「 カンボジアの旅 」一覧

カンボジアを旅しました!(アンコールワット、プノンペン、シアヌークビルなど)。カンボジアの町をぶらぶら歩き。エスニックなカンボジア料理を味わい、エスニック風情満点の街並みを散歩、音楽や舞踊を鑑賞し、史跡や風景を楽しむ、カンボジア満喫の旅!

【カンボジアの旅 記事リスト】
シェムリアップへバスの旅
アンコールワットの日の出
レリーフとデバター像
宇宙の中心バイヨン寺院
バイタクで巡るアンコール
アンコールの人々と子供達
トンレサップ湖をボートで
バイタクの二人とのお別れ
首都プノンペン、街の風景
海沿いの町シアヌークビル

セントラル・マーケット(プノンペン・カンボジア)【市場・バザール】

セントラル・マーケット(プノンペン・カンボジア)【市場・バザール】

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、プノンペンにある「セントラル・マーケット」

アンコール・ワットとバイタクのふたりとのお別れ【カンボジア】

アンコール・ワットとバイタクのふたりとのお別れ【カンボジア】

アンコール・ワットともお別れ。最後にバイタクのふたりと食事しました。夜、バイタクの2人はお別れにカンボジア鍋を出すローカル食堂に連れていってくれました。がらんとした食堂で、お客は私たち4人だけ。カンボジア鍋は、タイのタイスキに似ていました。

オールド・マーケット(シェムリアップ・カンボジア)【市場・バザール】

オールド・マーケット(シェムリアップ・カンボジア)【市場・バザール】

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、シェムリアップにある「オールド・マーケット」

バイクタクシーで巡るアンコール遺跡群《14寺院訪問!》【カンボジア】

バイクタクシーで巡るアンコール遺跡群《14寺院訪問!》【カンボジア】

バイタクに乗ってアンコール遺跡めぐりをしました。バイタクの背に座り深緑の樹海を風を切って走ります。真っ青な空にはもくもくとした雲が浮かび、強烈な日の光がじりじりと私たちの肌を焦がしていきます。石造りの遺跡の影は格好の涼みどころ。私たちは遺跡の階段を登り、子供らの相手をしながら無数の寺院を周りました。

アンコール・ワットに描かれたレリーフとデバター像【カンボジア】

アンコール・ワットに描かれたレリーフとデバター像【カンボジア】

アンコール・ワットの内部を見て回ります。内部にはレリーフがたくさん!アンコール・ワットはヒンドゥー教の神、ヴィシュヌを祀った寺院。レリーフも「ラーマーヤナ」や「マハーバーラタ」といったヒンドゥー教の叙事詩を題材としたものが多く見られます。ひと通り見た後は、塔の上の祠堂に登ってひんやり!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)