ピンクと白の民族衣装がかわいい、白(ぺー)族の里「大理」【中国雲南省】

※前回の記事→北斗七星の飾りのある青い民族衣装。納西族の人々(麗江)【中国雲南省】

中国西南部にある雲南省。

ベトナム、ラオス、ミャンマーと国境を接するこの地域は、緑いっぱいの豊かな土地。

雲南省には多くの少数民族が暮らしていて、雲南省だけにしかいない少数民族は15もあるそうです。

雲南省の「麗江」「大理」「元陽」の町と少数民族をご紹介します。

今回は、大理です!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

白(ぺー)族の里「大理」。白族の女の子は、白いブラウスと鮮やかなピンクのベストを着ています。

雲南省 大理大理古城の門

大理は白(ぺー)族の里です。

白族の人口は大理を中心に160万人、大理のある大理ぺー族自治州の総人口は約327万、その三分の一が白族なのだそうです。

白族は、白色を尊び、自らを「白い人々」と呼ぶそうです。

大理は行政や経済の中心である下関、そして、古い街並みと文化の残る大理古城からなっています。

蒼山という4000メートル級の山脈と、洱海という澄んだ湖に囲まれた大理の景色は美しく、その風光明媚さは中国でも指折りです。

写真は、大理古城の城門です。立派な門ですね。門に「大理」と書いてあります。

大理石はこの街の名を語源としているそうです。

白とピンクの服を着た白族の女性たちも見えます。

雲南省 大理お兄ちゃんの馬車

麗江から来たミニバスを降りると馬車がやってきました。

ジャケットを羽織った素朴なお兄ちゃんがいます。

「町の中心まで行ってやるから乗れ」

とお兄ちゃんがいうので、私は馬車の荷台に乗ることにしました。

雲南省 大理白族の女の子

馬車には女の子が乗っていました。

馬車の兄ちゃんの妹だそうです。白族の衣装を着ています。

白族の民族衣装はとてもキュート!

白いブラウスの上に鮮やかなピンクのベストと前掛けを羽織っていて、その上には美しい花の刺繍が施されています。

頭にはたくさんの花の刺繍に飾られた大きな帽子を被っています。帽子の上部に乗っかっているふわふわとした白い飾りは蒼山の雪を表しているそうです。

素朴な町の風景に色を添えるような、華やかな装いです。

彼女、拙い英語で話し掛けてきました。

「ウォウルド・ユー・ライク〜?」 などと言います。

どうやら「Would you like~?」と言いたいみたいです。

彼女はガイドでした。彼女としばらく話しをして、翌朝8時に城門の前で待ち合わせて、市場を案内してもらう約束をしました。

けれども、翌朝、城門で約1時間待ちましたが、彼女は来ませんでした。

大理の歴史と見どころについて

雲南省 大理大理近郊の風景です。オート三輪が走ります。空気が澄んでいます。

雲南省 大理赤いオート三輪「万虎 王中王」です。中国らしいカラーリングですね!

大理は、唐代には「南詔国」、宋代には「大理国」の都となり、この地域の政治、文化、経済の中心地となりました。

その後、フビライ率いるモンゴルに滅ぼされてしまうのですが、白族の文化や伝統は、今なおこの地域に残り続けています。

大理の見所は、白い三つの塔が池の水面に映る様が美しい「崇聖寺三塔」、そして、古城とマーケット。

大理の近郊には、南詔国の発祥地といわれ、明代の建物が点在する「巍山県城」、伝統的な藍の絞り染めの産地として知られる「周城」などがあります。

毎週月曜には、近郊の「沙坪(シャーピン)」という町で、周辺の少数民族が集まる市も開かれます。

沙坪(シャーピン)の月曜市はこちら→沙坪(シャーピン)の月曜市(沙坪・中国雲南省)【市場・バザール】

沙坪(シャーピン)の月曜市(沙坪・中国雲南省)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、中国、大理近郊の沙坪(シャーピン)の月曜市。

※次の記事→山道をバスで10時間かけて到着!哈尼(ハニ)族の里「元陽」【中国雲南省】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク