岩山全体がゴンパ!「チェムレ・ゴンパ」から響き渡るラッパの音♪【インド・ラダック地方】

※前回の記事→上ラダックのゴンパ、「ヘミス・ゴンパ」と「スタクナ・ゴンパ」を訪れる【インド・ラダック地方】

ラダック地方(Ladakh:ལ་དྭགས་)は、インド北西部、ジャンムー・カシミール州のヒマラヤ山脈に囲まれた高地にあります。

ここはチベット文化の西の端。インド領であるラダックは、中国のチベット本土よりも、その伝統文化が色濃く保持されているといわれている場所です。

今回は、チェムレ・ゴンパです!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

岩山全体が僧坊と化した「チェムレ・ゴンパ」は、とってもフォトジェニック!


ラダック チェムレゴンパ

「スタクナ・ゴンパ」から更にインダス川沿いに南西に15キロほど。

そこから枝分かれした街道を北東へしばらく向かうと「シャクティバレー」はあります。その「シャクティバレー」の中ほど、チェムレ村で私はミニバスを下車しました。

そして、畑やポプラの木々が生える一本道をぶらぶらと歩いていくと・・・。

岩山がまるごと僧房と化した、まるで山岳都市のようなゴンパが見えてきました。

「チェムレ・ゴンパ」(Chemrey Gompa)です。

ラダック チェムレゴンパ

一本道をゴンパへと向かって歩いていきます。

次第に近づいてくる迫力のあるゴンパ。壮観です。

「チェムレ・ゴンパ」は、高さ約140メートルの岩山の上に建てられたゴンパ。17世紀半ばの創建、カギュ派のゴンパです。

とてもフォトジェニックなゴンパなのですが、観光客の姿はほとんどありません。

村には宿も食堂も一切ありません。

ラダック チェムレゴンパ

ふもとのチェムレ村は、インダス川の支流が流れているため緑に溢れています。

荒涼とした鉱物世界を歩いてきた旅人にとって、木々の緑はまさにオアシス。

緑があるというだけで、辺りの空気がやわらかみを帯びてくるかのようです。

ラダック チェムレゴンパ

収穫を終え農閑期を迎えた畑は色彩を失い、周りを取り囲む岩山に溶けていきます。

もうしばらくすると、厳しい冬が始まるのでしょうね。

ラダック チェムレゴンパ

岩山の上の僧房へ、えんやこらと登っていきます。

標高3500メートルでの山登りはかなりの難作業。息も絶え絶えに登っていきました。

ラダック チェムレゴンパ

岩山を登りきり、ゴンパの中に入ると、老僧と小僧が現れました。

穏やかな表情をした彼らは私を温かく迎え入れ、いくつかのお堂を案内してくれました。

このゴンパには約300人の僧が所属、50人ほどが常駐しているのだそうです。

ラダック チェムレゴンパ壁に掛けられたヤギの剥製。 魔除けです。

ラダック チェムレゴンパ

古色蒼然とした堂内でぼんやりと壁画を眺めていると、どこからか老僧がひとりやってきました。

ラダック チェムレゴンパ

ラダック チェムレゴンパ

老僧は、どっかりと腰を降ろします。 そして、おもむろに読経を始めました。

ラダック チェムレゴンパ

薄暗い堂内、誇りっぽく乾いた空間、抹香の匂い。

僧の口から紡ぎ出される静かでうねるような読経の声・・・。

蝋燭の灯りがゆらゆらと揺れています。

ラダック チェムレゴンパ

「チェムレ・ゴンパ」の屋上に昇ると、付近の荒涼たる岩山が見渡せました。

「シャクティバレー」はラダックの中でも緑が多い方の地域ですが、それでも風景の大半を鉱物的な景観が覆っています。

私を案内してくれた老僧と小僧が、屋上の一段高い庇の上に上りました。

そして、おもむろに手元から銅製の細長いラッパを取り出します。

ラダック チェムレゴンパ

息を吸い込み、思い切り吹きます。

「ブォ~ッ・・・」

素朴な音がラダックの硬質な空気を震わせます。

ラダック チェムレゴンパ

「ブォ~ッ・・・」

一生懸命吹く、ふたりの頬っぺた。

ラダック チェムレゴンパ

「ブォ~ッ・・・」

ラッパの音は、荒涼とした大地にどこまでも拡散していき、 そのうち、天上に広がる空の中に吸い込まれていってしまいました。

※次の記事→びっくり!青空の下で微笑む巨大弥勒菩薩と、鬼の形相の男女交合図「リキール・ゴンパ」【インド・ラダック地方】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク