バンコクからの帰国便&タイで買ったお土産【タイ・チェンマイ&バンコク⑪】

※前回の記事→バンコク街歩き★カオサン通りから船に乗りチャイナタウン、パッポン通りへ【タイ・チェンマイ⑩】

バンコク〜羽田【タイ・チェンマイ11】

タイ・チェンマイ&バンコク4泊6日の旅も終わり。

バンコクから、朝のフライトで帰国です。

今回のタイ旅行で買ったお土産をご紹介します!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

早朝4時起きで空港へ

バンコク〜羽田【タイ・チェンマイ11】

帰国便は、朝8時発のフライトなので、前日ホテルでタクシーを予約してもらいました。

この日は4時起きで(汗)、6時には空港に到着。

早朝のため、道はそれほど混んでなく、30~40分で到着したと思います。ホテルから空港までのタクシー代は525バーツ。

バンコク〜羽田【タイ・チェンマイ11】

早朝にも関わらず、空港は結構混雑していました。さすが24時間空港。

バンコク〜羽田【タイ・チェンマイ11】

チェックインカウンターも列ができていて、日本人のお客さんもたくさんいました。

バンコク〜羽田【タイ・チェンマイ11】

離陸後、ほどなくして、朝食。

お味は、まぁ普通です。

バンコク〜羽田【タイ・チェンマイ11】

バンコク〜羽田【タイ・チェンマイ11】

旅行の疲れと早起きのため、爆睡 Zzz…

着陸前に軽食が提供されました。

パンとブラウニー。パンには、チーズとか、なんか甘いお砂糖みたいなものが入っていて、重そうな感じ。

眠すぎてあまり食べる気にならず、一口でごちそうさま。また爆睡です Zzz..

バンコク〜羽田【タイ・チェンマイ11】

6時間弱のフライトで、無事に成田空港に到着しました。

バンコク〜成田【タイ・チェンマイ11】

タイで買ってきたお土産

タイで買ったお土産をご紹介します!

セラドン焼き

お土産【タイ・チェンマイ11】

チェンマイの『サイアムセラドン ティーハウス』で買ったセラドン焼きの食器。

ちょっと重たいですが、色がとても綺麗でシンプルなので、何料理にも合わせやすいです。

お土産【タイ・チェンマイ11】

お土産【タイ・チェンマイ11】

綺麗なブルーのお皿。実は、この大きさの薄い翡翠色のお皿も買ったのですが、郵送中に割れてしまったんです。。とっても残念。

お土産【タイ・チェンマイ11】

お土産【タイ・チェンマイ11】

ケーキ皿サイズのお皿。

薄い翡翠色とシンプルで上品なデザインが、とても気に入っています。

取り皿としても、ケーキ皿としても、ちょうどいいサイズで重宝してます♪

お土産【タイ・チェンマイ11】

象の鼻が取っ手になっているカップ&ソーサー。

ソーサーが小さめで、コンパクトでかわいいです。

カップの形も滑らかで手にフィットする感じ。

お土産【タイ・チェンマイ11】

お土産【タイ・チェンマイ11】

「SIAM CELADON(サイアムセラドン)」

セラドン焼きは、貫入(焼き物に入るヒビのような模様)が入っているのが特徴で、それがとても美しい焼き物です。

もっと色々買いたかったけど、お気に入りを購入できて満足です。

タイ・チェンマイの旅 2日目午前。 美味しいパンの朝食から始まり、チェンマイの磁器 ”セラドン焼き” のお店やモン族市場を回り、カフェでお茶。ランチはカオマンガイの有名店で。

ホーロー食器

お土産【タイ・チェンマイ11】

チェンマイのワロロット市場周辺の生活雑貨を売るお店で購入。

レトロな花柄のかわいいホーロートレイです。

微妙に違う柄が何種類かあって、悩みに悩んで選んだ柄。

青色のホーロートレイは、あまり見ないかも。

お土産【タイ・チェンマイ11】

タイのホーローメーカーの ”ラビットブランド” です。

お土産【タイ・チェンマイ11】

色合いに一目惚れした、ホーロー製カップ&ソーサー。

淡い色合いがとってもかわいいです♪

お土産【タイ・チェンマイ11】

同じ色のマグカップ。

普段使いはもちろん、キャンプなどアウトドアにもバッチリだと思います!

お土産【タイ・チェンマイ11】

ミルクパン。

ミルクを温めたり、チャイを作ったり、一人分のスープを作るのにちょうどいいサイズ。

重宝してます。

ワロロット市場は、100年以上続いているチェンマイ最大の市場です。食品、衣料品、生活雑貨など、たくさんの物が溢れていて、地元民や観光客で賑わっています。ワロロット市場の通りを挟んで向かいには、ホーロー食器のキッチン用品などが売られているトンラムヤイ市場もあるので、ワロロット市場とセットで楽しむことができます。

青白陶器

お土産【タイ・チェンマイ11】

バンコクのチャトチャック市場で購入した、青白陶器。

これを買うために、チャトチャック市場に行きました。

タイ料理屋さんで、よく使われている青白陶器の食器。シンプルで、和食にもとても合います。

お土産【タイ・チェンマイ11】

カップ&ソーサー

ちょっと形に歪みがあったりしますが、それもいいところ。愛着がわきます。

お土産【タイ・チェンマイ11】

葉っぱの形のお皿。

形がとてもカワイイです。取り皿としてや、お刺身とかにも合いそう。

お土産【タイ・チェンマイ11】

お魚用のお皿が欲しかったので、細長いお皿を購入。

長いサンマなどは、はみ出てしまいますが、鮭の切り身などはバッチリです。

毎週土日に開催される、バンコクの巨大ウィークエンドマーケット『チャトチャック市場』。狭い通路の両脇には、お店が所狭しとたくさん並んでいて、ゆっくり見ようと思ったら一日では足りないほどです。今回の目的は、タイの青白陶器(パイナップル柄)の食器を買うことです!

食品類

お土産【タイ・チェンマイ11】

チェンマイのスーパーとセブンイレブンで買ったタイの「日清カップヌードル」5種!

現在、タイで販売されているカップヌードルは6種類あるようですが、5種類しかゲットできませんでした。。

パッケージの色が、原色でタイっぽいです。

お土産【タイ・チェンマイ11】

以下の5種類。

さすがタイ。トムヤムフレーバーは2種類ありました。

そして、トムヤムが一番美味しかったかな。

  • Tom Yum Jey Flavour
  • Minced Pork Flavour
  • Tom Yum Shrimp Sabb Flavour
  • Seafood Creamy Flavour
  • Mushroom Jey Flavour
世界80カ国で販売されている日清食品のカップヌードル。今回はタイのカップヌードルのご紹介です。タイでは6種類のカップヌードルが販売されているようですが、今回はタイのセブンイレブンで売られていたものを5種類、買ってきましたー❗️さっそく、食べ比べしてみます😊

お土産【タイ・チェンマイ11】

スーパで買った、「LOTTE コアラのマーチ マンゴー味」。

箱に8袋入っていて、ばらまき土産にいい感じ。パッケージの裏側には、日本語表記。

ちゃんとマンゴーの味がして、なかなか美味しかったです。

お土産【タイ・チェンマイ11】

お土産【タイ・チェンマイ11】

グリコのポッキー マンゴー味。

やはり、タイといえばマンゴーなのですね。日本人はマンゴー好きですし。

こちらも普通に美味しかったです。

お土産【タイ・チェンマイ11】

「KUNNA」の ”ドライマンゴー” と ”ドリアンチップス”。

ネットで評判の良かった「KUNNA」。スーパーでも、KUNNAのコーナーができていて、人気の商品のようでした。

パッケージも洗練された感じで、日本語表記あり。安心できます。

このドライマンゴー、すごく美味しかったです。「柔らかい式」(笑)と書いてあるように、肉厚で柔らかくて食べやすく、お味も濃厚でほんとに美味しかった♪

またタイに行く機会があったら、大量買いしたいです。

恐る恐る食べたドリアンチップスも、美味しかった! サツマイモのような感じで甘みがあって、チップスなのでスナック感覚でパリパリと食べてしまいます。

お土産【タイ・チェンマイ11】

チェンマイのコーヒー豆「AKHA AMA(アカ アマ)コーヒー」。

チェンマイの有名で人気のコーヒーの一つ。

チェンマイ市内にカフェが2店舗あるのですが、行くことができなかったので、コーヒー豆をお土産に買いました。

実はまだ飲んでないのですが、飲むのが楽しみです。

お買い物をしたチェンマイのリンピンスーパーの記事はこちら↓

タイ・チェンマイのおしゃれエリア「ニマンヘミン」を散策しました。綺麗で立派なショッピングセンターや、SPA、おしゃれなカフェや美味しいレストランなどもあって、旧市街とはちょっと違う雰囲気を味わうことができます。

お土産【タイ・チェンマイ11】

バンコクの最高級ホテル「マンダリンオリエンタルバンコク」のショップで買ったレモングラスティー。

ネットでとても美味しいと評判が良かったので、レモングラスティーを購入するためだけにマンダリンオリエンタルホテルまで行きました。

とても素敵な缶です。

ドライレモングラスとインスタントタイプがあって、今回はドライタイプ(PREMIUM THAI LEMONGRASS TEA)の方にしました。

ドライタイプは、乾燥させたレモングラスそのままなので、まさに純粋なレモングラスティーをいただくことができます。

ほんのり甘みがあってさっぱりしていて、カフェインも入ってないので、夜寝る前でもOK!

リラックスできるハーブティーです。

雑貨類

お土産【タイ・チェンマイ11】

お土産【タイ・チェンマイ11】

モン族の村(バーン・ドーイ・プイ)で買ったクッションカバー。

お土産【タイ・チェンマイ11】

いわゆるモン族の刺繍・布とは違うデザインなのですが、かわいい模様に目がいってしまい、ちょっと値切って購入。

クッションを入れたら、すごくかわいくなりました♪

モン族の村の記事はコチラ↓

タイ・チェンマイの旅3日目午後。ニマンヘミンでソンテウをチャーターして、モン族の村「バーン・ドーイ・プイ」と、山の上にあるチェンマイ最大の見どころ「ドイステープ寺院」を訪れます。色とりどりのモン族の布や雑貨を物色し、黄金色に光り輝くドイステープ寺院と、山の上から眺めるチェンマイの町のパノラマを満喫!

お土産【タイ・チェンマイ11】

お土産【タイ・チェンマイ11】

チェンマイのスターバックスで買った、チェンマイのお祭り「ロイクラトン」の限定デザインのタンブラー。

黄色と青という色合いに惹かれ購入。

お土産【タイ・チェンマイ11】

バンコクのチャイナタウンにあるミットラパン(仏像やお守りが路上で売られているエリア)で購入。

これは、”プラクルアン”といって、 僧侶が一つ一つ祈祷を奉げて制作するもので、厄除け効果もあると信じられており、ネックレスのように首からぶら下げられて使います。

ルーペを使って、真剣に品定めをしている人もいて、興味深かったです。

コスメ類

ハーブベーシックス(Herb Basics)

チェンマイの100%オーガニックのコスメブランド『ハーブベーシックス(Herb Basics)』。

チェンマイ市内に7店舗あるらしいのですが、旧市街の中心にある店舗で購入しました。

伺った店舗は、とてもキレイで洗練されていて、落ち着いてゆっくりとお買い物ができました。

お土産【タイ・チェンマイ11】

フルーツの香りのハンドクリーム。

パッケージもかわいいので、お土産に最適です!

テクスチャーはゆるめでサラっとしているので、夏場に良さそう。

お土産【タイ・チェンマイ11】

パッケージが素敵な、バスソルト。

一つに2回分のバスソルトが小分けになって入っています。

こちらも、お土産にグッド!

お土産【タイ・チェンマイ11】

リップバームとフェイシャルソープ。

リップバームは、100円くらいなので、バラマキ土産にいいですね。

リップバームの使い心地は、とても潤うし良いのですが、ケースが若干開けづらいところがちょっと残念。

石鹸は、お土産にあげたので使用感は分かりませんが、「タマリンド」や「パンダンリーフ」など珍しいので、使ってみたいですね。

ハーブベーシックスのお買い物についての記事はコチラ↓

タイ、チェンマイの旅。夕方、ターペー門からハーブ・ベーシックスの店舗でお買い物。北タイ料理のレストラン『フアン・ペン』で夕食をいただき、前日にチケットを購入したムエタイの試合を観戦。その後はチェンマイで人気のディスコクラブ「Sound Up」を覗いてみました。

お土産【タイ・チェンマイ11】

スーパーで買った、タイで昔から使われている「マダムヘン」の石鹸。結構大きいです。

ヘンおばさんのお顔が目印!

下の3つもマダムヘンですが、ちょっとオシャレなパッケージになっています。

まだ使ってないので、使うのが楽しみ。

お土産【タイ・チェンマイ11】

チェンマイのセブンイレブンで買った、『デンティス』の歯磨き粉。

日本でも販売されていて、1本1,200円します。

こちらは、ハーブの国・タイの製品なので、現地で買うとかなりお安く手に入ります。

お店によって、キャンペーンをやっていたりするようですが、セブンイレブンでは3本セット(1本は小さめ)で確か1,200円くらいだったと思います。

とても爽やかで、磨き終わりはさっぱり。とてもいいです。

でも、意外と内容量が少なくて、結構あっという間になくなってしまいました。

またタイに行ったら、大量買いしたいです!

以上が、タイ(チャンマイ&バンコク)で買ったお土産です。

結構、たくさん買ってましたね(笑)

お買い物も旅行の楽しみの一つなので、色々買えて満足です♪

タイ旅行のお土産の参考になれば・・・と思います。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク