「運動靴と赤い金魚」親には言えない、兄妹の健気でささやかな奮闘【映画】

運動靴と赤い金魚【映画】

大人にとっては大したことないことでも、子供からすると、とても重大だということがあります。

1997年公開のイラン映画「運動靴と赤い金魚」は、子供たちに起こった小さなトラブルを、親にも言えず、自分たちだけで解決しようとする姿を描いた、子供たちの視点で描かれたドラマ。

いまだ、素朴で伝統的な価値観が残るイランを舞台に、子供たちの健気でささやかな奮闘が展開されていきます。

心温まる、とても素敵な作品です😊

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

親には言えない。子供たちの健気でささやかな奮闘

物語の主人公は、少年アリとその妹のザーラ。

2人とも小学校に通う子供です。

映画の冒頭のシーン。

アリは妹ザーラの靴を靴屋に修理に出しています👞

けれども、修理を終えた靴をひょんな事から失くしてしまうのです。

そのことを知って泣き出すザーラ。

その姿を見て、アリは「泣くな、探しに行くから」と言い、ザーラをなだめるのです。

アリとザーラの家は、裕福な家庭ではありません。

両親は家賃の支払いが滞って大家に文句を言われ、洗濯の仕事をする母親は腰を患っており、家では家族で内職の仕事をしています。父親は高級住宅街で庭師の仕事を見つけますが、自転車事故で怪我をしてしまい仕事を失ってしまいます。

アリとザーラの口からは、とても「靴を失くした」とは言い出せないのです。

そこで、アリとザーラはたったひとつの靴(アリの靴)を代わり番こに履くことしました。

イランでは小学校のクラスが男女で分かれており、午前中に女の子、午後に男の子が授業を行います。

まず、ザーラがアリの靴を履いて学校に行き、授業を終えて帰ってきたザーラを待って、今度はアリが靴を履いて学校に行くことになりました。

なかなか帰ってこないザーラ。

アリはいつも猛ダッシュで学校に行かねばならず、必ず遅刻してしまいます🏃

そのことで先生に目を付けられてしまうアリ。

靴を2人で交換する日々を続けていく中、ある日、ザーラは別のクラスの女の子が自分の靴を履いているのを見つけます。

その女の子の家を見つけ、靴を返してもらいに行くアリとザーラ。

けれども、その家から出てきたのは、盲目の母親を連れて歩く女の子の姿でした。

自分たちよりも貧しい暮らしをしていると思い、何も言えずに引き返していく2人。

そんなある日、アリは学校の掲示板でマラソン大会が開かれるという張り紙を見つけます。

大会の勝者には賞品が贈呈されるとのこと。

そして、3等は、なんと運動靴でした👟

先生に必死に出場を懇願するアリ。

出場はすでに締め切られていましたが、先生はアリのタイムを見て出場を許可することにしました。

毎日全速力で走っているアリ。かなり足が速くなっていたのです。

マラソン大会当日。

アリは走ります。一生懸命🏃

妹のザーラに靴をプレゼントしてあげるために・・・。

親には決して言えない、アリとザーラ2人だけの大問題。

大人から見たら大したことない問題かもしれませんが、2人にとっては重大な問題です。

アリとザーラが、子供ながらに家の困窮を考え、なんとか2人だけで解決しようとする姿。

本当に健気です。

観客はそんなアリとザーラの視点に立ち、靴を失くしたことを人生の一大事のように感じながら、ドラマを見守ります。

結局、アリは優勝してしまいました🏆

3等の運動靴はもらえず、必死で走ったためにアリの靴もボロボロになってしまい、涙に暮れながら家の中庭にあるプールに足を浸すアリ。

けれども、そんなアリを癒すようにプールの中の赤い金魚たちがアリの足をつつきます。

そして、ラスト。

自転車に乗る父親の後ろ姿。

その荷台には、新しい靴が一足✨

子供を主人公に、子供の視点からイランを描く

健気で一生懸命な兄妹の姿が感動を呼び、「運動靴と赤い金魚」は世界各国の映画祭で高い評価を受けました。

  • 1999年第71回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート
  • 1997年第21回モントリオール映画祭グランプリ、観客賞、国際カトリック教会賞、国際批評家連盟賞
  • 1997年アジアフォーカス福岡映画祭正式出品
  • 1997年ロサンゼルス国際映画祭正式出品
  • 1998年ニューポート映画祭最優秀外国映画賞
  • 1998年第11回シンガポール国際映画祭最優秀アジア映画賞

映画の監督は、「マジッド・マジディ」

主演のアリは「ミル・ファロク・ハシュミアン」、ザーラは「バハレ・セッデキ」、アリの父は「アミル・ナージ」が演じています。

3人とも、なるべく役柄に近い人物を起用したいという監督の希望から、俳優ではなく、一般人から選ばれたそうです。

イラン映画は、子供を主人公にした映画が多いことで知られています。

イランには映画の検閲があり、イスラム教の規範に沿った映画しか上映を許可されないのです。

そんな中、映画監督たちは、子供を主人公に、子供の視点から、社会や歴史、人々の暮らしなどを表現するようになったのだとか。

検閲を逃れるため、子供を通して描く。

その制約によって、大人を主人公にした映画以上に、強い印象とメッセージを与えてくれる「イラン映画」

「運動靴と赤い金魚」もそんな作品のひとつです🌟


キャスト

アリ    :ミル・ファロク・ハシュミアン
ザーラ   :バハレ・セッデキ
アリの父  :アミル・ナージ
アリの母  :フェレシュテ・サラバンディ
アリの先生 :ダリウシュ・モクタリ

スタッフ

監督・脚本 :マジッド・マジディ
製作    :児童青少年知育協会
撮影    :パービズ・マレクザデー


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク