スパイス感満点のインド風カレーライス『フィッシュ(Fish)』@六本木一丁目

六本木一丁目、アークヒルズの森ビルの3階のレストラン街。

その一番奥にあるスタイリッシュな外観のお店が『フィッシュ(Fish)』です。

このお店、カレー好きの間ではかなり有名なお店で、巷で出ているカレー本には必ず掲載されているほどの人気店。常連さんも多いそうです。

実は、わたくしもこのお店大好きで、何度も行ってます❗️

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

複雑に絡み合うスパイスの香りが食欲をそそります。スパイス好きにはたまらない、インド風カレーライスのお店『フィッシュ』(Fish)

六本木一丁目、フィッシュスタイリッシュな外観

アークヒルズという場所柄からか、お客はサラリーマンが多いです。

それも、ちょっとお洒落な感じの人とか、私服で働いているIT系っぽい人とか。

店内はカウンターメインで、飾り気のないシンプルな感じ。

カウンターの向こうには、インド人のスタッフと、厨房には日本人のマスターがいました。

六本木一丁目、フィッシュ入り口の看板

入り口の看板です。

メニューは、「チキンカリーライス」、 「ベジタブルカリーライス」 、「キーマカリーライス」、「シュリンプカリーライス」、「白身魚のカリーライス」など結構種類があります。

「タイグリーンカリーライス」や「カツカリーライス」などもありました。

「チキンカリーライス」は、大辛バージョンもあって、それぞれのカリーを2種載せたコンボもあります。

六本木一丁目、フィッシュセルフサービスのたまごスープ

写真は、中華風のたまごスープ。

これは無料で、セルフサービスになっていて何杯でもお代わり自由です。

結構美味しい❗️

テーブルには、細かく刻んだ福神漬けと、インドの玉ねぎ漬物「アチャール」が置かれています。

今回注文したのは、2種コンボの「チキン&キーマカリーライス」(1,030円)

注文すると、数分で出て来ます。

六本木一丁目、フィッシュ見た目は普通ですが味は普通じゃありません。

出てきたカリー。

プレートの左側に載っているのが「チキンカリー」、右にあるドライなのが「キーマカリー」です。

プレートに載ったカレーから、スパイスの複雑な香りが漂ってきます。

クローブ、カルダモン、コリアンダー、フェンネル・・・。

見た目は普通のカレーライスですが、香りから普通じゃないことが窺えます。

玉ねぎアチャールを載せて、さあ、いただきましょうかー❗️

六本木一丁目、フィッシュ定番、チキンカリー

定番「チキンカリー」です。

大きめのチキンが柔らかく、コリアンダーやブラッックペッパーなどのスパイスが程よく効いていて美味しい❗️

ルウはとろみのある感じ。噂によると大量の玉ねぎを長時間炒めることでこのとろみを出しているのだとか。

深みがあって、かなり好みの味です。

六本木一丁目、フィッシュクローブの香り満点のキーマカリー

こちらは「キーマカリー」

かなり強烈なクローブの香り。グリンピースがアクセントとなっています。

味はかなり濃いめ。ご飯に合います❗️

「チキンカリー」に比べてかなり量が少ないですが、味が濃いのでこのくらいの量がちょうどいいかもしれません。

「チキンカリー」と「キーマカリー」、それぞれ食べても美味しいですが、2種のカリーをブレンドすると、さらに味に複雑さが増して、スパイス好きにはたまらない感じになります。

よく考えられ、工夫されたカリーって感じ❗️

このお店の日本人マスター、きっと、いろんなスパイスをブレンドし、試行錯誤の上、このカリーを生み出したんでしょうね〜。

日本生まれのオリジナルインド風カリーライスでは、神保町の『エチオピア』と並んでお気に入りのお店。

美味しいです❗️


関連ランキング:インドカレー | 六本木一丁目駅溜池山王駅赤坂駅


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク