エスニックな旅一覧

シヨブ・バザール(サマルカンド・ウズベキスタン)【市場・バザール】

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ウズベキスタン、サマルカンドの「シヨブ・バザール」

彩り鮮やか!中国雲南省、少数民族の衣装

中国雲南省の少数民族とその衣装 中国雲南省で出会った少数民族の人々とその民族衣装です。 広大な中国、暮らしている人種も様々。 人口の92%を占める漢民族のほかに国指定の少数民族だけで55民族。特に南西部の雲南省には多くの民族集団が居住しており、雲南省だけにしかいない少数民族は15もあるそうです。

人々とヤギと風景と・・・。サマルカンドの街角にて【ウズベキスタン】

中央アジアの国ウズベキスタン、サマルカンドの街。外国人のあまり来ない裏路地をぶらぶら歩き。くたびれた家並み、一時代前のスタイルの車。そんな風景の中を歩いていると・・・。路地の向こうから、何やら賑やかな声が聴こえてきます。声がする方に近づいていく私。すると、現れたのは・・・

シルクロードに輝く壮大な青の都、サマルカンド【ウズベキスタン】

ティムールの作ったサマルカンドの建物はとにかく巨大です。かつてまだ世界が広かった頃、東方の唐やインドと西方のペルシャやローマ帝国は、シルクロードの交易を通じて繋がっていました。そんな東西の交易路の中心に位置していたのが、この「サマルカンド」という町なのです!

陶器の町ギジュドゥヴァン。アブドゥッロの工房を訪ねる【ウズベキスタン】

ブハラから北東に約45Km、ブハラとサマルカンドを結ぶ街道沿いにギジュドゥヴァンの町はあります。ギジュドゥヴァンは陶器の製作で有名な町。独特の大胆な柄と深みのある色彩が美しいギジュドゥヴァンの陶器を求め、ウズベク陶器製作の第一人者アブドゥッロ氏の工房を訪ねました。

ブハラの見逃せない遺構の数々をぶらぶら鑑賞【ウズベキスタン】

ブハラ旧市街周辺にある歴史的遺構(廟やモスクなど)をぶらぶら散歩します。ブハラ旧市街から徒歩圏内には、アルク城、バラハウズ・モスク、チャシュマ・アイユブ、イスマイール・サーマーニー廟、チョル・ミナルなど、たくさんの見所が散在しています。

フランスの旅★パリとヴェルサイユ、サヴォワ邸、シャルトル、アルルへ【フランス】

フランスの旅。花の都パリでエトワール凱旋門やエッフェル塔、ルーブル美術館を訪問。近郊にある絶対王政の象徴ヴェルサイユ宮殿やル・コルビジェの近代建築サヴォワ邸、ゴシックの傑作、シャルトル大聖堂を訪れ、プロヴァンスの町、サント・マリー・ド・ラ・メールとアルルへと向かいました。

アメリカを旅する★ニューヨーク・ワシントンD.C.・マイアミ・ロサンゼルス【アメリカ】

2003年6月、アメリカに訪問しました。フランクフルトからシンガポール航空を利用してニューヨークに到着。ニューヨークからグレイハウンドバスに乗ってワシントンD.C.、マイアミへと移動しました。今回は、アメリカで訪れた、ニューヨーク、ワシントンD.C.、マイアミ、ロサンゼルスを紹介します。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)