おばちゃんとガチョウがお出迎え!「振福楼」(客家土楼)【中国福建省】

※前回の記事→初渓村の土楼群「集慶楼」と「庚慶楼」【中国福建省】

中国福建省の北西部にある永定県。山深い田舎な地域です。

そんな田舎道をバスで走っていくと、山あいに大きな円形の建物がいくつも見えてきます。

これは「客家土楼」という集合住宅。2008年7月には世界遺産にも登録されました。

今回は、南渓地区、下南渓村の「振福楼」をご紹介!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

ふるさとを守るおばちゃんとガチョウたち

振福楼「振福楼」の外観。右にいるのはバイタクのお兄ちゃん

初渓村の土楼群の次に訪問したのが、南渓地区、下南渓村にある「振福楼(ジェンフーロウ)」という土楼です。

「振福楼」は、1912年に建造されたといわれる、3階建ての中型の円楼。

振福楼ガチョウの多い「振福楼」

「振福楼」の前にはガチョウがたくさんいました!

がぁーがぁー鳴いてました。

振福楼

 「振福楼」の内部の様子。

左側の石造りの建物は「祖堂」です。「祖堂」を中心としてその周りを住居部分が取り囲んでいます。1階には台所と食堂があり、2階は倉庫として使われ、3階が居室になっています。

振福楼

振福楼

上の階に登り、土楼の中心に建つ祖堂を眺めます。この祖堂には祖先神が祀られています。

この「振福楼」は、蘇という一族の建物だそうです。中心にあるご先祖様が、円楼に住む一族を団結させていたのでしょうね〜。

振福楼

振福楼

土楼の外壁は土で造られています。だから「土楼」。

だけど、それ以外はほぼ木造だそうです。

土楼は地震に強いことが知られており、夏は涼しく冬は暖かな、暮らしやすい建物なのだそうです。

振福楼土楼の中にもガチョウがたくさんいました!

「振福楼」は、蘇振泰という人が建てた土楼と言われています。

チャイナネットによると、蘇振泰氏について、次のような説明がなされています。

こ の建物を建てたものである蘇振泰は貧しい農家に生まれ、私塾(昔の私立の学校)で勉強したことがあり、のちに葉タバコを刻むことを学び、後にタバコの販売 を学び、広東、上海などで刻みタバコの商売で財をなし、この地相学上のすばらしい土地を選び、数万元の銀貨で振福楼を建てた。蘇振泰の子孫は多く、海外に 住んでいる後裔は約100人もおり、その多くは専門家・学者であるということである。

「チャイナネット」2008年11月10日

現在では、ほとんどの人が台湾か香港に移住してしまったそうで、この「振福楼」に住むのは、一家族6,7人のみであるようです。

振福楼「振福楼」家族の肖像

1階の食堂の壁に飾られていた家族の写真。

古い写真から新しい写真までいろいろ。なんだか歴史を感じます。

ヨーロッパで撮影されたと思われる写真もあって、一族の皆さんの多くが、海の向こうへと渡ってしまった様子がうかがえます。

「振福楼」では、優しいニコニコ顔のおばちゃんが歓迎してくれました。

家族の写真の左側にあるのが、おばちゃんの写真です。

振福楼優しいニコニコ顔のおばちゃん

息子たちは、みんな海外に暮らしているのでしょうけど、時々、このおばちゃんの笑顔を見に、この「振福楼」に帰ってくるのでしょうね。

※次の記事→読書人の一族の土楼「衍香楼」(客家土楼)【中国福建省】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク