のドームの色彩がとても印象的です。

手前には馬車が走っていますね。これは観光用です。

イラン イスファハン「マスジェデ・シェイク・ロトフォーラー」のイーワーン

イラン イスファハンドームのモザイク

イラン イスファハン

これは市内を流れるザーヤンデ川に掛かる橋「シオセポル」です。

シオセとは33という意味。33のアーチがある橋です。下に見えるのはチャイハネ(喫茶店)です。

イラン イスファハン

イラン イスファハン

シオセポルの夜。ライトアップされた橋が川面に映って綺麗ですね。チャドルを纏った女性の姿も見えます。

夜のチャイハネです。家族と、友人と、恋人と、皆楽しそうに語らっています。

イスラムのためお酒は飲めないので、チャイを啜り、水煙草をプカプカ。


 シーラーズ(Shiraz:شیراز) バラと詩人の町

イラン シラーズ

イラン南西部、ファールス州の州都、シーラーズの町です。

この町は「バラと詩人の町」として知られています。 昔からこの地方はバラの栽培が盛んだったそうです。

ガージャール朝(1796~1925年)の宮殿の庭、エラム庭園広大なバラ園があります。

イランの代表的な詩人、ハーフェズとサーディーはこの町で生まれ、二人の廟も町にあります。二人とも中東世界ではかなり有名な詩人であったようです。

写真は「シャー・チェラーグ聖廟」です。

シャー・チェラーグはシーア派第8代のイマーム、アリー・レザーの弟で、このシーラーズで殉教したのだそうです。西洋梨型のドームが印象的ですね。

ここの廟はマシュハドの「イマーム・レザー廟」ほどではありませんが、信者たちの熱気がすごかったです。

廟の前は広場になっていて、涼しげな人工池があります。木陰で一休みするチャドルの女性たちの姿が見えました。

イラン シラーズ

イラン シラーズ

左は、シャー・チェラーグ聖廟の入り口。

ここの鍾乳石飾りは鏡張り。故ホメイニ氏とハメネイ氏の写真が飾ってあります。

この聖廟は向かって左側が男性、右側が女性と祈りの場が男女で分かれており、真ん中にシャーの棺があります。足元には真っ赤なペルシャ絨毯が敷かれていました。

皆さんコーランを読んだり、地べたに頭を付けたりと真剣に祈っており、内部の写真を撮ることは躊躇われました。

右のピンク色が美しいモザイクタイルのイーワーンは、マスジェデ・ワキール・イエハーンのものです。イランでは珍しい、鳥の絵が描かれています。

イラン シラーズ

イラン シラーズ

シーラーズは、1754年から1794年までザンド朝の首都だったところ。

また、このファールス州は紀元前700年頃、繁栄したアケメネス朝ペルシャの中心地だったところで、近郊には壮大なペルセポリスの遺跡も残されています。

ファールスは、古代にはパルスと呼ばれました。ペルシャはパルスの訛りです。

※次の記事→アレクサンドロスに滅ぼされた聖域「ペルセポリス」とアドベ煉瓦の都市遺跡「アルゲバム」【イラン】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク